👀👂 ニュース  2019/05/14(火)
ブンデスリーグ  2019/05/14(火)
プレミアリーグ  2019/05/13(月)
J2 13節 5/12  2019/05/12(日)
J1 11節  5/12  2019/05/12(日)
👀👂 ニュース  2019/05/12(日)
高倉監督 コメント  2019/05/11(土)
J 2 、J 3  2019/05/11(土)


👀👂 ニュース

************************************************************************************ 

都倉賢が全治8カ月の大ケガで離脱…今季中の復帰は絶望的に

都倉は今シーズン、北海道コンサドーレ札幌からC大阪に加入すると、リーグ戦11試合に出場し1得点を記録。負傷したのは5月11日の横浜F・マリノス戦で、先発出場するも41分に途中交代でピッチを後にしていた。

セレッソ大阪は14日、FW都倉賢の右膝前十字靭帯損傷および右膝外側半月板損傷を発表。全治8カ月の大ケガで、今シーズン中の復帰は絶望的となった。

U20出国 斉藤主将「良い成績残し帰ってきたい」

U−20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)ポーランド大会(23日開幕)に臨む日本代表の選手らが14日、成田空港から出国した。

清水エスパルスのFW滝裕太がけがのため、代わりにFC東京のFW原大智が招集された。

直前の合宿では流経大に 2-0 5-0と勝利。

G:伊藤洋輝(名古屋)、中村敬斗(ガンバ)、川崎の大砲・宮代大聖が2得点、田川亨介(FC東京)らが得点

監督解任

 
☀ 現在J2で14位の横浜FCがタヴァレス解任を発表…下平コーチが後任に

 ☀ 清水がヤン・ヨンソン元監督の後任に篠田善之コーチの就任を発表


Date: 2019/05/14(火)


ブンデスリーグ

            井手口陽介 胎動
************************************************************************************    
  
 ブンデスリーガ 今週末が最終節34節 

 優勝争いBミュンヘンとドルトムント 勝点差「2」。

   最終節の相手は
   ☀ バイエルンはホームで6位フランクフルトと、ドルトムントはアウェーで4位のメンヘングラード
     バッハと対戦

 ロッペン、バイエルンでのラストマッチ。「ポジティブな形で終えたい」  
 
  長谷部所属のフランクフルトは現在UEFA EL圏の6位、最終節は優勝のかかったバイエルン。

   ☀ メンヘングラードバッハが負けてフランクフルトが勝てば、逆転で「UEFA CL」出場
     負けるとUEFA EL圏外の可能性大


 ❖その他の日本人選手

   ☀ 久保裕也のFCニュルンベルクは降格確定の18位。
   ☀ 原口元気と浅野拓磨のハノーファー96は降格確定の17位。
   ☀ 宇佐見貴史4試合連続ベンチ外、前節フル出場の大迫勇也、連続出場なるか 

************************************************************************************  

 ブンデスリーガ2部も、今週末が最終節34節 

  ☀ ケルンが2部優勝と来季の1部昇格
  ☀ 酒井高徳、伊藤達哉所属のハンブルガーSV、4位で自動昇格の可能性がほぼ消滅。
  ☀ 宮市亮所属のザンクトパウリは7位。
  ☀ プレミアノリーズから14位グロイター・フュルトにLoan中のMF井手口陽介が、右膝後十字靭帯
    断裂218日ぶりに公式戦復帰を果たした。レンタル先フェルトが買い取り希望

************************************************************************************  

New!  フローニンゲン 堂安律 強烈なミドルシュート  

5/12 エールディビジ 第34節でPA外からゴール左上隅に今季5点目をたたき込んだ。12/2から18試合ぶりの鮮やかなゴールでフォルトウナ・シュタットに1-0の勝利。

ヘーレンフェーン退団決定の小林祐希はブレタ戦に先発、後半43分Out。2-1勝利。

Date: 2019/05/14(火)


プレミアリーグ

    得点王…サラー、マネ、オーバーヤン  レスター・シティ レジェント 岡崎慎司  
************************************************************************************ 

プレミアリーグは12日に行われた第38節で全日程が終了、マンチェスター・シティが連覇

 ☆彡 順位表 1位:マンチェスター・シティ (98)+72
           2位:リヴァプール     (97)+67
           3位:チェルシー      (72)+24
           -----------------------------------
           9位:レスター・シティ   (52)+48 岡崎慎司
           10位:ニューカッスル・U (45) -6 武藤嘉記
           11位:サウザンプトン   (39)-20 吉田麻也

