Jリーグ関連の記事を掲載します。

サッカー日程  2020/02/17(月)
ルヴァンカップ  2020/02/16(日)
ACL  2020/02/15(土)
アンドレス・イニエスタ  2020/02/13(木)
ACL  2020/02/13(木)
ACL東地区  2020/02/12(水)
ACL  2020/02/12(水)
SUPER CUP  2020/02/08(土)


サッカー日程

***********************************************************************************    

2020 J1リーグ

 2020/02/21(金) 19:00 KO 湘南ベルマーレ  vs 浦和レッズ
  
 2020/02/22(土) 14:00 KO ベガルタ仙台    vs 名古屋グランパス
             15:00 KO 柏レイソル     vs 北海道コンサドーレ札幌
             15:30 KO 川崎フロンターレ vs サガン鳥栖
             15:00 KO セレッソ大阪    vs 大分トリニータ

 2020/02/23(日) 15:00 KO 清水エスパルス  vs FC東京
             14:00 KO サンフレチェ広島  vs 鹿島アントラーズ
             16:00 KO ヴィッセル神戸   vs 横浜FC 

*********************************************************************************** 

2020 J2リーグ 2020/02/23(日)

 北九州 vs 福岡  水戸 vs 大宮   群馬 vs 新潟  千葉 vs 琉球
 町田   vs 甲府  磐田 vs 山形   岡山 vs 金沢   山口 vs 京都
 徳島   vs 東京V 長崎 vs 栃木   愛媛 vs 松本
Date: 2020/02/17(月)


ルヴァンカップ

オルガノ          長谷川・小林・田中       杉本           梅崎  
***********************************************************************************  

今週末 ルヴァンカップ2020  開幕  

  川崎フロンターレ 5-1 清水エスパルス  

    
⚽ 川崎F:レアンドロ、長谷川竜也(2)小林悠(2) 清水:石毛秀樹

  名古屋グランパス 1-0 鹿島アントラーズ 

    
⚽ 名古屋:マテウス

  浦和レッズ    5-2 ベガルタ仙台     

    
⚽ 浦和:レオナルド(2) 杉本健勇(2) マルティノス 仙台:田中渉(2)

  横浜FC      0-2 サンフレチェ広島   

    
⚽ 広島:ドウグラス レアンドロ・ペレイラ

  サガン鳥栖    0-3 北海道コンサドーレ札幌 

    
⚽ 札幌:ジェイ、福森晃斗、鈴木武蔵  

  セレッソ大阪   4-1 松本山雅     

    
⚽ 松本:ブルーノ・メンデス(2)、丸橋祐介、清武弘嗣 松本:鈴木雄斗

  湘南ベルマーレ  1-0 大分トリニータ  

    
⚽ 湘南:梅崎 司 湘南、90+3分の劇的勝利

  ガンバ大阪    0-1 柏レイソル     

    
⚽ 柏:オルガノ

 --------------------

 Aグループ 川崎F  清水 名古屋 鹿島 
 Bグループ 浦和   仙台 C大阪 松本ビ
 Cグループ 横浜FC 広島 鳥栖  札幌 
 Dグループ 湘南   大分 G大阪 柏
Date: 2020/02/16(日)


ACL

***********************************************************************************  

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD1  

 グループE メルボルン・ビクトリー(AUS) 1-0 チェンライ・ユナイテッド(TAI)

         FCソール(KOR) vs 北京国安(CHN) 4/22

 グループF FC東京(JPN) 1-1 蔚山現代(KOR)

         上海申花(CHN) vs パース・グローリー(AUS) 4/22

 グループE ヴィッセル神戸 5-1 ジョホール・ダルル・タクジム(MLS)

         広州恒大(CHN) vs 水原三星ブルーウィングス(KOR) 4/21

 グループE 横浜F‣マリノス(JPN) 2-1 全北現代モータース(KOR)

         上海上港(CHN) vs シドニーFC(AUS)  4/21
Date: 2020/02/15(土)


アンドレス・イニエスタ

                                           郷家(21歳)と安井(22歳)
***********************************************************************************  

アジアが酔いしれた!」「異次元の天才」イニエスタ、圧巻のACLデビューを海外メディアがこぞって大絶賛!  

そんな英雄の活躍ぶりに、母国スペインのメディアも興味津々だ。全国紙『Marca』は「イニエスタがアジア・デビュー戦でふたつの傑作アシストを生み出した」と銘打ち、次のようにレポートしている。

「ジョホール戦のイニエスタは、阻止不可能な出来でピッチに君臨した。自陣からの狂いなき見事なロングパスでオガワの先制点をお膳立てすると、その後も絶えることなく異彩を放った。そして72分には頭で押し込むだけでいい完璧なクロスボールを供給して5点目を演出。88分に退くまで、極上のショーを提供し続けた」

 同じくスペイン紙『As』は「バルセロナ時代と違わぬ、異次元の天才ぶりを披露。ゼロックス・スーパーカップでの先制アシストも素晴らしかったが、ジョホール戦の2アシストも極めてクオリティーが高く、試合を通して圧倒的だった」と評している。

