異邦の地のサムライ  2019/09/15(日)
UCL  2019/09/14(土)
UEL  2019/09/14(土)
異邦の地のサムライ  2019/09/14(土)
異邦の地のサムライ  2019/09/14(土)
ニュース  2019/09/12(木)
W杯アジア予選  2019/09/10(火)
ミャンマー  2019/09/10(火)


異邦の地のサムライ

香川真司          中村敬斗          三好康児         富安健洋
************************************************************************************   
香川真司の3戦ぶり今季2点目が決勝ゴール!…サラゴサ、3連勝で開幕5試合無敗

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第5節が15日に行われ、MF香川真司が所属するレアル・サラゴサはホームでエストレマドゥーラと対戦した。香川はトップ下で5試合連続の先発出場となった。

サラゴサが先制して折り返すが54分にオイルかれる。

80分、ペナルティエリア左へ抜け出したルイス・スアレスが折り返すと、ゴール前に走り込んだ香川が合わせて勝ち越しゴール。香川は3試合ぶり今シーズン2点目を決めた。

さらに86分にはスアレスが追加点を決めて勝負あり。サラゴサは3連勝を飾り、開幕5戦無敗(4勝1分け)で2位キープ。なお、香川は2試合連続のフル出場で1ゴールを挙げて勝利に貢献した。

-----------------------------------------------------------

中村敬斗、前半で1ゴール1アシストも一発退場…トゥウェンテは逃げ切り2連勝 

トゥウェンテに所属するFW中村敬斗が、15日に行われたエールディヴィジ第6節のフォルトゥナ・シッタート戦で、今シーズン3点目を決めた。

6試合連続で先発出場の中村は16分、最終ラインのギリギリを飛び出すと、アイトール・カンタラピエドラからの浮き球パスを受け、ペナルティエリア右から右足で流し込んで先制点を挙げた。さらに24分にはハビエル・エスピノサの追加点をアシスト。前半の内に1ゴール1アシストをマークした。

しかし中村は44分、相手DFフェリックス・パスラックに勢いよくスライディングタックルを見舞うと、これにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。ボールに行っているように見えたが、足裏も見せており、ビデオ判定の結果、レッドカードが提示されて一発退場となった。

後半アディショナルタイム5分にフォルトゥナ・シッタートの得点で1点差に迫られたが、このまま逃げ切って3−2で勝利。2連勝で開幕6試合無敗(3勝3分け)となった。
-----------------------------------------------------------

三好康児、新天地デビューで初ゴール!…決勝弾でアントワープの勝利貢献 

ロイヤル・アントワープに所属するMF三好康児が、15日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第7節のアンデルレヒト戦で新天地デビューを飾り、いきなり初ゴールも決めた。

今夏にアントワープに加入した三好は、この試合で移籍後初のベンチ入りを果たすと、同点で迎えた 82分に途中出場してベルギーデビュー。すると5分後の87分、ペナルティエリア右でボールを持ち、ターンから左足を振り抜く。これはブロックされたものの、こぼれ球を左足ダイレクトで叩き込み、ゴールネットを揺らした。

78分に相手MFが2枚目のイエローカードで退場。数的優位となったアントワープは、三好のゴールが決勝点となり、2−1で2試合ぶりの勝利を収めた。

-----------------------------------------------------------

冨安健洋は3戦連続フル出場…ボローニャ、2点差ひっくり返し大逆転で2連勝 

セリエA第3節が15日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはアウェイでブレシアと対戦した。冨安は右サイドバックで3試合連続の先発出場となった。

ボローニャは10分と19分にブレシャに得点を奪われ、立ち上がりに2点ビハインドとなる苦しい展開。36分に1点を返したが、42分にブレシアにヘディングシュートを沈められ、再び2点ビハインドとなって試合を折り返す。

しかし後半開始直後の48分、ブレシアの選手がが2枚目のイエローカードを受けて退場。数的優位のボローニャが3-2で逆転に成功
。ボローニャが2連勝を飾って開幕無敗(2勝1分)をキープ。
Date: 2019/09/15(日)


UCL

              長友佑都           南野拓実         伊東純也      
************************************************************************************   
UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)2019-20シーズン組み合わせ

グループステージ :2019年9月17日 – 12月11日 

【フループA】 PSG(FRA) レアル・マドリード(ESP) クラブ・ブルッヘ(BEL) ガラタサライ(TUR)

