露W杯 6/22  2018/06/22(金)
日本代表 6/22 02:44  2018/06/22(金)
露W杯 6/21  2018/06/21(木)
西野監督  2018/06/21(木)
露W杯 6/20  2018/06/20(水)
COL-JPA戦  2018/06/20(水)
👀👂 🏆 拾遺「言の葉」 6/10  2018/06/20(水)
露W杯 6/19  2018/06/19(火)


露W杯 6/22

    ムサ         コウチーニョ         ネイマール 涙      ジャカ
*********************************************************************************** 

2018/6/20  露W杯 6/22

-----------------------------------------------------
 【グループA】

  ナイジェリア- アイスランド G:49分 75分 ムサ

  ► ナイジェリア、前半はシュート0本も後半にムサが2発! D組2位に浮上

  ► アルゼンチン GR突破は他力本願

     ・ナイジェリア戦 勝利 & アイスランドの引き分け以下

--------------------------------------------------------------

順位 チーム  勝点 試合  勝  分  敗  得点 失点   差 名前  決勝トーナメント     
 
 1 CRC    6   2   2  0  0   5   0   + 5 クロアチア  
 4 NGR    3   2   1  0  1   2   2   + 0 ナイジェリア 
 2 ISL     1   2   0  1  1   1   3   − 2 アイスランド
 3 ARG    1   2   0  1  1   1   4   − 3 アルゼンチン

・ARG 1-1 ISL ・CRO 2-0 NGR ・ARG 0-3 CRO ・NGR 2-0 ISL ・NGR - ARG ・ISL - CRO
 
*********************************************************************************** 

 【グループE】

  ブラジル0-2 コスタリカ G:90+1分 コウチーニョ 90+8分 ネイマール

  ☀ コスタリカの堅守に苦しんだブラジル、コウチーニョ&ネイマール弾で今大会初勝利!

  ☀ 78分にはネイマールがエリア内で倒されて一度はPKのジャッジが下されるも、VARで再確認
    したところPKの判定が取り消された。

 セルビア 1-2 スイス G:50分 ミトロヴィッチ 52分 ジャか 90分ジャか

  ► スイスがセルビアに逆転勝ち! ジャカの強烈ミドル&シャチリが終了間際に決勝点

--------------------------------------------------------------

順位 チーム  勝点 試合  勝  分  敗  得点 失点   差 決勝トーナメント      
 
 1 BRA    4   2   1  1  0   3   1   + 2 ブラジル
 2 SUI    4   2   1  1  0   3   2   + 1 スイス
 3 SRB    3   2   1  0  0   1   0   + 1 セルビア
 4 CRC    0   2   0  0  2   0   3   − 2 コスタリカ

・CRC 0-1 SRB ・BRA 1-1 SUI ・BRA 3-0 CRC ・SRB 1–2 SUI ・SRB - BRA ・SUI - CRC

  ► コスタリカ グループリーグ 敗退。
Date: 2018/06/22(金)


日本代表 6/22 02:44

  カザン・アリーナ                   スタメン パラグアイ戦   コロンビア戦    
*********************************************************************************** 

初戦の布陣主体で、と西野監督 日本代表、セネガル戦へ練習 【カザン共同】

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組の日本代表は21日、キャンプ地のカザンで24日午後8時(日本時間25日午前0時)からのセネガルとの第2戦へ向け、冒頭以外を非公開として練習した。西野監督はセネガル戦のメンバーについて「ベースは初戦で、と考えている」と話し、19日のコロンビア戦から大幅な変更はしない意向を示した。

 練習ではコロンビア戦に先発しなかった選手を中心に、U―19(19歳以下…久保建英ら)日本代表と30分の練習試合を実施した。練習前には高円宮妃久子さまがチームを激励。本田は右太もも打撲のため別メニューで調整した
Date: 2018/06/22(金)


露W杯 6/21

  AUS VARでドロー    フランス         モドリッチ           メッシ
*********************************************************************************** 

