J2 40節 J3  2017/11/06(月)
J1 32節 J2 40節 J3 30節  2017/11/05(日)
サムライブルー 11/04〜  2017/11/05(日)
日本 ユース世代  2017/11/04(土)
ルヴァンカップ  2017/11/04(土)
ルヴァン杯ニューヒーロー賞  2017/11/03(金)
UCL 香川 EL 大迫  2017/11/03(金)
ニュース拾い読み  2017/11/02(木)


J2 40節 J3
*************************************************************************************

♠♠♠ J2 39節/42節 暫定順位表 ♠♠♠  残り3節 勝点MAX9 

 順位 チーム 勝点  試合  勝  分  敗  得   失   差   直近 5試合

 1 湘南   81  40  24  9  7  56  34  +22  〇●〇△●   自動昇格 優勝

 2 長崎   74  40  22  8 10  52  39  +13  △〇△〇〇   自動昇格
 3 名古屋  72  40  22  6 12  83  62  +21  〇〇△〇〇   プレーオフ
 4 福岡   72  40  21  9 10  52  34  +17  〇△●△〇   PO
 5 松本   65  40  19  8 13  60  43  +17  〇●●〇△   PO
 6 徳島   65  40  17 13 10  69  43  +26  〇〇△●〇   PO

    8.東京V 64(+13)    13.山形  53(-06)    18.金沢  43(-22) 
    8.横浜  62(+12)    14.京都  51(+06)    19.讃岐  38(-16)     
    9.千葉  62(+ 8)    15.町田  49(+01)    20.熊本  37(-19)    
   10.大分  61(+08)    16.愛媛  47(-14)    21.山口  34(-22) 自動降格 
   11.水戸  54(-01)    17.岐阜  45(-09)    22.群馬  20(-51) 自動降格
   12.岡山  53(-05)
…………………………………………………………………………………………………………………

☆彡 自動昇格争い(1枠)は長崎、名古屋、福岡の3チームに絞れれた。
           41節(11/1・12)  42節(11/19)

      2位 長 崎    19位 讃岐   22位 群馬 ※順当に勝て初の昇格   
      3位 名古屋    09位 千葉   19位 讃岐 ※ 千葉敗れるとPO圏内入りほぼ断念
      4位 福 岡    05位 松本   12位 岡山 ※ 松本敗れるとPO圏外に
…………………………………………………………………………………………………………………

☆彡 上記の長崎、名古屋、福岡はPO圏入り確定

   残り3枠を松本、東京V、横浜FC、千葉、1大分が争う。しかも3試合の直接対決

   41節 徳島 - 大分   京都 - 東京V   横浜FC - 岡山 名古屋 - 千葉  
   42節 東京V - 徳島  千葉 - 横浜FC  大分 - 熊本

…………………………………………………………………………………………………………………

☆彡 降格は最下位の群馬が確定

☆彡 残り1チームは、19位讃岐、20位熊本、21位山口から

☆彡 仮にJ3の1位・2位が秋田、沼津になれば降格チームなし


*************************************************************************************


♠♠♠ J3 28節 順位表 ♠♠♠ 17チーム2回総当たり 全32試合 残り5試合 or 6試合

 順位 チーム 勝点 試合  勝  分  敗  得   失   差   直近 5試合

 1 栃木   56  28  16  8  4  42  22  +20  〇〇〇△● 自動昇格
 2 秋田   55  28  16  7  5  48  24  +24  ●△〇〇〇  

 3 沼津   54  28  15  9  4  58  25  +33  △△〇〇△ 自動昇格    
 4 鹿児島  48  28  15  3 10  40  32  + 8  〇〇●●〇
 5 琉球   46  29  12 10  7  43  35  + 8  ●△△〇〇
 6 富山   46  29  13  7  9  35  29  + 7  〇〇●●●
 6 長野   42  28  11  9  8  30  23  + 7  ●△〇●●

  

