ラ・リーガ再開  2020/06/06(土)
ベストイレブン  2020/06/06(土)
ブンデス29節  2020/06/05(金)
浅野拓磨  2020/06/05(金)
WE League  2020/06/04(木)
久保建英 You Tube  2020/06/03(水)
サッカーニュース  2020/06/03(水)
ブンデス鎌田大地  2020/06/02(火)


ラ・リーガ再開

*********************************************************************************  

   ラ・リーガ 3カ月ぶりに再開 

 『ウェスカ・岡崎慎司』   6/12(金) マラガ vs ウェスカ 
 『サラゴサ・香川真司』   6/13(土)深夜 2:20〜 サラゴサ vs アルコイン 
 『マジョルカ・久保建英 』 6/14(日)WOWO、DAZN 午前4:45〜  
                     マジョルカ(マヨルカ) vs バルセロナ 
 『デポルティーボ・柴崎岳』 6/14(日)よる11:50〜 デポルティーボ vs スポルティング
 『エイバル・乾貴士』    6/14(日)WOWO、DAZN 深夜2:15〜  
                     レアル・マドリッド vs エイバル  

 6/8(月)8:00〜 リーガダイジェスト WOWO 

-----------------------------

   ブンデスリーガ 30節 

 『フランクフルト・鎌田大地、長谷部誠』 6/6(土)よる10:30〜 スカパー  
                     フランクフルト vs マインツ
 『ブレーメン・大迫勇也』  6/7(日)よる8:30〜 スカパー ブレーメン vs  ヴォルフスブルク

 日本人を応援せよ スカパー 毎週9:00〜10:00


  
 
Date: 2020/06/06(土)


ベストイレブン

中村憲剛           セルジオ     風間八紘              
*********************************************************************************  
   「Jリーグ歴代最強チーム」

5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思うチームトップ3”を選んでもらった。

検索
 → https://www.soccerdigestweb.com/topics_detail9/id=72536&repeatCnt=1
Date: 2020/06/06(土)


ブンデス29節
*********************************************************************************  

権田完封勝利貢献 ポルティモネンセ13戦ぶり白星

 ポルティモネンセSC 1 - 0 ジル・ヴィセンテFC  

  ポルティモネンセ:権田修一 フル出場 安西幸輝 ベンチ入り
  権田は6試合連続の先発フル出場。13試合ぶりの勝利を挙げたポルティモネンセは3勝10分
  12敗の勝ち点19で降格圏の17位。

 CSマルティモ 1-1  ヴィトリア・セトゥバル  

  マルティモ:前田大善 先発 後半34分Out 

 
 FCファマリカン 2 - 1 FCポルト

  ポルト:中島翔哉はベンチ外(家族の体調不良?)
Date: 2020/06/05(金)


浅野拓磨

*********************************************************************************  

   浅野拓磨が2ゴール! 再開初戦に続きセルビア杯でも大活躍。 パルチザンの2-1勝利に貢献

【FKラドニク・スルドゥリツァ 1-2 パルチザン セルビア・カップ準々決勝】
 
セルビア・カップ準々決勝、FKラドニク・スルドゥリツァとパルチザン・ベオグラードの試合が現地時間3日に行われた。アウェイのパルチザンが2-1の勝利をおさめている。この試合でパルチザンに所属する浅野拓磨が2ゴールを決める活躍を見せた。

セルビアリーグは、5月30日から再開されている。浅野は再開初戦のムラドスト・ルチャニ戦で1ゴールを記録し4-1の勝利に貢献していた。

そして、今回のセルビア・カップ準々決勝でも浅野が2ゴール決めた。前半アディショナルタイムに浅野が先制点を決めると、そのまま続けて浅野が追加点を決めた。FKラドニク・スルドゥリツァのスタメンコビッチに1点を返されたものの、逃げ切ったパルチザンが2-1の勝利をおさめている。

 -----------------------------------------------------------------

ブンデスリーガ2部

原口元気 ドイツ2部リーグで3日、ハノーバーの原口元気はホームでのドレスデン戦にフル出場した。チームは3―0で快勝して6位。 

宮市亮  前節欠場の宮市亮が全体練習再開、メニューの一部消化…次節ボーフム戦で早くも復帰の可能性。 

遠藤航  シュトゥットガルトはディナモ・ドレスデンと対戦してアウェイで2-0の勝利を収めた。シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は地元紙によりこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。リーグ再開後2連敗を喫していたシュトゥットガルトだが、その後はこれで2連勝。残り5試合となった段階で自動昇格圏の2位を維持。

