J2 40節  2018/11/05(月)
J3 30節  2018/11/05(月)
J1 31節  2018/11/04(日)
J2 40節  2018/11/04(日)
J3 30節  2018/11/04(日)
ACL  2018/11/03(土)
ACL 決勝  2018/11/02(金)
U⁻19 声  2018/11/02(金)


J2 40節
****************************************************************************************  

J2 40節/42節 更新日:2018年11月4日(日)

  1:松 本 (73+19)  7:大 宮 (65+15)  13:岡 山 (53-02)  19:京 都(40-17)
  2:大 分 (72+24)  8:山 口 (58-02)  14:金 沢 (52+03)  20:岐阜(40-18)
  3:町 田 (72+16)  9:甲 府 (56+10)  15:新 潟 (52-06)  21:熊本(31-31)
  4:横浜FC(70+17) 10:水 戸 (56+04)  16:千 葉 (51-03)  22:讃岐(31-41) 
  5:東京V (67+14) 11:山 形 (55-01)  17:栃 木 (49-09)
  6:福 岡 (66+15) 12:徳 島 (54-01)  18:愛 媛 (48-13)

---------------------------------------------------------------

  ◆ 優勝の可能性は、5位・東京Vまで。

  ◆ PO圏は、7位大宮まで。

  ◆ 残留は、20位岐阜まで。熊本、讃岐はJ3に降格。
---------------------------------------------------------------

  残り2試合対戦相手 直接対決は最終節の町田‐東京Vのみ

   松 本 (73+19):栃木(A) → 徳 島(H) 
   大 分 (72+24):金沢(H) → 山 形(A)
   町 田 (72+16):愛媛(A) → 東京V(H) ※J1ランキング未取得、昇格不可
   横浜FC(70+16):岡山(H) → 甲 府(A) 

   東京V(67+14):讃岐(H) → 町 田(A) 
   福 岡(66+15):熊本(H) → 岐 阜(A)
   大 宮(65+15):山形(H) → 岡 山(A) ※PO戦勝利での昇格

   ※ 次節、松本勝利で大分・町田敗退で松本の優勝&J1昇格決定
Date: 2018/11/05(月)


J3 30節
**************************************************************************************** 

J3 30節/32節 更新日:2018年11月4日(日)

  1:琉 球 (63+33)     7:C大23 (40+05)    13:YS横浜 (33-05)
  2:鹿児島(48+08)     8:秋 田 (36+00)   14:F東23 (33-06)
  3:群 馬 (47+02)     9:福 島 (36-06)   15:藤 枝 (31-13)
  4:沼 津 (45+09)    10:長 野 (35+02)   16:盛 岡 (31-18) 
  5:G大23 (44+13)    11:相模原 (35-09)   17:北九州 (26-16)
  6:鳥 取 (43+11)    12:富 山 (32-10)

 試合数 29試合(残り3試合):福島 盛岡 他は28試合(残り4試合)

  ◆ 昇格もう1チームは、残り4試合もあるので可能性としては9位福島まで。

  ◆ 仮に沼津とG大23が2位以内のときは、沼津はJ2ライセンス未取得 C大23は規約上の問題でJ2昇格不可でJ1からの降格は1チームのみ。
Date: 2018/11/05(月)


J1 31節

 家長昭博         ルーカス ポドルスキ     小川航基      小野瀬康介 2戦連続G     
**************************************************************************************** 

 J1 31節/34節

  湘南 0-0 清水 中2日・3連戦の湘南が圧倒的に支配した試合。

    ◦ シュート:(湘)16本 (清)6本  ◦ 走行距離:(湘)122.282Km  (清)116.987Km、
    ◦ スプリント回数:(湘) 229回 (清) 175回

  川崎F -0 柏  ◦ 21’家長昭博 33’谷口彰吾 89’阿部浩之 

    川崎F、次節勝利で2連覇達成か。痛い、小林悠 左眼窩(か)底骨折、長期離脱。

  磐 田 3-2 広島

    ◦ 31’(広島)ティーラシン 59’和田拓也 (磐田)65’川又堅碁 80’櫻内渚 90+8’小川航基

  横浜FM 0-1 FC東京 ◦ 15’チャン ヒョンス  

  名古屋 1-2 神戸

   ◦ (名古屋)46’玉田圭司 (神戸)10'ルーカス ポドルスキ 85’ポドルスキ

   ☆彡前半10分、バイタルエリアでボールを持ったイニエスタがペナルティーエリア内に柔らかい浮き
      球パス。走り込んできたポドルスキが左足ダイレクトでゴール左へ流し込んだ。  

