Jリーグ関連の記事を掲載します。

イチオシ選手-2  2020/04/08(水)
イチオシ選手-1  2020/04/07(火)
イチオシ選手  2020/04/07(火)
ムーブメントコーチ  2020/04/06(月)
コンサドーレ札幌  2020/04/06(月)
酒井高徳  2020/04/05(日)
年齢制限-2  2020/04/05(日)
東京五輪  2020/04/04(土)


イチオシ選手-2

**********************************************************************************  

掲げる目標は15得点と10アシスト

    宇佐美貴史こそがG大阪の“旗頭”だ

スポーツナビ 下薗昌記 2020年4月7日(火) 09:40


西野朗体制においても、長谷川健太体制においても、「強いガンバ」には常に頼れるエースがいた。では、宮本恒靖体制におけるエースは誰なのか。それは、宇佐美貴史にほかならない。2度目の欧州挑戦も本人いわく「ダメだった」。しかし、安易にガンバ大阪への復帰を決めたわけではない。この和製エースこそ、常勝軍団復活を目指すチームのキーマンだ。

魅惑の攻撃サッカーこそ「GAMBAISM」

2年連続の残留争いに身を投じながらも、終わってみれば7位でフィニッシュした昨シーズン。終盤の5試合だけを切り取れば、3連勝を含む4勝1敗という好成績に加えて、5試合で奪った得点数もJ1優勝の横浜F・マリノスにわずか1点及ばない13得点。下位チームとの対戦が続いていたことも追い風となっていたが、ガンバ大阪は本来あるべき姿を徐々に取り戻しつつあった。

「僕の役割はチームに勝点3を付けること」

  ドイツで悩める日々を過ごしていた宇佐美貴史が、本来の輝きを見せ始めると、やはりG大阪の攻撃はひと味もふた味も違ってくる。

  シーズン終盤の5試合中、4試合で相手ゴールネットを揺らし、計5得点。数字上の貢献度はいうまでもないが、和製エースの得点に歓喜するサポーターのチャントはチームに独特の「イケイケ感」をもたらすのだ。

  クラブ史上初めて2年連続で同じスローガン「GAMBAISM」を掲げる今シーズン、タイトル奪回を明確な目標に掲げるG大阪だが、その旗頭となるべき男が宇佐美である。

  ややもすると曖昧な概念となりがちな今季のスローガンではあるが、アカデミー育ちのタレントが魅惑の攻撃サッカーを披露することは紛れもなく「GAMBAISM」であるはずだ。

宇佐美が中心となることを遠藤も期待

2月23日のJ1開幕戦で前年王者を撃破し、9年ぶりの開幕白星を手にしながらも、和製エースは反省を口にした。 

 「ああいう戦い方ができるということを見せられたのは良かったけど、僕らは常にマリノス戦のような戦い方をするチームじゃない。どちらかといえば、マリノスが僕たちに対してやったサッカーをしないといけない」

  3バックを基本布陣としながらも、対戦相手に応じては4バックも採用する今シーズン、各ポジションに控える多士済々の人材をいかに組み合わせるかは指揮官の腕の見せ所ではあるが、ひとつだけ揺るがない事実は、宇佐美がエースであるということだ。

  スタイルこそ異なるものの、西野朗監督や長谷川健太監督が率いた「強いガンバ」には、常に頼れるエースがいた。古くはアラウージョやマグノ・アウベス、そして2014年の三冠達成を支えたのは紛れもない宇佐美だった――。