---------------------------------------------------------------------

久保建英 19歳の誕生日にスペイン紙が特集記事「彼の人生が変わり始めた昨年6月からの1周年」

 ‥‥ここまでリーグ戦24試合に出場。出場時間(1521分)はチームで11番目にとどまっているが
   3アシストはチーム最多、チーム4位の3得点を挙げており、残留を争うマジョルカで重要な存
   在になったことを評価した。また、1試合あたりのドリブル成功数(5.4回)はバルセロナのFW
   メッシと同等という素晴らしい結果を残していることをも指摘。‥‥

スペイン1部リーグは6月11日に再開予定。マジョルカは13日にホームで、久保の”古巣”であるバルセロナと対戦する。
Date: 2020/06/05(金)


WE League

*********************************************************************************  

   女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』発足! 
 
  ・・・リーグ開幕は2021年秋を予定「女性活躍社会の象徴に」


日本サッカー協会(JFA)は本日(6月3日)、オンライン記者発表会を開催し、2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグの名称とロゴ、リーグの理念、ビジョン、大会方式を発表しました。

新リーグの名称は、「WEリーグ(Women Empowerment League)」。「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念としており、この名称にはWEリーグの誕生によってこれまでなかった“女子プロサッカー選手”という職業が確立され、リーグを核に関わるわたしたちみんな(WE)が主人公として活躍する社会を目指す、という思いが込められています。

WEリーグは、これまで30年以上にわたって日本の女子サッカーをけん引してきた日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の上位に位置する、日本女子サッカー最高峰のリーグで、参加クラブは6〜10チームを予定しており、今年秋に発表する予定です。リーグは2021年秋に開幕し、ホーム&アウェイ方式による総当りリーグ戦で順位を決定します。

-----------------------------------------------------------------

公益財団法人日本サッカー協会 会長 田嶋 幸三

2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグは、日本の女子サッカーを発展させることだけが目的ではありません。女子プロリーグを核にして様々な雇用を生み出したり、人々の生き方の選択肢を広げたりすることによって、更なる女性の社会進出や持続可能な社会の実現に貢献していくことも目指しています。スポーツを通して社会に貢献していくことは、スポーツ界にとって重要な使命です。少女たちの夢となる女子プロサッカー選手という職業を確立していく同時に、女性活躍社会の推進や社会が抱える課題解決にも取り組んでまいります。

公益財団法人日本サッカー協会 理事/女子新リーグ設立準備室長 佐々木 則夫

WEリーグの誕生によって、女子プロサッカー選手という職業が確立され、少女たちの夢の受け皿となります。そこを核にさまざまな雇用が生まれ、人々の生き方の選択肢を広げる。多様な考えや目標、生き方があることを知り、認め合い、そして自らの信念や可能性を解き放つことのできるステージへと進んでいくことができる。リーグに関わる全ての人が手を取り合い、リーグから生まれる「わたしたち」のポジティブなエネルギーが社会全体に波及していく。私たちは、それを体現するリーグでありたいと思っています。

なでしこジャパン(日本女子代表)監督 高倉 麻子

女子サッカー選手の長年の夢だった女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」がいよいよ誕生します。このリーグが成功するためには選手の覚悟が必要です。その覚悟が日本を必ず強くするはずです。WEリーグが、応援して下さる方々が楽しめる場所、女の子たちの夢の舞台になることを期待しています。WEリーグをみんなで盛り上げていきましょう。 」

-----------------------------------------------------------------------

国内初の春秋制での実施

初年度は6〜10チームの見込み。リーグの安定運用のため当面はアマチュアで存続する現行のトップリーグ、なでしこリーグへの降格は複数年は実施しない。参加チームは7月で締め切り、審査を経て10月上旬をめどに発表される。仮申請を受け付けた5月末時点での参入希望団体は「30弱」あるという。
Date: 2020/06/04(木)


久保建英 You Tube
*********************************************************************************  

   上手すぎ!久保建英の足技30連発!!

