FIFA U-20  2018/08/26(日)
アジア大会 女子  2018/08/25(土)
U-20 女子W杯  決勝  2018/08/25(土)
アジア大会  2018/08/25(土)
今日の試合 8/24  2018/08/24(金)
ヤングなでしこ 長野風花  2018/08/23(木)
天皇杯  2018/08/22(水)
👂 海外サムライブルー  2018/08/22(水)


FIFA U-20

**************************************************************************************** 

FIFA U-20 女子ワールドカップ優勝 日本女子代表の優勝報告会見

 池田監督

「すべてが今回のように成功するわけではないと思う。明るさ、努力、ひたむきさ、笑顔、感謝の気持ちを持って乗り越えて、素晴らしいサッカー人生を歩んでいってもらえれば、と思っています」

「本当に選手の頑張りは尊敬に値すると思います。またこの大会の中で、選手個人もチーム全体としても成長がありましたし、本当に良いグループだったと思います」

「(この歓喜を)サッカーに携わっている皆さん、そして今からサッカーを始めたいと思っている女の子にも伝えたいです」。

「このチームがスタートした時に、選手たちが世界一になりたいという目標を自分たちで掲げたので、その手伝いができたと思います」
Date: 2018/08/26(日)


アジア大会 女子

               岩淵            長谷川
*************************************************************************************** 

アジア大会 女子 準々決勝 日本 2-1 朝鮮民主主義人民共和国
 

  サッカー女子のなでしこジャパンは25日、南スマトラ州のパレンバンでアジア大会決勝トーナメント
  準々決勝で北朝鮮と対戦し、2―1で勝利、8大会連続の4強入りを果たした。

 【前半40分 日本1−0北朝鮮】

 キッカー中島がファーに蹴り込む。競り勝った田中の折り返しに反応した岩渕がゴールに流し込み先制

 【後半17分 日本2−0北朝鮮】

 長谷川がペナルティエリア手前の菅沢にパス。菅沢はポストプレーで長谷川にリターン。
  長谷川はトラップからGKを越えるシュートを放ち2点目

 【後半26分 日本2−1北朝鮮】

 北朝鮮がPK獲得。キッカーの15番が冷静にゴール右隅に決め1点返す。

 北朝鮮は14年仁川大会決勝で1−3で敗れ連覇を逃した相手。

 日本は2大会ぶり2回目の優勝を目指し、準決勝では韓国と対戦する。  

   8/28(火)18:00 韓国vs日本  21:00 台北vs中国 

---------------------------------------------------------------------
アジア・サッカー連盟(AFC)の公式サイトは“事実上の決勝戦”とも言われた一戦を速報し、日本の戦いぶりを称えた。

「前回覇者で女王の北朝鮮を日本が力でねじ伏せたゲームだ。序盤から実力伯仲の拮抗したゲームが繰り広げられたが、北朝鮮がゴール前でチャンスをフイにしたのに対して、日本はイワブチとハセガワが決めるべきところでしっかり決めた。とくにハセガワの2点目は特筆に値するファインゴールで、甘美なドライブショットで北朝鮮の野望を打ち砕いたのだ。北朝鮮は過去に出場したアジア大会ですべてメダルを獲得してきたが、これだけ早く敗退するのは初めて。かたや日本は試合運びの巧さとチームとしての完成度の違いを見せつけた」
Date: 2018/08/25(土)


U-20 女子W杯  決勝

 宮川ひなた         宝田沙織       長野風花
**************************************************************************************** 

U-20 女子ワールドカップ フランス大会

   ヤングなでしこ初の世界一!スペインに3発快勝 宮沢先制ミドル 宝田&長野も決めた 


日本 3-0 スペイン ⚽ 宮澤ひなた(38分)、宝田沙織(57分)、長野風花(65分)カンデラ(71分)

U―20女子W杯は24日に決勝が行われ、日本はスペインと対戦 。前半にMF宮沢ひなた(18=日テレ・ベレーザ)の豪快なミドルシュートで先制し、後半にはFW宝田沙織(18=C大阪堺レディース)とMF長野風花(19=仁川現代)が得点を決めて3―1で勝利。初の世界一に輝いた。

  押し込まれる展開が続いていた日本だが、前半38分に訪れたワンチャンスをものにして先制。エリア外でボールを受けた宮沢が右足を振り抜き、豪快なミドルシュートをゴールネットに突き刺した。 
  その後1点を失ったが、危なげなく逃げ切って3-1で快勝。今大会の一次リーグで苦杯を喫したスペインに雪辱を果たし、大会初優勝を決めた。