 FWが安定稼働する重要性と安心感を知り尽くす遠藤保仁も言う。

 「チームとしてはできるだけFWに点を取って欲しい。タイトルを取るためには爆発的な攻撃力も必要になるし、貴史が中心になっていくことを期待している」

安易な思いで出戻ったわけではない

チームメートやサポーターから頼りされる和製エースだが、宇佐美の活躍を誰よりも待ち望んでいるのは、他ならぬ本人だ。

 開幕を控えた2月のある日、こんな本音を明かしたことがある。

  「プロに入ってからずっとそうですけど、サポーターの誰よりも僕が一番自分に期待しているし、自分自身が一番結果を求めている」

  昨年6月、2度目の欧州挑戦を終え、愛する古巣への復帰を決めた記者会見で「2度目も個人的にはダメだった」と率直な思いを口にした宇佐美だが、決して安易な思いで出戻りを決意したわけではない。

 「結果を出さないと僕が帰ってきた意味がないし、サポーターも認めてくれないと思う」

  今シーズン、宇佐美が掲げる目標は15得点と10アシスト。昨季終盤の充実ぶりを考えれば、決して高いハードルとは言えない数字である。

 「一発のサイドチェンジとかスルーパスでスタジアムの空気を変えることができると思っている。でも、まずは点を取れる場所に常にいたい」

  宮本恒靖体制3年目で常勝軍団復活を目指すG大阪。万能エースのフル稼働が不可欠となる。

-------------------------------------------------------------------
宇佐見貴史 27歳 178僉69圈ゝ都府出身 MF (OH, SH) / FW (ST) 33番

  2009-2016 ガンバ大阪         138 (64)
  2011-2012 バイエルン (loan)        3 (0)
  2012-2013 ホッフェンハイム (loan)   20 (2)
  2016-2019 アウクスブルク        11 (0)
  2017-2019 デュッセルドルフ (loan)   47 (9)
  2019-    ガンバ大阪          14 (7)
Date: 2020/04/08(水)


イチオシ選手-1

**********************************************************************************  

全能のアタッカーに変貌した阿部浩之

名古屋の多彩な攻撃を司る“発信地”
スポーツナビ 今井雄一朗 2020年4月6日(月) 10:00

仙台とのリーグ開幕戦で強烈なインパクトを放ったのが、オフに川崎フロンターレから加入した阿部浩之だ。従来のサイドではなくトップ下に入り、チームで唯一のゴールを決めるなど名古屋グランパスの攻撃を力強くけん引した。この中断期間中には周囲との連係を深め、さらにパス能力を磨いて仕事の幅も広げている。新天地で全能のアタッカーへと変貌した30歳は、名古屋の多彩なアタックをつかさどる“発信地”だ。

開幕戦を超えるハイパフォーマンスを

加入早々に名古屋グランパスの攻撃の中心となった選手を挙げるのも気が引けるが、それでも「Jリーグ再開後に名古屋で注目は?」と問われれば、それは阿部浩之だと答えたい。

  リーグ開幕のベガルタ仙台戦では決して簡単ではないシュートをいとも簡単に決め、素晴らしいパスで決定機を少なくとも二度、演出した。マッシモ・フィッカデンティ監督が「これから私たちがやろうとしていることに、彼は絶対に必要になる」と公言していた人呼んで“優勝請負人”は、再開後にはそうした種々のインパクトを超えるハイパフォーマンスを見せてくれそうな、そんな期待を強く抱かせる。

---------------  中略 ------------------

中村憲剛の偉大さを感じながら

阿部の目指す連係のレベルは「あうんの呼吸」なので、一朝一夕にはなしえない。しかしその構築についてはまずまずの進捗度と言っていいだろう。「それぞれがやろうとしていることは見えてきた」という言葉が虚勢でないことは、例えば紅白戦を見てもよく分かる。


  同じ新加入のセンターフォワード、山崎凌吾にスルーパスを通したと思えば、シャビエルと小気味よいパス交換を重ねて相手を翻弄(ほんろう)する。自らもシュートを撃ちながら、味方の動き出しは見逃さない。

  それまでサイドアタッカーというイメージが強かった阿部だが、名古屋ではパサーとしての顔も持つようになった。「毎日、(中村)憲剛さんの偉大さを感じてやってます。憲剛さんならどう考えるやろな、と」

