Jリーグ関連の記事を掲載します。

J2 第21節 9/23  2020/09/24(木)
J1 18節   2020/09/23(水)
J3 第17節 9/22  2020/09/22(火)
三苫薫・・  2020/09/22(火)
J1 9/19 順位表  2020/09/21(月)
J1 第17節  2020/09/20(日)
J2 第20節  2020/09/20(日)
J2 20節  2020/09/19(土)


J2 第21節 9/23
********************************************************************************* 
J2 第21節 暫定順位 

順位 チーム   勝点 試合数 勝  分  敗  得点 失点 得失点差 直近5試合結果    
1 北九州  44 21  14  2  5  35 22 +13 ●○○○●  自動昇格   
2 徳 島  43 21  13  4  4  35 17 +18 ○○△○○  自動昇格
3 長 崎  40 21  11  7  3  29 20 + 9 △●△△△ 
4 福 岡  37 21  11  4  6  22 18 + 4 〇〇〇〇〇
5 京 都  34 21   9  7  5  26 20 + 5 ○○○△○
6 甲 府  34 21   8 10  3  30 24 + 6 ○○△△△

 以下 ►磐田(30) ►新潟(30) ►栃木(30) ►町田(29) ►東京V(28)と続く

 
・徳島 連勝で首位北九州に勝点差「1」と肉薄
 ・第21節は折り返し点。残りは21節 まだまだドラマが

 --------------------------------------------------------------
21節試合結果
 京 都 3-2 栃 木  大 宮 1-2 徳 島  千 葉 1-2 山 口  町 田 1-1 長 崎
 松 本 1-2 琉 球  金 沢 0-0 東京V  岡 山 2-1 山 形  愛 媛 0-0 新 潟
 福 岡 1-0 群 馬  北九州 0-2 水 戸  磐 田 1-1 甲 府

 
Date: 2020/09/24(木)


J1 18節 

************************************************************************************ 
サッカー J1 18節 
◆横浜FC 三浦知良、中村俊輔、松井大輔の「134歳トリオ」が先発。
  カズ、07年以来4680日ぶりの戦先発出場。ゴン越え53歳6カ月28日 最年長記録更新
◆神戸、トルステン・フィンク監督退任。イニエスタ今季初得点 古橋享吾2得点 8試合ぶりの勝利
 …神戸のシーズン途中での監督交代は13度目で4年連続
◆C大阪 連敗 首位川崎Fと勝点差「11」に広がる
◆鹿島 80+4分に決勝弾、11年ぶりの7連勝 4位に浮上、内田引退から7戦無敗 
◆川崎F 中村憲剛(39)は2019.11.2怪我後初先発。五輪世代の旗手怜央2発&田中碧弾で6連勝。
 …19試合で58得点 1試合平均 3.08 昨年の年間34試合57得点を早くも超える。登録26名中15名がゴール

  
 札 幌 0-1  柏  
G:(柏)52 ’大谷 秀和
 鹿 島 1-0 湘 南 
G:(鹿)90+4 ’ファン アラーノ
 FC東京 2-0 C大阪 
G:(東)63 ’ディエゴ オリヴェイラ 66 ’アダイウトン
 川崎F 3-2 横浜FC 
G:(川)22 ’田中 碧 46 ’旗手 玲央 67 ’旗手 玲央 (横)48 ’小林 友希 74 ’佐藤 謙介
 G大阪 2-1 名古屋 
G:(ガ)53 ’山本 悠樹 87’宇佐見 貴史 (名)21 ’金崎夢生
 神 戸 4-3 鳥 栖 
  
G:(神)09 ’山口 蛍 20 ’アンドレス イニエスタ 55 ’古橋 亮悟 68 ’古橋 享吾 
    (鳥)17 ’金森 健志 51 ’原川 力 71 ’林 大地
 大 分 0-2 広 島 
G:(広)70 ’森島 司 85 ’ドウグラス ヴィエイラ
 横浜FM 3-1 仙 台 
  
G:(横)41 ’マルコス ジュニオール 70’エリキ 75 ’エリキ (仙)10 ’アレクサンドレ ゲデス
 清 水 1-2 浦 和 
G:(清)90+1 ’ティーラシン デーンダ― (浦)21 ’山中 亮介 59 ’興梠 慎三

