J3 17節 順位表  2017/07/23(日)
J2 22節 順位表  2017/07/23(日)
J1 18節終了時 暫定順位  2017/07/23(日)
J2 、 J3結果  2017/07/23(日)
ニュース拾い読み  2017/07/23(日)
7/22試合結果  2017/07/22(土)
挑戦  2017/07/22(土)
U-20日本代表  2017/07/22(土)


J3 17節 順位表
**************************************************************************************

♠♠♠ J3 17節/34節 順位表 ♠♠♠

 順位 チーム 勝点 試合  勝  分  敗  得   失   差   直近 5試合

 1 秋田   37 17  11  4  2  30  13  +17  〇△〇●● J2ライセンス×⇒昇格×
 2 富山   35 17  10  5  2  22   9  +13  〇〇△〇〇 自動昇格

 3 沼津   34 17  10  4  3  40  16  +24  〇△△〇〇
 4 栃木   30 17   8  6  3  18  13  + 5  〇●△△〇
 5 鹿児島  28 17   9  1  7  23  16  + 7  〇△●〇〇
 6 長野   28 17   7  7  3  15  10  + 5  ●△△△〇
 7 北九州  27 17   8  3  6  23  16  + 7  ●〇△〇〇

  ☆彡 沼津 連勝で首位との勝ち点差「3」と肉薄
Date: 2017/07/23(日)


J2 22節 順位表
**************************************************************************************

♠♠♠ J2 22節/42節 順位表 ♠♠♠

 順位 チーム 勝点  試合  勝  分  敗  得   失   差   直近 5試合

 1 湘南   47  24  14  5  5  27  20  + 7  〇〇△〇●   自動昇格
 2 福岡   46  24  14  4  6  34  20  +14  〇〇●〇●   自動昇格

 3 徳島   43  24  12  7  5  38   21  +17  〇〇〇△〇   プレーオフ出場圏
 4 長崎   41  24  12  5  7  31  25  + 6  ●〇〇〇●   PO
 5 横浜FC 38  24  11  5  8  33  23  +10  ●●〇〇〇   PO
 6 名古屋  37  24  11  4  9  37  35  + 2  〇●●〇●   PO

 7.岡山  37(+00)  13.大分  35(+04)  18.岐阜  26(-05) 
 8.松本  36(+13)  14.山形  35(-04)  19.熊本  23(-12)
 9.東京V 36(+06)  15.京都  32(+02)  20.山口  19(-10)
10.千葉  36(+05)  16.愛媛  32(-03)  21.讃岐  14(-16)  
11.水戸  36(+02)  17.金沢  28(-13)  22.群馬  14(-31) 
12.町田  35(+06)  ※21・22位 自動降格圏

  ☆彡 徳島 福岡との上位対決に勝利し3位浮上。福岡との勝ち点差「3」に。

  ☆彡 PO圏内の6位・名古屋と14位・山形との勝ち点差「3」大混戦

  ☆彡
Date: 2017/07/23(日)


J1 18節終了時 暫定順位

C大阪 ユン・ジョンファン(尹 晶煥)  浦和 ミハイロ・ペトロビッチ監督
**************************************************************************************

  
♠♠♠ J1 18節/34節 順位表 ♠♠♠ C大阪と浦和が19は1試合多い

…………………………………………………………………………………………………………

順位 チーム 勝点 試合   勝  分  敗  得点 失点   差   直近 5試合

 1 C大阪  38  19  12  5  2  39  18   +31  △〇〇〇〇 賞金 3億円 
 2 鹿島   37  18  12  1  5  28  19   + 9  〇〇○〇△     1.2億
 3 川崎F  35  18  10  5  3  33  17   +16  〇〇〇〇〇      6千万
 4 柏    34  18  11  1  6  27  19   + 8  〇△〇●● 
 5 横浜M 33  18  10  3  5  23  15   + 8  〇〇〇○△
 6 G大阪  32  18   9  5  4  31  18   +13  〇△〇●●
 7 磐田   31  18   9  4  5  25  15   +10  〇〇〇○〇
 8 浦和   29  19   9  2  8  45  34   +11  ●〇●〇●
 9 神戸   26  18   8  2  8  20  22   − 2  〇●●●〇 
10 F東京  25  18   7  4  7  24  21   + 3  〇●●●△
11 鳥栖   24  18   6  6  6  21  22  − 1   △△〇△●
12 清水   21  18   5  6  7  21  25   ― 4  ●△〇●〇
13 仙台   21  18   6  3  9  22  35   ―13  〇△●●●
14 甲府   16  18   3  7  8  10  19   ― 9  ●△●△● 
15 札幌   16  18   4  4 10  16  28   ―12  ●●●〇△