 ※ レスター退団の岡崎は最終節チェルシー戦に後半21分から出場、サポーターから万雷の拍手。

   「奇跡を起こした男たちの1人だ」「笑顔の戦士と別れのとき」現地紙がメッセージ

   ► 吉田麻也、17試合出場(先発 17試合)出場時間 1599分
   ► 武藤嘉記 16  〃   (先発 5 〃 )   〃   557分
   ► 岡崎慎司 20  〃   (先発 1 〃 )   〃   341分

   
☀ 吉田麻也、ラスト3試合ベンチ外は肺炎にかかっていたとのこと
----------------------------------------------------------------    

 ☆彡 得点ランキング 1位 22得点 モハメド・サラー(リヴァプール)
                1位 22得点 サディオ・マネ(リヴァプール)
                1位 22得点 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
                4位 21得点 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
                5位 18得点 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

---------------------------------------------------------------- 

岡崎慎司コメント

一番印象に残っていることを聞かれると、「やっぱり優勝のシーンが心には残っている。最初にプレミアリーグのピッチに立ったときも、もちろんレスターでの思い出だと思います」とコメントしつつ、悔しさも口にした。

「交代しながらいつも悔しい思いをしているシーンも自分の中では思い出に残っている。一瞬の喜びで言えば優勝したときが一番嬉しかったですけど、ほとんど悔しい思い出の方が大きい。今年一年もそうですし、まだまだ負けられないという複雑な思いもありますね。50パーセントは嬉しいけど、50パーセントは戦力にならずに出て行く。もっと自分できるっていう思いも残しながら出なきゃいけないので両方ですね」

 また、一番印象に残っているプレーについては、「ニューカッスルのゴールは忘れられない」とオーバーヘッドで決勝点を挙げたゴールを挙げた。

「大事な試合だったと思いますし、そこでゴールを決められた。ストライカーとしては物足りない成績だと自分でも自負していますけど、それでも現実問題生き残っていくのに必死だったので、やるだけのことはやったと思います」

Date: 2019/05/13(月)


J2 13節 5/12

岐阜・前田          東京V・小池        山形・坂元       京都・仙頭      
************************************************************************************  

J2 第13節

 長崎 3-2 新潟 東京V 3-2 福岡 山口 2-2 大宮 琉球 1-0 水戸 

 山梨 3-1 千葉 横浜FC 1-1 町田 京都 2-1 岡山 柏 1-0 徳島

 栃木 1-0 甲府 岐阜 2-3 金沢 愛媛 0-3 鹿児島

************************************************************************************ 

J2 第13節/42節 順位表 

順位 チーム 勝点 試合 得:失 直近5試合  順位 チーム 勝点 試合 得:失 直近5試合     

 1 山 形  27 13  17:08 △●○○○   12 岡 山  16 13  15:16 △○△●●
 2 水 戸  26 13  14:05 ○○△○●   12 徳 島  16 13  15:16 △●△○●  
 3 大 宮  25 13  17:11 ○○△○△   14 横 浜  15 13  13:15 ●○△●△
 4 金 沢  22 13  21:11 △○△●○   15 町 田  15 13  09:17 ○●△●△ 
 5 京 都  22 13  14:10 ○●△○○   16 鹿児島  14 13  11:15 ●○△○○
 6 柏     22 13  11:07 △△△●○   17 千 葉  14 13  11:19 △●△○●
 7 甲 府  20 13  17:11 ●○△●●   18 栃 木  10 12  10:17 ●△●△●   
 8 琉 球  20 13  19:15 △●△●○   19 山 口  12 13  18:24 ○○●●△
 9 長 崎  18 13  15:14 ○○△●○   20 福 岡  12 13  11:17 ●○●△●
10 新 潟  17 13   17:14 △△△○●   21 愛 媛  14 13  10:16 △●○●●   
11 東京V  17 13  16:15 △△△○○    22 岐 阜  12 13  10:19 ●●△○●

  ☀ 水戸、初黒星 7勝5分1敗。山形、8勝3分け2敗。お大宮、7勝4分け2敗。

  ☀ 甲府、連敗で7位に後退。 琉球、9戦ぶりの勝利。

  ☀ 東京V、5戦無敗連勝で11位に浮上。
Date: 2019/05/12(日)


J1 11節  5/12

FC東京・久保         名古屋・ジョー        大分・藤本        鳥栖・豊田
************************************************************************************  