********************************************************************************* 
J1 9/23 暫定順位 
順位 チーム   勝点 試合数 勝  分  敗  得点 失点 得失点差 直近5試合結果    
1 川崎F  50 19  16  2  1  58 18 +40  ○○○○○ ACL出場枠   
2 C大阪  39 19  12  3  4  27 18 + 9  ○○○●● ACL出場枠   
3 F東京  38 20  11  5  4  35 24 +11  ○△●○○ ACL出場枠     
4 鹿 島  33 19  10  3  6  31 25 + 6  ○○○○
5  柏   30 18   9  3  6  34 25 + 9  ○○●△○
6 名古屋  30 17   9  3  5  27 18 + 9  ●○●○●
7 横浜М  30 20   9  3  8  40 33 + 7  ●●○○○
8 浦 和  30 18   9  3  6  26 32 − 6  ●△〇●〇

 以下 G大阪(29)、広島(25)、神戸(23)、大分(22)と続く
Date: 2020/09/23(水)


J3 第17節 9/22
********************************************************************************* 
J3 第17節

 八 戸 2-3 藤 枝   岩 手 1-0 G大23   福 島 0-2 今 治  
 鳥 取 0-1 相模原   秋 田 0-0 鹿児島   沼 津 5-0 C大23
 長 野 1-0 讃 岐   熊 本 2-0 YS横浜   富 山1-2 岐 阜

********************************************************************************* 
J3 第16節 暫定順位 

順位 チーム   勝点 試合数 勝 分 敗  得点 失点 得失点差 直近5試合結果    
1 秋 田  40 16 12  4  0  27  4 +23 △○○○△ 自動昇格    
2 熊 本  38 17 12  2  3  34 18 +16 ●○○○○ 自動昇格  
3 長 野  32 17  9  5  3  28 15 +13  △○○○○
4 鳥 取  30 17  9  3  5  22 18 + 4 ○●○●●   
5 藤 枝  29 17  9  2  6  33 29 + 4 ●○○●○
6 岐 阜  28 16  8  4  4  26 18 + 8 △○〇●○

 以下 ►鹿児島(27) ►相模原(26) ►今治(25)►富山(24)と続く
Date: 2020/09/22(火)


三苫薫・・

三笘・坂元      田中達也       マテウス    西澤   
********************************************************************************* 
今季J1はウイングの“当たり年” 川崎の三笘、C大阪の坂元…日本人特有の技巧と俊敏さ
2020.09.20 ZONE 記事

三笘薫の評価がうなぎ上りだ。14試合に出場して8ゴールは、川崎フロンターレでは小林悠(9ゴール)に次ぐ。J1全体ではチームメートのレアンドロ・ダミアンらと並ぶ6位タイだが、プレー時間がかなり違う。先発は3試合にすぎず、90分フル出場もない。長くて70分前後、短い時は30分程度である。

 シュート19本で8ゴール、成功率は約42%という高率。ドリブル突破の確率も高く、2、3回仕掛ければ1点取る。左サイドからのカットイン・シュートが得意で、シュートはファーサイド、ニアサイド、DFの足の間と、3つのコースを瞬時に蹴り分けている。ドリブルもシュートも極めて防ぎにくい。

 川崎には同年代の旗手怜央がいて、長谷川竜也、齋藤学、そして大御所の家長昭博もいる。ストライカーの小林や宮代大聖もサイドで起用されることもあるので、ウイングプレーヤーの質と量は他の追随を許さない。

 今季のJ1リーグは、ウイングの当たり年なのかもしれない。

 セレッソ大阪の右サイド、坂元達裕の鋭い切り返しも注目を集めている。左足で切り返して縦へ持ち出すフェイントのキレが抜群で、何度もDFを置き去りにしてきた。左足で切り返した時にボールを懐に抱え込むような場所に置き、切り返した後に左足で縦に運んで振り切る。瞬発力のなせる業なのだろうが、体の使い方も合理的だ。縦へのダッシュ力を生んでいるのが、おそらく右足なのだ。

 体育の授業で、たぶん誰でも一度は経験したはずの反復横跳びを想起してもらうと分かりやすい。左へ動いて、そこから右へ移動する。その時、ウエイトがかかるのは左足だ。ただし、左足で右方向へのパワーを生み出そうとすると負担が大きすぎて、かえって遅くなる。左足のウエイトは素早く右足に移し、右足で地面を蹴ったほうがパワーは出る。坂元は左足の切り返しの後、もう一度左足でタッチしているので、縦への推進力を生み出しているのは右足のはずである。そして、そのためにボールを左足で触れる場所に残しているのだと思う。

