奥川雅也  2020/02/10(月)
原口元気  2020/02/10(月)
本田圭佑  2020/02/08(土)
欧州サッサー  2020/02/08(土)
J年俸  2020/02/07(金)
長友佑都・・・  2020/02/06(木)
南野拓実  2020/02/06(木)
大迫勇也  2020/02/05(水)


奥川雅也

*********************************************************************************** 

奥川雅也が先制弾! ザルツブルク、2部に3発快勝でカップ戦準決勝へ  

オーストリア・カップ準々決勝が9日に行われ、SKUアムシュテッテン(2部)とMF奥川雅也が所属するザルツブルクが対戦した。

 奥川はセントラルMFの一角としてスタメン出場を果たすと、10分にファン・ヒチャンのシュートのこぼれ球を押し込んで先制点を挙げる。奥川にとっては今季の公式戦で8得点目となった。

  【スコア】 SKUアムシュテッテン(2部) 0−3 ザルツブルク

  【得点者】 0−1 10分 奥川雅也(ザルツブルク) GKをはじいたボールを押し込む
         0−2 53分 ザルツブルク
         0−3 76分 ザルツブルク

 -------------------------------------------------------------

今冬にはアーリング・ハーランド(→ドルトムント)、南野拓実(→リヴァプール)と、2人の得点源が去ったザルツブルク。

今年度初戦のカップ戦に2部相手ながら3-0と完勝。幸先のいいスタートを切った

*********************************************************************************** 

オーストリア・ブンデスリーグには、昨夏 清水エスパルスからSKラピード・ウィーンに移籍した「北川航也」が在籍。

北川は昨年9月25日のオーストリアカップ2回戦ザルツブルク戦で移籍後初ゴールをマークするも、その数分後に左足首を負傷し、長期離脱を余儀なくされることに。当初は年内の復帰は絶望とも伝えられていたが、昨年12月の試合で約3か月ぶりにピッチに立っていた。

  2/15 レッドブル・ザルツブルク(1位) vs JASKリンツ(2位)

  2/17 SKラピード・ウィーン(3位) vs WSGワッテン
Date: 2020/02/10(月)


原口元気

*********************************************************************************** 

原口元気2戦連発で今季4点目!…ハノーファーの5試合ぶり勝利に貢献  

【スコア グロイター・フュルト 1−3 ハノーファー

【得点者】0−1 41分 原口元気(ハノーファー)
      0−2 70分 (ハノーファー)
      1−2 74分 オウンゴール(フュルト)
      1−3 90+6分 (ハノーファー)

ブンデスリーガ2部第21節が9日に行われ、MF原口元気が所属するハノーファーはアウェイでグロイター・フュルトと対戦した。原口は9試合連続のフル出場で、1ゴールを決めて勝利に貢献した。

 試合は41分、リントン・マイナがペナルティエリア右からシュートを放ったが、これはGKにセーブされる。すると、こぼれ球を原口が押し込んで先制点をマーク。原口の2試合連続、今シーズン4点目でハノーファーが先制に成功した。

 ハノーファーは21節終了時 勝点21で12位。次節、ハノーファーは15日にホームでハンブルガーSVと対戦。

 ----------------------------------

 シュットガルト(遠藤航) 3-0 エルツビルゲ・アウエ

  🏹 遠藤航3バックの右でフル出場 8試合連続出場。シュットガルトは勝点38で3位。

 2/11 ホルスタン・キール vs ザンクト・パウリ(宮市・亮)

*********************************************************************************** 

 ブンデスリーガ 21節結果 

  アイントラハト・フランクフルト 5 - 0  FCアウグスブルク
 
   🏹 フランクフルトは直近3試合2勝1分で勝点28で9位に上昇

  ヴェルダー・ブレーメン 0-2 ウニオン・ベルリン  🏹 ブレーメン・大迫勇也 先発後半32分Out

   ブレーメンは勝点17で降格圏の17位に低迷
Date: 2020/02/10(月)


本田圭佑

*********************************************************************************** 

 本田圭佑をボタフォゴサポーター大歓迎  

【2月8日 AFP】カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のボタフォゴFR(Botafogo FR)と契約を結んだサッカー元日本代表MFの本田圭佑(Keisuke Honda)が7日、現地に到着して数千人のファンから英雄を迎えるような歓迎を受けた。

 33歳の本田がブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の空港に到着すると、大挙して押し寄せた熱狂的ファンは日の丸を振りながら、「オーレ、オーレ、オーレ、オーレ、ホンダ、ホンダ」と大合唱した。

