欧州サッカー  2020/06/23(火)
セリアA  2020/06/20(土)
ポルトガル  2020/06/20(土)
プレミアリーグ  2020/06/20(土)
ブンデスリーガ  2020/06/20(土)
ラ・リーガ  2020/06/20(土)
プレミア再開  2020/06/19(金)
ブンデス2部  2020/06/19(金)


欧州サッカー

*********************************************************************************  
欧州サッカー 再開結果まとめ 6/22 サッカーキングハーフタイム 



 日本人選手の動向は本日のスカパーで(6/23 9:00)

*********************************************************************************

 世界の感染者9百万人超す 拡大ペース、過去最悪

【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が22日、世界全体で900万人を超えた。米国やブラジルをはじめとする南北米大陸での拡大が勢いを増しており、過去最悪のペースで感染者が増え続けている。死者は46万9千人を上回っている。

感染者は4月2日に100万人を超えて以降、12〜13日ごとに100万人増えてきたが、5月21日に500万人を上回ってからペースが加速。今回は6月16日に800万人を超えて6日しかたっておらず、これまでで最も短い日数で100万人増加となった。

ブラジルサッカー選手らにコロナ観戦広がる 

ブラジルでは感染が拡大し続ける中で経済活動が徐々に再開されているが、サッカーも活動再開が進みつつある。

しかし

ブラジル保健省が6月22日(月)の17時15分に発表したデータによると、ブラジルの新型コロナウイルス感染者は110万6,470人、死者は51,271人となった。

6月21日(日)にはサンパウロのクラブ、コリンチャンスが、選手27人のうち21人が新型コロナウイルスに感染していたことを公表したと「オ・グローボ」が報じている。

本田が在籍するボタフォーゴ5人の感染が判明。予定されているカボフリネンセやポルトゲーザとの試合を7月以降に延期するよう申請しているとのこと。
Date: 2020/06/23(火)


セリアA

*********************************************************************************  
セリエ
セリエ 25節(/38節)

【サンプドリア 吉田麻也】   インテル 2(2-0 0-1)1 サンプドリア

前半のスタッツ インテルは、支配率72%、シュート数11本、被シュート数2本である。内容は完璧といえる。
後半のスタッツ インテル、計7本のシュートを放ったが、枠内に飛んだのはわずか1本。

今季のインテルはボールを保持し、相手を押し込みながらも点を取り損ねて苦しむという内容が多い。それも、後半に入るとやや失速するという傾向。この日のその欠点が表面化。

 --------------------------------------

3バックの中央に配置された吉田のパフォーマンス自体は決して悪くなかった。DFオマール・コリーやDFバルトシュ・ベレシュインスキのカバーリングも悪くなく、ロシアワールドカップでも対戦したルカクらとの1対1でも大きく劣っていた印象はない。インテルがバックパスを出した瞬間には恐れずラインアップするなど、最終ラインで高い集中力を保っていた。

しかし、クラウディオ・ラニエリ監督が試合後に話した通り、コミュニケーションや連係の部分に関しては改善が必要か。

とくに2点目の場面では、コリーのカバーに回った吉田の背後を誰もケアできておらず、MFアントニオ・カンドレーヴァにスペースを突かれて最後は失点を許している。安易に飛び込みたくなかったのか、ボールを持ったルカクへの寄せも甘かったのは事実で、マークに付いていた吉田も失点に関与したと言わざるを得ないが、そこまで簡単にやられるような場面でもなかった。個人がというより守備陣全体として、やはり連動性は磨いていきたい。

ルカク対応でミスはあったが、2試合連続フル出場。監督の信頼は得た模様。(文: football channel 小澤祐作)

-------------------------------------------------------------------------
サンプドリア、26節終了時で16位、降格圏18位のレッチェと勝点差「2」 

セリエ 27節(/38節)

