年末年始⚽  2018/12/24(月)
復活  2018/12/24(月)
U-19ブラジル遠征  2018/12/23(日)
全日本大学選手権  2018/12/23(日)
CWC 結果  2018/12/23(日)
皇后杯  2018/12/23(日)
CWC3位決定戦  2018/12/22(土)
👀👂ニュース拾遺  2018/12/22(土)


年末年始⚽

***************************************************************************************
 
 
   12/29(土) 皇后杯準決勝
  
    12:00 NHK-BS1 日テレ・ベレーザ vs 浦和レッズレディース 
    15:00 NHK-BS1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース vs INAC神戸
        
  🍎 12/30(日)〜01/14(月)第97回全国高校サッカー選手権 

    開幕戦 12/30(日)14:05 駒澤大学高等学校(東京) vs 那覇西(沖縄)@ 駒沢陸上競技場

    一回戦 12/31(月)12:5 桐光学園(神奈川) vs 大津(高知)    @ ニッパツ三ツ沢球技場

***************************************************************************************

  🍓 01/01(火) 14:35 MHK総合 皇后杯 決勝 @ パナソニック スタジアム 吹田

  🍎 01/03(木)〜01/13(日)第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 

   一回戦 2019年1月3日10:30 大商学園高校(関西1/大阪)vs 星槎国際高校湘南(関東3/神奈川)

         25:40〜26:40 ドキュメンタリー 〜高校最後の青春ドラマ 1回戦〜  

   決 勝 1月13日(日) 14:00〜16:10  生中継 TBS地上波(全国ネット)  

  🐅 01/05(土)〜02/01(金) 〜AFCアジアカップUAE2019(1/5〜2/1)〜

    12/26〜12/29 17:00 トレーニング 〜習志野秋津サッカー場
    12/30 14:00 練習試合 日本代表 vs 流通経済大学 

    01/09(水)19:50 vs トルクメニスタン TV朝日、NHK-BS1(日本時間)
    01/13(日)22:15 vs オマーン      〃 
    01/17(木)19:54 vs ウズベキスタン    〃 

    優勝国 日本(4回) イラン・サウジアラビア(3回) 韓国(2回) 
          クウェート、イラク、オーストラリア、イスラエル(1回)

    賞金  優 勝  500万ドル(約5億6千万円〉
         準優勝  300万ドル(約3億4千万円)
         バスト4 100万ドル(約1億1千万円)  
Date: 2018/12/24(月)


復活

***************************************************************************************

    💛 宮市亮 「リョウは筋肉の塊。アニマル!」とザンクト・パウリ監督

ザンクト・パウリFW宮市亮は15日に行われたブンデスリーガ2部第17節で今季2ゴール目をマーク。マルクス・カウチンスキ監督は「彼はどんどん良くなっている」と同選手の好調を喜んだ。

 ・2010 中大付属中鏡高校卒 ・2011-15 アーセナル→フェイエノールト(loan)

 ・2011年2月6日、フィテッセ戦(エールディヴィジ第22節)にて18歳1カ月23日での公式戦デビュー(先発
  フル出場)を果たし、森本貴幸の記録を抜き欧州主要リーグの日本人最年少デビュー記録を作った。

 ・50m5秒台の快足を活かした爆発的な加速力と縦への突破を武器とするウイングのため、
  多くの怪我に泣く。
 
 ・2012年_右肩  2014_ハムストリングを負傷 2015_ブンデス2部に移籍するが左膝前十字靭帯
   を断裂。

 ・2017年6月28日の紅白戦で、以前の怪我とは反対側の右膝前十字靭帯を断裂 

今シーズンに入ってから昨年12月にザンクト・パウリ指揮官に就任したカウチンスキ監督の下で初めてプレー。復帰戦となった第6節インゴルシュタット戦ではいきなり決勝ゴールを決め、3試合連続でスタメン出場を果たしたフュルト戦で今季2ゴール目を挙げている。

