J3 32節   2018/11/17(土)
J2 最終節  2018/11/17(土)
FIFA U-17女子W杯  2018/11/16(金)
サムライブルー  2018/11/16(金)
ベネズエラ  2018/11/15(木)
ドバイ🏆U⁻23  2018/11/15(木)
日本代表  2018/11/14(水)
賞金  2018/11/14(水)


J3 32節 
*************************************************************************************** 

J3 32節 J2昇格はFC琉球が確定

 もう1チームは


 8位秋田まで昇格の可能性、但し、J2ライセンス未取得の沼津、規約上G大23とC大23には2位以内
 に入ってもJ2昇格は不可。

 その時はFC琉球のみ昇格、J2からの降格は18位の1チームのみ。

  藤枝 0-2 鹿児島  群馬 - 北九州  鳥取 - 長野   秋田 - 富山

  沼津 - 相模原  盛岡 - C大23  福島 - G大23  F東23 - YS横浜 

 ■J3 31節/32節 更新日:2018年11月11日(日)

  1:琉 球 (63+27)*    7:C大23 (43+11)    13:盛 岡  (34-17)*
  2:鹿児島(51+09)     8:秋 田 (39+02)   14:YS横浜 (33-06)
  3:沼 津 (48+10)     9:長 野 (38+03)   15:F東23  (33-07)*
  4:群 馬 (48+02)    10:相模原 (38-08)   16:藤 枝  (31-14) 
  5:G大23 (44+12)    11:福 島 (36-06)   17:北九州 (26-18)
  6:鳥 取 (44+11)    12:富 山  (34-11)

 試合数 * 印 30試合 その他のチームは29試合
Date: 2018/11/17(土)


J2 最終節

   優勝 松本山雅      2位 大分トリニータ     3位 横浜FC   プレーオフ*************************************************************************************** 

松本、優勝。2位、大分 両チームがJ1昇格

 ▽ 松本、最終節はドローもクラブ史上初のJ2制覇! 4季ぶりのJ1昇格決める。

 ▽ 大分、大分“V字復活”6年ぶりJ1 就任時J3の片野坂監督、J3転落から3年でのJ1返り咲き。

 ▽ 横浜FC、7戦負けなしの4連勝も得失点差で3位。12年ぶりJ1懸け、3位で参入POへ。

 ▽ 町田、4位につけるもJ1ライセンス未取得でPO戦に参加できず。

 ▽ 大宮、10名での勝利。7位から浮上、PO戦に。

 ▽ J1からの降格は17位、18位の2チーム。…18位・長崎が1年でJ2へ。

 ▽ アビスパ福岡の伊原監督、今季限りの退任表明。
 
 ▽ J3への降格は22位讃岐。21位熊本はJ3・2位次第

 ---------------------------------------------  

   松本 0-0 徳島  山形 1-1 大分   町田 1-1 東京V  甲府 0-1 横浜FC  岡山 0-1 大宮

   千葉 0-0 栃木    新潟 0-2 山口  金沢 3-1 水戸   岐阜 0-0 福岡
     
   熊本 0-2 愛媛  讃岐 3-0 京都

----------------------------------------------------------------------

 ■J2 最終順位 更新日:2018年11月17日(土)

  1:松 本 (77+20)  7:福 岡 (70+16)  13:金 沢 (52+04)  19:京 都(43-18)  
  2:大 分 (76+25)  8:山 口 (61-01)  14:千 葉 (55+00)  20:岐 阜(42-18)
  3:横浜FC(76+19)  9:甲 府 (59+10)  15:岡 山 (53-04)  21:熊 本(34-29)
  4:町 田 (76+18) 10:水 戸 (57+02)  16:新 潟 (53-08)  22:讃 岐(31-44) 
  5:大 宮 (71+17) 11:徳 島 (56+06)  17:栃 木 (50-10)
  6:東京V (71+15) 12:山 形 (56-02)  18:愛 媛 (48-18)

 J1参入PO

  1回戦 11/25(日)13:00 大宮-東京V       @ NACK
  2回戦 12/02(日)13:00 横浜FC-1回戦勝者   @ ニッパツ
  決定戦 12/08(土)14:00 J1・16位-2回戦勝者  @ J1 ホーム
Date: 2018/11/17(土)


FIFA U-17女子W杯

*************************************************************************************** 

FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ 2018

 ▽ 日本 0-0 ブラジル

 ▽ 日本 6-0 南アフリカ

 ▽11/20(火) 14:00 vs メキシコ  📺 フジテレビNEXT 11/20(火) 26:00 キックオフ(日本時間) LIVE

 グループB  ・メキシコ 0-0 南アフリカ  ・メキシコ 1-0 ブラジル

  1.日本 4+6  2.メキシコ 4+1  3.ブラジル 1-1 4.南アフリカ 1-6


Date: 2018/11/16(金)