【ボローニャ 富安健洋】  ボローニャ 0-2 ユヴェントス

首位ユーヴェ、冨安フル出場のボローニャ撃破…C・ロナウドのPK弾など2発快勝

 
※富安…  現地メディアによると…

右サイドバックとしてロナウドと対峙する場面も多かった冨安は、背後からプレッシャーをかけてノーファウルでボールを奪い取る場面もあれば、止まった状態の1対1からキックフェイントで外されてシュートやクロスを許す場面もあり、一進一退で渡り合った。その姿はイタリアメディアでもまずまずの評価を下された。

サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は冨安を4バックの中では唯一の及第点となる「6点」と採点し「おそらくボローニャの最終ラインで最も良いプレーを見せた選手。よく走ってチームメートをよく助けた。ナイストライだったと言える」と、評価した。

またサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」では、敗戦チームの最終ラインにもかかわらずチーム単独トップとなる「6.5点」の評価。そして「CR7(ロナウド)とのマッチアップはうまくやり繰りするくらいしかできないもの。その相手の能力を考えれば、非常にうまくやったと言える」として、ロナウドとのマッチアップでのプレーを評価した。
Date: 2020/06/20(土)


ポルトガル
*********************************************************************************  
ポルトガル プリメイラリーグ 28節(/34節)

【ポルティモンセ 権田修一 安西幸輝】【マルティモ 前田大然】 

    ポルティモネンセ 3-2 マルティモ  権田フル出場、安西、前田はベンチ入りできず。 

【ポルト 中島翔哉】   

    6/23(火)29:15 ポルト vs ボアヴィスタ  
中島、練習参加?

Date: 2020/06/20(土)


プレミアリーグ

*********************************************************************************  
プレミアリーグ 30節(/38節)

【ニューカッスル 武藤嘉記】 ニューカッスルU 3-0 シェフィールドU

武藤ベンチ入りも出場なし。10試合連続出場なし。エヴァートンは勝点38㉚勝10分8敗の12位。
----------------------------------------------------------------------
【リヴァプール 南野拓実】  エヴァートン 0-0 リヴァプール “マージーサイド・ダービー”に先発

南野は再開初戦でプレミアリーグ初先発を飾り、エースのモハメド・サラーの定位置である右ウイングで出場。チームのファーストシュートを放つなど奮闘したが、前半のみで途中交代となった。

首位を走るリヴァプールと12位のエヴァートンによる“マージーサイド・ダービー”。ホームのエヴァートンが先にチャンスを迎え、4分にリチャーリソンがペナルティエリア左の深い位置へ切り込んで左足シュートを放ったが、わずかに枠の右へ外れた。

一方のリヴァプールは10分、南野がペナルティエリア前右からミドルシュート。これは枠を捉えなかったが、果敢にチームのファーストシュートを放った。30分には右サイドのFKでトレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスをジョエル・マティプが頭で合わせるが、これも枠を捉えられない。

主導権を握るリヴァプールは34分、右サイドで南野がボールロストしたものの、すぐさま奪い返すと、チームは素早くカウンターを仕掛けて最後はロベルト・フィルミーノがミドルシュートを放ったが、ゴール右に外れた。44分には、サディオ・マネの折り返しを中央の南野が受けて左足を振り抜くが、シュートはDFにブロックされた。

スコアレスで折り返したリヴァプールは、ハーフタイムに南野を下げてアレックス・オックスレイド・チェンバレンを投入。後半は膠着状態が続いたが、エヴァートンが終盤に決定的なチャンスを迎える。80分、ゴール前のドミニク・カルヴァート・ルーウィンが折り返しをヒールで合わせたが、これはGKアリソンの好セーブ。さらに、こぼれ球をトム・デイヴィスが蹴り込んだが、今度は左ポストに弾き返された。

試合はスコアレスままタイムアップを迎え、リヴァプールは今シーズンのリーグ戦2度目の無得点で終わり、ドロー発進。エヴァートンは中断期間を挟んで4試合未勝利となった。