地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』によると、宮市はフュルト戦で終了間際に交代となるまで、33と最多のスプリント回数、そして34.5km/hと両チームトップの最高スピードを記録。

***************************************************************************************

     ✨ 香川 スペイン移籍「必ず実現させたい 次のW杯へまだまだ成長できる」

23日、ウインターブレークを利用し、EフランクフルトMF長谷部らと同便で一時帰国。構想外となっている現状を「屈辱」と表し、移籍市場が再開する来年1月での移籍へ「スペイン?100%はないが必ず実現させたい。そこを中心に探している」と明かした。メンバー外の来年1月のアジア杯について「試されるものはたくさんある。優勝を勝ち取ってほしい」とエール。来年へ「まずはしっかりチームを選びたい。次の(22年)W杯へ、まだまだ成長できる」と語った。

***************************************************************************************

     ✨ ひざのじん帯損傷で離脱中の井手口陽介、1月の復帰を目指す「冬のキャンプに参加して…」

今夏にリーズ・ユナイテッドからレンタルでグロイター・フュルトに加入した井手口。しかし、9月末の試合で後十字じん帯断裂の重傷を負い、現在に至るまで約2カ月半の離脱を余儀なくされている。その後手術を受けず、地道な治療を選択した同選手は、日本に帰国してリハビリに専念。先日にはクラブのテクニカルディレクターも回復が順調であると明かしていた。

そんな中、井手口はリーグ戦中断期間中の来年1月に行われるトレーニングキャンプでチームに復帰したいとドイツ『nordbayern』に語った。「1月のトレーニングキャンプに参加して、完全にトレーニングを行えると期待している。チームを助けるためにできる限り早くに復帰したい」

***************************************************************************************

     🎊 澤井直人、欧州デビュー戦で決勝ゴール!東京Vも深夜に歓喜

フランスで奮闘する23歳の日本人が“復活”のゴールだ!

今夏、東京ヴェルディからフランス2部アジャクシオに期限付き移籍した澤井直人が、22日に行われたリーグドゥの第19節RCランス戦の69分に投入され海外デビュー。

77分にはなんと決勝ゴールを記録した。右サイドからのクロスを味方が頭で折り返し、そこに飛び込んだ澤井が半ば顔面で押し込んだ。

東京ヴェルディの下部組織で育ち、2014〜2016年には主力としてJ2で活躍した澤井。

しかし2017年にアキレス腱を断裂してからは出場機会が少ない状況が続き、今夏、東京ヴェルディが提携したアジャクシオに期限付きで移籍することに。

渡仏後もセカンドチームでの出場に止まっていたのだが、難敵ランスとの一戦で初めてメンバー入りすると、途中出場から決勝ゴールを決めた。さっそくフランス語でインタビューに答えている(1分50秒あたり〜)。すごい。

公式戦でのゴールは約2年ぶりのこと。そんな澤井の活躍に、ヴェルディの公式SNSも歓喜した。

-------------------------------------

鹿島・昌子のトゥールーズ移籍が決定的に

鹿島・昌子のトゥールーズ移籍が決定的に クラブ幹部 
Date: 2018/12/24(月)


U-19ブラジル遠征

***************************************************************************************

    🌱 U-19日本代表、アウェイでU-19ブラジル代表に勝つ

 第3戦 U-19日本代表 2-0 (前半1-0、後半1-0)U-19ブラジル代表

          G:53’久保建英(横浜FM) 80’宮代大聖(川崎F)

開始早々から緊迫感あるゲームとなり、前半はスコアレスに終わったが、後半13分に日本が均衡を破る。FW田川亨介のパスからタイミングよく抜け出したFW久保建英がGKとの1対1を制し、先制に成功した。