【フループB】 B・ミュンヘン(GER) トッテナム(ING) オリンピコス(GRE) 
         ツルヴァナ・ズヴェズダ(SRB)

【フループC】 マンチェスターC(ING) シャフタール(UGR) ディナモ・ザグレブ(CRO)  
         アタランタ(ITA)

【フループD】 アタランタ(ITA) アトレティコ・マドリー(ESP) レヴァークーゼン(GER)  
         レヴァークーゼン(GER) ロコモティフ・モスクワ(RUA)

【フループE】 リヴァプール(ING) ナポリ(ITA) ザルツブルク(AUT)ヘンク(BEL)        

【フループF】 バルセロナ(ESP) ドルトムント(GER) インテル(ITS) スラヴィア・プラハ(CZE)

【フループG】 ゼニト(RUA) ベンフィカ(POR) リヨン(FRA) ライプツィヒ(GER)  


【フループH】 チェルシー(ING) アヤックス(NED) バレンシア(ESP) リール(FRA)

-----------------------------------------------------------------------

  ガラタサライ:長友佑都  ザルツブルグ:南野拓実、奥川雅也  ヘンク:伊東純也   
Date: 2019/09/14(土)


UEL

************************************************************************************   
ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ! 

        〜〜〜8選手の日本人所属クラブの相手は?


昨シーズンはアーセナルとの同国対決を制したチェルシーの優勝で幕を閉じたEL。今シーズンは、マンチェスターUやアーセナル、セビリア、ローマなどの強豪クラブが参加する。

グループリーグ日程は 2019年9月19日〜12月12日 

 日本人8名

 ……… 中島翔哉(ポルト)  西村拓真(CSKAモスクワ)  堂安律(PSV)  久保裕也(ヘント) 

      長谷部誠・鎌田大地(フランクフルト)  浅野拓磨(パルチザン)  菅原由勢(AZ) ………

 ------------------------------------------------------------

【グループD】 スポルティング・リスボン(POR)  PSV(NED)  ローゼンボリ(NOR)
         LASKリンツ(AUT)

【グループF】 アーセナル(ING)  フランクフルト(GER)  スタンダール・リエージュ(BEL)  
         ヴィトーリア・ギマランエス(POR)

【グループG】 ポルト(POR) ヤングボーイズ(SUI)  フェイエノールト(NED)  レンジャーズ(SCO)
 

【グループE】 CSKAモスクワ(RUS)  ルドゴレツ(BUL)  エスパニョールESP)  
         フェレンツヴァーロシュ(HUN)

【グループ機曄.Εルフスブルク(GER)  ヘント(BEL)  サンテティエンヌ(FRA)  
          オレクサンドリア(UKA)

【グループⅬ】 マンチェスターU(ING)  アスタナ(KAZ)  パルチザン(SRB)  AZ(NED)
 
Date: 2019/09/14(土)


異邦の地のサムライ

一戦一戦 大人の顔に
************************************************************************************   
途中出場の久保建英、鋭いドリブルからPK奪取もキッカー決め切れず…マジョルカがビルバオとドロー

久保は2試合連続ベンチスタート。ハーフタイム、ソン・モイスの観客は久保の名前を連呼。日本代表FWが、停滞する試合を打開することを願った

後半もどちらもチャンスを決め切れず、スコアレスのまま時間は経過。63分に久保を4-4-1-1のシステムで、右サイドに起用。

が、攻撃面での連携不足はいまだ改善されておらず、パスを思うように受けることはできない。70分過ぎにはペナルティーエリア内右に入り込みボールを折り返したものの、誰も走り込めなかった。

80分にはエリア内で突破を図ったが足をかけられ転倒しPK獲得。キッカーが失敗し先制とはならず。結局、試合はスコアレスで終了。

マジョルカは3戦2分1敗で、14位。

日本代表MFの入団が決まった8月22日以降、世界中、特にアジアを中心にフォロワー数が爆発的に急増。『Twitter』のフォロワー数はすでに1万1000人以上増え、『Instagram』のインタラクションは一気に25万人に到達する。さらに、『Facebook』に至っては久保が加入してからの1週間で「いいね」の数が261%も増加したようだ。

詳細はFOOBALL CHANNELで

https://www.footballchannel.jp/2019/09/14/post338364/
Date: 2019/09/14(土)