  ☆彡 1位栃木、北九州に痛い逆転負け。  

  ☆彡 1位から3位までが実質の優勝争いか。

  ☆彡 鹿児島、琉球、富山、長野までの4チームは、全勝して幽かに昇格が見えてくる

  ☆彡 リーグ1位、2位のクラブにJ2ライセンスが付与されていない場合は、3位以下の繰り上げ無し

  ☆彡 2位・秋田と3位・沼津はJ2ライセンスがないので、仮に2位以内に入っても昇格できず。

  ☆彡 4位富山、5位鹿児島が、どれだけ追撃できるか

Date: 2017/11/06(月)


J1 32節 J2 40節 J3 30節

*************************************************************************************

♠♡♠ J1 32節/34節 鹿島、川崎Fに勝点差「7」 リーグ戦2連覇に大きく前進♠♡♠ 

 鹿島 1-0 浦和 G:80’レアンドロ

 データ 
  シュート数          鹿島 10本     > 浦和 3本
  総走行距離         鹿島 105.823Km > 浦和 104.777
  スプリント回数(時速24辧房島169回     > 浦和 142回

 ☆彡 順位 1位:鹿島(32試合 勝点 70) 2位:川崎F(31試合 63) 3位:C大阪(31試合 57)
 

♠♡♠ J2 40節/42節 ♠♡♠ 

 水戸 0-2 長崎  横浜FC 2-0 熊本  岡山 0-1 名古屋  千葉 2-1 町田  

 金沢 1-1 岐阜  讃岐 1-1 松本  大分 1-1 山形  東京V 1-2 山口  

 愛媛 1-3 徳島  福岡 2-1 湘南  群馬 1-1 京都 

  ☆彡 自動昇格 湘南 (長崎、名古屋 福岡)から1チーム

  ☆彡 まさに三つ巴 『2位:長崎(74) 3位:名古屋(72) 4位:福岡(72)』

♠♡♠ J2 30節/34節 ♠♠♠  

 富山 0-4 秋田  藤枝 4−2 長野  沼津 0-00 相模原  鹿児島 1-0 盛岡

 北九州 3-2 栃木  G大23 4-3 F東23  C大23 2-0 鳥取  琉球 2-1 YS横浜

  ☆彡 J2昇格 

   1位:栃木(56) 2位:秋田(55) 3位:沼津 4位:鹿児島(48) 5位:琉球(46) 6位:富山

     但し、秋田、沼津にはJ2ライセンスなし
Date: 2017/11/05(日)


サムライブルー 11/04〜

*************************************************************************************

森岡亮太が代表復帰の祝砲含む全2点に絡む!!
                    今季14戦7G7Aと絶好調でブラジル&ベルギー戦へ


  ベルギーリーグ第14節が4日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでムスクロンと対戦し、2-0で勝利した。開幕14試合連続スタメンの森岡はトップ下でプレーし、前半25分に先制点を記録。
  今季7ゴール7アシストとすると、後半16分には追加点の起点にもなり、全2ゴールに絡む活躍で日本代表の欧州遠征に弾みをつけた。 

9試合ぶり白星のHSVがホーム通算500勝達成   酒井高徳 伊東翔哉 浅野拓磨

ハンブルガーSV(HSV)の酒井高徳、伊藤達哉、VfBシュトゥットガルト(VfB)の浅野拓磨と、3人の日本人選手が先発出場を果たし、日本人対決が実現した一戦。 13分にHSVのDFが選手が退場となり、HSVが数的優位に立つと、直後の20分に直接FKでHSV先制。後半に入り55分、HSV・DFのハンドで得たPKをVfBが決め、1人少ないVfBが同点に追いつく。65分にHSVのヘディングシュートでハンブルガーSVが勝ち越すと、されにHSVが決定的な3点目を奪い、3-1で勝利。

  HSV:DF 酒井光徳、FW 伊藤達哉(初のフル出場) VfB;浅野拓磨 3選手ともフル出場

  ハンブルガーSVが第2節以来となる勝ち点3を獲得。最下位(16位)だが勝点を10、13位ヘルタとの勝点差は「3」にした。なお、この勝利でバイエルン、ブレーメンに次いで史上3クラブ目となるホーム通算500勝目を達成している。