16 大宮   15  18   4  3 11  16  32   ―16  △〇〇●△   降格圏 
17 広島   11  18   2  5 11  16  31   ―15  ●●●●△   降格圏
18 新潟    8  18   2  2 14  12  39   ―27  ●●●●●   降格圏


  ☆彡 C大阪 直近10試合 8勝1分4連勝。得失点差J1最多の21 

  ☆彡 浦和  直近10試合 3勝1分5敗。首位・C大阪と勝点12差、優勝に黄色信号


 チーム最多得点 1位.浦和 45 2位.C大阪 39 3位.川崎F 33 4位.G大阪 31 5位.柏 27 

 チーム最小失点 1位.横浜FM 磐田 15 3位.川崎F 17 4位.C大阪 G大阪 18  
Date: 2017/07/23(日)


J2 、 J3結果
**************************************************************************************

💎💎💎 J2 24節/42節 結果💎💎💎

 岡山 2-1 山口 福岡 0-1 徳島

💎💎💎 J3 結果💎💎💎

 盛岡 1-2 鳥取 秋田 0-2 沼津 長野 1‐0 琉球 C大23-鹿児島
Date: 2017/07/23(日)


ニュース拾い読み

**************************************************************************************

💎💎💎 南野が今季早くも3点目!…リーグ開幕戦でゴール決め“3戦連発”💎💎💎

  ザルツブルクに所属する南野拓実が、22日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ開幕戦でゴールを挙げ、早くも今シーズン公式戦3点目となった。

  リーグ顔幕で、ヴォルフスベルガーとのアウェイゲームに臨んだザルツブルクは前半に先制。その後、スコアが動かないまま終盤に入ったが、試合終了間際の90分に2トップのコンビを組んだムナス・ダブールがこぼれ球を拾い、エリア手前まで持ち上がって横パス。並走していた南野がエリア内フリーで右足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。

  試合はこのままタイムアップを迎え、ザルツブルクが2−0で勝利し、白星スタート。公式戦ではシーズン開幕から4連勝となった。南野はフル出場で1ゴールを記録した。

  今シーズンは11日に行われた公式戦初戦のチャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦ファーストレグのヒバーニアンズ(マルタ)戦で初ゴールを挙げると、15日に行われたオーストリア・カップ1回戦のドイチュランツベルガー(3部)戦で公式戦2試合連続ゴールを達成。19日に行われたCLセカンドレグのヒバーニアンズ戦は出番がなかったが、出場したCL、カップ戦、リーグ戦の各初戦3試合で連続ゴールを決め、今シーズン3ゴール目となった。

💎💎💎 パチューカ加入の本田、開幕戦メンバー外に…メキシコデビューはお預け💎💎💎

  パチューカは23日に行われるリーグ開幕節でクラブ・ウニベルシダ・ シオナルとのアウェイゲームに臨む。同クラブ公式Twitterは前日の22日に帯同メンバー18名を発表。18日に入団会見に出席したばかりの本田はメンバー外となった。

  メキシコリーグは18クラブが参加し、前期・後期に分けてステージごとに優勝を争う。前期は7月から11月まで、後期は1月から5月までで、上位8クラブが優勝プレーオフを争う。

  現在プリメーラ・ディビシオン (メキシコ)の放送は未定。

💎💎💎 神戸 ポドルスキ 仙台との💎💎💎

  鮮烈デビューだ。サッカー・J1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が22日、仙台とのプレシーズンマッチに先発。実戦デビューは前半のみの出場だったが、1点リードの34分に渡辺のゴールをアシストした。Jリーグデビュー戦となる29日の大宮戦(ノエスタ)へ向けて存在感を示した。試合は2―2の末、神戸がPK戦で勝利した。

💎💎💎 ヘント久保裕也 プレシーズンマッチ2日連続弾💎💎💎

💎💎💎
久保建英 50メートル独走!J3北九州戦で会場沸かす💎💎💎

  FC東京U―23のU―20日本代表FW久保が約50メートルのドリブルで沸かせた。

 前半33分に左サイドでボールを受け約50mの独走ドリブル。左足のクロスはDFに当たり得点にはつながらなかったが、交代する後半44分まで技術の高さを見せた。試合は平均年齢で10歳上回る相手に先に2点を奪われた末に敗れたが、中村監督は「育成の速度を速める中で技術で補うところをやっている」と前向きに話した。
Date: 2017/07/23(日)


