J2 29節  2017/08/20(日)
週末の試合  2017/08/17(木)
J2 第28節  2017/08/17(木)
ニュース拾い読み  2017/08/16(水)
スルガ銀行杯  2017/08/15(火)
ニュース拾い読み  2017/08/14(月)
J1 22節  2017/08/13(日)
プレミアリーグ / 他  2017/08/12(土)


J2 29節

値千金逆転Gの青木 5試合連続G弾 東京Vアラン 2分後電光石火のG今期11G 横浜 勝利の立役者 決勝点カルフィン GK高岡
**************************************************************************************

♠♤♠ J2 29節/42節 ♠♤♠

 J2は9日に3試合というハードの日程からか11試合中6試合がドロー。 

 山形 2-2 千葉  群馬 1-1 金沢  横浜FC 1-0 水戸 名古屋 3-1 福岡 

 岐阜 0-1 讃岐  京都 2-2 大分  岡山 0-0 松本  愛媛 1-1 町田

 東京V 1-0 長崎 徳島 5-0 山口  湘南 0-0 熊本

…………………………………………………………………………………………………………

♠♠♠ J2 27節/42節 暫定 順位表 ♠♠♠

 順位 チーム 勝点  試合  勝  分  敗  得   失   差   直近 5試合

 1 湘南   60  29  18  6  5  34  21  +13  〇〇〇〇△   自動昇格
 2 福岡   55  29  17  4  8  39  24  +15  〇〇〇●●   自動昇格

 3 名古屋  52  29  16  4  9  57  45  +12  〇〇〇〇〇   プレーオフ
 4 徳島   50  29  14  8  7  49   26  +23  ●●△〇〇   PO
 5 長崎   47  29  14  5 10  35  32  + 3  ●〇●〇●   PO
 6 東京V  46  29  14  7  9  42  33  + 9  ●△〇〇〇   PO

 7.横浜  45(+10)  13.山形  42(-05)  18.金沢  30(-22) 
 8.松本  43(+14)  14.愛媛  40(-04)  19.熊本  28(-13)
 9.千葉  43(+05)  15.町田  39(+04)  20.讃岐  26(-12)
10.水戸  43(+02)  16.京都  37(+01)  21.山口  22(-17)  
11.岡山  43(+01)  17.岐阜  31(-05)  22.群馬  15(-36) 
12.大分  42(+02)             ※ 21位、22位は自動降格 

  ☆彡 2位 福岡と3位 名古屋の直接対決は先制された名古屋が逆転、勝点差を「3」に。

  ☆彡 湘南は19位熊本とドロー、2位との勝点差を「5」に

  ☆彡 J1からの降格クラブ 名古屋、湘南、福岡

  ☆彡 湘南、5戦負けなし 4勝1分。福岡、3連勝後今期初の2連敗。名古屋、名古屋5連勝

  ☆彡 J2からの昇格クラブ 大分 
                 
Date: 2017/08/20(日)