J1 第14節

 鳥栖 3-1 G大阪 G:(鳥) 16’イサック クエンカ 72’豊田陽平 90’原川力 (G)90+2’飯野亮太郎 

 C大阪 3-0 横浜FM  G:(C)02’水沼宏太 59’高木俊幸 65’水沼宏太 (横) 

 松本 0-0 札幌

 仙台 2-1 広島   G:(仙)86’ハモン ロペス 90+3'松下 佳貴 (広)ドウグラス ヴィエイラ

 FC東京 1-0 磐田  G:(東)84’久保 建英

 清水 0-4 川崎F  G:(川)23' 小林 悠 45' 脇坂 泰斗 80' 大島 僚太 90+1' レアンドロ ダミアン

 神戸 0-1 鹿島   G:(鹿)17’セルジーニョ

 名古屋 2-0 浦和  G:(名)17’マテウス 41’ジョー  
 
 湘南 0-1 大分   G:(大)52’藤本 憲明

************************************************************************************  

J1 第11節(/34節) 順位表  

順位 チーム 勝点 試合 得:失 直近5試合  
 
  1 F東京  27 11 16:05 ○○○△○  
☀ 11戦負けなし。8勝3分      
  2 名古屋 23 11 20:07 △○○△○  
☀ 完封試合5試合の堅守で2位守る    
  3 大 分  23 11 14:06 ○△△○○  
☀ 6戦負けなし、4勝2分
  4 川崎F  22 11 18:07 ○○○○○  
☀ 7戦負けなし、6勝1分、5連勝
  5 鹿 島  20 11 16:11 ●○●○○  
☀ 鹿島、ホーム4勝1敗    
  6 札 幌  19 11 17:15 ○○○○△  
☀ 5戦負けなし   
  7 横浜M 18 11 14:15 △●○○●  
☀ アウェーで敗れ勢いに乗れず3連勝ならず
  8 広 島  17 11 12:08 ○●●●●  
☀ 4連敗で8位に後退   
  9 浦 和  17 11 08:10 ○○○●●  
☀ 浦和、11試合8得点、得点力不足    
 10 C大阪  14 11 10:08 ●●△○○  
☀ ロティーナ体制で3試合連続完封勝利  
 11 湘 南  14 11 13:13 △●○△●  
☀ チーム内複数得点は武富の4得点だけ
 12 松 本  12 11 06:11 △○●●△  
☀ 昇格松本、12位はマアマアか 課題は得点力
 13 神 戸  10 11 14:18 ●●●●●  
☀ 6連敗イニエスタ5戦フル出場2試合途中出場1試合
 14 仙 台  10 11 09:16 ●●○●○  
☀ ホームで強し、ユアスタ3連勝
 15 磐 田  09 11 08:11 ●●●○●  
☀ 中村俊輔、ベンチ入りも連続7試合出番なし 
 16 G大阪  08 11 15:22 ●△●△●  
☀ 7試合白星なしとなり 
 17 清 水  08 11 11 26 ○○●●●  
☀ 清水ヤン・ヨンソン監督退任 篠田コーチが代行
 18 鳥 栖  07 11 04:17 ●●●●○  
☀ 7日就任の金明輝(キム・ミョンヒ)新監督(38)
                               白星スタート。トーレス先発外して攻撃活性化
Date: 2019/05/12(日)


👀👂 ニュース

************************************************************************************  

「笑顔なき勝利」原口元気が奮戦のハノーファー、3発快勝も涙の2部降格! サッカーダイジェスト

 5月11日に開催されたブンデスリーガ33節で、原口元気と浅野拓磨が所属する最下位(18位)のハノーファーは、ホームでフライブルクと対戦。3-0で快勝したものの、1試合を残して、15-16シーズン以来の降格が決定した。