  日本のこれまでの最高成績は3位。予選では、アメリカに、準決勝では院グランを、そして決勝ではヨーロッパ王者のスペインに勝利し、U-20初の世界王→に輝いた。

   おめでとう 🎉 🎉 🎉 

  2011年にA代表がワールドカップで優勝。2014年にU-17ワールドカップで優勝。今回U-20でも世界一

   〜〜〜 女子史上初の3カテゴリーでのワールドカップ制覇 〜〜〜。


  試合後、長野風花は、「みんなで目指してきた場所なので、すごく嬉しいです」と涙をこらえながらコメント。「いいタイミングで(宝田)沙織がボールをくれた。思い切り打ったらいいコースにいったのでよかったです」と決勝で記録した今大会初ゴールを振り返った。

  2016年に行われたFIFA U−17 女子ワールドカップ ヨルダンでは惜しくも準優勝に終わっていた日本。キャプテンとして同大会に出場していた長野は、「悔しい思いをしてきた。W杯決勝という舞台でリベンジできて嬉しいです」と喜びを語った。

  また、チームメイトについては、「みんな仲が良くて一緒に頑張ってきた。チームが解散するのは寂しいです。でも、大好きなみんなの一員でよかったです」とコメント。「日本からのたくさんの応援で世界一になれました。ありがとうございました」と声援に感謝を述べた。

 U−20日本女子代表(4ー4ー2)

 スタンボー華;北村菜々美、南萌華、高橋はな、宮川麻都;林穂之香、宮澤ひなた、長野風花、遠藤純;宝田沙織、植木理子(90分 村岡真実)

-----------------------------------------------------------------

  三位決定戦 三位:イングランド 4位:フランス 

     フランス 1-1 (PK:4-2)イングランド
Date: 2018/08/25(土)


アジア大会

**************************************************************************************** 

アジア大会

 男子 決勝トーナメント 日本 1-0 マレーシア

  第18回アジア競技大会・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が24日に行われ、U−21日本代表がU−23マレーシア代表を1−0で下した。

 日本は立ち上がりからボールを保持して主導権を握るが、シュートまではなかなか持っていくことができない。

 31分に旗手怜央のスルーパスに抜け出した前田大然がシュート。35分には相手に当たって変化したボールを旗手がワンタッチでDFをかわしてシュートを放つが、いずれも先制ゴールとはならなかった。前半はスコアレスで折り返した。

 日本は後半に入ってマレーシアの反撃を浴びる。57分にカウンターからサファウィ・ラシドが左足シュート。58分にはアブドゥル・ラシドが中央を突破してシュートを放たれたが、いずれも枠を外れた。

 81分には、A・ラシドの直接FKを小島亨介がセーブ。83分にもミスからA・ラシドに左足で強烈なシュートを放たれるが、ポストに直撃して救われた。

 迎えた89分、ついに均衡が破れる。渡辺皓太のスルーパスに抜け出した上田綺世が後ろから倒され、PKを獲得。これを上田が決めて日本が先制に成功する。このまま終盤のマレーシアの攻撃を抑えた日本が1−0で勝利した。

 準々決勝に進出した日本は、27日にU−23サウジアラビア代表と対戦する。

【スコア】 U−21日本代表 1−0 U−23マレーシア代表

【得点者】 U−21日本代表:上田綺世(89分/PK)

【スターティングメンバー】U−21日本代表(3−4−2−1)

   小島亨介;板倉滉、 立田悠悟、原輝綺;杉岡大暉、長沼洋一、渡辺皓太、松本泰志;
   岩崎悠人、旗手怜央;前田大然(76分 上田綺世)   

----------------------------------------------------------------------

 男子 準々決勝 27日(月)韓国vsウズベキスタン、サウジアラビアvs日本 UEAvs北朝鮮 シリアvsベトナム

 女子 準々決勝 25日(土)18:00 日本 vs 朝鮮民主主義共和国
 
Date: 2018/08/25(土)


今日の試合 8/24
フライデーナイトJリーグ 鹿島-磐田
**************************************************************************************** 

J1 第24節

   鹿島 1-1 磐田  (鹿)71' 犬飼智也 (磐)90+4’大久保義人

***************************************************
************************************* 

アジア大会

 男子 決勝トーナメント 日本 1-0 マレーシア

  シュート数で負けていることからも分かるように、何とも苦しい試合を勝ち切った。終盤は立て続けにマレーシアに決定機を作れられるなど大苦戦も、90分に上田綺世(法政大)が自ら得たPKを決め、これが決勝点。次戦は中2日でサウジアラビア日本、苦しみながら89分に上田が自ら獲得したPKを決めベスト8に進出