  トップ下のポジションを与えられ、攻撃を自在に操るなかで、豊富な前線のタレントを生かすスルーパスやフィードは、彼の新たな武器として確立されつつある。

影響力の大きさは中断前の比ではない

仙台戦ではチームトップの12.279キロの走行距離をたたき出したが、「やりながら上げていくタイプなので」と開幕時点ではむしろキャンプの疲労を引きずっていた。しかしこの中断期間中は、トレーニングを積みながらも程よく休養を取れているのか、最近は運動量だけでなく身体のキレも出てきた印象だ。


 「真ん中の選手なので」とボールの受け手として動き直しを繰り返し、攻撃を加速させるパスを送る。さらに自分もフィニッシュにかかわる頻度が増していけば、鬼に金棒どころの話ではない。

  チームは今季、ハイプレスも守り方の一手段として備えるが、そのファーストディフェンダーとしても阿部は積極的な姿勢を見せている。自らを「勝ちに特化した選手」と言い切る男は、プレーでそれを体現し続けている。

  残念な公式戦延期による中断期間も、名古屋と阿部にとっては“熟成期間”として有効に使えているのかもしれない。ここまで1カ月以上かけて築いてきたチームのオートマティズムが確立されていくに従い、今季の名古屋が掲げる縦に速い攻撃には、さらなるスピードに、意外性や面白さといったスパイスも加わりつつある。

  もちろんその発信地には、より仕事の幅を広げ、全能のアタッカーとなった阿部浩之がいる。その影響力の大きさ、プレーの精度と効果の高さは、中断前の比ではない。

 全文は「https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/202004030003-spnavi」

 -------------------------------------------------------------

阿部浩之 30歳 170僉69圈‘猯標出身

   2005-2007 大阪桐蔭高校
   2008-2011 関西学院大学
   2012-2016 ガンバ大阪    138 (21)
   2017-2019 川崎フロンターレ 80 (22)
   2020-    名古屋グランパス
Date: 2020/04/07(火)


イチオシ選手
**********************************************************************************  

J1・J2全40クラブの番記者が教える「イチオシ選手」

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、Jリーグは2月末から公式戦の中断を余儀なくされている。選手も、ファン・サポーターも、再開が待ち遠しくて仕方がないことだろう。そこで今回は、J1・18チーム、J2・22チームの計40チームを密着取材する40人の“番記者”たちに、再開後に注目すべき「イチオシ選手」を推してもらった。復活を期すベテランもいれば、期待の若手や今季の新戦力と、チーム躍進のカギを握るプレーヤーのコラムを、とっておきのエピソードとともにお届けする。
Date: 2020/04/07(火)


ムーブメントコーチ

**********************************************************************************  

『森下道場』の自主練風景❗️
あらゆる、スポーツ競技に大切となるムーブメントスキル(重心移動のスキル)
2020/04/03 に公開

森下茂

トレーニングコーチ 拓殖大ラグビー部や多くの学校のトレーニングをサポート。20年前、山手のトレーニングを指導していただきました。参考になれば嬉しいです。

Date: 2020/04/06(月)


コンサドーレ札幌

**********************************************************************************  

日本スポーツ界初 札幌、全選手が年俸総額1億円の自主返納を申し入れ スポニチアネックス / 2020年4月6日 06:00

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でJリーグが公式戦を中断する中、札幌の全選手が、クラブに年俸総額約1億円の自主返納を申し入れたことが5日、分かった。選手の給与返上はスペインリーグの名門・バルセロナなど欧州ではすでに例があるが、日本ではサッカー界のみならずスポーツ界全体で初めて。野々村芳和社長(47)は、選手の行動に謝意を示した。

 愛する北海道とクラブを守りたい。そんな思いが選手を突き動かした。この日までに選手間で話し合いを重ね外国人を含めた全選手が合意。代表してGK菅野孝、MF宮沢主将、MF荒野の3人が、野々村社長に今季の給料や勝利給などのボーナスを含めた年俸総額約1億円の自主返納を申し入れた。