Date: 2020/06/03(水)


サッカーニュース
*********************************************************************************  

  「無観客でも違った魅力を届けられる」|柿谷曜一朗(セレッソ阪/FW)

セレッソ大阪も、6月1日から全体練習に移行。エースナンバー「8」をつける柿谷曜一朗は「素直に試合ができる喜びがありますけど、それまでの間、サッカー選手は今まで以上に新型コロナウイルスに対する注意を払う必要がある。

より一層、気を引き締めて、集中した生活をしていかなければいけないと思います」と実戦に戻るに当たっての強い決意を口にした。Jリーグが選手・審判2340人のPCR検査実施に踏み切るなど、万全の安全対策を取ってリスタートすることに感謝しつつ、彼らは本番に向けて調整していくことになる。

再開直後の数試合は無観客になる見通しだ。柿谷自身も「サッカーは観客やサポーターあってのもの。それが欠けてしまうとモチベーションも上がりにくくなる」と寂しさをにじませる。

その反面で「映像やからこそ、巻き戻して見たくなるプレーだったり、最後の最後に目が離せない試合展開、諦めない姿勢を違った形で届けられるかなと思います」と前向きな部分を強調した。

  名古屋グランパス、金崎夢生の新型コロナ陽性反応を発表…チーム活動休止 

クラブは5月20日からグループ分けをしてトレーニングを実施し、29日の練習後に金崎は倦怠感や頭痛などの症状があることを報告。その後2日間はクラブの活動がオフとなっており、6月1日から全体練習をスタートさせたが、同日の朝に38度を越える熱があったために金崎は練習を欠席した。同日に病院でPCR検査を行い、翌2日に陽性反応が出た。

 名古屋は練習を本日から中止。現時点で他の選手やクラブスタッフに風邪のような症状は出ていないとしている。小西社長はしばらくの間、トップチームの練習を中断することを発表し、今後は保健所と連携を取りながら濃厚接触者の判別や施設の消毒などを進める。練習再開スケジュールは未定。

 金崎は5月14日から15日にかけて自家用車で神奈川県の親類宅を訪問していることも報告された。クラブは緊急事態宣言下での県外への移動となったことについて、「移動する場合は車などを使用し、細心の注意を払って行動するよう話していた」と回答。

金崎の症状は軽度で、現在は平熱に戻っているとのことだが、愛知県内の病院に入院する。

  J1初!鳥栖が客席に段ボール製の写真パネル設置へ 

サガン鳥栖は2日、J1初の“段ボール・サポーター”企画を発表した。
段ボール箱の製造やデザインなどを手がけるサガシキ(佐賀市)と協力し、ファンの写真を印刷した段ボール製パネルを販売。7月4日に無観客で再開するリーグ戦で、ホーム試合の客席に置く。

寸法は縦70センチ(幅40センチ)で、8日から特設サイトを開く。先着7000人は特別ユニホーム付きで1席3500円。

J2新潟も、段ボール製の観客パネルの設置を5月30日に発表


  

   

Date: 2020/06/03(水)


ブンデス鎌田大地

*********************************************************************************  

   フランクフルト・鎌田、2戦連発&決勝弾 今季公式戦10得点目

Eフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(23)が30日、アウェーのウォルフスブルク戦に先発して試合終了直前までプレーし、決勝点となる2試合連続ゴールを決めた。

1―1で迎えた後半40分に左足でゴールに押し込み、今季の公式戦10得点目をマーク。

同僚のMF長谷部誠(36)もフル出場し、リーグ中断前の2月7日以来、チーム7試合ぶりの勝ち点3に日本人コンビが貢献した。

フランクフルトは再開後2連敗したが、フライブルグには引き分け、そしてヴォルフスブルク戦には6試合ぶりの勝利で、勝点32の12位で残留争い一歩手前で踏みとどまる。

-----------------------------------------------------

   ブレーメン・大迫勇也も後半18分から出場 勝点3をキープ

 降格圏の17位に沈むブレーメンはリーグ再開後、初戦で負けたが、ここ3戦2勝1分と勝点6を獲得、残留に夢をつないだ。

Date: 2020/06/02(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
024693
[TOP]
 version 2.72