    次の相手はサウジアラビア。   

 女子 準々決勝 25日(土)18:00 日本 vs 朝鮮民主主義共和国
 
**************************************************************************************** 

U-20 女子ワールドカップ フランス大会

  決  勝   24日(金)26:20 日本 vs スペイン フジNEXT 

  三位決定戦 24日(金)22:50 イングランド vs フランス  フジTWO
Date: 2018/08/24(金)


ヤングなでしこ 長野風花

  2018U-20W杯     イングランド戦 プレーヤー・オブ・ザ・マッチ  2016年のU-17W杯では大会MVPに
***************************************************************************************

U-20女子日本代表 長野風花 

 タイトル 

 個人 ・2016年 FIFA U-17女子ワールドカップ 大会最優秀選手(MVP)
     ・2016年 AFC アジア年間最優秀ユース選手賞

 日本代表 ・2013年 AFC U-16女子選手権 優勝
        ・2015年 AFC U-16女子選手権 準優勝
        ・2014年 FIFA U-17女子ワールドカップ 優勝
        ・2016年 FIFA U-17女子ワールドカップ 準優勝

 浦和レッズレディース ・浦和レッズレディース日本女子サッカーリーグ 優勝1回(2014年)

 浦和レッズレディースユース ・全日本女子ユースサッカー選手権大会 準優勝3回 (2013年度、2014年度、2016年度)

 浦和レッズレディースJr.ユース ・全日本女子ユース (U-15)サッカー選手権大会 優勝2回 (2011年度、2012年度)
-----------------------------------------------------------------------------

 過去において、優勝5回 準優勝5回、そして最優秀選手賞を2度獲得している長野選手とは

   ☞ 19才 159僉‥豕都江戸川区出身

   ☞ サッカークラブ、FCパルティレに所属していた兄2人の練習を観に行ったのがきっかけでサッカー
     を始めた。

   ☞ 2011ー12 浦和レッズレディースJr. ユース 。

   ☞ 2014-17 浦和レッズレディース    30試合出場

   ☞ 2018−  韓国の仁川現代製鉄レッドエンジェルズに移籍 

   ❀ 選手としての特徴

     本人も得意なプレーに「ためをつくること、起点となるパス」と挙げているように、的確な状況判断
      からのパスや守備が持ち味である。

     特に縦パスはユース所属時でもトップリーグで通用するほど質が良く、2016年のU-17杯準決勝
     のスペイン戦で見せた堅守を誇る相手のオウンゴール誘発の起点となったスルーパスはサッ
     カーファンを唸らせた。この試合では他にも決定的なシーンをつくる縦パスを通し、あわやゴール
     かという30mのフリーキックを披露するなど準優勝チームの10番にふさわしい活躍を見せた。

-----------------------------------------------------------------------------

 仁川現代製鉄レッドエンジェルズ移籍の理由サッカーキング取材・文=馬見新拓郎  

 U−17女子W杯ヨルダン2016では、決勝で北朝鮮にPK戦の末に負けて準優勝に終わった。その悔しさを糧に、まずは浦和レッズレディースで試合に出ることであったが、しかし、浦和のボランチは特に激選区と言えるポジション。MF猶本光(現・SCフライブルク/ドイツ)らを押しのけ、シーズンを通して試合出場することは容易ではなく、昨季のプレナスなでしこリーグ1部で、長野は1試合の出場にとどまった。

 そして今季開幕前、長野は大きな決断を下す。なでしこリーグの4年間で23試合しか出場できなかった状況を打破すべく、韓国の仁川現代に移籍した。浦和Jrユース、浦和ユース、そして浦和と育ってきた代表歴のある長野が、10代のうちに活躍の場を海外に求めた。

 韓国女子代表選手を擁して『WKリーグ』で連覇を続ける仁川現代で、長野はすぐさま試合出場を続け、これまでに11試合出場、1得点1アシストをマークしている。

 長野が見据えるのは、U−20女子W杯の準決勝や決勝の舞台だけではない。目標は常にその先にある。「しかし、だからこそ、まずはU−20女子W杯決勝の舞台でどのような活躍を見せるのか、長野の動きに注視したいと思う。      
  