 選手の粋な行動に野々村社長は「北海道とかクラブのことを気にしてくれていることに感謝。ありがたい話なんだけど、今すぐにそれを始めようではなくて、クラブとしても何とか経営を立て直す努力をする中で、引き続き選手と話をしながら、お互いに危機を乗り越えられるようにしたい」と話した。

 新型コロナウイルスの影響でJリーグの公式戦再開は白紙の状態。仮に新型コロナウイルスが終息傾向となり、全日程を観客を入れた状態(収容率50%以下)で行えたとしてもクラブは約5億円の損失を想定している。チケット収入は年間約8億円で予算を組んでおり、スポンサー収入の減収なども起こり得ることを考えれば、無観客試合での開催や今季の公式戦自体行えないという最悪のシナリオの場合、損失は約10億円に膨れ上がる可能性がある。選手の給料などが含まれるクラブの今季の人件費を含む強化費は約18億円。約1億円の減俸申し入れはクラブを助ける大きな一歩となる。

 野々村社長はまず自らの給料カットの準備をすでに進めているという。「クラブをお互いに協力して守っていくことは必要で、この段階で思いを一つにできたことはうれしい。ミシャさん(監督)には伝えた。やるとなったらみんなでどこかのタイミングでやれれば」と選手の思いとクラブ経営の状況を受け止めつつ、慎重に進めていく。
Date: 2020/04/06(月)


酒井高徳
**********************************************************************************  

新型コロナ感染の神戸DF酒井高徳 経過を報告「共有して少しでも伝えられたら」  スポニチアネックス / 2020年4月5日 19時21分

新型コロナウイルス感染を3月30日に公表した神戸の元日本代表DF酒井高徳(29)が5日、自身のツイッターでこれまでの経過を報告した。

 酒井はテキスト入りの画像と自身の写真を貼り付け「同じ様な症状があるなど色々メッセージがありましたので。少しだけ自分経過を教えます」と始め、まず「熱、倦怠感、頭痛→2〜3日後に熱が下がり味と匂いがしなくなった。→6〜7日で味覚と嗅覚がもどった」と日を追って状況を説明した。

 さらに「→そこからはずっと元気 これはあくまでも自分の経過です。程度など期間は一人一人違うと思うので僕も医者ではありませんしわかりません。ただ不安になる気持ちは誰にでもあるので共有して少しでも伝えられたらと思いました。シェアする事の大事さも十分理解してますが間違った情報や考えを伝えたく無いので全てを伝えられない事はご了承下さい」と、回復していることを明かした。

 神戸は酒井の新型コロナウイルス感染判明後にも1日にクラブスタッフ、2日にトップチーム関係者の感染を発表している。
Date: 2020/04/05(日)


年齢制限-2
**********************************************************************************  

FIFA 五輪男子サッカー「U24」方針まとめる 会長と各大陸連盟代表者らへ答申 スポーツ / 2020年4月5日 05:30

来夏に延期となった東京五輪のサッカー男子の出場資格について、国際サッカー連盟(FIFA)の作業部会は3日、「1997年1月1日以降生まれで、3人まではオーバーエージ(OA)枠を認める」との従来の規定を維持する方針をまとめ、インファンティノ会長と各大陸連盟代表者らへ答申した。

 五輪のサッカー男子は原則23歳以下で争われてきたが、来年24歳になる選手にも出場資格が認められることになる。国際オリンピック委員会(IOC)は延期を受けて改定した規定で「年齢制限がある場合、2020年7月に資格がある選手は21年まで保持できるように基準を広げなければいけない」と明記した。

 作業部会は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今後の日程などを検討するために設置されて3日に第1回の電話会議を開いた。また、22年W杯カタール大会の予選を含む6月の全代表戦の延期も勧告した。
 -----------------------------------------------------------

東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。注目タレント(今日は名前と球団名のみ 呉汁紹介)