2018/6/20  露W杯 6/21

-----------------------------------------------------

 デンマーク(DEN)1-1 オーストラリア(AUS)

     G:7分エクリソン(FRA) 38分 ジェディナク(AUS) 

   DENが相手のヘッディングシュートを手で防ぎ、VARによるPK。
    2試合連続PKの不運。52年間で初の同一大会2度のPK献上。

-----------------------------------------------------

 フランス(FRA)1-0 ペルー(PER) 

     G:34分 キリアン・ムバッペ 
   
   FRAは34分PA内でこぼれたボールを押し込み決勝点をあげる。PERが押し込む展開となった
    が最後までゴールは生まれず、試合はこのままタイムアップ。1−0で勝利を収めたFRAが勝ち
    点を6に伸ばし、決勝トーナメント進出を決めた。一方、PREは連敗となり、グループステージ敗
    退が決まった。 

 グループC FRN 2-1 AUS PER 0-1 DEN DEN 1-1 AUS  

-----------------------------------------------------
 アルゼンチン(ARG)0-3 クロアチア(CRO)

    G:53分 レビッチ 80分 モドリッチ 90+1分 ラキティッチ

   2連勝を飾ったCRCが1998年フランス大会以来20年ぶりとなる決勝トーナメント進出。

     一方、ARGは1分け1敗となり、磁力突破の可能性がなくなり、グループステージ敗退の危機。

  グループD ・ARG 1-1 ISL ・CRO 2-0 NGR ・ARG 0-3 CRO ・NGR - ARG ・ISL - CRO
Date: 2018/06/21(木)


西野監督

*********************************************************************************** 

アトランタ オリンピック マイアミの奇跡

22年前、96年アトランタ・オリンピック初戦でブラジルを撃破する“マイアミの奇跡”で好発進したが1次リーグで敗退した。

 初戦 日本 1-0 ブラジル 第2戦 日本 0-2 ナイジェリア 第3戦 日本 3-2

 1位:ブラジル   勝点 6 2勝1敗 4得点2失点 得失点差 +2
 2位:ナイジェリア 勝点 6 2勝1敗 3得点1失点 得失点差 +2
 3位:日  本   勝点 6 2勝1敗 4得点4失点 得失点差 +0
 4位:ハンガリー  勝点 0 0勝3敗 3得点7失点 得失点差 −4

 ※マイアミの奇跡で検索すると動画が見れます。

「グループリーグで2勝を挙げながら敗退」という記録は史上初の出来事であった。ちなみに、ブラジルとナイジェリアは準決勝で再度対戦し、ナイジェリアが4-3で勝利。ナイジェリアが決勝戦で金メダルを獲得し、ブラジルも3位決定戦で銅メダルを獲得

アトランタ五輪大会後、日本サッカー協会(JFA)技術委員会は、JFAテクニカルレポートで、日本アトランタ五輪男子代表について「守備的なサッカーで将来につながらない」と厳しい評価を下した。他の日本五輪男子代表スタッフがその評価に憤りを示す中、西野朗監督は努めて冷静に受け止めたという。

内容を「将来性が無い」と評価された。西野監督「そのときの反骨心が、攻撃的なサッカーへとつながった」と語る。

クラブを率い、積極的な選手交代と1点を取られても2点を奪いにいく攻撃的なスタイルをめざす。ガンバ大阪などで積み上げたJ1勝利数は史上最多の270。一時代を築いた。

W杯でアジアで初の南米勢に初の勝利

この日のコロンビア戦。格上を相手にしてもひるまず、香川やMF柴崎岳ら技術力の高い選手を中盤に並べ、球を保持して試合の主導権を握るスタイルを貫いた。

西野監督、マイアミの奇跡に続く快挙。これも奇跡なのか? そう聞かれた西野監督は、うっすらと笑みを浮かべながら答えた。「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」。