サムライブルー

*************************************************************************************** 

日本 1-1 ベネズエラ   G:39’酒井 宏樹 81’トマス リンコン

 ▷ 森保監督「大変な状況の中で観に来てくださったサポーターの皆さんに感謝したい。普通に行ってれ
  ば試合に間に合わない状況で地元大分の警察の方、観戦に来ていた方が道を開けてくださって、試
  合をできる時間内に到着させてくださった。いろんなみなさんのサポートがあって試合ができた」

 ▷ ベネズエラ代表ドゥダメル監督「W杯経験がありダイナミックな日本を相手にベネズエラの選手たちは
  いいプレーをしてくれた。(日本の攻撃陣は)トランジションが非常に素早かったので、私たちのDFの判
  断のミスがしばしば起こり、プレスをスピードで回避された。後半はそれを改善させられた」

 ▷ 1-1で試合終了。最後は吉田選手の惜しいオフサイドがありましたが、結果通りですかね。いい部分も
  見られましたし、厳しい相手にアジアカップへの課題も出たと思います。シュミット選手は度々ぎこちな
  いシーンがありつつ、ビルドアップで大きな可能性を示しました。

 ▷ 酒井宏樹選手ナイスゴール。右遠目からの中島選手のFKに、ゴール前の密集を越えるボールに対し
  てファーサイドからタイミングよく飛び込んで左足。ベネズエラもいい戦いをしてきている中で、いい時
  間帯の先制ゴール。


 ▷ GKシュミット・ダニエルありだな!という前半。やはりビルドアップこだわるなら、蹴れるGKだよな、と。
  もちろんGKの仕事はそこだけではないので、問われるのは90分のパフォーマンスだけれど、間違いな
  く可能性は示している。

-------------------------------------------------------------------
 
 日本 4-2-3-1

              佐々木翔         中島翔哉
              吉田麻也  遠藤航
 シュミットダニエル                 南野拓実   大迫勇也
              富安健洋  柴崎岳
              酒井宏樹         堂安律

 【交  代】68’中島、大迫 → 原口元気、杉本健勇  77’南野、堂安 → 伊藤純也、北川航也  

 【SUB】 GK 東口順昭  権田修一   
       DF 三浦弦太  室谷成    山中亮輔  槙野智章
       MF 森田英正  三竿健斗    
Date: 2018/11/16(金)


ベネズエラ

*************************************************************************************** 

11月16日(金)、大分/大分スポーツ公園総合競技場で開催するキリンチャレンジカップ2018で、SAMURAI BLUE(日本代表)はベネズエラ代表と対戦する。

 南米サッカー連盟に加盟する10カ国のうちで唯一、FIFAワールドカップへの出場歴がないのがベネ
 ズエラだ。とはいえ、そこはレベルの高い地域で強豪相手に戦い抜いている国。

 FIFAランキングは29位(2018年10月25日発表)で、日本の50位を上回る。この29位という順位は、ベネ
 ズエラ史上最高の到達点で、南米ではブラジル、ウルグアイ、コロンビア、チリ、ペルーについで7位

 日本は過去にベネズエラとキリンチャレンジカップで3度対戦し、1勝2分と勝ち越している。だが、その1
 勝は相手が出場停止の選手をプレーさせたため、後に国際サッカー連盟(FIFA)により3-0の勝利と裁
 定されたもの。実際の試合は2-2のタイスコアで終了していた。

 FIFAワールドカップ予選で万年最下位だったベネズエラが、大きく飛躍したのは21世紀に入ってから。
 優秀な監督たちが選手たちに自信を植え付け、成績はみるみる向上した。上位陣を脅かすようになり、
 2018FIFAワールドカップロシア予選では久々に最下位に終わったものの、ホーム、アウェイともアルゼ
 ンチンに引き分けるなど、侮れない実力を発揮している。

 昨年のU⁻20W杯では、決勝トーナント1回戦で堂安律や富安健洋らの日本に1ー0で勝利。
 優勝 イングランド、準優勝 ベネズエラ、3位 イタリア、4位 ウルグアイ。



 今年9月からの国際親善試合では、同7日に1-2とコロンビアに惜敗し、11日はパナマに2-0で快勝。
 10月16日には来年のAFCアジアカップ開催を控えて強化にまい進するアラブ首長国連邦を2−0で破っ
 ている。 「参考」 パナマは露W杯出場、10月のキリンチャレンジカップでは日本3ー0パナマ