---------------------------------------------------------------------------
土曜日には、本拠地ニウトン・サントス・スタジアムで、本田のプレゼンテーションイベントが開催予定となっている。クラブ史上初の日本人プレーヤーが、初めてサポーターに向けて言葉を放つ場はこことなる。

 空港に行けなかったサポーターも含め、多くが足を運ぶだろう同イベントは、実はチャリティーにもなっている。というのも、観客は入場料を払う代わりに、何かしらの食料を1キロ分持ち寄ることになっている。

 1キロのジャガイモでも、1キロのパスタでも、砂糖でも、とにかく何でもいい。集められた全ての食材は、貧しい人に寄付されることになっている。本田の人気にあやかった粋な演出である。

 お披露目イベントの翌日に、ボタフォゴはマラカナで同じリオに本拠地を置くフルミネンセと州選手権で対戦する予定となっている。この大一番でも、地元メディアのカメラは、おそらく試合観戦に訪れるであろう本田の様子を収めようと躍起になるはずだ。

*********************************************************************************** 

 入団記者会見 本田圭佑、ボタフォゴ入団会見で意気込み「成長した日本人を代表して。ここでブラジル人に認められたい」


ブラジル1部のボタフォゴに加入した本田圭佑が現地時間8日、入団会見を行った。その中で本田は、自身のスタイルでブラジルに感謝を示したいと話している。

 ブラジルで熱狂的な歓迎を受けた本田は、「日本とブラジルはたぶん親密な関係で、これまでの歴史がそう示している」とコメント。「一方で、サッカーの面では、ブラジルと日本の差は歴然。日本人が活躍するのは極めて難しい状況だと思う。そういった意味でも、僕にとって本当に大きなチャレンジになると思う」と語った。

 さらに本田は、「日本サッカーの歴史を振り返ると、いろんなブラジル人が日本でプレーしてくれたことで、日本はとても早く成長できたんですよね。1998年に初めてワールドカップに出た。今は4年に1度のワールドカップに出るのが当たり前のようになっている」とブラジルの人々に話しかけるように述べ、「ある意味これは優秀なブラジル人選手のおかげで、僕たちは感謝しなければいけない」と話した。

 だからこそ、本田はブラジルでの挑戦に燃えている。「成長した日本人代表として、ブラジルにありがとうという意味を込めて、ここでなんとか活躍したいと思っています。ここでブラジル人たちに認められたいなと思っています」と、意気込みを語った。

Date: 2020/02/08(土)


欧州サッサー

*********************************************************************************** 

 冨安健洋はフル出場で貢献…ボローニャ、敵地でローマを破り3連勝 

 [0-1] 16’ボローニャ [1-1] 22’ローマ(QG) [1-2] 26’ボローニャ
 [1-3] 51’ボローニャ [2-3] 72’ボローニャ   

セリエA第23節が7日に行われ、ローマとDF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。冨安は警告の累積により前節出場停止だったが、今節はスタメンに復帰して右サイドバックでフル出場した。

 しかしローマは80分、ローマはブライアン・クリスタンテがオルソリーニへのファールでレッドカードを提示されて一発退場。数的有利となったボローニャはこのまま1点差を守って3連勝を飾った。ローマは2連敗を喫し、3試合未勝利となった。

 この勝利で、ボローニャは暫定ながらUEFAヨーロッパリーグ圏内の6位に上昇した。

 --------------------------------------------------------

 フランクフルトが5発大勝…長谷部は中盤で途中出場、鎌田は出番なし 

ブンデスリーガ第21節が7日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトはアウクスブルクと対戦した。両選手はともにベンチスタートで、30分長谷部は主将DFダビド・アブラームに代わって途中出場し、アンカーに入って新年リーグ戦初出場となった。長谷部は30分に途中出場。鎌田は出番が回ってこなかった。

 [1-0] 37分 フランクフルト  [2-0] 48分 フランクフルト  [3-0] 55分 フランクフルト 
 [4-0] 89分 フランクフルト  [5-0] 90分 フランクフルト

フランクフルトは5得点で大勝を収め、リーグ後半戦は4試合無敗(3勝1分)をキープし、暫定ながら順位は9位に上昇。

長谷部はフォーバック体制となった18節以降3試合出番がなかったが、2/1ドイツ杯でフル出場、この試合では要の主将と交代し勝利に貢献。 

鎌田は17試合無得点が響いたのか、直近5試合44分間の出場、「ケチャップはドバっと」期待 

Date: 2020/02/08(土)