  浦和 1-3 G大阪 

   ◦ (浦和) 19’興梠慎三 (G大阪)43'小野瀬康介 62’ファン ウィジョ 69’アデミウソン

   ☆彡G大阪 6連勝で一挙に9位まで浮上。あと1勝で自力残留確定。G大阪 4年ぶりの7連勝。

11/04(日) 

  札幌 1-0 仙台    ◦ (札幌)74’三好康児
               
   ☆彡板倉滉が対応にもたついたボールを三好康児が奪って豪快に左足シュート。
      77分のPKはク・ソンユンがPKセーブ。ACL3位死守。

  鳥栖 1-0 長崎    ◦ 60’原川力 チームを救う今季2点目。、
Date: 2018/11/04(日)


J2 40節

松本1-0東京V      横浜0-1から大分に逆転勝利(3-1)  
                               町田0-1から福岡に逆転勝利(2-1)   
**************************************************************************************** 

 J2 40節/42節 

  新潟 2-3 熊本   水戸 2-0 甲府     金沢 1-1 大宮   千葉 2-0 徳島  

  町田 2-1 福岡   横浜FC 3-1 大分   松本 1-0 東京V   岐阜 0-1 山形

  讃岐 1-2 栃木   京都 0-1 愛媛    岡山 0-1 山口

Date: 2018/11/04(日)


J3 30節

**************************************************************************************** 

 J3 30節/32節 

  盛岡 0-2 F東23     藤枝 1-2 福島   琉球 4-2 群馬    秋田 1-4 C大23  

  相模原 1-0 YS横浜   沼津 2-3 長野   鳥取 1-1 北九州   G大23 1-1 富山

-----------------------------------------------------------------

 🎉 FC琉球 J3初優勝 J2初昇格

 ホーム 負けなし 11勝4敗…… 8,000人以上のサポーターも歓喜の👏 👏 
Date: 2018/11/04(日)


ACL

**************************************************************************************** 

 ACL 決勝 第1戦 鹿島アントラーズ 2ー0 完封勝利  

 鹿島アントラーズー0 ペルセポリス(イラン)  58’レオ シルバ 70’セルジーニョ
 
 入場者数 35,022人  

【スターティングメンバー】鹿島アントラーズ(4−4−2)

  GK:クォン・スンテ
  DF:西大伍、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗
  MF:土居聖真(80分 永木亮太)三竿健斗、レオ・シルバ、安部裕葵(68分 安西幸輝)
  FW:セルジーニョ(90+1分 金森健志)、鈴木優磨

  試合序盤はイラン王者の圧力に苦しんだ鹿島だったが、徐々に落ち着きを取り戻し、前半はスコアレス
 で折り返す。迎えた後半立ち上がりの58分、土居聖真とのワンツーでエリア手前中央に抜け出したレオ・
 シルバがシュートを流し込み、先制に成功した。

  さらに70分、高い位置でこぼれ球を拾った三竿健斗が浮き玉のパスをエリア内右に送ると、これを受け
  たセルジーニョが冷静にネットを揺らし、貴重な追加点が決まった。セルジーニョは5戦連続得点。

 試合はこのままタイムアップを迎え、鹿島がホームでの第1戦を2−0で制した。

 第2戦は10日(土)に完全アウェーのテヘラン。84,412人収容のアザディ・スタジアムで行われる。 
Date: 2018/11/03(土)


ACL 決勝

 イラン(西アジア・中東のイスラム共和制国家)
**************************************************************************************** 

 ■ ACL 決勝 鹿島アントラーズ vs ペルセポリス(イラン) 11/10(土)15:00 鹿島 - ペルセポリス

【ペルセポリス】イランの首都テヘランを本拠地とするサッカークラブ。

■創立:1963年 イランプロリーグ(16クラブ)で11回の最多優勝。2018-19年 3位

■ペルセポリスは、首都テヘランを本拠にする総合スポーツクラブで、かつてはピルズィ(・アスレティック)と呼ばれたこともある、イラン屈指の人気チームです。

 特に1980年代から90年代にかけては、イラン代表や欧州リーグで活躍したアリ・ダエイ選手、アリ・カリミ選手、メフディ・マハダビキア選手らを擁し、国内リーグを何度も制覇。1991年に行われた第1回のアジアカップウィナーズカップでは優勝してアジアにおける初タイトルを奪取。同大会には93年にも決勝に進出しましたが、Jリーグ開幕を控える日本の横浜マリノスに敗れました。 

