鈴木優磨  2021/01/21(木)
富安データ  2021/01/20(水)
欧州 5大リーグ  2021/01/19(火)
植田直道  2021/01/19(火)
海外リーグ-2  2021/01/18(月)
海外リーグ  2021/01/18(月)
中島翔哉  2021/01/17(日)
ハノーファー  2021/01/17(日)


鈴木優磨

********************************************************************************
鈴木優磨、ベルギー1部得点ランク3位浮上! 2戦連続2ゴール
 ベルギー1部シント=トロイデンは現地時間20日、リーグ第25節のコルトレイク戦に臨み、FW鈴木優磨が前半に2ゴールを奪って2-0で勝利した。2試合連続の2得点となった鈴木はこれで今季12ゴール。ピーター・マース新監督の就任後は7試合7ゴール、チームも7戦5勝と調子を上げており、ベルギーメディアも「スズキが黄金の勝利をもたらす」「決定的だった」と伝えている。

 一時は最下位に沈んだシント=トロイデンと、“9番”を背負うストライカー鈴木の勢いが止まらない。アウェーに乗り込んだ今節のコルトレイク戦。日本代表GKシュミット・ダニエルとともに先発した鈴木が、この日も試合を動かした。前半15分、相手のファウルで獲得したPKのキッカーを務めた鈴木は、一度はシュートを止められるものの蹴り直しの判定となり、今度はきっちりとゴール左隅に決めて先制点をもたらした。

 さらに前半アディショナルタイム1分には、左サイドをDFリベラト・カカーチェが突破。グラウンダーのクロスを最後は鈴木が左足で合わせてゴールに流し込んだ。これで2試合連続の2ゴールとした鈴木は、今季通算22試合で12ゴール。

  得点ランク 
    1位 19点:パウル・オヌアチャ(RCゲンク ナイジェリア)
    2位 15点:トーマス・アンリ(OHルーヴェン フランス) 
    3位 12点:鈴木優磨(シント・トロイデン )
     …22位 6点 鈴木武蔵(ベールスホット) 
     …27位 伊東純也(RCゲンク)
     …72位 2点:三好康児(アントワープ)、森岡亮太)シャルルロウSC 
     …111位 1点:中村敬斗(シント・トロイデン)
Date: 2021/01/21(木)


富安データ
********************************************************************************
冨安健洋、セリエAでボール奪取&クリア1位! 名DFも驚く“攻守の完璧さ”と本人が語った予測力の秘訣

 イタリアで2年目のシーズンを戦う冨安の進化は、2021年に入ってさらに加速している。

 1月16日のセリエA第18節ベローナ戦において1-0の完封勝ちに貢献した働きぶりは、今シーズン出場したなかの白眉だった。

 9試合ぶりに勝ち点3をもぎ取ったゲームに冨安は左CBとして先発し、リーグ中位集団を引っ張る難敵ベローナの攻撃陣をシャットアウト。試合を中継した現地実況も地元紙も「トミヤス・ペルフェット(冨安、完璧)!」と揃って絶賛するほどの充実ぶりだ。

 いったい冨安の何が、完璧だったのか。

 ベローナの中盤から自陣ペナルティーエリアへ上下左右に放たれるあらゆるパスを、冨安はことごとく止め、弾き返し、淡々とクリアした。“1-0(ウノ・ア・ゼロ)”での白星も、昨秋のクロトーネ戦以来だった。タイムアップの笛を聞いた冨安はCBダニーロやGKスコルプスキらと肩を組み、会心の笑みを見せた。

 DFの仕事は形に残らないと言われるが、若き守備職人の凄さはきちんと数字にも現れている。前半戦がほぼ終わったセリエAで「ボール奪取及びクリア数ランキング」の1位に輝くのは、リーグ集計で190回を数える冨安だ(第18節終了時点)。

 攻め込まれる頻度の高い地方クラブの選手に偏りがちな数字とはいえ、優れたDFの指標である同ランキングは2位にローマのイバニェス(167回)、3位にフィオレンティーナのミレンコビッチ(157回)、さらに6位(141回)には僚友のベテランCBダニーロが続く。

公式戦全20試合に出場した唯一の選手

 そして何より冨安は、今季チームで唯一ここまで全20試合(セリエA=18試合+コッパイタリア=2試合)にフル出場しているタフネス・プレーヤーなのだ。

 FWバロウとMFソリアーノも全20試合に出場しているが、途中交代歴のある彼らは冨安の総出場時間1830分には及ばない。

Date: 2021/01/20(水)


欧州 5大リーグ

********************************************************************************
欧州5大リーグ
 プレミアリーグ、ブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA(4大リーグ)+ リーグ・アン
---------------------------------------------------------
 【UEFAチャンピオンズリーグの勝者】 UEFAチャンピオンズリーグ(1956-2014)優勝チーム。

