移籍…ティーラシン、梅崎司  2017/12/27(水)
移籍 引き算・足し算  2017/12/26(火)
ブンデス観客数  2017/12/26(火)
🗾 海外サムライ  2017/12/25(月)
インカレ  2017/12/24(日)
🏆 皇后杯  2017/12/24(日)
ユースカップ  2017/12/23(土)
天皇杯  2017/12/23(土)


移籍…ティーラシン、梅崎司

****************************************************************************************

タイの英雄、ティーラシン 広島に期限付き移籍

サンフレッチェ広島は19日、ムアントン・ユナイテッドFC(タイ)に所属するFWティーラシンが来季より期限付き移籍での加入に合意したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年2月1日から12月31日までとなる。

29歳のティーラシンは、各世代のタイ代表に選出され、国際Aマッチで91試合・42得点をマークするタイのエースストライカー。
 
  2006年にタイのラパチャFCでキャリアをスタートし、翌年にムアントンに加入。その後、イングランドのマンチェスター・シティ、スペインのアルメリアをはじめとする欧州のクラブでの所属経験がある。

  2009年から在籍するムアントンでは257試合で111ゴールという桁外れの数字をマークしており、城福浩新監督のもと、復権を目指す広島にとってはキーマンとなり得る補強となりそうだ。
  また、ティーラシンは今季のAFCチャンピオンズリーグでJリーグクラブと対戦経験があり、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ相手にゴール

 ☞ 昨年、札幌に入団したチャナティップは得点は上げられなかったが16試合1,301分間出場し、
   札幌のJ1に貢献。

梅崎司 湘南へ完全移籍「もっと成長したい」と決断

  梅崎は大分、グルノーブル(フランス)を経て08年から浦和でプレー。今季は左膝手術の影響で序盤は出遅れたが、終盤はリーグ戦、ACLにもコンスタントに出場。クラブW杯のウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦にも出場し、世界5位に貢献した。

 梅崎は浦和を通じて「浦和で10年選手となることができ、このまま大好きな浦和でずっとプレーしたい気持ちと環境を変えて勝負したい気持ちが混在していました。ありがたいことにレッズから最大限に評価してもらい延長オファーもいただきましたが、僕は一選手として、もっと成長したい、ピッチに立って躍動したい、その思いが日に日に強くなり、移籍を決断しました」

  新天地となる湘南を通じては「浦和レッズで10年プレーし、大きな決意と覚悟を持って移籍を決断しました。ここでなら、チョ監督のもとでなら大きく成長できると確信しています。

 ☞ 新刊 → 梅崎の「15歳」サッカーで生きると誓った日。

FC東京 神戸からMF大森晃太郎を獲得 長谷川監督と再タッグへ

  大阪府出身の大森はG大阪ユースから2011年にトップチームへ昇格。来季からFC東京の指揮を執る長谷川健太監督(52)のもとG大阪で4年間プレーした。今季から神戸へ完全移籍したばかりで、神戸ではJ1リーグ戦26試合に出場して4得点だった。リーグ戦の通算成績はJ1が110試合15得点、J2が16試合1得点。

  ☞ 神戸:ポドルスキ、新加入ウェリントンいるけど。岩波、大森ぬけて大丈夫? 
    J1、J2で唯一、監督人事も決まっていないようだし。
Date: 2017/12/27(水)


移籍 引き算・足し算

****************************************************************************************

移籍の季節になりました。引き算=悲しく もあり、足し算=楽しく もあり


神戸のDF岩波拓也、浦和へ完全移籍!

 ► 現在23歳の岩波は今季の明治安田生命J1リーグで29試合出場1ゴールを決めた。各アンダー世代の
  日本代表にも選出され、2016年のAFC U−23選手権カタールでは4試合に出場している。


✨ 新規 浦和の山田直樹、湘南への期限付き移籍から4年ぶりに復帰

 ► 山田直樹 J2湘南で39試合5得点

神戸が福岡からFWウェリントンを獲得! 今季はJ2で19ゴールをマーク

 ► ブラジル出身のウェリントンは現在29歳。2013年6月に湘南ベルマーレへ加入し、日本でのプレーをス
  タートさせた。2014シーズン限りで一度は帰国したが、2015年5月にアビスパ福岡へ加入。同クラブの
  J1リーグ昇格に貢献すると、昨季はJ1リーグ戦で29試合出場5得点をマークした。今季はJ2で36試合
  に出場し、得点ランキング3位タイとなる19ゴールを挙げている。
Date: 2017/12/26(火)