 しかし21世紀に入ると成績に陰りが見え始め、2007-08年に優勝したのを最後に、リーグ制覇から遠ざかることになります。
    
 そんなチームを再浮上させたのが、イラン代表監督として2006年のドイツワールドカップを指揮した経験を持つクロアチア人のブランコ・イバンコビッチ現監督です。2014-15シーズン途中に監督に就任すると、翌シーズンは2位、続く2016-17シーズンは9季ぶりの優勝に導き、2017-18シーズンも制して連覇を達成。名門復活を印象づけました。

 ペルセポリスはこれまでACLでは常連として何度も出場するも、鹿島と同じくノックアウトステージに入ると勝ち上がれず、上位の壁をなかなか破れずにいましたが、昨年の大会で初めて4強入りを果たします。

 元FCバルセロナのチャビ選手らが率いるカタールのアルサッド、ウズベキスタンのナサフ、UAEのアルナサルと同組のグループステージを4勝1分1敗の首位で突破。ラウンド16ではUAEのアルジャジーラ、準々決勝ではカタール王者のアルドゥハイルを下して、2年連続となる準決勝に進出します。

 そして準決勝では、再びカタールのアルサッドと対戦し、1勝1分けで勝利し、イラン勢としては8年ぶり、クラブとしては史上初の決勝進出を果たしました。
      
 現在のチームは、GKアリレザ・ベイランヴァンド選手、主将のDFサイド・ジャラル・ホセイニ選手の両イラン代表選手を中心に守備が安定しており、それが好成績を生み出す原動力となっています。

 攻撃は昨年のACLで7得点を挙げ4強進出に貢献したイラン代表のメフディ・タレミ選手がアルガラファ(カタール)に移籍してしまいましたが、今季は昨季リーグ得点王のアリ・アリプール選手がここまで5ゴールを挙げてその穴を見事に埋めており、また昨年から所属するナイジェリアのゴッドウィン・メンシャ選手も昨年の4ゴールに続き今季も3ゴールを挙げており健在です。

  ☞ アリ・ダエイ 日本が初めてW杯出場を決めたときにアジア第3代表決定戦で日本を苦しめた選手
                       ……「ジョホールバルの歓喜」
Date: 2018/11/02(金)


U⁻19 声

**************************************************************************************** 

「完敗。蹂躙された」「世界と戦うために戦える選手が分かったこと位が収穫」U-19アジア選手権で日本はサウジに完敗し準決勝敗退。サポーターも落胆… 

 勝てば決勝で韓国との対戦となる。日本は9人スタメンを入れ替えて、インドネシアに乗り込んだ23人が全員ピッチに立った。

 日本は28分にサウジアラビアのシュートをGKの若原智哉がファンブルし、自らゴール内に招いてしまいオウンゴール。前半アディショナルタイムにも得点を許し、0-2で前半を折り返した。

 後半、選手をふたり入れ替え、久保建英と宮代大聖を投入。攻勢に出てチャンスを演出するが、サウジアラビアの手堅い守備を崩せない。結局、0-2で敗れた。

 劣勢になりながらも勝利を目指して戦った若き日本代表に対して、ネット上では応援の声、そして落胆の声が多く挙がっている。いくつか紹介しよう。

「後半、宮代くんと久保くん入りました!」
「タケフサ頼む」
「このチームのよいところはクリアがはっきりしてるところだなと思っていたのだが、本日はそれができていない感じ」
「ベスト4くらいになると急激に迷走するいつもの日本代表に戻っちゃったな」
「久保角度ないとこだったが今日イチの決定機」
「やっぱり久保は1人レベル違うなぁ でも1人だからねー」
「結局今日先発に選んだFW2枚は失敗だったって事だね。突然3バックにしてみたり、初出場のGK使ったり、完全に大失敗で監督の責任」
「サウジアラビアが強い。これまで戦ってきたどのチームより格段に強い」
「完敗。蹂躙された。プレスも嵌らず取りに行って何度も交わされ、カバーもできず、あげく自分でロストしたのにチンタラジョグするDFまで」
「久保くんだけレベルが違うことがよく分かりました」
「格が違うレベルだな。1対1でここまで差が出るとはね」
「滝は頑張ってんと思うがなぁ…。先発の2トップと三國、DF達が酷過ぎた」
「アジアで決勝に進出できない。W杯で8強など夢のまた夢。サウジアラビアは強かった」
「本当に何も出来てなかった」
「世界と戦うために戦える選手が分かった位が収穫か、久保、宮代、斎藤」

 若き日本代表の挑戦は残念ながら準決勝で途切れてしまった。そんななかでも、久保は個人技で打開しようとする強い意志をみせ、宮代、斉藤光毅も途中出場ながら攻めの姿勢をみせた。
 
Date: 2018/11/02(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
077110
[TOP]
 version 2.72