2018年ロシアW杯、1戦目は南米チーム。2戦目はアフリカのセネガル。3戦目はヨーロッパのポーランド。

勝ったからといって浮かれもしない。22年前、96年アトランタ・オリンピック初戦でブラジルを撃破する“マイアミの奇跡”で好発進したが1次リーグで敗退した。会見後に「同じ轍(てつ)は踏まないように」と自らに言い聞かせるように話していた。

1次リーグ突破へ、次なる難敵に目を向け、切り替えている日本を応援。
Date: 2018/06/21(木)


露W杯 6/20

*********************************************************************************** 

2018/6/20  露W杯 6/20

【グループA】

 ウルグアイ 1-0 サウジアラビア


  ウルグアイは前半23分に挙げたスアレスの今大会初となる先制ゴールを守り切って、1次リーグ
  2連勝を飾った。

  1.ロシア(6) 2.ウルグアイ(6) 3.エジプト(0) 4.サウジアラビア

 【グループB】

 ポルトガル 1-0 モロッコ


  ポルトガルは、C・ロナウドの2試合連続のゴール目で勝利。このゴールでポルトガル代表として
  152試合目での出場で85得点。欧州の選手として代表チームで挙げたゴール数で単独1位に
  躍り出た。

  イラン 1-0 スペイン

  試合が動いたのは54分、D・コスタがエリア内でイニエスタのスルーパスを受けると、ターンしたと
  ころでDFにカットされたが、ボールはD・コスタの右足に当たってゴール左隅に吸い込まれた。
  D・コスタの2戦連発、今大会3ゴール目でスペインが先制した。

  イランは62分、右サイドのFKで中央の混戦から、ゴールネットを揺らしたが、VARの判定により
  オフサイドで惜しくもノーゴールとなった。試合はこのまま1−0でスペインが初勝利。

 1.スペイン(4) 2.ポルトガル(4) 3.イラン(3) 4.モロッコ(0) 
Date: 2018/06/20(水)


COL-JPA戦

*********************************************************************************** 

 ☀ データ

   コロンビア              日本

    8 ( 3 5 ) シュート    14 (5  9)   ※(前半 後半)
    3 ( 3 0 ) 枠内シュート  6 ( 2 4 )
    3 ( 2 1 ) C  K      6 ( 2 4 )
    9 ( 1 8 ) 直接FK    15 ( 5 10 )
    1 ( 1 0 ) 間接FK     2 ( 1 1 )  
    0 ( 0 0 ) P  K      1 ( 1 1)

      47% ボール支配率 58%

 日本 W杯で初の南米制覇

   日本 vs 南米 過去1分3敗。

    2002 0-1 アルゼンチン  2006 1-4 ブラジル 2010 0-0 パラグアイ 2014 1-4 コロンビア 
 
 
アジア勢としても初勝利 アジア vs 南米 結果は過去3分15敗

---------------------------------------------------------------------

スポーツライター 金子氏「初めて日本人であることを誇らしく思えるW杯」

W杯で勝ったことならば過去にもある。けれども、これほどまでに相手を圧倒しての勝利は、かつてなかった。しかも、圧倒した相手は、これまで一度たりとも勝ったことのなかった南米のチームだった。
       … 中略 …
そういう意味では、いささか気持ちの悪かった同点ゴールを許したことは、日本にとって幸いだったかもしれない。あのまま1―0のまま試合が進んでいれば、選手たちの「守ろう、守らなければ」という意識はますます強くなり、サッカーはいよいよ消極的なものになった可能性があった。

だから、日本サッカー史上初めて南米のチームを圧倒した後半の50分間は、相手が10人だったからというより、日本の選手が前半は出せなかった勇気を見せたからだった。ボールをつなぐ勇気。縦に入れる勇気。なにより、コロンビアを圧倒しようという勇気――。

 記事詳細は https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/ で 
**************************************************************************