ブンデス観客数
****************************************************************************************

ドルトムントは8万人超え…ブンデス18クラブの前半戦平均観客動員数ランク

 ドイツ誌『kicker』日本語版は24日、今シーズンの前半戦の平均観客動員数を伝えた。

 1位:ドルトムント……8万0877人(↑/7万9207人)
 2位:バイエルン ……7万5000人(↓/7万5024人)
 3位:シャルケ  ……6万1052人(↑/6万0502人)

18位:18位:フライブルク……2万3833人(↓/2万3924)


  https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20171224/689156.html
…………………………………………………………………………………………………………………

 Jリーグ 2017年 全日程終了

 1位:浦和 3万3542人 2位:FC東京 2万0490人 3位:横浜FM 2万4766人

…………………………………………………………………………………………………………………

 ドルトムントの試合をDAZNで観戦すると黄色の壁が揺れているような感じ・・・迫力に圧倒される。

 ブンデス誕生が1963年…53歳、Jリーグ誕生が1993年…24歳。追いつくのかな?追いついてほしい! 
Date: 2017/12/26(火)


🗾 海外サムライ

****************************************************************************************

🗾 海外サムライ 12/24〜

エールディビッジ18節(オランダ)

  🎉 フローニンゲンのMF堂安律が、24日のスパルタ・ロッテルダム戦で、今シーズン公式戦4点目。

    77分に途中出場した堂安は90分は、PA内のこぼれ球を左足ダイレクトでゴール右隅に突き刺す。
    フローニンゲンはそのまま年内ラストマッチを4−0の快勝で飾り、4試合ぶりの白星で5勝5分8敗の13
    位で折り返しを迎えた。

    堂安はリーグ戦13試合に出場(先発は12試合)し、3ゴール目を決めて2017年を締めくくった。カップ
    戦を含む公式戦では15試合出場、4ゴールを記録。
    試合後には、自身のインスタグラム(@doanritsu)で「2017年最後の試合。勝利。得点。気持ちよく
    日本に帰れます!笑」とコメント

  ► ヘーレンフェーン・小林祐希はAZ戦に先発し後半43分Out。チームは勝点23で8位。

プレミアリーグ19節

  ► サウザンプトン・吉田麻也 ハダーズフィールド戦にフル出場。試合は1-1のドロー。

  ► レスターシティ・岡崎慎司は首位のМ・ユナイテッド戦に後半22分からIn。試合は2-2のドロー。

  ■ウィンターブレーク

  ► ブンデスリーガ    12/18〜1/26.27 香川真司・・・
  ► ポルトガル・リーグ  12/23〜1/2   中島翔哉
  ► オーストリア・リーグ 12/18〜2/2   南野拓実 奥川雅也

  ► プレミアリーグにはウィンターブレーク無し。12/26、12/30、1/1、1/13
Date: 2017/12/25(月)


インカレ
***************************************************************************************

🏆 インカレ(第66回全日本大学サッカー選手権) 流通経済大5発大勝で3年ぶり日本一 

  流通経大が、夏の総理大臣杯王者の法大を5−1で下し、3年ぶり2度目の優勝を果たした。 
Date: 2017/12/24(日)


🏆 皇后杯

***************************************************************************************


🏆 皇后杯  日テレ・ベレーザが3大会ぶり12回目の皇后杯制覇! 今季2冠を達成

  皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の決勝が23日に行われ、日テレ・ベレーザとノジマステラ神奈川相模原が対戦した。

  開始6分、岩清水梓のロングフィードに田中美南が反応。ループシュートを決め、日テレが幸先良く先制する。続く24分には阪口夢穂がまたしてもループシュートで追加点を奪う。後半に入り74分、中里優のパスに抜け出した田中が落ち着いてゴールネットを揺らし、決定的な3点目を記録した。

  試合は3−0で終了。日テレ・ベレーザが3大会ぶり12回目の優勝を飾り、プレナスなでしこリーグとの2冠を達成した。

  今季、なでしこ一部リーグに昇格したノジマステラ佐奈川相模原は初の準優勝を獲得した。

【スコア】 日テレ・ベレーザ 3−0 ノジマステラ神奈川相模原

【得点者】 6分 田中美南(日テレ) 24分 阪口夢穂(日テレ) 74分 田中美南(日テレ)