記録

 🌖 アイントラスト・フランクフルト 2-1 ヴェルダー・ブレーメン ‣ 長谷部誠(フ)フル出場

 🌖 ボルシア・メンヒェングラートバッハ 1-1 FSVマインツ ‣ 武藤嘉紀(マ) フル出場

 🌖 ボルシア・ドルトムント 1-3 バイエルン・ミュンヘン ‣ 香川真司(ド) 後半23分 0-3 Out

 🌔 ストーク・シティ 2-2 レスター・シティ ‣ 岡崎慎司(サ)後半13分 1-1で Out

 🌔 サウザンプトン 0-1 バーンリーFC ‣ 吉田麻也(サ) フル出場

 🌙 スパルタ・ロッテルダム 0-0 SCヘーレンフェーン ‣ 小林祐希(ヘ)フル出場

 🌙 ヘラクレス・アルメロ 2-1 FCフォローニンゲン ‣ 堂安律 後半23分 0-1で Out

 ◇ モレイレンセ 1-1 ポルティモネンSC ‣ 中島翔哉(ポ)フル出場

 ◇ AAゲント 1-0 スタンダール・リエージュ ‣ 久保裕也(ゲ)後半32分 Out

  
Date: 2017/11/05(日)


日本 ユース世代

     U-18                      U-16  
**************************************************************************************

♧♣♧ AFC U-19選手権 2018 予選  2017/10/31(火)〜11/8(水) 

 A〜Jグループの各グループ1位(10チーム)と2位チームの中から成績上位5チームに開催国を加えた計16チームが、2018年10月から11月にかけて開催されるAFC U-19選手権2018への出場権を獲得。

 ☆彡【グループI】11/04 

   🌗 日本 7-0 モンゴル  

    堅く守る開催国相手に左サイド攻撃が機能して3得点。荻原拓也(浦和)のクロスに原大智(FC東
    京)が合わせて先行すると、安藤瑞季(長崎総科大附)、郷家友太(青森山田)が追加点。郷家の
    ゴール

    試合終了。安藤瑞季の2得点、谷口栄斗のボレーなどで後半も4得点。日没からドンドン寒く -0.5

   🌗 タイ シンガポール 

♧♣♧ バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2017 日本代表はU-15

   🌓 日本 4-2 モロッコ  🌓 日本 2-0 ボスミア・ヘルテェゴビナ

  11/04 日本 vs フランス  

Date: 2017/11/04(土)


ルヴァンカップ

**************************************************************************************

♧♣♧C大阪がJリーグ参入23年目で悲願の初タイトル

 C大阪がJリーグ参入23年目で悲願の初タイトルを手にした。初めて進んだ決勝で、川崎Fを下して初優勝を飾った。

 開始50秒でFW杉本健勇(24)が先制ゴール、後半ロスタイムにはMFソウザ(29)が追加点を挙げた。勝てば優勝が決まる05年のリーグ最終戦で試合終了間際に同点に追いつかれるなど、悲劇的なV逸を繰り返してきた歴史にピリオドを打った。

【スコア】セレッソ大阪 2−0 川崎フロンターレ

【得点者】1−0 1分 杉本健勇(C大阪) 2−0 90+2分 ソウザ(C大阪)
Date: 2017/11/04(土)


ルヴァン杯ニューヒーロー賞

**************************************************************************************
 
♧♣♧ ニューヒーロー賞は西村拓真 

  西村 拓真(21歳- )は、愛知県名古屋市出身のサッカー選手。Jリーグ・ベガルタ仙台所属。FW 175cm 71Kg。

  第92回全国高校選手権では同校および富山県勢の初優勝に貢献、優秀選手にも選ばれた。富山一高で13年度全国高校選手権優勝。

  ルヴァンカップはグループステージからノックアウトステージまでの10試合すべてに出場し、グループステージで1ゴール、ノックアウトステージで1ゴールの計2ゴールを挙げた。とりわけ、Aグループ4節・大宮戦では、目の前の相手DFをドリブルで次々と抜き去ってゴールを決めるなど圧巻の活躍ぶり。ゴールを挙げていない試合も決定機に絡む活躍が多く、豊富な活動量を武器に、攻守で献身的な活躍を見せていた。
Date: 2017/11/03(金)


