橋本拳人  2020/08/27(木)
DAZN 契約更新  2020/08/26(水)
橋本拳人-2  2020/08/25(火)
欧州  2020/08/25(火)
プレミアリーグ最高のウイング  2020/08/25(火)
橋本拳人  2020/08/24(月)
UCL決勝  2020/08/23(日)
ニュース  2020/08/23(日)


橋本拳人

******************************************************************************** 

「美しいサムライ」 ロストフ橋本拳人、2戦連続の決勝弾にファン歓喜「なんて選手だ」ZONE 08.27

ロシア1部ロストフの日本代表MF橋本拳人は現地時間26日、FCウラルとのリーグ第5節で2戦連続のゴールを記録。1-0の勝利に貢献する決勝弾に、ファンからは「素晴らしい発見」「美しいサムライ」と称賛の声が寄せられている。

 今年7月にFC東京から完全移籍でロストフに加入した橋本は、8月23日の第4節ウファ戦(1-0)で初先発を果たし、ダイビングヘッドで決勝点を記録。続く第5節ウラル戦ではベンチスタートとなったものの、負傷したMFマティアス・ノルマンに代わり、後半3分から途中出場することとなった。

 すると、0-0で迎えた同14分に見せ場がやってくる。右サイドからのCKのこぼれ球に反応した橋本は、DFに囲まれた状態から右足を振り抜くと、豪快な一撃がゴールネットに突き刺さった。これがそのまま決勝点となり、ロストフは今季3勝目を挙げている。

 ロシア地元メディア「donnews.ru」は「ケント・ハシモトの2戦連発弾がロストフを勝利に導く」と見出しを打ち、試合をレポート。「ロマン・エレメンコのCKのこぼれ球に食らいついた」と決勝点のシーンを描写している。

 前節の初ゴールに続く2戦連発という活躍ぶりに、ロストフ公式インスタグラムが投稿した橋本のゴール動画のコメント欄には「素晴らしい発見」「なんて選手だ」「美しいサムライ」「完璧な反応」とファンからの称賛が殺到。移籍5試合目の出場ですでに現地ファンの心を掴んでいるようだ。

 橋本ゴール https://twitter.com/i/status/1298698949453320194
Date: 2020/08/27(木)


DAZN 契約更新

******************************************************************************** 
Jリーグ、DAZNとの新契約締結を発表。10年2100億円から12年2239億円にFOOTBALL CHANNEL08月25日(Tue)20時36分配信

JリーグとDAZNの間では、2017年から10年間で放映権料2100億円の放映権契約が2016年に交わされていた。新たな契約では期間を2年間延長して2028年までとした上で、放映権料は総額2239億円となる。これに加えて、双方が利益を分配するレベニューシェアのルールにも改定を加えたとのことだ。1年あたりの放映権料はやや減額となるが、期間の延長と放映権総額の増額はJリーグにとってプラスになると村井チェアマンは説明している。

 今季は新型コロナウイルスの影響により長期間にわたって公式戦が中断され、Jリーグや各クラブ、またDAZNとしても困難な状況に直面した。だが今回の新たな契約により「クラブの均等配分金を維持できる。健全経営に立ち直っていくことができたと思う」と村井チェアマンは述べている。

「失われた、失われる可能性のあるこの2年間もJリーグがビジョンを実現し、世界のリーグに肩を並べられるような可能性を大きく秘めていると思う。スポーツを愛する全ての人々とともに、DAZNとともに、日本の豊かなスポーツ文化を育てていく」と村井チェアマンは語った。

 DAZNのジェームズ・ラシュトンCEOは、「Jリーグは私たちにとってこれ以上ないパートナー」と関係の重要性を強調。新型コロナウイルスによる危機を経ても日本市場への期待は失われていないとして、「Jリーグの現在の価値は当然ながら、これからの価値や未来を信じている。今後もJリーグとともに発展することを期待している」と述べた。
Date: 2020/08/26(水)


橋本拳人-2
******************************************************************************** 

ロストフ橋本拳人、ロシア初ゴールがまさかの“珍事” 「FC東京の時もそうだったな。。。」

ロシア1部ロストフの日本代表MF橋本拳人が自身の公式インスタグラムを更新し、現地時間23日に行われたリーグ第4節のウファ戦での初スタメン、初シュート、初ゴールに。

試合後にインタビューを受けている様子の1ショットを添えて、「初スタメン、初シュート、初ゴール。。FC東京の時もそうだったな。。。」と、投稿した。

 橋本はFC東京時代の2015年にも、J1第1ステージ第15節の松本山雅FC戦で初先発、初シュート、初ゴールという素晴らしいスターをーク。ロシアでも同じ記録を作るというまさかの“珍事”に、自らも驚きを隠せないようだった。
Date: 2020/08/25(火)