異邦の地のサムライ

森岡亮太/伊東純也      フォルカオ        食野亮太郎
************************************************************************************   
森岡亮太が3戦連続ゴール! シャルルロワ、伊東純也出場のヘンクに勝利

ジュピラー・プロ・リーグ第7節が13日に行われ、森岡亮太が所属するシャルルロワと伊東純也が所属するヘンクが対戦した。森岡はこの試合で1ゴールを挙げて、3試合連続でのゴールとなった。


【スコア】シャルルロワ 2−1 ヘンク

【得点者】26分 1−0 森岡亮太(シャルルロワ)…PK
      29分 2−0 シャマル・ニコルソン(シャルルロワ)
      61分 2−1 ポール・オヌアチュ(ヘンク)

ファルカオがデビュー戦で決勝弾! 長友フル出場のガラタサライがホームで勝利

スュペル・リグ第4節が13日に行われ、長友佑都が所属するガラタサライとカスムパシャが対戦した。

ガラタサライは長友に加え、スティーヴン・エンゾンジ、ソフィアン・フェグリらが先発出場となった。また、モナコからガラタサライに加入したラダメル・ファルカオが移籍後初出場を果たしている。

【スコア】ガラタサライ 1−0 カスムパシャ

【得点者】38分 1−0 ラダメル・ファルカオ(ガラタサライ)

 ※フォルカオ:33歳 コロンビア

   2005-2009 リーベル・プレート 90 (34)
   2009-2011 ポルト 51 (41)
   2011-2013 アトレティコ・マドリード 68 (52)
   2013-2019 モナコ 108 (65)
   2014-2015 マンチェスター・ユナイテッド (loan) 26 (4)
   2015-2016 チェルシー (loan) 10 (1)
   2019-   ガラタサライ

  コロンビア代表 

   2011年、2015年 - コパ・アメリカ2011 (ベスト8) 2015年 - コパ・アメリカ2015 (ベスト8)
   2018年 - 2018 FIFAワールドカップ(ベスト16)

スコットランド・食野亮太郎  デビュー 

マンチェスターCに完全移籍をした食野亮太郎(21 FW/MF G大阪 23試合3得点)は、ワークパミットを獲得、スコットランド1部のハーツにレンタル移籍をしている。

A代表どころかユースの代表歴もなく、突如としてプレミアリーグ王者マンチェスター・シティに見出された弱冠21歳の日本人FW。シンデレラストーリーそのも。

ハーツへの入団が決定した翌日に、さっそくデビューを飾る。スコットランド・リーグ第4節のハミルトン戦でベンチ入りし、味方選手の負傷に伴って31分からピッチに投入された。
Date: 2019/09/14(土)


ニュース
************************************************************************************   
久保建英とエーデゴーアの市場価格が急上昇!スペイン紙『アス』は「泡のように上昇している」

移籍情報サイト『トランスファー・マーケット』が年齢や過去の実績などを考慮して市場価格を算出。今月10日に3か月ぶりに評価額が更新された。

 久保建英(18):久保は200万ユーロ(約2億3700万円) →1000万ユーロ(約11億8700万円)
         FC東京2019.1時点では20万ユーロ(約6000万円)。

久保の所属先のマジョルカの次戦は13日(日本時間14日午前4時開始)のビルバオ戦だ。

久保建英、東京五輪 レアル・マドリードが「OK」

A代表では控え扱いのMF久保建英(18)=マジョルカ=だが、来年の東京五輪には日本のエースとして出場することが確実になった。11日までに保有権を持つレアル・マドリードが出場を許可したことがわかった。

一方、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠についても、森保監督は「バランスを考えている」と明かす。FW、MF、DFと各ポジションにまんべんなくOA枠の選手を置く意向で、FW大迫(ブレーメン)、ボランチの柴崎(デポルティボ)らの名前が有力候補として挙がる・・・

「金メダル」を目標に掲げる森保監督は日本サッカー協会に対し、久保の東京五輪招集を最重要事項としてリクエストしていた。日本協会は元日本代表MF藤田俊哉強化委員(47)らを窓口に、レアル・マドリード側と粘り強く交渉。

Date: 2019/09/12(木)