週末の試合

**************************************************************************************

♠♤♠ Jリーグ ♠♤♠  

 <J1> 8/19・土 鹿島 - 清水  磐田 − C大阪 浦和 − FC東京 川崎F − 札幌

            新潟 − 仙台  G大阪 - 柏   広島 - 甲府    鳥栖 - 大宮 

     8/20・日 神戸 ‐ 横浜FM    

 <J2> 8/20・日 山形 - 千葉  群馬 - 金沢  横浜FC - 水戸 名古屋 - 福岡 

            岐阜 - 讃岐  京都 - 大分  岡山 - 松本  愛媛 - 町田

            東京V - 長崎 徳島 - 天口  湘南 - 熊本
             

 <J3>8/19・土 鹿児島 - 長野 YS横浜 - 栃木 北九州 - 藤枝 琉球 - 福島  富山 - F東23 
       
     8/20・日 盛岡 - G大23 相模原 - C大台23 沼津 - 鳥取

♠♤♠ 海外リーグ ♠♤♠

 ♠ イングランド プレミアリーグ 第2節      岡崎慎司、吉田麻也     
  
 ♠ フランス リーグ・アン 第4節         酒井宏樹 川島永嗣  

 ♠ オランダ エールディビジ 第2節        小林祐希 堂安律

 ♠ ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ 第4節  久保裕也 森岡亮太

 ♠ オーストリア ブンデスリーガ 第5節     南野拓実 奥川雅也 

 ♠ メキシコ プリメーラ・ディビシオン 第5節  本田圭佑  

♠開幕

 ♠ イタリア セリエA           長友佑都   

 ♠ スペイン リーガエスパニョーラ  乾貴士 柴崎岳 / 2部 鈴木大輔 

 ♠ ドイツ  ブンデスリーガ     

    香川真司 長谷部誠 鎌田大地 大迫勇也 内田篤人 武藤嘉紀 酒井高徳 
 
    宇佐美貴史 / 2部 関根貴大 渡辺 凌磨 浅野琢磨

**************************************************************************************

FC東京マスコット「東京ドロンパ」が“英国進出”

 FC東京の公式マスコットである「東京ドロンパ」が“英国進出”を果たした。このほど発売された英専門誌「フォー・フォー・ツー」9月号の月間マスコット大賞を受賞した。最近の精力的な活動が英国にも知れ渡った格好となった。

  「日本でかなりの大物」と紹介され、2009年から公式マスコットになった経緯などを掲載。一輪車でスタジアム中を駆け巡り、空手チョップも見せる面白パフォーマンスについても紹介している。誕生日は都民の日の10月1日だけに「クラブには、もうすぐ来る彼の誕生日に素晴らしいサプライズを期待しよう」と締めくくられている
 
Date: 2017/08/17(木)


J2 第28節
**************************************************************************************

♠♤♠ J2リーグ 第28節/42節♠♤♠  

 首位の湘南ベルマーレは、敵地でジェフユナイテッド千葉と対戦した。ホーム無敗を誇る千葉に19本のシュートを浴びる苦しい展開だったが、終盤の82分に左CKでMF秋野央樹からのボールを途中出場のFWドラガン・ムルジャが頭で合わせて、1−0で勝利。ワンチャンスをしっかり決めた湘南が4連勝を飾った。千葉はホームでの無敗記録が13試合でストップし、順位も10位に後退した。

 ホームに5位のV・ファーレン長崎を迎えた2位のアビスパ福岡は、45分に相手の右CKでオウンゴールを献上。その後も長崎ゴールを割ることができず、そのまま0−1で敗れた。福岡は連勝が3で止まり、首位との勝ち点差が4に開いた。

 2連勝の東京Vは11位からPO圏内の6位に浮上。


 水戸 2−0 京都  千葉 0-1 湘南  町田 3−4 名古屋 松本 3−2 山形 

 金沢 0−4 徳島  岡山 0−1 愛媛  山口 3−2 群馬  讃岐 1−0 横浜FC

 福岡 0−1 長崎  熊本 0−0 岐阜  大分 0−2 東京V

…………………………………………………………………………………………………………

♠♠♠ J2 27節/42節 暫定 順位表 ♠♠♠

 順位 チーム 勝点  試合  勝  分  敗  得   失   差   直近 5試合

 1 湘南   56  27  18  5  5  34  21  +13  ●〇〇〇〇   自動昇格
 2 福岡   55  28  17  4  7  38  28  +17  ●〇〇〇●   自動昇格

 3 名古屋  49  28  15  4  9  54  44  +10  〇〇〇〇〇   プレーオフ
 4 徳島   47  28  13  8  7  44   26  +18  〇●●△〇   PO
 5 長崎   47  28  14  5  9  34  30  + 4  ●●〇●〇   PO
 6 東京V  43  28  13  7  9  40  32  + 8  △●△〇〇   PO