J年俸
*********************************************************************************** 

 J1リーガーの最新「推定市場価格ランキング」

1位 アンドレス・イニエスタ(神戸)  400万ユーロ(約5億円)
2位 ジョー(名古屋)          320万ユーロ(約4億円) 
3位 ファブリシオ(浦和)        310万ユーロ(約3億8750万円)
4位 昌子 源(G大阪)         300万ユーロ(約3億7500万円)
5位 仲川輝人(横浜)          280万ユーロ(約3億5000万円)

6位 クリスティアーノ(柏)       250万ユーロ(約3億1250万円)
6位 マルコス・ジュニオール(横浜) 

8位 チャナティップ(札幌)       240万ユーロ(約3億円)

9位 清武弘嗣(C大阪)         230万ユーロ(約2億8750万円)
9位 土居聖真(鹿島) 
9位 谷口彰悟(川崎) 

12位 小林 悠(川崎)           220万ユーロ(約2億7500万円)
12位 ディエゴ・オリベイラ(FC東京) 

14位 車屋紳太郎(川崎)         200万(約2億5000万円)
14位 レアンドロ・ダミアン(川崎) 
14位 エリキ(横浜) 
14位 興梠慎三(浦和) 
14位 エジガル・ジュニオ(横浜)

19位 進藤亮佑(札幌)           190万ユーロ(約2億3750万円)
19位 マテイ・ヨニッチ(C大阪) 
19位 古橋亨梧(神戸) 

22位 ガブリエル・シャビエル(名古屋)  180万ユーロ(約
22位 三竿健斗(鹿島) 
22位 阿部浩之(名古屋) 
22位 山口 蛍(神戸) 
22位 槙野智章(浦和) 
22位 エウシーニョ(清水) 

28位 トーマス・フェルマーレン(神戸) 170万ユーロ(約2億1250万円)
28位 福森晃斗(札幌) 
28位 家長昭博(川崎) 
28位 ドウグラス(神戸) 

32位 丸橋祐介(C大阪)        160万ユーロ(約2億円)
32位 川辺 駿(広島) 
32位 守田英正(川崎) 
32位 マウリシオ(浦和) 
32位 大島僚太(川崎) 
32位 遠藤渓太(横浜) 
32位 柏木陽介(浦和) 
32位 江坂 任(柏) 

40位 松田 陸(C大阪)        150万ユーロ(約1億8750万円)
40位 杉本健勇(浦和) 
40位 レオナルド(浦和) 
40位 柏 好文(広島) 
40位 橋本拳人(FC東京) 
40位 金崎夢生(鳥栖) 
40位 永木亮太(鹿島) 
40位 宇佐美貴史(G大阪) 
40位 岩波拓也(浦和) 
40位 酒井高徳(神戸) 
40位 柿谷曜一朗(C大阪) 
40位 犬飼智也(鹿島) 
40位 東 慶悟(FC東京) 
40位 中村航輔(柏) 
40位 エヴェラウド(鹿島) 
40位 アレクサンドレ・ゲデス(仙台) 

※1ユーロ=125円で換算。数値は2020年2月7日時点。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

*********************************************************************************** 

2017年から10年間、イギリスのパフォームグループが運営するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と放映権契約を締結し、約2100億円という莫大な資金を手にした。

南野の年俸の推移

 セレッソ大阪

  2012年(17) 360万円 
  2013年(18) 360万円
  2014年(19) 1000万円

 ザルツブルク

  2015年(20)  2500万円 
  2016年(21)  3000万円 
  2017年(22)  5800万円 
  2018年以降 1億3000万円 (3年契約で総額4億円)

リヴァプール

  2020年(23)変名次第掲載

-------------------------------

過去、プレミアリーグに参戦したサッカー日本代表の香川真司選手(年俸11億円)、岡崎慎司選手(最高4億5000万円)、吉田麻也選手(年俸3億9000万円)

を元に、南野選手の年俸は少なくとも5億円を超えるのではないかと予測を立てました。

Date: 2020/02/07(金)


長友佑都・・・
*********************************************************************************** 

 長友佑都 トルコ1部のガラタサライで登録メンバー外に

長友は冬の移籍市場でのガラタサライ退団が確実視され、イタリアのボローニャへの移籍が合意したとも報じられていたが、移籍市場が閉じる1月末までに新たなクラブは決まらず。所属する外国人選手が規定の登録人数を上回っていたガラタサライは、シーズン後半戦の登録メンバーから長友を外すことを決定した。