Date: 2017/12/24(日)


ユースカップ

   G大阪ユース      広島ユース       京都U-18        川崎FU-18
***************************************************************************************

🏆 2017 INTERNATIONAL YOUTH CUP 12/20・21・23・24 @長野県

 A: 京都サンガU-18 シャペコエンセ(SHA ブラジル) 川崎フロンターレU-18 ヴァイヴォディナ(VOJ セルビア)

 B: G大阪ユース 浦項スティラーズ(POH 韓国) サンフレッチェ広島F.Cユース オリンピック・マルセイユ(MAR フランス)

 ► 一回戦  京都U-18 0-0 VUJ   川崎FU-18 1-1 CHA  G大阪Y 2-1 POH  広島Y 3-2 MAR

 ► 二回戦  京都U-18 2-1 川崎FU-18  CHA 0-1 VOJ  G大阪Y 1-1 広島Y  MAR 1-2 POH   

 ► 三回戦  京都U-18 2-0 CHA  川崎FU-18 5-1 VOJ  G大阪Y 7-1 MAR   広島Y 3-0 POH     

  順位決定戦

  1位/2位 京都U-18          0-4  G大阪ユース  
  3位/4位 川崎Fユース        1-1  広島ユース 
  5位/6位 ヴォイヴォディナ(VOU) 4-1  浦項スティーラーズ(POH) 
  7位/8位 シャペコエンセ (SHA)   0-0  オリンピックマルセイユ(MAR)
 
……………………………………………………………………………
 <順位> 1位:G大阪ユース
      2位:京都サンガU-18 
      3位:広島ユース
      4位:川崎FU-18
      5位:ヴォイヴォディナ    (セルビア)
      6位:浦項スティーラーズ   (韓国) 
      7位:シャペコエンセ     (ブラジル)
      8位:オリンピック・マルセイユ(フランス)


順位 チーム 試合  勝  分  敗   得   失    差   ポイント

 1 京 都   3   2  1  0    4   1   + 3    7 
 2 川崎F   3   1  1  1    7   4   + 3    4
 3 VOJ    3   1  1   1   2   5   − 3    4 ヴォイヴォディナ
 4 SHA    3   0  1  2    1   4   − 3    1 シャペコエンセ  

順位 チーム 試合  勝  分  敗   得   失    差   ポイント

 1 G大阪   3   2  1  0   10   3   + 7    7 
 2 広 島   3   2  1  0    7   3   + 4    7 
 3 POH    3   1  0  2    3   6   − 3    3 浦項スティラーズ
 4 MAR    3   0  0  3    4  12   − 8    0 オリンピック・マルセイユ  

……………………………………………………………………………

Date: 2017/12/23(土)


天皇杯

水沼、起死回生のボレーシュート  柿谷、PKはじかれるもダイビングヘッドの逆転弾  伊東翔、クロスをヘッディング同点弾  決勝ゴール ヴィエイラ
***************************************************************************************


🏆 天皇杯 THE 97th ENPEROR'S CUP

 ► ヴィッセル神戸 1(0-0 1-1 延 0-1 0-1)3 セレッソ大阪

   G:90’大森晃太郎(神) 90+1’水沼宏太(セ) 98’柿谷曜一朗(PK) 114’ソウザ 

      ☞ ソウザ:29歳 MF ブ2016-ブラジルから移籍 2017- 33試合4得点)

 ► 横浜F・マリノス 2(0-1 1-0 延 0-0 1ー0)1vs 柏レイソル 

   G:11’ロペス(柏) 69' 伊東翔(横)118' ウーゴ ヴィエイラ(横)

      ☞ ロペス:28歳 2014-ブラジルから仙台に移籍 2017-仙台から柏に移籍 18試合3得点

      ☞ ウーゴ:29歳 ポルトガル(国籍)2017-セルビアリーグから移籍。28試合10得点

…………………………………………………………………………………………………………………

 ► 01/01 決勝 14:40 横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 @埼玉スタジアム2002 📺 NHK総合

Date: 2017/12/23(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
060175
[TOP]
 version 2.72