試合後、クロップ監督は「試合前から早めに交代させていくアイデアがあった。5人の交代枠を与えられている機会を使っただけさ。だが、タキは上手くプレーしていた。試合に関与していたよ。交代は、タキのパフォーマンスとは関係ない。純粋にトライしようと考えていた私のアイデアだった」と語る。
Date: 2020/06/20(土)


ブンデスリーガ

*********************************************************************************  
ブンデスリーガ 33節(/34節) 放映はスカパー

【フランクフルト 鎌田大地 長谷部誠】 ケルン 1-1 フランクフルト  

  
長谷部ベンチ入り出番なし 鎌田累積警告ベンチ外 
鎌田、契約延長の方向性

【ブレーメン 大迫勇也】          マインツ 3-1 ブレーメン

ブレーメンは現地時間20日、マインツに敵地で1-3と敗れ、自力残留の可能性が消滅した。そのなかで、日本代表FW大迫勇也は、一時1点差に詰め寄る豪快な左足弾を叩き込み、海外メディアも「諦めるな!」とメッセージを送っている。

降格圏の17位に沈むブレーメンは、前半25分、30分と立て続けに失点して敵地でリードを許す苦しい展開。そのなかで、意地を見せたのが大迫だった。

2点ビハインドで迎えた後半13分、敵陣のゴールライン際でドイツ人FWニクラス・フュルクルクが残したボールをオランダ代表MFダフィ・クラーセンが拾って中央へパス。これに反応した大迫が、下がりながらの難しい体勢から左足を一閃。強烈な一撃はクロスバー下をかすめてゴールに突き刺さった。

今季リーグ戦6点目に大迫も両手でガッツポーズ。ブンデスリーガ公式日本語版公式ツイッターは「ご…ご………ごおおおおおおおおおおおおおおおおおる!!」と興奮気味に速報し、一点差に詰め寄るゴールに米スポーツ専門局「ESPN」コロンビア版は「期待を抱かせるゴール」、同メディアのフットボール専門ツイッターは「諦めるな!」と報じた。

マインツが3−1で勝利して残留を決定させた。一方のブレーメンはこの結果、自動降格の17位もしくはプレーオフ出場の16位が確定。他会場のデュッセルドルフが引き分けたため今節での降格決定は免れた。

 最終節、ブレーメンはケルンと対戦する予定で、27日にキックオフを迎える。ブレーメンはケルン戦での勝利が最低条件で、デュッセルドルフがウニオン・ベルリンに敗北すればブレーメンがプレーオフに出場できる。デュッセルドルフが最終節で引き分けた場合には得失点差、総得点数、当該チーム間の勝ち点の順で順位が決まる。

チームは1-3で敗れて降格圏の17位のまま。1試合を残して、入れ替え戦に回る16位以下が確定した。

降格プレーオフ圏の16位デュッセルドルフと勝ち点2差と厳しい状況だが、27日の最終節ケルン戦に一縷の望みを懸ける。

勝ち点が同じ場合は、得失点差 → 総得点数 → 当該チーム間の勝ち点 → 当該チーム間の得失点差 → 当該チーム間アウェーゴール数 → アウェーゴール数 → プレーオフの順で決定される。

  第1節 デュッセルドルフ 3-1 ブレーメン  第18節 ブレーメン 1-0 デュッセルドルフ 

 ----------------------------------------------

ブンデスリーガ 1部 33節(/34節)順位表

  1位:バイエルンミュンヘン 33試合 勝点 77(+62) 自動昇格圏
  2位:ドルトムント       33試合 勝点 69(+47) 自動昇格圏
  3位:ライプティッヒ      33試合 勝点 63(+43)
 
  9位:フランクフルト      33試合 勝点 42(-02)

  16位:デュッセルドルフ    33試合 勝点 30(-28)
  17位:ブレーメン        33試合 勝点 28(-32) 降格圏
  18位:パーダーポルン    33試合 勝点 20(-36) 降格

*********************************************************************************

ブンデスリーガ 2部 33節(/34節)