 原口は3-5-2の右ウイングバックで先発フル出場。あと1試合出場すると保有元のアーセナルからの買い取り義務が発生する浅野は、この試合もベンチから外れた。

  3ゴールで快勝を飾ったハノーファー。だが16位のシュツットガルトがヴォルフスブルクを破ったため、残留を果たすことができず。涙の降格となった。

   
……………………………………………………

「ブレーメンが1点を守り切ってホッフェンハイムに勝利! 大迫勇也は復帰後初のフル出場」

 ブレーメン所属の大迫勇也はトップ下で先発出場。前線で体を張りながらも中盤に降りてパスを散らすなど、幅広いエリアで持ち味を発揮した。

 試合は39分にブレーメンが先制する。

 43分には大迫のボールからブーメランが2点目を決めるが、これはゴールよりも前にファウルがあったことから、無効となり、大迫のアシストも消えた。

 大迫は攻守に走り回り、復帰後初のフル出場。体調が完全に戻ったわけではなさそうだが、ブレーメンの攻撃の主軸として最後まで奮闘した。

 ブレーメンは自力ではないがヨーロッパリーグ予選の参加権が与えられる7位の可能性を残しており、最終節、ホームでレッドブル・ライプツィヒとの対戦で勝利が求められる。

  
……………………………… ……………………

「長友フル出場、ガラタサライは敵地で勝利」

  サッカーのトルコ1部リーグ、ガラタサライの長友佑都は11日、アウェーのリゼスポル戦にフル出場
  チームは3−2で競り勝った。(共同)

 2節残しての順位 → 1. ガラタサライ(63)+35  2. バシャクシェヒル(63)+27  3. ベシクタシュ(59)+25

 優勝は、次節のバシャクシェヒルとの接対決に勝てば優勝、バシャクシェヒルとは前回ドロー。
 負ければ最終節に望みを繋ぐ。
  
……………………………… ……………………

 ■ ベルギーリーグ

   ❖ セククル ブルージュ・植田直道 フル出場 ベフェレンに1-2敗北

   ❖ シェルルロウ・森岡亮太 先発湖畔29分Out ウィルレイクに3-0勝利

 ■ リーグ・アン

   ❖ トゥールー・昌子源 フル出場 アミアンと0-0のドロー

  
……………………………… ……………………

ACL 西地区 第5節 

 ❖グループC 中島所属のアル・ドウハイルアインは2位。塩谷司のアル・アインは4位でGS敗退。

 ❖

   
・・・………………………………・・・……………………
Date: 2019/05/12(日)


高倉監督 コメント

              8番が高倉さん
************************************************************************************   

女子W杯V奪回狙う、なでしこJ監督はなぜ3年連続得点王と川澄、永里らベテランを外したのか?

 国際Aマッチ:8人  前カナダ大会経験者:6人  平均年齢:23.9歳

前回大会までチームをけん引してきた33歳のMF川澄奈穂美(スカイ・ブルーFC)、31歳の永里優季(シカゴ・レッドスターズ)のベテラン勢に加えて、なでしこリーグで3年連続得点王を獲得中で、昨シーズンはMVPとの2冠にも輝いた25歳のFW田中美南(日テレ・ベレーザ)も選外となった。

その理由を、都内で記者会見に臨んだ高倉麻子監督(51)は選手たちの反骨力に凝縮させた。

「さまざまな選手たちを、力が足りないという状況であっても積極的に試合で起用してきました。そのなかで必ず壁にぶつかり、上手くいかないことも起きましたが、そのたびに考え、所属クラブで工夫と努力を重ねて、次に会ったときには修正してきた選手たちが残ったのかな、と。選手たちのはね返りの強さを、常に注目して見てきました」

5年前の世界一メンバーからDF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)、DF宮川麻都、MF長谷川唯、FW小林里歌子(ともに日テレ)、DF南萌華(浦和レッズレディース)、MF杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)の6人がフランス行きの切符を手にした。

特に南と宮川は、昨秋のFIFA・U-20ワールドカップでも優勝を経験。このときのチームからは19歳の植木理子、18歳の遠藤純(ともに日テレ)もFW陣のなかに食い込んできた。

つまり、2011年の優勝メンバーだったMF坂口夢穂(日テレ)、DF鮫島彩、FW岩渕真奈(ともにINAC)、DF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、DF熊谷紗希(オリンピック・リヨン)を含めて、フランスに臨む23人のなかで13人が世界制覇を経験していることになる。


若手選手には大会中に何かのきっかけで大きく伸びて、爆発的な力を発揮してくれる可能性もあるので、大きく期待しています」
.