欧州
******************************************************************************** 
欧州のシーズンはまだ終わらない…GK小久保玲央ブライアンとDF熊谷紗希が欧州制覇に挑む  SOCCERKINNG

2019−20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)は23日に幕を閉じたが、欧州のシーズンはまだ終わらない。ベンフィカに所属するGK小久保玲央ブライアンと、リヨンに所属するDF熊谷紗希がそれぞれ欧州制覇に挑む。

 例年通りならCL決勝をもって秋春制の欧州クラブのシーズンは閉幕を迎えるが、今シーズンは新型コロナウイルスの影響でUEFAユースリーグと女子CLが男子のヨーロッパリーグ(EL)とCLよりあとに終了する形となった。

 19歳の小久保はベンフィカU−19の一員として、25日に行われるUEFAユースリーグ決勝でラウール・ゴンサレス監督が率いるレアル・マドリードと対戦する。一方、熊谷は欧州4連覇王者リヨンのメンバーとして、26日に女子CL準決勝でパリ・サンジェルマンと対戦。勝ち抜くと、史上初の女子CL5連覇をかけて(ヴォルフスブルクとバイエルン)の勝者と30日の決勝に臨む。

 ベンフィカU-19 vs レアル・マドリードU-19 8/26 01:00 DAZN
 ヴォルフスブルク vs バイエルン  8/26 03:00 DAZN

-----------------------------------------------------------------

なお、2020−21シーズンのCLとELの予選はすでにスタートしている。25日と26日にはDF菅原由勢が所属するAZやFW北川航也が所属するラピード・ウィーンなどがCL予選2回戦を行う予定。25日〜27日にはFW浅野拓磨が所属するパルチザンやFW加賀山泰毅が所属するインテル・トゥルクなどがEL予選1回戦に臨む。

 また、9月初めには欧州の代表戦も再開する。UEFAネーションズリーグが開幕を迎え、3日〜8日にかけてグループステージの第1節と第2節が行われる。そして11日、12日にはドイツやイングランドでクラブの新たなシーズンが幕を開けるため、ノンストップで欧州サッカーが続く。
Date: 2020/08/25(火)


プレミアリーグ最高のウイング

******************************************************************************** 
プレミアリーグ最高のウイングは誰だ! サッカー選手WG能力値ランキング1位〜5位。韓国人FWがランクイン(19/20シーズン確定版) FOOTBALL CHANNNEL 08.2

5位 アジア人初の快挙  FW:ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム) 1992年7月8日(28歳) 市場価格:6400万ユーロ(約76.8億円)今季リーグ戦成績:30試合出場/11得点11アシスト

16歳のときにハンブルガーSVの下部組織に加入し、10/11シーズンにトップチームデビューを果たしている。12/13シーズンにリーグ戦12得点を挙げて台頭すると、レバークーゼンを経て15年夏にイングランドへ渡った。

 父の教えにより14歳まではサッカーチームに入らず個人技術を磨いたことが、現在のプレースタイルに影響している。「スピード」があり当たり負けしない「ドリブル」、そして左右両足から繰り出す強烈なシュートを武器にしている。

4位 マンCの頭脳 FW:ベルナルド・シウバ(ポルトガル代表/マンチェスター・シティ)1994年8月10日(26歳) 市場価格:8000万ユーロ(約96億円)今季リーグ戦成績:34試合出場/6得点7アシスト

柔らかいボールタッチと巧みなパスが特徴だ。右サイドからドリブルで持ち込んで、クロスやシュートを狙う。173cmと小柄で「空中戦」では分が悪いが、「パス」「ドリブル」「テクニック」などはプレミアリーグでもトップクラスで、地上戦では強さを発揮している。

 ダビド・シルバは今季限りで退団し、シティはリーグ3連覇を逃した。リーグタイトル奪回と悲願のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に向け、ベルナルド・シウバにかかる期待はより一層大きくなるだろう。

3位:マンCのトップスコアラー FW:ラヒーム・スターリング(イングランド代表/マンチェスター・シティ) 1994年12月8日(25歳)市場価格:1億2800万ユーロ(約153.6億円)今季リーグ戦成績:33試合出場/20得点4アシスト

ラヒーム・スターリングは16歳のとき、ラファエル・ベニテス監督の誘いを受けてリバプールに加入した。ブレンダン・ロジャース監督の下で主力に成長すると、15年夏に4900万ポンド(約93億円)とも言われる移籍金でペップ・グアルディオラが監督を務めるシティに移籍している。