さらに日本は終了間際の後半40分、カウンターからFW中村敬斗が相手DFを振り切って右サイドからクロスを供給し、FW宮代大聖が合わせて2-0。

  スターティングメンバー

   GK:谷晃生
   DF:菅原由勢、橋岡大樹、小林友希、宮本駿晃
   MF:山田康太、齊藤未月、伊藤洋輝、斉藤光毅
   FW:田川亨介、久保建英

  交代

   「HT」宮本駿晃 → 中村拓海 「58分」斉藤光毅 → 中村敬斗 「60分」久保建英 → 西川潤 
   齊藤未月 → 平川怜 小林友希 → 瀬古歩夢 「68分」田川亨介 → 宮代大聖 菅原由勢 → 喜田陽 
   山田康太 → 中島元彦

  延べ19名の選手がこの戦いを体験、素晴らしいこと!!

-------------------------------------------------------------------
 第2戦 U-19日本代表 2-1 U-20CRフラメンゴ 

          G:29’宮代大聖 47’U-20CRフラメンゴ 60’久保建英

 第1戦 U-19日本代表 1-1 vs. ゴイタカスFC 

          G:36’OG(ゴイタカスFC)  55’ゴイタカスFC 

 久保建英 ブラジル遠征で2得点。来年の5月4日で18歳、バルサ復帰可能の年齢に。
-----------------------------------------------------------------------

2018年9月…メキシコ遠征 U-19日本代表 1-1 U-19ブラジル代表 G:田川亮介(鳥栖)
2010年9月…仙台カップ  U-19日本代表 0-1 U-19ブラジル代表

***************************************************************************************

影山雅永 監督

10月に開催されたAFC U-19選手権大会においてFIFA U-20ワールドカップポーランド2019の出場権を獲得したものの、準決勝においてはサウジアラビアに一方的にゲームを制圧されて敗れました。あれから1ヶ月半、その屈辱を忘れぬうちに今回ブラジルへ遠征できたことは、来年の本大会へ向けて成長するために貴重な大きな強化の場となりました。これまでやってきたレベルでは世界では上位へ行けない。「さらに強く、早く、正確に!」を選手には求め、そしてその中での選手間の要求のレベルを上げることを求めました。彼らはサウジアラビア戦の悔しさを忘れておらず、そして世界レベルでの戦いを欲していることから素晴らしい取り組みを見せてくれたと思います。サッカーの聖地マラカナンスタジアムでの初戦、強豪フラメンゴとの2戦目、そしてブラジルサッカー協会ナショナルトレーニングセンター「Granja Comary」におけるU-19ブラジル代表との3試合を2勝1分け、特にブラジル代表に勝利することができたことは大きな成果だと思っています。スタンダードが上がった状態で2019年を迎えることができるのは嬉しいことです。しかし、さらに高いレベルを目指して、限られた強化の時間を使い、選手たちと共に世界へチャレンジしたいと思います。2018年も選手を快く送り出して頂いた所属チームの方々に感謝いたします。2019年も何卒よろしくお願い致します。

2019 FIFA U-20ワールドカップ ポーランド:2019年5月23日 - 6月15日
Date: 2018/12/23(日)


全日本大学選手権

  ディサイロ      ホシキョ―ワアン  今野和也     上田 綺世        
***************************************************************************************

サッカー、法大が3度目の優勝 42大会ぶり、全日本大学選手権(インカレ)

サッカーの第67回全日本大学選手権最終日は22日、さいたま市の浦和駒場スタジアムで決勝が行われ、法大が駒大を1―0で下し、第25回大会以来42大会ぶり3度目の優勝を飾った。駒大は12大会ぶり制覇を逃した。

 法大は後半27分、味方のシュートがクロスバーに当たったこぼれ球をディサロが詰め、決勝点とした。優勝により、次回の天皇杯全日本選手権の出場が決まった。

  法政大学 1-0 駒澤大学 G:72’ディサロ 

  優勝 法政大学  準優勝 駒澤大学 第3位 順天堂大学・大阪体育大学

  ■最優秀選手 ディサロ 燦 シルヴァーノ(法政・4年) ► J3北九州に加入 父・イタリア人 母・日本人
  ■ベストGK 吉田 舜(法政・4年)
  ■ベストDF 星 キョーワァン(駒澤・3年 184)  父・コンゴ 母・日本
  ■ベストMF 紺野 和也(法政・3年 161)
  ■ベストFW 上田 綺世(法政・2年 182)
  ■フェアプレー賞   順天堂大学
***************************************************************************************