W杯アジア予選

************************************************************************************   
2022 FIFAワールドカップカタール アジア2次予選

  〜〜〜 兼 AFCアジアカップ中国2023予選 〜〜〜


2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選の第2節が10日に各地で行われた

  【グループF】

 09/05 タジキスタン 1-0 キルギス  モンゴル 1-0 ミャンマー

 09/10 ミャンマー  2-0 日本     モンゴル 0-1 タジキスタン

  ==================================

本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表はホームでバーレーン代表と対戦。77分にFWカーミル・アル・アスワドに決勝点を決められて0−1で敗れた。カンボジアは1分1敗、バーレーンは1勝1分となった。

「このような(敗戦を喫した)ゲームの後、君たちは笑ったり喜んだりすべきではないかもしれないけど、幸せを感じないといけないんだ!」

「僕は君たちを尊重するし、彼ら(サポーター)も君たちを尊重してくれる。だから僕たちは、『ここに来てくれてありがとう』という思いをもっと見せなければならないんだ。君たちは、彼らの夢なんだ」

「だから落ち込まないで!胸を張って『ありがとう』と誇りに思うこと!これがチームなんだ!いいね?」

 Instagramには『We are still in the process.(進行中だ)』と記した本田監督。カンボジア代表の次戦は10月10日、アウェイでイラン代表と戦う。

  ---------------------------------------

○ 昨季途中までヴァンフォーレ甲府を率いていた吉田達磨監督が指揮を執るシンガポール代表は、ホームにパレスチナ代表を迎えた。立ち上がり4分にDFシャーキル・ハムザの得点で先制したが、14分にDFヤセル・ハメド・マヨールの同点ゴールを許して試合は振り出しに。それでも39分にDFサフワン・バハルディンが決めた勝ち越しゴールが決勝点となり、2−1で勝利。アジア2次予選ドロー発進だったシンガポールは、初白星を飾った。

  ---------------------------------------

○ 前日本代表指揮官の西野朗監督が率いるタイ代表は、敵地でインドネシア代表と対戦した。スコアレスで折り返した55分にMFスパチョク・サラチャットが先制点を奪うと、65分には横浜F・マリノスのDFティーラトンがPKを決めて追加点。72分にスパチョクがダメ押しゴールを挙げて、3−0で勝利した。タイは2次予選初白星で、西野監督にとっても就任2試合目での初白星となった。

************************************************************************************ 

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループA】・チーム名

 1 CHN    3  1  1  0  0  5  0  +5  中国
 2 SYR    3  1  1  0  0  5  2  +3  シリア
 3 MDV    3  2  1  0  1  1  5  −4  モルディブ
 4 GUM    0  1  0  0  1  0  1  −1  グアム
 5 PHI     0  1  0  0  1  2  5  −3  フィリピン

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループB】・チーム名

 1 KUW    3  2  1  0  1  7  3  +4  クウェート
 2 AUS    3  1  1  0  0  3  0  +3 オーストラリア
 3 JOR    3  1  1  0  0  2  1  +1  ヨルダン
 4 NEP    3  2  1  0  1  2  7  −5  ネパール
 5 TPE    0  2  0  0  2  1  4  −3  チャイニーズタイペイ
   

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループC】・チーム名

 1 BHR    4  2  1  1  0  2  1  +1  バーレーン
 2 IRN     3  1  1  0  0  2  0  +2  イラン
 3 IRQ     1  1  0  1  0  1  1  +0  イラク
 4 CAM    1  2  0  1  1  1  2  −1  カンボジア
 5 HKG    1  2  0  1  1  1  3  −2  香港

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループD】・チーム名

 1 PLE    3  1  1  0  0  2  0  +2   パレステナ
 2 YEM    2  2  0  2  0  4  4  +0   イエメン
 3 SIN     1  1  0  1  0  2  2  +0   シンガポール
 4 KSA    1  1  0  1  0  2  2  +0   サウジアラビア
 5 UZB    0  1  0  0  1  0  2  −2   ウズベキスタン

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループE】・チーム名

 1 QAT    3  2  1  1  0  6  0  −6   カタール
 2 OMA    3  1  1  0  0  2  1  +1   オマーン
 3 AFG    3  2  1  0  1  1  6  −5   アフガニスタン
 4 IND     1  2  0  1  1  1  2  −1   インド
 5 BAN    0  1  0  0  1  0  1  −1   バングラデシュ

   
カタール 0-0 インド

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループF】・チーム名

 1 TJK    6  2  2  0  0  2  0  +2   タジキスタン
 2 JPN    3  1  1  0  0  2  0  +2   日本
 3 MGL    3  2  1  0  1  1  1  +0   モンゴル
 4 KGZ    0  1  0  0  1  0  1  −1   キルギス
 5 MYA    0  2  0  0  2  0  3  −3    ミャンマー