 15回 【リーガ・エスパニョーラ】 レアル・マドリード10回 FCバルセロナ5回
 12回 【プレミアリーグ】     リヴァプール5回 マンチェスター・ユナイテッド3回 
                  ノッティンガム・フォレスト2回 チェルシー1回 
                  アストン・ヴィラ1回
    【セリエA】        ACミラン7回 インテル3回 ユヴェントス2回
  7回 【ブンデスリーガ】     B・ミュンヘン5回 ハンブルガーSV1回 ドルトムント1回
  6回 【エールディヴィジ】    アヤックス・アムステルダム4回 フェイエノールト1回 
                  PSVアイントホーフェン1回
  4回 【スーペル・リーガ】    SLベンフィカ2回 FCポルト2回…ポルトガル
  1回 【リーグ・アン】         オリンピック・マルセイユ1回
    【セルビア・スーペルリーガ】   レッドスター・ベオグラード1回 
    【スコティッシュ・プレミアシップ】セルティックFC1回
    【ルーマニア・リーグ】      FCステアウア・ブカレスト1回
Date: 2021/01/19(火)


植田直道

********************************************************************************
植田直通、フランス1部ニーム加入が決定。欧州5大リーグ初挑戦

フランス1部のニームは18日、ベルギー1部のセルクル・ブルージュから日本代表DF植田直通をレンタルで獲得したことを発表した。

 2018年夏に鹿島アントラーズからベルギーに渡った植田は、今季出場機会が激減していたところ。環境を変えて新たな挑戦に臨むことが決まっている。

 ニームはフランス1部で18位と下位に低迷しており、シーズン後半戦は残留争いが待っている。特に守備は20試合で41失点とリーグワースト。チームの課題となっているだけに、守備の新戦力には周囲の期待も大きくなりそうだ。

 【ニーム・オリンピック】1937年創立。
  2020-21 1/17現在 勝点15 4勝3分け13敗の18位
      …1/16の試合でオリンピック・マルセイユに1-2で勝ち、最下位脱出
      ・18位 ニーム 15 ・19位ディジョンCO 14 ・ロリアン 12
  2019-20 18位。(19位・20位 降格)
  2018-19 25年ぶりのリーグ・アン昇格。  

 【リーグ・アン】日本人選手=守り
    6位 勝点32 オリンピック・マルセイユ:酒井宏樹、長友佑都 
   13位 勝点23 RCストラスブール    :川島永嗣
Date: 2021/01/19(火)


海外リーグ-2

鈴木優磨 2得点 通算10得点 得点ランク 5位
          守田英正・川崎Fユニ
********************************************************************************
オランダ エールディビッジ 17節
 RECズウォレ 0-2 フォルトウナ・シュタルト
  
(ズ)ファン・ウェルメスケルケン際 後半40分Out、中山雄太 後半16分In
 AZ 2-1 ADOデンバーグ      
菅原由勢 フル出場
 FCフローニンゲン 2-2 FCトウェンテ 
板倉滉フル出場

リーグ・アン 20節
 オリンピック・マルセイユ 1-2 ニーム・オリンピック 
  
(マ)酒井宏樹、後半21分Out 長友佑都 ベンチ入り出番なし
 RCストラスブール 1-0 サンテチエンヌ 
(ス)川島永嗣 フル出場

ポルトガル プリメイラリーグ 14節
 スポルティングCP 1-1 リオ・アヴェFC 
 (リ)食野亮太郎 後半26分In
 CDサンタクララ 1-2 FCファマリカン 
  (サ)守田英正移籍後 初のベンチ入り出番なし
 ジル・ヴィセンテFC 0-1 CSマルティモ 
 (ジ)藤本寛也 ベンチ入り出番なし
 1/18  ポルティモンセSC vs ベレネンセス 
(ポ)安西幸輝、中村航輔

ベルギー ジュピラーリーグ 20節
 ロイヤル・エクセル・ムスクロン 2-0 FCゲンク 
(ゲ)伊東純也 フル出場
 シャルルロウ 0-1 KVメヘレン         
(シ)森岡亮太 フル出場
 AAゲント 0-1 アントアープ          
(ア)三好康児 ベンチ入り出番なし
 ベールスホット 0-3 クラブ・ブルージュ    
(べ)鈴木武蔵 フル出場
 シント・トラウデン 3-1 OHルーヴァン
  
(シ)シュミットダニエル フル出場 鈴木優磨 後半28分Out 伊藤・松原・中村はベンチ外
   鈴木 前半10分先制点 後半8分追加点   
 セルクル・ブルージュの植田直道、4試合連続ベンチ外 移籍か?   
Date: 2021/01/18(月)


海外リーグ
********************************************************************************
プレミアリーグ 19節
 リヴァプール 0-0 マンチェスター・シティ 
南野はベンチ入り出番なし。
  1位:マンチェスターU 37 2位:マンチェスターC 35 3位:レスター・シティ 4位:リヴァプール
 