第27回全日本大学女子サッカー選手権大会 2018/12/23(日)〜2019/1/20(日)

2018年は24大学が参加。2017年は早稲田大学が優勝、神奈川大学が準優勝

公式Facebook(https://www.facebook.com/juwfa/)、
Date: 2018/12/23(日)


CWC 結果

***************************************************************************************

     レアルが4発快勝で史上初のクラブW杯3連覇

 レアル・マドリード 4-1 アル・アイン 

  G:1-0 14分  モドリッチ
    2-0 60分  M・ジョレンテ
    3-0 78分  セルヒオ・ラモス
    3-1 86分  塩谷司
    4-0 60+1分 オウンゴール

-----------------------------------------------------------------
  優 勝 レアル・マドリード   500万ドル(約5億6500万円)
  準優勝 アル・アイン      400万ドル(約4億5200万円)
  三 位 リーベル・プレート   250万ドル(約2億8250万円)
  四 位 鹿島アントラーズ    200万ドル(約2億㉖00万円)
  五 位 エスペランス      150万ドル(約1億6950万円)  
  六 位 グアダラハラ      100万ドル(約1億1300万円)
  七 位 チーム・ウェリントン   50万ドル(約  5650万円)  

      ※ 1ドル=113円換算

-----------------------------------------------------------------------
 千葉国際高校→鹿島出身のカイオがクラブワールドカップのシルバーボール賞を獲得!

Date: 2018/12/23(日)


皇后杯

***************************************************************************************

    第40回皇后杯 準々決勝 

  日テレ・ベレーザ 6-0 マイナビベガルタ仙台レディース

  AC長野パルセイロ・レディース 0-1 浦和レッズレディース

  ノジマステラ神奈川相模原 0-1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

  アルビレックス新潟レディース 1-2 INAC神戸レオネッサ

 準決勝 2018年12月29日(土) 日テレ vs 浦和  千葉レディース INAC神戸vs  

 決勝戦 2019年1月1日(火)  
Date: 2018/12/23(日)


CWC3位決定戦

                     ***************************************************************************************

    鹿島アントラーズ 0-4 リーベル・プレート 

  ⚽:前半 24’スクリーニ 後半 27’ 43’ 45+2 リーベル

    鹿島 3本のシュートがバーに。点に結びつかなかったが攻めが見られた試合

現地レポ(河路良幸さん)

ほとんどフリーでヘディングしてますが、ボールがくる直前にレオ・シルバを両手で突き飛ばしてるんですよね。掴んだりひっかっけてないので巧妙なのですが。

どこかで1つ決めていればというのはありましたけど、まあ完敗ですね。1つ1つのプレーの正確性もスペースの使い方も、体の使い方も。何言っても枝葉ですが交代後に内田選手がいかに試合を持たせていたかがわかった。

安部に走りかったCBのピノラは35歳。終盤なのに足速すぎです。

でも世界に出たクラブだけが、勝っても負けてもこのレベルで喜怒哀楽を味わえるわけです。鹿島アントラーズ長いシーズン本当にお疲れ様でした。鹿島がアジア王者にならなかったら今ごろ日本でペルセポリスの戦いでもテレビで観ていたでしょう。また来年もよろしくお願いします。 

    【鹿島アントラーズ】 4-4-2 

GK ➀クオン・スンテ 
FB ㉜ 安西幸輝 ㊴ 犬飼智也 ㉟チョン・スンヒョン 内田篤人            
MF  レオ・シルバ  Ρ別變実澄㉕遠藤康 ㉚ 阿部裕葵 FW 土居聖真 殴札襯検璽縫
             