 7.水戸  43(+03)  13.山形  41(-05)  18.金沢  29(-22) 
 8.松本  42(+14)  14.愛媛  39(-04)  19.熊本  27(-13)
 9.横浜  42(+09)  15.町田  38(+04)  20.讃岐  23(-13)
10.千葉  42(+05)  16.京都  36(+0⑴  21.山口  22(-12)  
11.岡山  42(+05)  17.岐阜  31(-04)  22.群馬  14(-36) 
12.大分  41(+02)                   
Date: 2017/08/17(木)


ニュース拾い読み

**************************************************************************************

♡♥♡ サッカー久保がU-17代表に 今月のチェコ遠征 ♡♥♡    

 日本サッカー協会は14日、今月下旬にチェコで開催される国際大会に出場するU-17(17歳以下)
 日本代表を発表し、久保(FC東京ユース)がメンバー入りした。22日にロシア、23日にハンガリー、
 25日に米国の各U-17代表と対戦。26日に順位決定戦を行う。

 U-17日本代表は10月にインドで開催のU-17ワールドカップ(W杯)に出場する。

 GK:谷晃生 鈴木彩艶

 DF:池眥希 瀬古歩夢 菅原由勢 馬場晴也 半田陸 

 MF:井川空 奥野耕平 平川怜 鈴木冬一 椿直起 福岡慎平 喜田陽 上月壮一郎

 FW:山田寛人 宮代大聖 棚橋尭士 中村敬斗 久保建英 斉藤光毅

…………………………………………………………………………………………………………

♡♥♡ 神戸 ネルシーニョ監督と契約解除 監督代行に吉田孝行HC ♡♥♡  

 神戸は16日、成績不振を理由にネルシーニョ監督(67)との契約を解除したことを発表した。後任監
 督には代行として、吉田孝行ヘッドコーチ(40)が暫定的に指揮を執ることも併せて発表された。

 ネルシーニョ体制3年目となった今季は開幕4連勝を飾りながら、徐々に失速。今夏に元ドイツ代表
 FWポドルスキが加入した後も1勝3敗と苦しんでおり、13日のFC東京戦に敗れ今季3度目の3連敗を
 喫していた。

  ネルシーニョ(67):ブラジル中心に30クラブの監督歴任。日本でもヴェルディ川崎、
              名古屋クランパス、柏レイソル、ヴィッセル神戸の監督。
              柏ではJ1、J2、ゼロックススーパーリーグ、天皇杯、ナビスコカップ、
              するがチャンピオンシップ優勝監督

  ♡♥♡今期、監督交代のあったクラブ。

    浦和レッズ:ミハイロ ペトロヴィッチ 鹿島アントラーズ監督:渋谷洋樹 

    サンフレチェ広島:森安保 新潟:三浦文丈 
Date: 2017/08/16(水)


スルガ銀行杯

**************************************************************************************

♢♣♡ スルガ銀行チャンピオンシップ2017 ♢♣♡    浦和レッズ 1ー0シャペコエンセ
 
  リーグカップ王者とコパ・スダメリカーナ王者が対戦するこの一戦では、浦和レッズはドイツ2部インゴルシュタットへ移籍したMF関根貴大の代わりにMF駒井善成が右ウイングバックのポジションに入り、新戦力DFマウリシオ・アントニオも先発に名を連ね、浦和でのデビューを飾った。ゴールマウスには絶対的守護神の西川に代わり、榎本が立った。対するシャペコエンセは元東京ヴェルディのDFアポジや元アビスパ福岡のMFモイゼス・リベイロら日本を良く知るメンバーがスタメン出場となった。

  試合は序盤からシャペコエンセがアポジの俊足を活かしたサイド攻撃で浦和ゴールに迫る。対する浦和もその後は柏木を中心にボールを保持し徐々にペースを取り戻していく。32分には森脇が腰のあたりを押さえ座り込み、一度ピッチを後にするなどヒヤリとする場面もあったが、38分、41分と続けざまにチャンスを作り、良い形で前半を折り返す。

 両チームとも前半のメンバーのまま後半がスタートすると、序盤は再びシャペコエンセがボールを浦和陣地に押し込んでいく。58分にはペニージャが裏へ抜け出し、決定的なチャンスを迎えるも浦和GK榎本が立ちふさがり、得点には至らない。

