JPN vs TJK  2019/10/14(月)
タジキスタン  2019/10/14(月)
セグンダ・ディビシオン  2019/10/14(月)
伊東純也  2019/10/12(土)
イランで  2019/10/11(金)
乾貴士  2019/10/10(木)
記録  2019/10/09(水)
Jリーグ 放映権  2019/10/09(水)


JPN vs TJK

*********************************************************************************** 

 日本(JPN) vs タジキスタン(TJK)

 ◑ FIFAランク  ・日 本     31位(現行方式での過去最高 2005 15位)
 
           ・タジキスタン 115位(過去最高 106位)

 ◑ タジキスタン代表通算成績 54勝23け54敗 203得点187失点

  主な対戦相手

   ・0勝1分3敗 vs 中国 ・1勝1分2敗 vs 北朝鮮 ・0勝0分1敗 vs 韓国

   ・7勝2分1敗 vs バングラデシュ ・6勝3分け3敗 キルギス ・5勝0分け0敗 vs アフガニスタン

   ・2勝0分0敗 vs ミャンマー

 ----------------------------------------------------

 ◑ 日本-タジキスタン 代表対戦

  2011年FIFAW杯アジア3次予選 日本の監督はザッケローニ 

   ・2011-10-11 タジキスタン H ○ 8 - 0 44,688 大阪  

   ・2011-11-11 タジキスタン A ○ 4 - 0 18,000 ドゥシャンベ(土のグランド)
     ・・・・・・タジキスタン、開始早々にポスト直撃のシュートあり

*********************************************************************************** 
 
 強化進む アンダー世代

 ◑ U-19タジキスタン代表 

   … AFC U-19選手権2018 ・・・

   ・ タジキスタンはグループリーグ2位で決勝トーナメント進出

      タジキスタン 1-0 中国  マレーシア 2-2 タジキスタン  サウジアラビア 3-1 タジキスタン 

   ・準々決勝で韓国に 1-0で敗退 

  ※ 1位:サウジアラビア 2位:韓国 3位:日本 カタール 

 ◑ AFC U-16選手権マレーシア2018 

  上位4チームが「 2019 FIFA U-17W杯ブラジル 10/26〜11/17 」進出

    1位:日本 2位:タジキスタン 3位:オーストラリア 韓国

   ---------------------------------------  

   グループリーグ  日本 0-0 タジキスタン

   決勝トーナメント 決勝戦 日本 1-0 タジキスタン 桐光・西川潤決勝ゴール
Date: 2019/10/14(月)


タジキスタン

                           ドウシャンべ St
                            24000人収容・人工芝
********************************************************************************** 

 タジキスタン(タジキスタン共和国)

 
 ► 国土の90パーセントがパミール高原の山々で占められている。日本の40%くらいの面積。

 ► 綿花栽培を中心とする農業,牧畜が主要産業。水資源が豊富。

 ► ロシア陸軍が駐留するなどロシアへの依存度は高いが、近年中国資本のインフラ整備が進む。
  パミール高原の山のトンネルは中国が建設。

 ► 首都ドシャンベはきれいな都市造り進行中。

 -------------------------------------------------

 国際Aマッチ 2019 中国 1-0 タジキスタン 2019.06.11

Date: 2019/10/14(月)


セグンダ・ディビシオン

*********************************************************************************** 

 セグンダ・ディビシオンはスペインの2部 「 柴崎岳 香川真司 岡崎慎司 」が在籍 

 -----------------------------------

 香川真司は2戦連続の先発出場
     …サラゴサ、終盤の1点守り5試合ぶりの勝利


【スコア】 ヌマンシア 0−1 レアル・サラゴサ

【得点者】 0−1 81分 イニゴ・エグアレス(サラゴサ)

香川は2試合連続の先発出場で、75分までプレーした。
攻勢を続けるサラゴサは81分に決勝点。その後はヌマンシアが猛攻を見せたが、試合はこのままタイムアップ。終盤の1点を守ったサラゴサが5試合ぶりの勝利を収めた。敗れたヌマンシアは9試合ぶりの黒星を喫した。

 -----------------------------------

 岡崎慎司は6戦連続フル出場…ウエスカ、土壇場の同点弾で劇的ドロー

【スコア】ウエスカ 1−1 ラシン・サンタンデール

【得点者】0−1 68分 アルバロ・セフード(ラシン)
      1−1 90+5分 イバン・ロペス(ウエスカ)

=======================================

セグンデ ディビシオン 順位表

 1.カディス 勝点(28) 2.アルメリア(19) 3.サラゴサ(19) 4.ウェスカ(19)… 22位 デポルティーボ・ラ・コルーニャ(最下位)

  ※デポルティーボ・柴崎岳は日本代表戦
Date: 2019/10/14(月)