UCL 香川 EL 大迫

**************************************************************************************

♧♣♧ CLでアシスト記録の香川に最高点! 「攻撃で最も目立っていた」

  チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節の2日目が1日に行われ、ドルトムントとAPOELが対戦した。ドルトムントは前半にラファエル・ゲレイロが先制点を挙げるも、後半開始早々に追いつかれてしまう。その後も勝ち越しの好機を生かせずに痛恨のドロー決着。4試合を終えて0勝2分け2敗の勝ち点「2」で3位に沈み、決勝トーナメント進出の可能性がほぼ消滅した。

   香川真司は公式戦2試合ぶりに先発メンバー入りを果たしフル出場。29分には絶妙なスルーパスを通してゲレイロの先制ゴールをアシストした。

 地元紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は、試合後の採点で香川にチーム単独最高点となる「2」をつけた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 寸評では、「ビルトアップの部分で確実に創造性を加える動きをしており、左右にボールを出して両サイドを広く使い、浮き球をペナルティエリア内に送り込むことでスピードを与えた。先制点の場面も、そうしたプレーからだ。ゲレイロにダイレクトパスをつなぐことで、数的有利な状況とチャンスを生み出した。ボス監督のシステムは、こうした形で非常に上手く機能していた」と、香川が明確な意図を持ってボールを動かしたことで、監督の思惑に沿うサッカーができていたと分析した。

『Ruhr Nachrichten』紙では、ゲレイロの「2.5」に次ぐ「3」の点数がついた。

 寸評は「29分に(右足)アウトサイドで相手の5バックを切り裂くと、詰めて来たゲレイロに美しい見事なボールを出した。攻撃で最も目立っていた1人」と記され、ゴールアシストはもちろんのこと、試合を通じて攻撃の中心となっていたことを評価されている。

 https://11store.jp/douga/esmovie-11598/

 余話 CLの試合後、アポエルの選手とユニホーム交換していたは、ゲッツェ、オバメヤン、そして香川選手でした。相手から請われるように、だった気がする。これはこれですごいことだなと。

♧♣♧ EL初ゴール!大迫、2G1Aの活躍でケルンEL初勝利導く

  現地時間2日、ヨーロッパリーグのグループリーグ第4節ケルンvsBATEボリソフが行われた。

10月25日に行われたドイツカップのヘルタ・ベルリン戦では勝利したものの、ブンデスリーガでは第10節まで1分け9敗、ヨーロッパリーグでは3連敗と勝ち星から見放されているケルン。EL第4節では、ホームでBATAボリソフを迎え撃った。

この試合で日本代表FW大迫勇也はベンチスタートとなった。しかしケルンはシモン・ツォラーの先制弾によるリードを守りきれず、BATEボリソフに31分、33分に連続ゴールを許して、1−2で前半を終える。

  追う展開になったケルンは後半立ち上がりから大迫を投入。すると54分、ケルンはセットプレーでチャンスを迎え、一度はゴール前からBATEボリソフ守備陣にクリアされる。しかし左サイドからのクロスに対して、DFフレデリック・ソーレンセンがマイナス方向に頭で落とすと、大迫は胸トラップから右足を振り抜き、ゴール左隅に同点ゴールを叩き込んだ。

  これで反撃ののろしを上げたケルンはその後も追加点を決め、3−2で迎えた82分、再び大迫にビッグチャンスがやってくる。レオナルド・ビッテンコートが左サイドからカットインでドリブルを仕掛け、左足でクロスを放り込んだ。ファー側に飛び込んだ大迫がダイレクトでゴールへとねじ込み、これでケルンはスコアを4−2とした。