 欧州主要リーグの移籍期間は終了しており、長友がピッチに立つためには移籍期間が続く日本、ブラジルなどに移る必要がある。

*********************************************************************************** 

 安部裕葵、右太もも裏の腱断裂…

サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは、FW安部裕葵が2日に行われた2部B(3部相当)のリーグ戦で右太もも裏の腱を断裂し、11日に手術を受けると発表した。全治はまだ不明。東京五輪への影響が心配される


Date: 2020/02/06(木)


南野拓実

*********************************************************************************** 

 南野拓実もメンバー入り! リヴァプールがCL決勝Tのメンバーリスト提出

 登録人数 最大25名 (GK最低2名 自国で要請された選手最低8名)

リヴァプールは決勝トーナメント1回戦で、アトレティコ・マドリードと対戦する。アウェイに乗り込むファーストレグは日本時間19日の午前5時に、ホームで行われるセカンドレグは日本時間3月12日の午前5時にそれぞれキックオフを迎える。

 GK:4名  FB:5名 MF:9名

 FW 5名

 9.ロベルト・フィルミーノ 10.サディオ・マネ 11.モハメド・サラー 18.南野拓実 27.ディヴォック・オリジ
Date: 2020/02/06(木)


大迫勇也

*********************************************************************************** 

 大迫勇也、今季3つ目のアシスト。ブレーメンは3位・ドルトムントに「3-2」の勝利で8強入り …… DFBポカール(ドイツ杯)3回戦……


2回戦でハイデンヘイムに勝利したブレーメンはリーグ戦で先発落ちしている大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。

 一方、ボルシアMGに勝利したドルトムントは加入以降衝撃的な活躍を続けているハーランドと新戦力のジャンがベンチスタート。

 立ち上がりからボールを保持したドルトムントに対し、自陣に引いて待ち構えるブレーメン。ブレーメンが効果的なカウンターを繰り出して流れを引き寄せ、前半を「2-0」でおり返す。

 2点のリードを許したドルトムントは後半開始直後に3戦7発のハーランドを投入する。直近3試合で15得点と絶好調のドルトムント攻撃陣はボールを支配するも、ブレーメンも全員が引いてコンパクトな守備をする事で失点を許さない。

 68分にハーランドが追撃のゴールで「2-1」。嫌な流れになるかと思われたが70分に、2点後に中盤でボールを受けた大迫のスルーパスを受けたラシカがペナルティーエリアで右足を振り抜くとボールはゴール左に決まり再びリードを2点に広げる。

 その後ブレーメンは78分に失点するも、同点ゴールは与えず試合は終了。公式戦8試合ぶりの勝利を挙げると共にカップ戦ベスト8進出を決めた。

 これで、2年連続ドイツ杯3回戦んでブレーメンはドルトムントに勝利(策音はPK勝)

 リーグ戦で先発落ちしている大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発で90分に交代した。

 ブレーメンはリーグ戦ではまさかの降格圏の一歩手前の16位(勝点17)で、15位から18位までの勝点差は「4」。これが契機になれば幸い。

 ブレーメンはこれからの3試合で、12位ウニオン・ベルリン、2位ライプティッヒ、3位ドルトムントと厳しい相手との対戦を迎える。降格圏に閉じ込められるか抜け出されるかの厳しい戦いが続く。

 -----------------------------------------------------

コーフェルト監督 大迫について語る

「前半戦のウニオン・ベルリン戦で筋肉を負傷し、それから彼が(負傷箇所の)太ももへの信頼を取り戻すまでにものすごく長い時間がかかったんだ。本当に気にしないで練習できているのはまだここ2週間の話だ」

 「もちろん、ユウヤは自分に満足していない。それは練習でも見られる。私の印象では彼はこの状況を打開するためにすべてをトライしている。私も彼がシーズン序盤の調子を取り戻すためにすべてをトライするつもりだ」

 -------------------------------------------------------
カタールW杯 アジア予選

 また、日本代表も3月末には、W杯アジア予選で「ミャンマー戦」「モンゴル戦」を迎える。なによりも大迫の復活が望まれる。

 大迫がカタールW杯アジア予選の試合に出場したのは、2019.9のミャンマー戦(2-0)の1試合のみ。モンゴル戦(6-0)、タジキスタン戦(3-0)、キルキス戦(2-0)には怪我のため欠場。

Date: 2020/02/05(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
021297
[TOP]
 version 2.72