  交代➀クオン・スンテ→㉑ 曽ヶ端 ㉕遠藤康→㉒ 西大吾 内田→㉑ 曽ヶ端準  
             
   (サブ)

    GK ㉑ 曽ヶ端準   ㉙ 川又慎一郎
    DF 昌子源      山本脩斗  ㉒ 西大吾    ㉘ 町田浩樹
    MF ㉖ 久保田和音 レアンドロ  ㊵ 小笠原満男 ㊱ 田中稔也  
    FW 金森健志    山口一真  
     
Date: 2018/12/22(土)


👀👂ニュース拾遺

***************************************************************************************
 

🙌 J1の平均入場者、1万9千人超 10年ぶり、イニエスタら加入

Jリーグは19日、今季を総括した「PUBリポート」を公表し、J1の平均入場者数が10年ぶりに1万9千人を超えた。
今夏加入したイニエスタ(神戸)、フェルナンドトーレス(鳥栖)の両元スペイン代表の影響は大きく、満員試合数も昨季
の69から84に増えた。

 神戸はイニエスタ加入後のホーム平均入場者が44・2%増、鳥栖はフェルナンドトーレス加入で38・7%増となった。
敵地でも効果が波及し、札幌-神戸は昨季同カードから1万9831人増の3万2475人が入り、37・5%が新規層だった。

     2018年         2017年
 J1 5,833,538人(19,064人) 5,778,178人(18,883人)
 J2 3,256,416人( 7,049人) 3,219,936人( 6,970人)
 J3  677,657人( 2,491人)  710,621人( 2,613人) 

 浦和 603,534人(35,502人)  570,215人(33,542人)
 東京 449,338人(26,432人)  450,331人(26,490人)
 川崎 394,709人(23,218人)  375,910人(22,112人)

 松本 278,948人(13,283人)  255,075人(12,146人)

🗺 総視聴者数35億人超 W杯ロシア大会

(FIFA)は21日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の視聴者数が推定35億7200万人だったと発表した。世界の総人口(4歳以上)の半数以上に上り、フランス-クロアチアの決勝は約11億2千万人だった。

視聴方法は全体の9割が自宅のテレビで、残りの約3億1千万人がパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器、パブリックビューイングなどで観戦した。地域別ではアジアが最多の43・7%で、欧州が20%、アフリカ・中東が16・6%で続いた。国別では中国が6億5570万人で全体の18・4%を占めた。

🗾 CWC 三位決定戦 決勝 アジア勢の挑戦

 12月22日(土)22:30KO 鹿島 vs リーベル・プレート   日本テレビ
 12月23日(日)01:05KO レアル・マドリード - アルアイン 日本テレビ

アルゼンチンのリーベルプレートはコパ・リベルタドーレス決勝で最大のライバルクラブであるボカ・ジュニアーズを延長戦の末に退けた。その試合の映像を見た内田はあまりの激しさに「レベルが違う。背負っているものが違う」と素直に驚嘆していた。ボカ・ジュニアーズには絶対に負けないという気持ちの強さは、日本にいるだけではなかなか感じ取れないものだろう。

とはいえ、当然、鹿島としても負けられない。2年前は南米王者・コロンビアのアトレティコナシオナルを3−0で下した経験がある。北中米カリブ海王者、欧州王者、そして南米王者との対戦。

アジア王者の意地を見せて欲しい。なお、昌子はレアル戦で内転筋を痛めてベンチ入りするが控えに。

👏 南野拓実、ELブレークベストイレブン選出

2018年のELにおいてセンセーショナルな活躍を見せた選手により構成される“ブレイクスルー・チーム・オブ・2018”を発表。24歳以下かつ、2018年にELデビューを飾るもしくは過去の大会で限定的な出場機会しか得られない状態で今年の大会で躍進したことを基準にメンバーを選考した。
Date: 2018/12/22(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
001482
[TOP]
 version 2.72