***********************************************************************************  

外国人枠&蛍欠場で巡ってきたチャンス…郷家「高校以来」、安井とボランチで先発  

ACLでの外国人枠は3名(J1リーグ 5名)のため神戸はDFトーマス・フェルマーレン、MFアンドレス・イニエスタ、FWドウグラスを選択。DFダンクレーとMFセルジ・サンペールは登録外となった。

 チャンスが巡ってきたのがMF安井拓也、MF郷家友太、FW小川慶治朗の3名。 

 3選手はしっかりと役割をこなした。ハットトリックを決めた小川は言わずもがなだが、ダブルボランチを組んだのが、安井と郷家も柔軟性のあるプレーでACL初勝利を支えた。
Date: 2020/02/13(木)


ACL

***********************************************************************************  

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD1  

ヴィッセル神戸(JPN) 5-1 ジョホール・ダルル・タクジム(MAS)

  1-0 13’小川慶治郎
    2-0 28’古橋亮悟
    3-0 58’小川慶治郎
    4-0 65’ドウグラス
    5-0 72’小川慶治郎

  SH数 神戸 18本…ジョホールバル 7本

 🏹 神戸は昨季から公式戦7連勝。

 🏹 中3日のこの日は疲労の濃いMF山口をベンチ外にし、主戦の3バックから4バックに変更。
    20歳の郷家と21歳の安井を3列目に配置

 🏹 魔術師 アンドレス・イニエスタ 3得点に関与 88分までプレー。

    前半13分。最終ライン手前で球を保持したイニエスタが、ゴール左前方へ30メートル以上のロ
    ングパスを供給。斜めに走り込んだFW小川へ2バウンドでドンピシャの球が通る。神戸の記念
    すべきACL第1号ゴールが生まれた。

    小川のハットトリック全てに絡んだ。2点目はスルーパスで起点となり、3点目はループ気味の
    クロスがアシストになった。記録上も2アシスト    

 -----------------------------------------------------------------------

全北現代モータース(KOR) 1-2 横浜F・マリノス(JPN) 全北現代(チョンブク・ヒュンダイ)

  0-1 33’遠藤 渓太
    0-2 37’オーンゴール()
    0-3 80’チョ ギュソン

  SH数 全北 6本…横浜 15本

  🏹 ゴールキーパーは今季徳島から移籍した梶川祐嗣(28歳)初デビュー
     生GKは朴一圭はベンチ外。

  🏹 右サイドのスローインから仲川が中央にクロス、ペナルティーエリア中央に走り込んだ
     遠藤が右足で合わせゴールネットを揺らした

  🏹 自陣からの縦パスに抜け出した遠藤が左サイドを爆走、中央に走る仲川にグラウンダーのク
     ロスを入れると、DFの足に当たりオウンゴールを誘発した

  🏹 ペナルティーエリア外で相手DFとGKの連係ミスからボールを奪い中央にパス、最後はチョ・
     ギュソンが無人のゴールに流し込み1点を返した

  🏹 全北現代はこの11年間のうちにリーグ戦で七度頂点にたった韓国内での“絶対王者”が完敗
     全北・邦本宜裕はフル出場。好機を作る。
Date: 2020/02/13(木)


ACL東地区

***********************************************************************************  

ACL 東アジア地区 グループステージ  

【グループE】
  北京国安(CHN)    チョンライ・ユナイテッド(TAI)  FCソール(KOR)
  メルボルン・ビクトリー(AUS)

【グループF】
  蔚山現代(KOR)    上海申花(CHN)      バース・グロー(AUS)      FC東京(JPN) 

【グループG】
  ヴィッセル神戸(JPN)  広州恒大(CHN)     水原三青ブルーウィング(KOR)    
  ジョホール・ダルル・タクジム(MAS)

【グループH】
  シドニーFC(AUS)    横浜F・マリノス(JPN)  全北現代モータース(KOR)  上海上港(CHN)

 -------------------------------------------

 中  国     北京国安   上海申花  広州恒大 上海上港  
 韓  国     FCソール   蔚山現代  水原三青 全北現代
 日  本     FC東京    神戸     横浜F・マリノス
 オーストリア  シドニーFC  バース・グロー   メルボルン・ビクトリー   
 タ  イ     チョンライ・ユナイテッド 
 マレーシア   ジョホール・ダルル・タクジム     
Date: 2020/02/12(水)


ACL

***********************************************************************************  

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ

   FC東京、ドロー発進 敵地で勝ち点1に長谷川監督「悪くない」
 

蔚山現代(KOR) 1-1 FC東京(JPN)

  0-1 64’ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)
  1-1 82’アダイウトン・OG  (蔚山現代)

4−3−3の新布陣で挑んだ長谷川監督は「スタートとしては悪くない」。後半19分に新加入のFWレアンドロが送った左からのパスを、FWディエゴオリベイラが流し込んだ。