 最大の特徴は「ドリブル」で、スピードとテクニックを兼ね備えている。両サイドでプレーすることができ、カットインや縦への突破など、プレーのバリエーションも豊富だ。プレミアリーグでは3シーズン連続で17得点以上をマークするなど、フィニッシュの精度も高い。ウイングの位置からゴールを狙うスターリングは、シティの攻撃に欠かせない存在となっている。

2位:リバプールの王 FW:モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール) 1992年6月15日(28歳)市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)今季リーグ戦成績:34試合出場/19得点10アシスト

トップスピードで比べれば同僚のサディオ・マネより速いかもしれない。守備での貢献度は年々高まっており、重心の低い「ドリブル」は縦に早いリバプールのスタイルを体現している。4-3-3の右ウイングだけでなく、4-2-3-1の最前線でも起用され、強靭な「フィジカル」で攻撃の起点となっている。

 プレミアリーグでは100試合出場時点で70得点をマーク。リバプールの選手としては63得点だったフェルナンド・トーレスを抜く歴代1位で、アラン・シアラーの79得点に次ぐリーグ歴代2位の記録だった。黄金期に突入したリバプールで、サラーは今後もエースとしての活躍が期待される。
                      
1位:リバプールのスピードスタFW:サディオ・マネ(セネガル代表/リバプール)ー 生年月日:1992年4月10日(28歳)市場価格:1億2000万ユーロ(約144億円)今季リーグ戦成績:35試合出場/18得点9アシスト

 同僚のモハメド・サラーを抑えて、サディオ・マネがトップに立った。イングランドプロサッカー選手協会の年間最優秀選手賞を受賞。リバプールの30シーズンぶりとなるリーグ優勝の原動力になった。

 リバプール加入4シーズン目の今季も、左ウイングを主戦場に、公式戦47試合に出場した。90分間走り続けるスタミナと、試合に出続ける身体の強さが武器になっている。決定機を外してしまうのは玉に瑕だが、それを補って余りあるパフォーマンスを見せた。

 一気にトップスピードに乗るドリブルで相手を抜き去ってしまう。175cmとそこまで上背はないが「空中戦」にも強く、巧みな身のこなしで反転して裏に抜けることもできる。マネを狙ったフィルジル・ファン・ダイクやトレント・アレクサンダー=アーノルドのロングパスは、リバプールの攻撃の起点となるプレーになっている。
Date: 2020/08/25(火)


橋本拳人

******************************************************************************** 
「ウファ戦でロストフ移籍後初先発、初ゴールが決勝点となりMOM選出
4
2020.08.2

ロシア1部ロストフに今夏加入した日本代表MF橋本拳人は、現地時間23日に行われたリーグ第4節のウファ戦に移籍後初先発を果たし、後半34分に豪快なダイビングヘッドを叩き込んだ。この一撃が決勝点となりチームは1-0と勝利。マン・オブ・ザ・マッチに選出された活躍を受けて、クラブ公式SNSのコメント欄には「よくやったサムライ!」「忍者!!!」など海外ファンから祝福の声が届いている。

 今年7月にFC東京から完全移籍した橋本は、8月8日の開幕戦から3試合連続で途中出場。チームが2連敗中のなか、敵地でのウファ戦でスタメン出場のチャンスが巡ってきた。

 大仕事をやってのけたのは、0-0のまま迎えた後半34分だった。右サイドから切り崩しワンタッチでパス交換する速い攻撃のなか、左サイドのMFバクティヤール・ザイヌトディノフがグラウンダーのクロスをゴール前に供給。ニアサイドに走り込んだMFパベル・ママエフがわずかにコースを変えてバウンドしたボールを、ファーサイドにいた橋本がダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。

 初先発の一戦で移籍後初ゴールをマーク。しかもこれが決勝点となり、橋本はマン・オブ・ザ・マッチにも選出された。この活躍を受け、ロストフは公式ツイッターとインスタグラムにゴール動画を投稿。コメント欄には海外ファンから、「美しいゴール」「忍者!!!」「ありがとう、ケント!」「よくやったサムライ!」などの声が上がっていた。
Date: 2020/08/24(月)


UCL決勝

        得点王 レヴァンドフスキ       
******************************************************************************** 
レヴァンドフスキがCL得点王! 15得点でバイエルンを7季ぶり優勝に導

ヨーロッパの頂点を決める大一番。主導権を握ったのは3冠が懸かるバイエルンで、ボール支配を高めて先制ゴールを狙った。

 初優勝を目指すパリ・サンジェルマンは、やや守備的な前半戦。ムバッペも守備意識を高めに持ち、守りをベースに速攻の機会をうかがった。

 どちらも何度かチャンスを迎えたが、前半はスコアが動かずに折り返す。

 後半に入って先制したのはバイエルン。59分、ペナルティーエリア右手前からキミッヒがファーサイドにクロスを入れると、レヴァンドフスキを越えたボールをコマンがヘディング。パリ・サンジェルマンの下部組織で育ったフランス代表ウインガーのゴールでバイエルンがリードを奪う。