 ・安部柊斗(FC東京)・小柏剛(明治大学)・藤井智也(立命館大学)・藤本寛也(東京ヴェルディ)・滝裕太(清水エスパルス)・三木直土(ジュビロ磐田)・山田康太(水戸ホーリーホック)・西川潤(セレッソ大阪)・斉藤光毅(横浜FC)・鈴木彩艶(浦和レッズ)・

 ・佐野海舟(FC町田ゼルビア・米子北高卒 19歳) ・古賀俊太郎(レノファ山口 21歳 東京V出身)
 ・成瀬竣平(名古屋グランパス出身 19歳)    ・佐々木匠(ベガルタ仙台ユース出身 22歳) 
 ・荒木遼太郎(鹿島アントラーズ 東福岡卒 18歳)・
Date: 2020/04/05(日)


東京五輪

**********************************************************************************  

五輪サッカーはU24で…IOC文書で判明スポーツ報知 / 2020年4月4日 7時0分

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期された東京五輪で、原則23歳以下だったサッカー男子の出場資格が24歳以下になる方針となった。来年24歳となる選手も出場が認められることになる。国際オリンピック委員会(IOC)が国際競技連盟(IF)や各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)に通達した文書が3日に判明した。

 東京五輪サッカー男子の出場資格は、3人まで認められるオーバーエージ枠を除くと、1997年1月1日以降生まれと定められていた。大会の1年延期に伴い、年齢制限の規定に注目が集まっていた。

 IOCは史上初となる五輪の1年延期を受けて改定した規定で「年齢制限がある場合、2020年7月に資格がある選手は21年まで保持できるように基準を広げなければいけない」と明記した。

「FIFA審議会が『1997年1月1日以降に生まれた選手』の引き継ぎを推奨。FIFA理事会が承認すれば、正式決定となるようです」

--------------------------------------------------------------------
1997年1月1日以降生まれの24歳(14名)

 GK:小島 亮介 97.01.30(新潟)
 DF:板倉 滉   97.01.27(フローニンゲン・NED) 渡辺 剛   97.02.5(F東京)
    岩田 智輝 97.04.07(大分)            町田 浩樹 97.08.25(鹿島)
 MF;中山 雄太 97.02.16(ズオレ・NED)       三好 康児 97.03.26(アントワープ?)
    相馬 勇紀 97.04.25(名古屋)          田中 駿太 97.05.25(札幌)
    森島 司   97.02.25(広島)           旗手 玲央 97.11.21(川崎)
    遠藤 渓太 97.11.22(横浜FM)
 FW:小川 航基 97.08.08(磐田)           前田 大然 97.10.20(マルティモ・POR) 

 その他候補に挙げられる選手(21歳以下の選手 21名)

 GK:大迫 啓介(広島)  谷 晃生(湘南) 
 DF:立田 悠悟(清水)  原 輝綺(鳥栖)  岡崎 慎(清水)  古賀 太陽(柏)   
    瀬古 歩夢(C大阪) 富安 健洋(ボローニャ・ITA)
 MF:松本 泰志(広島)  杉岡 大輝(鹿島) 田中 碧(川崎)  菅 大輝 (札幌)
    斎藤 美月(湘南)  橋岡 大樹(浦和) 堂安 律 (PSV・NED) 飯野 亮太郎(ハーツ・SCO)
    阿部 裕葵(バルセロナ・EESP)  菅原 由勢(AZ NED 19歳)  
    久保 建英(マジョルカ・ESP 18歳)
 FW:上田 綺世(鹿島)  田川(F東京)

------------------------------------------------------------------
 ここで挙げられている選手は総勢25名、1年延期の伴って19以下の選手の名乗りを上げてくる。

 また、1年遅れることによって海外選手も活躍次第では、メンバー入りが難しくなる状況も出てきそう。   
Date: 2020/04/04(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
044327
[TOP]
 version 2.72