 名古屋グランパスのマテウスも強烈だ。昨季は期限付き移籍した横浜F・マリノスの優勝に貢献した。爆発的なスピードと推進力が特徴で、右に置くより左サイドで縦に走らせたほうが持ち味は出る。

 FC東京に加入したアダイウトンの馬力も凄まじい。ウイングプレーヤーではないが、サイドで長い距離をドリブルする時はフィジカルコンタクトをものともせず突進、異様に迫力がある。カナダの100mスプリントの大スターだったベン・ジョンソンみたいだ。

 力感でいえば大分トリニータのウイングバック、田中達也も素晴らしい。ゴリゴリと抜いていくドリブルは日本人選手としては珍しいタイプかもしれない。

 ウイングらしいスピードスターとしては、前田大然、仲川輝人(ともに横浜FM)、古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が快足ぶりを発揮している。

 清水エスパルスの西澤健太は左サイドからカットインしての右足の一発に威力があるが、今季はそれ以上にセットプレーを含めてキック力を生かしたアシストが目を引く。正確でスピードのある球筋はケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)を思わせるものがあり、もしかしたら右に置いてクロスを蹴らせたほうがいいのかもしれない。右ウイングには俊敏な金子翔太がいるが、サイドを替えても面白いのではないか。

 かつてウイングは攻撃の花形だった。1980年代あたりから2トップが主流になって、一時ウイングは絶滅危惧種になっていたが、近年は復活してきている。相手を抜き去る技巧とスピード、クロスボールが生み出すスリルが見られるようになった。技巧と俊敏さで、日本人には向いているポジションでもある。



Date: 2020/09/22(火)


J1 9/19 順位表
********************************************************************************* 
J1 9/19 暫定順位 
順位 チーム   勝点 試合数 勝  分  敗  得点 失点 得失点差 直近5試合結果    
 1 川崎F  47 18  15  2  1  55 16 +39  △○○○○    
 2 C大阪  39 18  12  3  3  27 16 +11  ○○○○●   
 3 F東京  35 19  10  5  4  33 24 + 9  ○○△●○     
 4 名古屋  30 16   9  3  4  26 16 +10  △●○●○
 5 鹿 島  30 18   9  3  6  30 25 + 5  ○○○○○

川崎F、歴代1位の98年磐田に次ぐ1試合平均得点 日刊スポーツ9/20 21:46
首位の川崎フロンターレは今季2度目の5試合連続3ゴール以上で快勝。18試合で55得点となり、2位C大阪の27得点の倍以上のゴール数を記録している。

1試合平均得点は3.06点で、98年の磐田がマークした年間最多3.15点に次いで歴代2位に相当する。今季の川崎Fはここまで年間104点ペース。年間34試合で100得点以上となれば、FW中山雅史らを擁した98年磐田の107得点に次いで2チーム目の大台となる。

 6  柏   27 17   8  4  7  33 25 + 8  ●○○●△
 7 横浜FM  27 19   8  3  8  37 32 + 5  ○○○○○
 8 浦 和  27 17   8  3  6  24 31 − 7  〇●〇○●
 9 G大阪  26 16   8  2  6  24 31 + 1  ●○●●○
10 広 島  22 16   6  4  6  24 20 + 4  △○○●△
11 大 分  33 18   6  4  8  21 26 − 5  ●△○○○
12 神 戸  20 19   4  8  7  27 32 − 5  △●△●●
13 札 幌  17 18   4  5  9  23 35 −12  ●●●〇●
14 横浜FC  17 17   5  2 10  21 34 −13  ●●●〇●
15 鳥 栖  14 14   3  5  6  13 18 − 5  ○△○●●
16 清 水  12 18   3  3 12  24 40 −16  ●●●●○
17 仙 台  11 16   2  5  9  15 29 −14  △●●●● 
18 湘 南   9 16   2  3 11  14 15 +15  ●△△○●
Date: 2020/09/21(月)


J1 第17節

   沖  O鹿島) エヴァラウド
************************************************************************************ 
サッカー J1 17節  全34節の折り返し点の第17節。

 札 幌 0-1 G大阪 
G:(ガ)78 ’渡邉 千真 
  ・G大阪宮本監督が執念采配、一気“3枚替え”で例敗2で止める‥DF昌子 MF遠藤 FW渡辺
 鳥 栖 1-3 横浜FM 
  