 ☀ 半端じゃないって


  00年、大迫勇也が鹿児島城塞西高校時代の高校選手権準々決勝・滝川西高校戦で
  背後からのロングボールを走りながら絶妙のトラップ。

  チーム6点目を演出し6-2で大勝。

  試合後のロッカールームで滝川二のDF中西主将が「大迫半端にってあいつ半端な
  いって 後ろ向きのボールめちゃトラップするもん。そんなのできへんや普通」と泣
  きながら叫ぶ姿が話題となり「大迫半端ないって」がサッカーファンで定着した。
Date: 2018/06/20(水)


👀👂 🏆 拾遺「言の葉」 6/10

 お台場PVにベッカム氏  渋田スクランブル交差点     カズ    U-19世代   
***********************************************************************************   

 元イングランド代表MFのデビッド・ベッカム氏(43)は東京・アクアシティお台場の屋上特設会
   場で行われたパブリックビューイングにゲスト参加した。「デビッド!」の大歓声を浴び「日本の
   大事な夜に東京にいることができて幸せだ」


 ルーカス・ポドルスキ(32、J1神戸 元ドイツ代表):ドイツ代表としてW杯に3度出場しポルティ
   「サムライブ ルーおめでとう。次の試合もこの勢いで。東京より、ポルディ」と愛あるツイート。

 辛口ご意見番セルジオ越後氏 「いきなり相手が退場となり、こんなこと2度と無いようなラッ
   キーな展開」「盆と正月が来たような幸運」。「喜ぶのは次勝ってから」「西野監督はアトランタ・
   オリンピックの時に2勝してもグループステージを突破できなかった経験がある。それを乗り越え
   ないといけない。もう1勝しないと突破できないかもしれない。そのためにも状況を考えても得点
   はもっとほしかった」 

  渋田スクランブル交差点。東京・渋谷では、周辺のスポーツバーなどで観戦していたサポー
   ターたちが試合後にスクランブル交差点へ殺到。センター街入り口やハチ公前広場など各所で
   「ニッポン」コールや応援チャントが湧き上がった。信号が変わるたびに横断歩道ではハイタッチ
   が交わされ、深夜まで歓喜の渦に包まれた。

 キングもFIFAの招待でコロンビア戦観戦 。

 長谷部誠「今日は勝利の余韻に浸ってもいい」 

 長友佑都「因縁の相手・クアドラードには絶対に負けたくなかった」金髪には、「似合っていない
   のはわかっていますけど、継続中なんで、この状態で行きたいと思います(笑)」

 原口 泥臭いハードワークの貢献度く「勝ったということは自分の仕事ができんだと思う」

 “ジョーカー”本田Vアシスト 投入3分後「仕事できてうれしい」
Date: 2018/06/20(水)


露W杯 6/19

   千田氏イラスト        信頼       一体感***********************************************************************************

日本 vs セナガル

  🎉 日本、コロンビアを破り白星発進! 香川PK弾&大迫決勝点で4年前の雪辱

  🎊 「半端ない」大迫勇也のヘディング弾炸裂! コロンビア相手に再度リード!

  👏 日本、W杯で南米に初めての勝利


 コロンビア 1-2 日本

   G:6分 香川真司(PK)39分 フアン・フェルナンド・キンテーロ 73分 大迫勇也

ポーランド 1-2 セネガル 

セネガルが逃げ切った。前半37分にオウンゴールで先制。後半15分には相手のバックパスをニャンが奪い、ペナルティーエリア外でGKをかわして落ち着いて決めた。1点差に迫られた後もしたたかに守った。

ポーランドはエースのレバンドフスキが孤立。後半41分にFKからクリホビアクが頭で合わせて一矢を報いたが、反撃が遅すぎた。(共同)

ロシア 2連勝 。ロシア 3-1 エジプト

 G:(ロシア)47’ОG 59’62’(エジプト)73’

  ☀ ロシア、2試合8得点の快勝。サッカーは気持ちで、地元の利を生かす。

  ☀ エジプトはPKで一死返すのみ、グループ予選敗退の危機

Date: 2018/06/19(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
069579
[TOP]
 version 2.72