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループG】
・チーム名

 1 MAS    3  1  1  0  0  3  2  +1   マレーシア
 2 VIE     1  1  0  1  0  0  0  +0   ベトナム
 3 THA    1  1  0  1  0  0  0  +0   タイ
 4 UAE    0  0  0  0  0  0  0  +0   アラブ首長国連邦
 5 IDN     0  1  0  0  1  2  3  −1   インドネシア

順位 チーム 勝点 試 勝 分 敗 得 失  差 【グループH】・チーム名

 1 KOR    3  1  1  0  0  2  0  +2   韓国
 2 PRK    3  1  1  0  0  2  0  +1   朝鮮民主主義人民共和国
 3 TKM    3  2  1  0  1  2  2  +0   トルクメニスタン
 4 LIB     0  1  0  0  1  0  0  −2   レバノン
 5 SRI     0  1  0  0  1  0  0  −2   スリランカ

※各組1位のチームと、各組2位チームのうち成績上位4チーム(合計12チーム)はワールドカップの最終予選に進出するとともにアジアカップ2023への出場権を獲得。

※ただし、本大会開催国として既に出場権を獲得しているカタールがグループ1位または各組2位のうち成績上位4チームに入った場合はその分が繰り上がりとなり、各組2位チーム中成績第5位のチームが代わってワールドカップの最終予選に進出する。
Date: 2019/09/10(火)


ミャンマー

アウン・トゥ(左)とチョー・コー・コー(右)には要注意だ
************************************************************************************   
躍進著しいミャンマーサッカー

日本をミャンマーの[通算成績]はブルマ時代を含めると『5勝5分2敗』 (1955-1994) / 17得点12失点 (+5得失点差)

1455年には0-3、1662年には1-3と完敗している。最後の試合は国名がミャンマーと変わってからの1994年(Jリーグ2年)のムルデカ大会で日本5-0と完勝。

 -----------------------------------------------------------------------

ミャンマーはこの十数年、東南アジアの中でもサッカー弱小国のレッテルを貼られてきた。30〜40年前のビルマ時代にはアジアでも強豪と呼ばれる部類に入っていた。

その後は長い間低迷し、1996年に始まったAFFカップ(旧タイガーカップ、現スズキカップ)では、決勝トーナメントに進出したのは2004年大会のたった一度だけ。

--------------------------------------------------------------------

長い間の低迷期を経て、近年、ミャンマーサッカーは大きな躍進を遂げ、昨年はU-20ワールドカップに初出場を果たし、1次リーグを自国開催したAFFスズキカップ2016では、12年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。
この大会は、東南アジア最大のサッカー国際大会であり、ASEAN各国が最も重視している大会の一つである。

さらに、その躍進を最も印象付けたのは、2014年のAFC U-19選手権ベスト4進出と2015年のU-20ワールドカップ初出場がミャンマーに自信を与えた。

AFCU-19選手権では大会、日本は決勝TM1回戦でで北朝鮮にPK負けし本大会への出場を断たれている。本大会に進んだのは、北朝鮮、カタール、ミャンマー、ウズベキスタンの4か国。

ミャンマーはこの他にも、23歳以下を対象とした“東南アジア版オリンピック”のSEA Games 2015で銀メダルを獲得するなど、間違いなく急速に力をつけてきている。

------------------------------------------------------------------
■ミャンマーリーグで活躍する日本人

ミャンマーにもサッカーのプロリーグが存在し、シャン・ユナイテッドにはMF中村玲央が所属している。中村はこれまでにカンボジア、ラオス、モンゴル、インドのクラブを渡り歩き、今年からシャン・ユナイテッドでプレー。チームはシーズン残り1試合という時点でリーグ首位に立っており、ミャンマーリーグ制覇が目前に迫っている。また、リーグ最多優勝を誇るヤンゴン・ユナイテッドには、今年8月までMF内田昴輔が所属。内田は大分トリニータやFC琉球でのプレー経験を持つ元Jリーガーで、2017年にヤンゴン・ユナイテッドに加入すると、昨年はリーグ戦と2つの国内カップ戦で優勝。ミャンマー史上初の国内三冠を達成した。
Date: 2019/09/10(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
014522
[TOP]
 version 2.72