G:(鳥)21 ’林 大地 (横)01 ’エリキ 13’ジュニオール サントス 34 ’マルコス ジュニオール 
    
 名古屋 2-1 神 戸 
G:(名)42 ’金崎 夢生 56 ’金崎 夢生(神)15 ’山口 蛍 
    ・入場制限が緩和され、1万1854人の応援を受けたグランパスが、今季逆転勝ちを収めた。
    ・金崎2点とも味方が得たPK確実に決める。
    ・神戸7戦勝なし 4分3敗
 
 C大阪 1-2 鹿 島 
G:(セ)36 ’ブルーノ メンデス (鹿)32 ’ファン アラーノ 46 ’rヴァラウド 
    ・Wエヴェラウド(29)は、1−1の後半開始1分にこぼれ球に反応して今季第11号を決めた。得点ランク2位
    ・鹿島の21歳GK沖悠哉が好セーブ&好プレーを連発しチーム8連勝の立役者に
    ・首位追走のC大阪痛恨の黒星。苦手鹿島にはJ1リーグ戦6連敗、ホームでは8連敗。

 湘 南 0-3 清 水 G:(清)54 ’カルリーニョス ジュニオ 86 ’ジュニオール ドウドウ 90+5 ’西澤 健太 
    
  柏 1-1 広 島 
G:(柏)45+2 ’北川 健吾 (広)ドウグラス ヴィエイラ   
    ・クラブワースト記録更新となる8連敗を阻止。8戦連続で足踏みを続けていたJ1通算400勝も、ついに達成   
    ・湘南は前節の8試合ぶりの勝利を生かせず、善戦はするが…

 大 分 vs 横浜FC 
G:(大)38 ’田中 達也 (横)
     ・大分今季初の3連勝。先制弾の田中達也は3戦連発
    ・横浜FMFC 19歳斎藤光毅5試合ゴールなし、奮起期待

 浦 和 vs 川崎F 
G:(浦)(川)37 ’山根 視来
    ・川崎F6戦負けなし 1分5連勝 21得6点失点
    ・川崎Fの負けは。8/23の名古屋戦の0-1、ドローは鳥栖0-0と神2-2
    ・浦和は17試合で24得点31失点。上位にマイナスの得失点差のチームなし。 
 
 C東京1-0 仙 台 
G:(東)13 ’三田 啓貴
    ・東京リーグ3試合ぶりの勝利。しかし追加点奪えず怪我人続出で7ちなし4連敗、2試合連続無得点 

Date: 2020/09/20(日)


J2 第20節

********************************************************************************* 
J2 第20節 暫定順位 

順位 チーム   勝点 試合数 勝  分  敗  得点 失点 得失点差 直近5試合結果    
 1 北九州  44 20  14  2  4  35 19 +16 △●○○○  自動昇格   
 2 徳 島  41 20  12  4  4  33 16 +17 ●○○△○  自動昇格
 3 長 崎  39 20  11  6  3  28 19 + 9 △△●△△ 
 4 福 岡  34 20  10  4  6  21 18 + 3 〇〇〇〇〇〇
 5 甲 府  33 20   8  9  3  29 23 + 6 ○○○△△
 5 京 都  31 20   8  7  5  23 18 + 5 ●○○○△

 以下 ►栃木(30) ►磐田(29) ►新潟(29) ►東京V (27) ►町田(29) と続く 
Date: 2020/09/20(日)


J2 20節
************************************************************************************ 
サッカー J2 20節

  甲 府 0-0 京 都  新 潟 0-1 徳 島  松 本 2-2 長 崎  山 形 0-2 北九州 
  千 葉 vs 岡 山  金 沢 vs 福 岡  磐 田 vs 栃 木  山 口 vs 東京V  
  琉 球 vs 水 戸
 
・北九州「ディサロ燦シルヴァーノ」のドリブルでカットイン、右角度からのシュートが左上隅に弧を描いて決まる

 9/20 町 田 vs 大 宮  群 馬 vs 愛 媛 

 

ディサロ 燦(あきら)シルヴァーノ 24歳 東京都 175僉70Kg FW
 ► 2012-2014 三菱養和SCユース ► 2015-2018 法政大学 ► 2019 ギラヴァンツ北九州 26(7) 
 ► 2020- ギラヴァンツ北九州 19試合590分10得点 得点ランクはピーター・ウタカに次いで2位の10得点
 父はイタリア人 母は日本人
Date: 2020/09/19(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
047741
[TOP]
 version 2.72