 0−1の終盤に相手のFKが、競り合ったFWアダイウトンの頭に当たってオウンゴールとなったが、新旧戦力の融合に手応えを感じ取った。

 シュート数はFC東京が13本と蔚山の4倍のシュート(3本)を打つ 

 FC東京の3トップはアダイウトン、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラのブラジルコンビ。
Date: 2020/02/12(水)


SUPER CUP

***********************************************************************************  

FUJI XEROX SUPER CUP  SOCCERKING.Web

8日、FUJI XEROX SUPER CUP2020が開催され、横浜F・マリノスとヴィッセル神戸が対戦した。

 新シーズンの初戦として行われる同大会は、前シーズンのJリーグ王者と天皇杯王者が激突する一戦。1994年の第1回から数えて27回目となった今年は『埼玉スタジアム2○○2』で行われた。同会場での開催は、今年で3年連続となる。

 Jリーグ王者・横浜FMのスタメンには昨シーズンの得点王2人FW仲川輝人とFWマルコス・ジュニオールらが、そして天皇杯王者・神戸のスタメンにはMFアンドレス・イニエスタやDFトーマス・フェルマーレンらが名を連ねた。

 先制したのは神戸だった。27分、横浜FM陣内でボールを受けたMFイニエスタがペナルティエリア前までドリブルすると、DF2人に囲まれながらスルーパス。これに反応したFWドウグラスが豪快に左足を振り抜き、ネットを揺らした。今シーズン清水エスパルスから加入したドウグラスは、さっそく新天地での初ゴールを記録した。

 しかし、Jリーグ王者もすぐさま一点を返す。36分、神戸陣内で相手DFのクリアボールにいち早く反応したFW仲川がペナルティエリア中央に抜け出しシュート。飛び出してきたGK飯倉大樹に阻まれるものの、こぼれ球に反応したFWマルコス・ジュニオールがヘディングで無人のゴールに押し込んだ。なお、このシーンでFW仲川とGK飯倉は接触しており、今シーズンからJリーグでも導入されるビデオアシスタントレフェリー(VAR)でのチェックが入ったものの、得点は認められている。

 追いつかれた神戸だが、4分後にまたネットを揺らす。40分、プレスを仕掛けていたFW古橋亨梧が、敵陣中央でGKパク・イルギュとDFチアゴ・マルティンスのパス交換からボールを奪取。左足で無人のゴールに流し込み、勝ち越しに成功した。前半は神戸が1点リードで折り返す。

 迎えた後半、横浜FMが再び同点に追いつく。54分、後半開始から途中出場のFW遠藤渓太からのスローインをペナルティエリア左で受けたFWエリキが中央へ折り返す。これに反応したMF扇原貴宏が左足でダイレクトシュートを放つと、柔らかい弾道でGK飯倉の頭上を越えネットを揺らした。

 それでも69分、またしても神戸がリードを奪う。敵陣ペナルティエリア右に抜け出したMFイニエスタが、ファーサイドを狙いグラウンダーのクロス。これは相手DFにカットされるが、こぼれ球に反応したMF山口蛍がペナルティエリア中央から右足を振り抜きゴールを奪った。

 しかし、Jリーグ王者もまだまだ引けを取らない。73分、FW仲川が敵陣ペナルティエリア左にロングボールを送る。これをFW遠藤が見事なトラップで収め右足で中央へ折り返すと、FWエリキがゴールへ押し込んだ。試合は3−3となる。

 その後は一進一退の攻防を見せるも、両チームとも決定機を活かせず90分が終了。試合は9大会ぶり9度目のPK戦へともつれ込まれた。

 横浜FMの先攻で行われたPK戦は、両チームそれぞれ2人目まで成功。しかし3人目から6人目にかけて、FWエジガル・ジュニオ、FW小川慶治朗、MF水沼宏太、DF西大伍、DF松原健、DF大崎玲央、MF和田拓也、DFフェルマーレンが8人連続で失敗する展開に。そして2−2で迎えた7人目、FW遠藤のシュートがポストに嫌われると、MF山口がボールをゴール右へ沈め神戸のタイトル獲得が決まった。

 両チーム合わせて6ゴールが生まれたこの試合は、大会史上最多得点の試合となった。

【スコア】 横浜F・マリノス 3−3 ヴィッセル神戸 (PK戦:2−3)

  横浜F・マリノス ○○×××××××
  ヴィッセル神戸  ○○××××××○ 

【得点者】
 27分 0−1 ドウグラス(ヴィッセル神戸)
 36分 1−1 マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス)
 40分 1−2 古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
 54分 2−2 扇原貴宏(横浜F・マリノス)
 69分 2−3 山口蛍(ヴィッセル神戸)
 73分 3−3 エリキ(横浜F・マリノス)

***********************************************************************************  

全得点とも最高のエキスが濃縮された試合、しかし、語られるのはPKの15のミス。試合の中身をもう一回見直しましょう。攻撃サッカーの魅力満載でした
Date: 2020/02/08(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
043888
[TOP]
 version 2.72