長く日本の課題とされてきた世代交代が推し進められてきた間に、世界の女子サッカー界は劇的に変わっている。なでしこジャパンのワールドカップ制覇とともに、特にヨーロッパ勢が女子代表の強化に注力。日本よりも恵まれた身体能力に、細かいパスワークを融合させてきた。

アメリカとドイツの二強に日本が割り込んだ勢力図には、フランスやイングランド、オランダ、スウェーデンでだけでなく、カナダやオーストラリアまでもが台頭。3月に更新された最新のFIFAランキングで日本は7位に、2000年代に強さを誇ったブラジルは10位に甘んじている。

ランキングがすべてを物語るわけではない。それでも就任以来、積極的に強豪国とのテストマッチを組み、アジアでの公式戦を含めて22勝7分け14敗の星を残してきた高倉監督は「ここまでの勝率を見ても、圧倒的な強さをもって戦うことは難しい」とフランスの地での覚悟を決めている。

「近年、女子サッカーのレベルが急速に上がっている。その点をチーム全員が自覚し、あるときは何かを壊し、また新たに作りあげるという作業を繰り返しながら一丸となって、強い思いをもって頂点へ向かっていく。その過程で選手たちには勇気と創造する力、そして献身性を求めていきたい」

----------------------------------- 略 ------------------------------

グループDに入った日本は現地時間の来月10日にFIFAランキング37位のアルゼンチン、同14日に20位のスコットランド、同19日に3位のイングランド女子代表とまず戦う。3度目の出場となるアルゼンチンは過去未勝利で、スコットランドは初出場となるなかで、3戦目のイングランド戦が最初の正念場となるだろう。

優勝した2011年大会のグループリーグでも敗れているイングランドには、今年3月にアメリカで開催された国際親善試合でも0−3で屈した。それでも高倉監督は「後ろ向きには戦いたくない」と悩んだ末に田中らを外し、リストに書き込んだ選手たちに期待を寄せた。

「攻撃を考えたときに、たとえ劣勢であっても3、4人がコンビネーションを作れば、鉄のディフェンスを作る、大きくて強い選手たちを翻弄する崩しができるのではないか。難しい挑戦ではあるけど、優勝を目指さない限り目標を手にすることはできない。本番にしか漂わない緊張感があるし、不測の事態も起こると思うので、優勝経験のあるベテランの選手たちには経験を生かしてチームを支えてほしい」

アメリカ、フランス、ドイツが1位突破すると仮定した場合、日本がグループDを1位突破すれば準決勝まで優勝候補国との対戦を回避できる。2位ならば決勝トーナメント1回戦で、カナダかオランダの躍進国が待つ。だからこそ、難敵イングランド戦が今大会の日本を占う試金石になる。

過去の栄光をかなぐり捨て、挑戦者に戻ったなでしこジャパンは22日に集合。国内での短期合宿を行った後の27日に渡仏し、来月2日のスペイン女子代表との国際親善試合をへて開幕に備える。
(1888文字/全文2695文字  文責・藤江直人/スポーツライター)

 なでしこジャパンは6月10日にアルゼンチン戦。高倉監督はこの一か月間にチームの成長を信じている。

 高校選手権県予選まで、時間は2カ月。期待し応援します。

 ---------------------------

高倉麻子監督のご主人は竹本一彦さん、竹本一彦さんは山手の3期生、昔、大学時代に山手のコーチをしてくれました。

早稲田大学から読売クラブにユースコーチとして入団。女子チームの読売西友ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザ)に移り、1986年から11年間監督を務めた。この間、1984年から1986年までは日本女子代表のコーチも務めている。

読売退団後は1999年から2004年までガンバ大阪、2005年は柏レイソルのコーチを務める。2001年と2005年はシーズン途中から監督(2005年は代行)を務めた。

 自慢:まだ、Jでプレーする山手生はいないけれど、J監督はいます。

その後ゼネラルマネージャー(GM)に就任した。その後も強化部長、シニアマネージャーを歴任し、2013年3月、9年間所属した柏を退団した。

2014年より東京ヴェルディのテクニカルダイレクターを担当。同年12月、東京ヴェルディのゼネラルマネージャーに就任した。
Date: 2019/05/11(土)


J 2 、J 3

 長崎・呉屋 先制点   東京V・小池 勝ち越し弾   山口-大宮 ドロー   琉球・鈴木 8分に先制
************************************************************************************  

J2 第14節

 長崎 3-2 新潟 東京V 3-2 福岡 山口 2-2 大宮 琉球 1-0 水戸 

  
❖ 無敗・水戸、敗れる。琉球、ホーム無敗28試合記録更新

 5/12(土) 

  山梨 - 千葉 横浜FC - 町田 京都 - 岡山 栃木 - 甲府 岐阜 - 金沢 愛媛 - 鹿児島)

************************************************************************************  

 
Date: 2019/05/11(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
007625
[TOP]
 version 2.72