  後半アディショナルタイムには、大迫が左サイドからのクロスでアシストを記録し、ケルンが追加点を決めている。

  3ゴールに絡んだ大迫の活躍で、ケルンはBATEボリソフから勝利を収めた。これでケルンは今季のヨーロッパリーグで初勝利。ブンデスリーガでは白星から見放されているだけに、この一戦をきっかけに巻き返しなるか、今後の逆襲が期待されるところだ。
Date: 2017/11/03(金)


ニュース拾い読み

                              Lukas-Podolski.com
**************************************************************************************

🌸🌸F東京は1日、FW久保建英(16)とMF平川怜(17)とプロ契約を締結

  背番号は久保は41番、平川は40番で、クラブ初の高校生Jリーガー。久保は2020年の東京五輪について「出場できればこの上なくうれしい」と出場を熱望。ともに今週中にもトップチームに合流予定で、今季残りの3試合でJ1デビューを目指す。

💛♡💛横浜FM、モンバエルツ監督が今季限りで退任「最後の瞬間まで共に戦いましょう」

  横浜F・マリノスは2日、エリク・モンバエルツ監督が今季限りで退任することを発表した。

 フランスの複数クラブで指導歴を持つモンバエルツ監督は、2015年に横浜FMの指揮官に就任。今季はここまで16勝7分け8敗の勝ち点「55」で、5位に付けている。

 モンバエルツ監督は横浜FMの公式HPを通じて以下のようにコメントを発表した。

「今シーズンをもって横浜F・マリノスを離れることとなりました。この数年間、日本で働くことができたこと、また日本文化に触れることができたことは、素晴らしい経験でした。結果が出なく苦しんだときもありましたが、選手やファン・サポーターのみなさまと素晴らしい思い出を共にすることもできました」

「しかし、いまはそんな思い出に浸ることなく、チームが来季のACLに出場することができるよう良い結果をシーズンが終わるまで求めていくことが、私の最大の願いです。個人そしてチームレベルでたくさんの改善がみられていますので、我々がその目標を達成できると信じています」

  ??? 今年がらっと変わったマリノスを築いて結果もだしてるのに。 残念。という声もあり。

💛♡💛 香川先制アシストもドルト引き分け トットナムがレアル下す

  H組で香川真司のドルトムント(ドイツ)はホームでアポエル・ニコシア(キプロス)と1―1で引き分け、2分け2敗となった。香川はフル出場し、前半29分の先制点をアシストした。

  ドルトムントの16強入りは (・・? 。

  香川選手は試合後、親善試合ブラジル戦(10日、リール)、同ベルギー戦(14日、ブリュージュ)に臨む日本代表から外れたことについて質問が及ぶと、「正直このタイミングかな?というのは感じます」と率直な思いを口にした。

 「ワールドカップに向けたガチの戦いを、僕たちが積み上げてきた戦いをやれる絶好の機会だと思っていた」と強豪との対戦を楽しみにしていたと明かし、「外れるとしたらもっと早いタイミングであったのかなと思う。今は全くもって悪い感覚はないです」と調子の良さを強調した。

 「監督が決めることなので、僕はまたここで結果を残し続けるだけ。次のテストマッチが(来年)3月なので、それに向けるしかない」と巻き返しを期し、「自分は出られないですけど、今の日本代表の現状を測るうえで大事な試合なので、本当にガチの試合をぜひしてほしい」と代表にエールを送った。

🏆🏆 Jリーグ YBCルヴァンカップ 決勝

  セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ 11/4 13:05 フジテレビ系列全国生中継 埼玉スタジアム
 
  11月4日。1992年から始まった歴史ある大会、JリーグYBCルヴァンカップ(旧・Jリーグヤマザキナビスコカップ)のファイナルが埼玉スタジアム2002で行われる。

  今回、決勝の舞台に勝ち上がった2クラブは、C大阪と川崎F。ともに就任1年目である尹 晶煥監督と鬼木 達監督の指導の下、攻撃に特長を持つチームカラーに加え、今季は守備でも成長を見せている両チーム。

  選手個々を見渡しても各ポジションにタレントがそろっているだけに、非常に楽しみなカードであり、見応えある攻防が繰り広げられることは間違いない。 
Date: 2017/11/02(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
058310
[TOP]
 version 2.72