-------------------------------------------------------------------------------
  決  勝  24日(金)26:20 日本 vs スペイン フジNEXT

  三位決定戦 24日(金)22:50 イングランド vs フランス  フジTWO
Date: 2018/08/23(木)


天皇杯

                17才、22才 マリノス初デビュー  
***************************************************************************************

天皇杯 ラウンド16  〜 ベスト8 山形 浦和 川崎F 仙台 甲府 鳥栖  6チーム決定

 3回戦 広島 4-1 名古屋   広島が9/26に鹿島と対戦

        (広)06' 工藤壮人 99' パトリック 105+1' パトリック 117' パトリック (名)18' 深堀 隼平  

 4回戦 山形 1-1 7
PK 7-6 FC東京   (山)09' 阪野豊史 (東)07' ディエゴ オリヴェイラ

      浦和 1-0 東京V    (浦)64' ファブリシオ

      川崎F 3-1 湘南   (川)47' オウンゴール 54' 齋藤学 87' 知念慶 (湘)15' 小川慶治朗

      横浜FM 2-3 仙台   (横)40' 畠中槙之輔 48' 喜田拓也 (仙)16' 石原直樹 
                        45+3' ジャーメイン良 54' 石原
 
      C大阪 0-1 甲府    (甲)120' 曽根田穣
  
      鳥栖 3-0 神戸     (鳥)37' オウンゴール 50' 安在和樹 84' フェルナンド トーレス  

  天皇杯ベスト8抽選会は9月12日(水)17時から行われる。

  残りの4回戦、磐田vs札幌、鹿島vs広島は9月26日(水)に行われる。
                     
--------------------------------------------------------------------------
     🌠 前回王者・C大阪が4回戦敗退…J2甲府、延長後半終了間際の劇的弾で死闘制す

     🌠 イニエスタ、ポドルスキ、トーレス 夢の対決実現

     🌠 浦和 ファブリシオ(28)ブラジルから移籍後 公式戦 8戦7発

     🌠 トーレスが待望の日本移籍後初ゴール!

     🌠 斎藤学 川崎F移籍後初ゴール

     🌠 横浜FM 久保建英(17歳) 新天地デビューでアシスト 試合は仙台に敗れる

     🌠 横浜FM 畠中槙之輔(22歳)移籍後初先発初ゴール。アシストは久保

     🌠 久保と同学年 名古屋MF石田凌太郎 クラブ史上最年少アシストデビュー

     🌠 J2 山形、甲府 J1勢を撃破。山形 中村俊太 19才 77分までプレー。 

     🌠 広島 パトリック 延長でハットトリック。
Date: 2018/08/22(水)


👂 海外サムライブルー

                                 長友、フル出場で2連勝
*************************************************************************************** 

井手口陽介、ドイツ2部移籍決定! リーズからG・フュルトへレンタル  

  リーズ(イングランド2部)に所属するMF井手口陽介が、ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトへレンタル移籍で加入することが決まった。

 レンタル移籍期間は1年間。完全移籍へ移行する買い取りオプションも盛り込まれた契約となっており、井手口は21日のトレーニングから合流したとという。

 加入にあたり、井手口は「ドイツでプレーするチャンスを楽しみにしています」とグロイター・フュルトの公式HPにてコメントしている。

  井手口は1996年生まれの21歳で、ガンバ大阪の下部組織出身。高校2年生ながら2014年に“飛び級”でトップチームに昇格し、2015年4月にJ1デビューを果たした2016年のJリーグYBCルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞。また、同シーズン終了後のJリーグアウォーズでは、Jリーグベストヤングプレーヤー賞にも輝いた。2017年は明治安田生命J1リーグで30試合出場4得点を記録。

  ロシア・アジア最終予選のオーストラリア戦では得点を挙げ、日本の6大会連続W杯出場に貢献。

今年1月、リーズへの完全移籍加入が決定した。しかし、労働ビザ発行基準を満たしていないため、スペインの「クルトゥラル・レオネサ」へ Loan。

 移籍後はフェルト監督によると「言葉」の問題で出場機会に恵まれなかったこともあり、確実視されて
 いたロシアW杯出場は逃すこととなった。

 今回 Loanのグロイター・フュルト:1903年創立の優勝経験のある古豪、ブンデスリーガ発足後は1度だけ一部の経験があるが、もっぱら
 ブンデスリーガ2部か3部。2017-18シーズンもブンデス2部の15位に低迷。

  
Date: 2018/08/22(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
073588
[TOP]
 version 2.72