セリアA 18節
 ボローニャ 1-0 ヴェローナ 
富安健洋はフル出場、
 サンプドリア 2-1 ウディネーゼ 
吉田麻也(サ)フル出場

ブンデスリーガ 16節
 ウニオン・ベルリン 1-0 バイヤー・レヴァークーゼン
 遠藤渓太(ウ)ベンチ入り・出番なし 
 VfBシュッツトガルト 2-2 ボルシア・メンヒェングラートバッハ 
   
遠藤航(シ)フル出場
 ホッヘンハイム 0-0 アルミニア・ビーレフェルト 
   
遠藤律(ア)フル出場 
 ヴェルダー・ブレーメン 2-0 ACアウグスブルグ  
大迫勇也(ブ)ベンチ入り・出番なし
 アイントラハト・フランクフルト 3-1 シャルケ04 
(フ)長谷部誠フル出場、鎌田大地後半34分In

ラ・リーガ 19節 1/20
 ヘタフェCF vs SDウェスカ  久保∞岡崎
 エイバル vs アトレティコ・マドリード 乾、武藤
Date: 2021/01/18(月)


中島翔哉

中島翔哉        塩谷司       香川真司(C大阪時代)   橋岡大樹
********************************************************************************
中島翔哉が再び中東へ、UAE強豪アル・アイン移籍が決定…塩谷司と同僚に 2021.1.17
UAE1部のアルアインは16日、ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表。
背番号は「22」で、元日本代表のMF塩谷司(32)とチームメートとなる。
かねてから獲得に興味を示していたUAEアラブ首長国連邦のアル・アインが4000万ユーロ(約50億9700万円)による買い取りオプションが付帯された半年レンタルでクラブ間が合意。

現在26歳の中島は、2017年夏にFC東京からポルトガルのポルティモネンセに移籍し、初年度からプリメイラ・リーガで29試合出場10ゴールの活躍を見せた。翌2018−19シーズンはリーグ戦13試合出場で5ゴールを決めていたが、シーズン途中の2019年2月にカタールのアル・ドゥハイルに移籍。だが、同年7月には強豪ポルトに2024年6月までの契約で加入し、約半年でポルトガル復帰を果たしていた。

 ポルトでは2019−20シーズンに公式戦28試合に出場して1ゴールを記録。だが、昨年3月に新型コロナウイルスの影響でリーグが中断すると、中島はチームを離脱したままシーズンを終えていた。それでも、同8月にはチーム練習に合流し、同10月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・C戦に途中出場して日本人選手21人目のCLデビューとともに約7カ月ぶりの試合復帰を果たしていた。今シーズンは公式戦9試合に出場していたが、昨年12月中旬から再びベンチ外が続いていた。

 新天地のアル・アインはUAEの1部リーグで最多13回の優勝を誇る強豪で、日本代表DF塩谷司が2017年夏から所属している。昨年10月に開幕した今シーズンはリーグ戦第13節を終えて6勝5分2敗で5位につけている。
 塩谷司:32歳 DF 
  2011-12 水戸ホーリック 60(5) 2012-17サンフレッチェ広島 140(17) 2017-アル・アイン
-------------------------------------------------------------------------
欧州リーグ移籍期間 2021.2.1まで

 ► 香川真司の移籍決まるのか? 
   セレッソ大阪も柿谷曜一朗がつけていた(かつて香川もつけていた)「8」を開けているが・・・
   香川真司 トルコ1部・アンタルヤスポルでポドルスキとチームメートに?
 ► ベルギーリーグからのステップアップは
    植田直道:直近3試合ベンチ外 リーグ・アンのニームへの移籍? 
 ► 浦和レッズのDF橋岡大樹の欧州移籍は? シント=トロイデンが興味 
Date: 2021/01/17(日)


ハノーファー

********************************************************************************
室屋とのホットライン開通! 原口がドイツ移籍後初のドッペルパックも後半ATに悲劇 2021.1.16 ゲキサカ

 ブンデスリーガ2部第16節 ハノーファー 2-3 ザンクト・パウリ

 ブンデスリーガ2部は16日、第16節を行い、日本代表MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーはMF宮市亮所属のザンクト・パウリと対戦し、2-3で競り負けた。原口は開幕から16試合連続先発し、ドイツ移籍後初のドッペルパック(1試合2得点)を達成。室屋も5試合連続でスタメンに入り、今季2アシスト目をマークした。

 立ち上がり10分で2失点したハノーファーだったが、後半は10分で原口が2得点を奪い返す展開となった。後半8分に右足で追撃弾を挙げると、その2分後には室屋とのホットラインが開通。室屋のクロスを原口がヘッドで押し込み、試合を振り出しに戻した。

 しかし、終了間際に退場者が出ると、後半アディショナルタイムに決勝点を献上。原口と室屋は揃ってフル出場したが、ハノーファーは2-3で競り負け、5試合ぶりの黒星。宮市は負傷離脱しており、日本人対決は実現しなかった。
Date: 2021/01/17(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
032070
[TOP]
 version 2.72