7/22試合結果

**************************************************************************************

♦💎♦ Jリーグワールドチャレンジ2017♦💎♦

  鹿島アントラーズ 2(0-0 2-0 )0 セビージャFC G:72’ 90+1’鈴木優馬

  MVPは18歳の安部裕葵(ヒロキ):本田圭佑経営のS.T.FC出身


♦💎♦ J1♦💎♦   C大阪 4(4-2 0−0)2 浦和 

    G;06’ 08’杉本健勇 18’ズラタン 27’山口蛍 35’丸橋祐介 45+1’ラファエル・シルバ


♦💎♦ J2 J3♦💎♦

 J2 山形 3-0-湘南 千葉 2-0 金沢 松本2-1 愛媛 岐阜 0-2 町田 京都 3-1 名古屋 

    東京V 3-3 讃岐 横浜FC 2-1 長崎 群馬 1-1 熊本 大分 0-0 水戸   

 J3 藤枝 2-0 福島 F東23 1-2 北九州 栃木 1-0 相模原 G大23 0-2 富山

♦💎♦ 新東京ダービー♦💎♦

 東京23FC 2-2 東京ユナイテッドFC  
Date: 2017/07/22(土)


挑戦

**************************************************************************************

💛♡💛 テネリフェBが19歳MF吉村祐哉を獲得 💛♡💛

  吉村は1998年生まれの現在19歳。15歳の時にスペインへ渡り、マドリッドにある下部リーグに所属するRCD Carabanchel、ED Moratalazなどのカンテラ(ユース育成組織)にて練習生として3シーズンプレーし、昨年3月にはラージョ・バジェカーノのカンテラに加入した。

 テネリフェのクラブ公式ツイッターは吉村のコメントを掲載。同選手は「大きな熱意を持つテネリフェでプレーするこの機会を楽しみにしています」と語っている。

  スペインで5年目を迎える若き叩き上げは、プロ選手として迎える初のシーズンでどんなパフォーマンスを見せるのか。ヘタフェの柴崎、エイバルの乾貴士、タラゴナの鈴木大輔に続く、リーガ4人目のハポネス誕生だ。ハポネス→日本人

…………………………………………………………………………………………………………
💛♡💛 ダヴィ 33歳の挑戦 松本山雅入団 J6クラブ目 💛♡💛

 33歳 ブラジル出身 183/85

 クラブ歴:イパチンガFC ⇒ ECヴィトーリア ⇒ CSアラゴアーノ(以上ブラジル) ⇒ コンサドーレ札幌 ⇒ 名古屋グランパス ⇒ ウム・サラルSC(カタール) ⇒ 北京国安(中国) ⇒ ヴァンフォーレ甲府 ⇒ 鹿島アントラーズ ⇒ ヴァンフォーレ甲府

 出場記録: J1 124試合47得点  J2 77試合49得点
Date: 2017/07/22(土)


U-20日本代表

**************************************************************************************

💛♡💛 AFC U−23選手権 予選 💛♡💛

  完全アウェイでカンボジアに苦戦も…遠藤の1ゴール1アシストで連勝


  カンボジア 0-日本  G:73'遠藤渓太 84’小松蓮

 ☆彡 第1戦で中国と引き分けているカンボジアの選手たちは士気高粘り強く対応。
 ☆彡 「国際試合の完全アウェイ」で戦う難しさ。ワンプレーごとに大きな歓声と拍手が贈られ、カンボジアの選手たちが勇
     気づけられている
 ☆彡 日本はチャンスは作るがGKの好守もあり前半は無得点。
 ☆彡 後半に入っても流れは変わらず、得点を奪えない。
 ☆彡 日本ペースだが無得点。焦りがちな状況でも選手たちは。何とか平常心を保ち試合を運ぶ。
 ☆彡 遠藤が、73分に待望の一点。攻めに入ったカンボジアからカウンターで遠藤がもちあがり、追走していた小松にマイ
    ナスの折り返し、小松が押し込む。

  日本 8-0 フィリッピン  中国 0-0 カンボジア

  日本 2-0 カンボジア   中国 2-0 フィリッピン

………………………………………………………………………………………………………… 

♠♠♠ グループJ 順位表 ♠♠♠

 順位 チーム 勝点 試合  勝  分  敗   得   失    差   勝点

 1 JPN     2  2   0  0  0  10   0    +10   6 
 2 CHN     2  1   1  0  2  0    0    + 2   4  
 3 CAM     2  0   1  1  0  2    2    + 2   0 
 4 CHI      2  0   0  2  0  10  10    −10   0 

  ※現在3勝 ウズベキスタン
  
  ※現在2勝 ベトナム オーストラリア アラブ首長国連邦、

  ※韓国 0-0 東ティール 北挑戦 1-1 香港 
Date: 2017/07/22(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
054523
[TOP]
 version 2.72