 60分、シャペコエンセはそのペニージャに替え、得点源で精神的支柱のウェリントン・パウリスタを投入。するとすかさず浦和も森脇と駒井を下げ、遠藤と高木をピッチに送り込む。77分には宇賀神に代え平川を投入し、お互いに変化をつけようと動きを見せる。

 その後はシャペコエンセが85分にトゥーリオが何度か見せ場を作るも決め手に欠け、ゴールを奪えない。すると迎えた87分、エリア内でグローリがズラタンを倒してしまい、主審はPKを指示。この判定に不満を示したシャペコエンセのGKジャンドレイがゴールマウスに立つことを拒否するそぶりを見せるなど一時騒然となったが、その後平常通り行われたPKをキャプテンの阿部が落ち着いて流し込んだ。(サッカーキングWEBより)

 試合後にもPK判定に不満を持ったシャペコエンセベンチが主審に詰め寄るなど、やや後味の悪いものとなってしまったが、シャペコエンセを下した浦和レッズが『スルガ銀行 チャンピオンシップ 2017 SAITAMA』のチャンピオンに輝いた。

…………………………………………………………………………………………………………

 キャプテンとしてフル出場を果たしたDFグローリは「この試合に臨むモチベーションは高かった。タイトルをブラジルに持って帰れないことは残念」と振り返る。試合終了間際のPKのシーンについて「ほんの少しの差が勝敗を決すると改めて感じた。ただ、我々もやれることはやったと思う」と胸を張った。

 また、試合後には浦和サポーターが『また世界の舞台で会いましょう!』という弾幕を掲げた。グローリは「想像もしていなかった。日本人の優しさと愛情に感謝したい。素晴らしい瞬間だった。浦和にはおめでとうと伝えたい。チャンピオンに値するチームだった」と感謝のメッセージを残した。


…………………………………………………………………………………………………………

  シャペコエンセ(ブラジル)
  
  コパ・スダメリカーナ2016の決勝戦を戦うためにボリビアに向かう途中、飛行機が山中に墜落して選手・首脳陣47名が死亡。この事故で2009年神戸監督のカイオ・ジュニオールやJリーグで在籍した4名の選手がなくなっている。決勝戦を行えず、南米サッカー連盟はシャペコエンセを優勝チームと決定。
Date: 2017/08/15(火)


ニュース拾い読み

**************************************************************************************

♢♣♡ 堂安律“初物づくし”のオランダ開幕戦はドロー…小林祐希ともバチバチやり合う ♢♣♡    

     FCフォローニンゲン(堂安) 3−3 SCヘーレンフェーン(小林)

19歳MF堂安はプレシーズンが評価され、開幕戦で先発。後半18分までプレーした。小林はフル出場。

堂安は前半5分にオープニングシュートを放ったり、33分には小林に激しいスライディングでイェローカードをうけるなど臆せずプレレー。試合は3度ヘーレンフェーンがリードするが終盤の2PKでドロー。
 
♢♣♡ リーグアン 2節 ♢♣♡

 FCナント 0-1 オリンピック・マルセイユ ♣ 酒井宏樹 2試合連続フル出場 

 ポルドー 2-0 FC メス          ♣ 川島永嗣 2試合連続 ベンチ入り・出場なし

♢♣♡ プレミアリーグ 1節 ♢♣♡

 サウザンプトン 0-0 スウォンジー・シティ  ♣ 吉田麻也 フル出場

♢♣♡ ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ   ♢♣♡

 KVメヘレン 1-1 AAゲント ♣ 久保先発、後半34分Out ゲント 1分2敗 久保無得点

 オーステング 0-3 ワースランド・ベィヴェルン ♣ 森岡亮太 3試合連続フル出場2得点 1勝2分

♢♣♡ オーストリア ブンデスリーガ 4節 ♢♣♡

 SCラインドルフ・アルタッハ 0-1RBザルツブルク ♣ 南野拓実 先発後半31分Out 3試合1得点

 SVマッタースブルク 0-0 SKNザンクト・ペルテン ♣ 奥川雅也 出場出せず
Date: 2017/08/14(月)