 その後はパリ・サンジェルマンが巻き返しを図るも、バイエルンの守備は崩れず。バイエルンが最後まで自分たちのサッカーを押しつけて逃げ切った。

 バイエルンは2013年以来7年ぶりのチャンピオンズリーグ優勝。国内リーグ戦、カップ戦に続くタイトル獲得で、今季3冠を達成している。

【得点者】59分 0-1 コマン(バイエルン)

-------------------------------------------
■得点ランキング
 1位 15ゴール ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
 2位 10ゴール アーリング・ハーランド(ドルトムント)
 2位 10ゴール セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
 3位  6ゴール ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
 4位  6ゴール メンフィス・デパイ(リヨン)

■アシストランキング
 1位 6アシスト アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
 1位 6アシスト ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
 2位 5アシスト ハキム・ツィエク(アヤックス)
 2位 5アシスト フセム・アワール(リヨン)
 2位 5アシスト キリアン・エンバぺ(パリ・サンジェルマン)
Date: 2020/08/23(日)


ニュース

******************************************************************************** 
 浅野拓磨がハットトリックの大暴れ。4試合で6得点と絶好調、早くも昨季を上回る
FOOTBALL CHANNEL 8/23

セルビア1部リーグ第5節【パルチザン 5-0 インジャ セルビア1部第5節】

 PKで1点をリードして折り返したパルチザンは、後半に浅野が大爆発。48分、ワンツーのリターンをゴール前で受けた浅野が冷静に決めて4試合連続得点を達成すると、65分に2点目。76分には左からのクロスに合わせてハットトリックを達成した。

   20分 1-0 ナトホ(パルチザン)
   48分 2-0 浅野拓磨(パルチザン)
   60分 3-0 ズェラー(パルチザン)
   65分 4-0 浅野拓磨(パルチザン)
   76分 5-0 浅野拓磨(パルチザン)

 浅野のハットトリックの活躍もあって5-0と大勝したパルチザンは、開幕5試合で4勝1敗。暫定で3位につけている。

 浅野は4試合連続弾で今季のゴール数は「6」に。早くも昨季のリーグ戦得点数(4ゴール)を超えている。
--------------------------------------------------------
 熊谷紗希はフル出場で勝利貢献…女子CL5連覇狙う王者リヨン、バイエルン破り準決勝へSOCCER KING8/23

【リヨン 2*1 バイエルン】
 1-0 41分 リヨン  2-0 59分 リヨン  2-1 バイエルン

史上初の女子CL5連覇を目指す王者リヨンは41分、ウジェニー・ルソメが浮き球スルーパスをペナルティエリア内に送ると、走り込んだニキータ・パリスが相手DFとGKの間で頭で押し込んで先制点を奪った。

 1点リードで折り返したリヨンは59分、エリア前中央の絶好の位置でFKを得ると、アメル・マイリが左足で直接狙う。シュートは相手GKの手を弾いてゴール右隅に決まり、リードを2点に広げた。

 2点を追うバイエルンは64分、カロリン・サイモンが右サイドからのFKでグラウンダーの鋭いクロスを入れると、ボールは相手選手に軽く当たってそのままゴールに吸い込まれ、1点を返した。

 しかしバイエルンの反撃は続かず、リヨンがこのまま2−1で勝利を収めて準決勝進出を果たした。26日に行われる準決勝ではパリ・サンジェルマンと対戦する。

史上初の女子CL5連覇を目指す王者リヨンは41分、ウジェニー・ルソメが浮き球スルーパスをペナルティエリア内に送ると、走り込んだニキータ・パリスが相手DFとGKの間で頭で押し込んで先制点を奪った。

 1点リードで折り返したリヨンは59分、エリア前中央の絶好の位置でFKを得ると、アメル・マイリが左足で直接狙う。シュートは相手GKの手を弾いてゴール右隅に決まり、リードを2点に広げた。

 2点を追うバイエルンは64分、カロリン・サイモンが右サイドからのFKでグラウンダーの鋭いクロスを入れると、ボールは相手選手に軽く当たってそのままゴールに吸い込まれ、1点を返した。

 しかしバイエルンの反撃は続かず、リヨンがこのまま2−1で勝利を収めて準決勝進出を果たした。26日に行われる準決勝ではパリ・サンジェルマンと対戦する。
Date: 2020/08/23(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
029157
[TOP]
 version 2.72