伊東純也

*********************************************************************************** 

 3アシストの伊東純也をベルギー紙も評価

         「アシストでハットトリック。巧妙だった」
(NHKニュース

カタールワールドカップ・アジア2次予選第2節、日本代表対モンゴル代表の試合が10日に行われ、日本は6-0の勝利をおさめた。この試合で3アシストを記録した日本代表の伊東純也を、ベルギーメディア『voetbalprimeur』が称賛している。

 試合開始して22分、南野拓実がヘディングシュートを決めて日本に先制点が入った。続く29分には、浮き玉を吉田麻也が頭で押し込み追加点。33分には、ワンツーパスから抜け出した伊東がゴール前に折り返し、フリーの長友佑都がチーム3点目を決めた。40分にも伊東のクロスから永井謙佑がゴールを決める。56分にはコーナーキックから遠藤が得点、82分には鎌田大地も得点し6点差に。そのままリードを守りきり、日本は6-0の勝利をおさめた。

 同メディアはタイトルに「アイアンストロング! ヘンクの伊東がアシストでハットトリック」とつけ、寸評では「現在、伊東は絶対的なヘンクのアシストキングであり、順調なスタートをきっている。代表戦においても、巧妙なテクニックを見せた。決定的なクロスにより、日本の勝利に貢献した」とし、伊東を評価している。
Date: 2019/10/12(土)


イランで

*********************************************************************************** 

 イラン 女性がサッカー観戦 「本当にすばらしい時間」(NHKニュース

観戦した女性たちは…

33歳の女性は「幼いころから、サッカーが大好きでした。父や兄弟がスタジアムに出かける時、いつも一緒に行きたいと思っていました。きょう、そのスタジアムに実際に足を踏み入れた時、とても奇妙な感じがしました。33歳になってようやく、憧れの場所に来られたことが今も信じられません。女性の入場が再び禁止されないよう願います」と話していました。

 -----------------------------------------------------------------

カンボジアにとって、この試合は14失点の歴史的大敗に。

海外メディアは「本田圭佑は歴史上最悪の惨敗を樹立した」と、カンボジア史上最多失点記録での敗戦を強いられたことを取り上げている。

一夜明け、本田は自身のツイッターを更新。

「歴史上最悪の惨敗を樹立」との見出しのニュースを引用しつつ、「誤魔化したような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから改善していく方が実は近道なんです」と投稿。

続けて、「強がりと思われるかもしれないけど、事実やから」と綴り、今回の大敗をポジティブに受け止めていた。
Date: 2019/10/11(金)


乾貴士

*********************************************************************************** 

#SDエイバル 通算100試合出場を達成 

リーガ・エスパニョーラ第8節が4日に行われ、ベティスとMF乾貴士が所属するエイバルが対戦した。乾は古巣との対決で3トップの左に入り、6試合連続の先発出場。

試合はエイバルが34分にPKで先制、66分に追いつかれエイバルは3連勝を逃しドロー。

2015年、フランクフルトからエイバルに移籍してからラ・リーガではリーグ戦通算118試合13得点。

『SPORT』紙は次のように評した。
「タカシ・イヌイは、ラ・リーガにおいて、ひとつのクラブで100試合出場を達成した最初の日本人選手となった。昨季のベティス移籍はうまくいかなかったが、アラベスでは再び日の目を見て、存在を示した。彼のベストは17-18シーズンで5ゴール・2アシストを記録。31歳の名手は最前線で戦い続けている」

Date: 2019/10/10(木)


記録
*********************************************************************************** 

メッシ、“キング”ペレの大記録に肉薄 45年間破られない記録更新にスペイン紙も注目

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節のセビージャ戦で直接FKを決めて、4-0の勝利に貢献した。

このゴールでバルセロナでの通算ゴール数を604としたメッシは、元ブラジル代表FWペレ氏の偉大な記録に迫っているとスペイン紙「AS」が報じている。

ペレ氏は18年間在籍したサントスで、計643ゴールを記録してきた。この一つクラブで記録したゴール数は更新不可能とされていたが、メッシがその記録に近づいている。

メッシ以前に、3度のワールドカップ(W杯)優勝を誇るペレの記録を脅かしたのは、元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー。1956年から74年までサントスでプレーしたペレ氏に対し、ミュラー氏は1964年から79年まで在籍したバイエルン・ミュンヘンで565ゴールを記録している。

バルセロナ一筋のメッシは、セビージャ戦で今季初ゴールを挙げ、クラブでの通算ゴール数を604に伸ばした。ペレの記録までは39得点に迫ったメッシは、ここ10年間にわたって年間40得点以上を決め続けている。このため、45年間破られることのなかった記録の更新が現実味を帯びてきている。
Date: 2019/10/09(水)


Jリーグ 放映権
*********************************************************************************** 

電通などがJリーグ海外放送権

  Jリーグは8日、2020〜22年シーズンの海外放送権について、広告大手電通と北京に本社を置く「チャイナ・スポーツ・メディア」の2社と契約合意したと発表した。

電通が取得するのはJ1の独占放送権で、日本と中国を除く全世界の国が対象となる。
Date: 2019/10/09(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
014516
[TOP]
 version 2.72