J1 22節

**************************************************************************************

♥♡♥ J1 21節/34 ♥♡♥    C大阪-浦和戦は 7/22に試合

 C大阪 4-2 浦和 G:(大)杉本健勇 2 山口蛍 丸橋祐介 (浦)ズラタン R・シルバ

 札幌 1-1 甲府   G:(札)10’ジェイ (甲)72' 阿部 翔平

 清水 1-4 柏     
  G:(清)54' 鎌田翔雅8柏) 45' 伊東純也 52' クリスティアーノ 66' 武富孝介 79' クリスティアーノ 

 G大阪 0-2 磐田  G: (磐)19' 大井健太郎 73' アダイウトン

 仙台 1-0 広島   G:(仙)51' 奥埜博亮

 大宮 1-0 新潟   G:(大)73' 江坂任

 FC東京 1-0 神戸  G:(東)<88' ピーター ウタカ

 川崎F 3-1 鹿島  G:(川)45+1' オウンゴール 6' 阿部浩之 72' 家長昭博 (鹿)87' 鈴木優磨

 横浜FM 1-0 鳥栖 G:(横)9' ウーゴ ヴィエイラ
--------------------------------------------------------
☆彡 MF中村俊輔(39)のFKから大井健太郎(33)、FWアダイウトン(26)がヘッド弾を決め2―0。
    敵地でのG大阪戦5年ぶり勝利、対ACL組4連勝。昨年の年間勝ち点36を上回る38とし、6位に
    浮上した。

☆彡 川崎F 鹿島止めた!大島絶妙パスに阿部弾&家長弾で3発。家永は入団後初ゴール。
    川崎は今リーグ戦鹿島にシーズンWの勝利。

☆彡 鹿島は大岩監督就任後、公式戦初黒星を喫した。リーグ戦の無敗記録は9でストップ。クラブ最長
    記録に並んでいたアウェーでの無敗記録も10で止まった。

☆彡 横浜1−0堅守で柏から新加入したFWウーゴ・ヴィエイラ、開幕当初は控えに甘んじたが、6月25
    日の神戸戦で初アシスト、翌週の大宮戦で初ゴールを挙げるなど持ち前の攻撃力を示し、これで
    リーグ8戦連続フル出場。「守備は苦手」と言うが、試合中も中沢のコーチングから勉強中だ。チームの3戦連続完封勝利に貢献。

☆彡 ポドルスキ不発…神戸3連敗 首位と17差、負の連鎖止まらず。今夏に加えた超大型戦力も破壊
    力を発揮できず、神戸が痛すぎる3連敗を喫した。フル出場の元ドイツ代表FWポドルスキは
    シュート1本で3戦連続不発に終わり、後半開始から出場した元日本代表FWハーフナー無得点。

…………………………………………………………………………

♠♠♠ J1 22/34節 順位表 ♠♠♠ 

順位 チーム 勝点 試合   勝  分  敗  得点 失点   差   直近 5試合 ,

 1 鹿島   46  22  15  1  6  36  23   +13  △〇○〇●     2  億
 2 C大阪  44  22  13  5  4  45  25   +20  〇〇●〇●     1.2憶
 3 横浜M 43  22  13  4  5  30  17   +13  △△〇〇○     6千万
 4 川崎F  42  22  12  6  4  41  24   +17  〇●△〇〇 
 5 柏    42  22  13  3  6  35  22   +13  ●△〇△〇      
 6 磐田   38  22  11  5  6  34  20   +14  〇〇●△〇
 7 G大阪  36  22  10  6  6  36  24   +12  ●〇●△● 
 8 浦和   33  22  10  3  9  48  38   +10  〇●●△〇
 9 F東京  33  22   9  6  7  29  24   + 5   △△△〇〇
10 鳥栖   31  22   8  7  7  24  24   + 0  ●〇〇△●
11 神戸   29  22   9  2 11  25  29   − 4  〇〇●●● 
12 仙台   26  22   7  5 10  24  38   ―14  ●△●△〇
12 清水   25  22   6  7  9  28  35   ― 7  〇△●〇●
13 甲府   20  22   4  8 10  12  24   ―12  ●●〇●△
14 札幌   20  22   5  5 12  20  34   ―14  △〇●●△
 