 欧州のクラブに所属する選手が中心となり、キャプテンのトマス・リンコン(トリノ)、コロンビア戦で得点し
 たダルウィン・マチス(ウディネーゼ)はイタリアでプレー。さらに、10月には招集されなかったが、パナマ
 戦で2得点をマークしたサロモン・ロンドン(ニューカッスル・ユナイテッド)のような強力ストライカーも擁し
 ている。来日21人中17名が国外でプレーしている。日本は23名中10名。

 球際の攻防に強く、ハードワークをいとわないベネズエラを相手に、SAMURAI BLUE(日本代表)は森保
 監督の目指す「全員攻撃、全員守備」で臨む。
-------------------------------------------------------------------
 【スタメン 4-2-3-1】

     マゴ               マチス  
             
     チャンセジョル リンコン   ロメロ
 ロモ                         ロンドン             
     フェラリシ   モレノ     ムリジョ 

     ロサレス
Date: 2018/11/15(木)


ドバイ🏆U⁻23

*************************************************************************************** 

U-23 ドバイ🏆 U‐21日本代表 2-2 U⁻21 ウズベキスタン代表


 U-21日本代表は14日、ドバイカップU-23の初戦でU-21ウズベキスタン代表と対戦し2-2のドローに終
 わった。

 森保一監督が率いるU-21日本代表だが、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス
 代表戦に臨むため、横内昭展コーチが監督代行を務める。

 試合は14分に先制を許すも、17分に藤谷壮のクロスが直接決まり同点に。29分に再びリードを許すも、
 45分には小川航基がPKを決めて、2-2とした。

 後半、細かくパスをつなぎながら、日本は得点チャンスを伺います。なかなか得点を奪うことができない
 日本でしたが、攻勢を強めていきました。

 88分に岩崎選手のシュートのこぼれ玉を三好選手がゴールに押し込みますが、これがオフサイドの判
 定に。最後まで逆転弾を奪おうと攻勢をかけましたが、このまま試合は終了

 この世代の日本は、M-150カップ決勝、AFC U-23選手権の準々決勝でウズベキスタンに敗れており、
 アジアを勝ち抜く上での宿敵となっていたが、引き分けに終わった。

 日本は、17日に第2戦でクウェートと、20日に第3戦でUAEと対戦する。

--------------------------------------------------------------------------

 【スタメン 3−4−2−1】

                 杉岡大輝
        大南拓磨 
               松本泰志    三好康児
 小島亮介 立田悠悟                  小川航基
               中山雄太    伊藤達哉
        板倉滉              
                 藤谷壮 

 【交代】

  45分 藤谷 → 長沼洋一  61分 伊東 → 岩崎悠人  81分 小川 → 上田綺世
Date: 2018/11/15(木)


日本代表

            背番号「5」 長友 → 山中    
************************************************************************************** 

 日本代表の背番号が決定! 「10」は中島翔哉、初招集の山中亮輔は「5」

■GK  1 東口順昭  12 権田修一   23 シュミット・ダニエル

■DF 20 槙野智章  22 吉田麻也    4 佐々木翔   19 酒井宏樹

     5 山中亮輔   3 室屋成      2 三浦弦太   16 冨安健洋

■MF  8 原口元気   7 柴崎岳     6 遠藤航     14 伊東純也  10 中島翔哉

     9 南野拓実   17 守田英正   18 三竿健斗   21 堂安律

■FW 15 大迫勇也   11 杉本健勇   13 北川航也

--------------------------------------------------
 ウルグアイ戦では、5 長友佑都 17 青山敏弘 11 川又堅碁 
Date: 2018/11/14(水)


賞金

*************************************************************************************** 

 🏆 J優勝リーグ 💰 ACL

Jリーグ優勝賞金3億円 「川崎フロンターレ」 

   優勝に伴う収入はDAZN元年の昨年から22億円(Jリーグ均等配分金3億5000万円、J1優勝
   賞金3億円、理念強化配分金15億5000万円)に大幅アップ。来季の強化配分金は昨年の優勝
   分と合わせて14億円にのぼる。

   既にクラブハウス内に食堂を新設し、快適な最新型チームバス導入も決定。今季初招へいし、ケガ
   人の早期復帰を実現させたPT(理学療法士)をさらに増員する計画もある。

--------------------------------------------------------------------------

ACL優勝賞金 4億円50000万円 「鹿島アントラーズ」 

   ✴ 優勝賞金  4億円50000万円

   ✴ グループステージ 勝利 550万55000万円 ドロー110万円
 
      鹿島 2勝3分2敗 → 1430万円

   ✴ 参加賞 ラウンド16 1100万円 順々優勝 1650万円 準決勝 2750万円
      
      参加賞総額 → 5500万円

   ✴ 日本サッカー協会からの補助金 8000万円

   支給総額 5億9930万円
Date: 2018/11/14(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
077108
[TOP]
 version 2.72