16 大宮   19  22   5  4 13  21  39   ―18  △●△●〇   降格圏 
17 広島   15  22   3  6 13  21  37   ―16  △●〇〇●   降格圏
18 新潟    9  22   2  3 17  13  45   ―32  ●△●●●   降格圏


☆彡 鹿島の敗戦、横浜・川崎・柏の好調でにわかに優勝争いが面白くなって来た

☆彡
Date: 2017/08/13(日)


プレミアリーグ / 他

 写真右 小柄な選手がFW西谷優希(23 166僉房島学園→仙台大2年で退学→ドイツ
**************************************************************************************

💎💎💎 2017−17プレミアリーグ 開幕

 ☆彡 レスター岡崎が開幕5分で今季初ゴール!…   アーセナル 4−3 レスター

  アーセナルと対戦。レスターは開始2分に失点を喫し、出鼻を挫かれるが、先発出場した岡崎が勢いを取り戻す一撃を放った。

  岡崎は昨シーズンのリーグ戦で30試合に出場し、3ゴールを記録。初ゴールは6試合目の出場となった第9節だったが、今シーズンは開幕からわずか5分で第1号を決めた。なお、3シーズン通算では67試合出場で、9ゴール目となった。

  試合は、前半は1-2で折り返し、後半ヴァーディの2得点目で逆転したが、終盤に2失点しレスターは黒星スタートなった。

…………………………………………………………………………………………………………
 ☆彡 パチューカ・本田 デビューは22日以降 代表入りへ試練   

  10日(同11日)の練習後にチームドクターのフェルナンド・マルケス氏が、本田の状態に言及。「右足ふくらはぎのヒラメ筋断裂でリハビリを続けてきた」と明かし「(22日の)ベラクルス戦か(25日の)ティフアナ戦から出場する可能性が高い」との見解を示した。8日に再検査を受けた結果、状態は上向いており、来週から練習に合流するという。

………………………………………………………………………………………………………… 
💎💎💎ドイツ杯1回戦

 ☆彡 武藤嘉紀が2ゴール&PK獲得。リューネブルガーSK(4部)1−3 マインツ

  武藤は先発出場で1トップに入った。試合は13分、武藤がマインツに先制点をもたらす。左サイドからのクロスのこぼれ球を拾ったアレクサンドル・マキシムがペナルティエリア内左から浮き球パスを送ると、ファーに流れた武藤が頭で押し込んで、いきなり今シーズン初ゴールを記録した。

  31分に失点するが 44分、武藤がPK獲得、にダニエル・ブロジンスキがゴール左上に決め、勝ち越して前半を折り返した。

  後半に入ってマインツは60分に追加点を奪う。左サイドでパブロ・デ・ブラシスの落としを受けたブロジンスキがクロスを送ると、ニアに飛び出した武藤がトラップし、反転しながら右足を振り抜いて、シュートをゴール左隅に突き刺した。

 ☆彡 鎌田 独デビュー “伏兵”西谷優希に苦しめられるも白星発進 

 エルンテブリュック(4部)0-3 フランクフルト

  長谷場はフル出場、鎌田 先発後半73分交代。エルンテブリュックには栃木SCに所属するMF西谷和希の双子の兄弟であるFW西谷優希がフル出場。

 ☆彡 FCリーラジンゲン・アーレン(6部)0-4 ドルトムント 香川は後半16分IN
    レーアーTS(5部) 0-5 FCケルン 大迫は負傷メンバー外
 
Date: 2017/08/12(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
056181
[TOP]
 version 2.72