【シュットガルト 遠藤航】 ニュルンベルク 0-6 シュトゥットガルト

前節は累積警告で出場停止だったシュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航はボランチで先発した。フル出場した遠藤はチームの大勝に貢献した。

シュトゥットガルトは最終節引き分け以上で昇格決定。負けても、3位ハイデンハイムの結果次第では昇格となる。

【ハノーバー 原口元気】  Erzgebirge Aue 2-1 Hannover 96

【ザンクト・バウリ 宮市亮】 St. Pauli 1-1 Jahn Regensburg

---------------------------------------------------

ブンデスリーガ 2部 33節(/34節)順位表 

 1位:Arminia Bielefeld 33試合 65(+32)  1部自動昇格
 2位:Stuttgart      33試合 58(+23)  1部自動昇格  

 3位:Heidenheim     33試合 55(+12)
 4位:Hamburger SV    33試合 54(+20)

 7位:Hannover 96     33試合 45(+ 6)  
14位:St. Pauli     39試合 38(- 7)
Date: 2020/06/20(土)


ラ・リーガ

*********************************************************************************  
ラ・リーガ 29節(/38節)

【マジョルカ 久保建英】 マジョリカ 1(1-0 0-1)1 レガサス 

マジョルカ、81分に久保交代し1点のリードを守ろうとするがFKからポスト直撃のスーパーゴールを決められ、逃げ切りに失敗。交代を告げられた時の久保の「エッ」という意外そうな表情が印象的。

【エイバル 乾貴士】 ヘタフェ 1-1 エイバル  乾、フル出場
--------------------------------------------------------
 
順位表(30節 /38節) 20チーム H&A方式  
  1位:レアル・マドリッド 30試合 勝点 62(+36)直接対決の成績で上回っているレアル・マドリードが 
  2位:バルセロナ     30試合 勝点 65(+38)首位に浮上   
  3位:A・マドリード   30試合 勝点 52(+16)
  4位:セビージャ     30試合 勝点 52(+12)    

  17位:セルタ・デ・ビーゴ 30試合 30(-07)
  18位:エイバル      30試合 29(-16)

  18位:マジョルカ     30試合 26(-21) 降格
  19位:レガサス      30試合 24(-19) 降格
  20位:エスパニュール   30試合 24(-23) 降格    

順位決定方式
勝ち点が同じ場合は、当該チーム間の勝ち点(当該チーム間で2試合が行われている場合) → 当該チーム間の得失点差(当該チーム間で2試合が行われている場合) → 全試合の得失点差 → 全試合の総得点 → フェアプレーポイントの順で決定される。
*********************************************************************************
 ラ・リーガ 2部 34節(/42節)

【サラゴサ 香川真司】 サラゴサ 0-2 アルメニア   香川先発、70分Out

【ウェスカ 岡崎慎司】 ウェスカ 1-2 ミランエス 岡崎途中出場

【デポルティボ 芝崎岳】オビエド 2-2 デポルティボ 柴崎ベンチ入り出番なし。チームは降格圏脱出 
 ---------------------------------------------------
   
順位表(33節 /42節) 暫定順位 22チーム H&A方式2回総当りで42節終了
 
  1位:カディス(Cádiz)   33試合 勝点60(+13)  1部自動格
  2位:サラゴサ(Zaragoza) 34試合 勝点58(+15)  1部自動昇格
  3位:アルメニア(Almería)34試合 勝点53(+19)   プレーオフ
  4位:ウェスカ(Huesca)  33試合 勝点53(+08)   プレーオフ
  5位:エルチェ(Elche)   34試合 勝点50(+08)   プレーオフ
  6位:ジローナ(Girona)  34試合 勝点49(+04)   プレーオフ    

     ※    プレーオフは3〜6位の4チームがホーム・アンド・アウェーのトーナメント方式。

  16位 デポルティーボ(Deportivo La Coruña) 34試合 勝点38(-18) 降格
  17位 アルバセテ(Albacete)           33試合 勝点38(-13) 
  18位 ヌマンシア(Numancia)           33試合 勝点38(-02)         
  19位 DCルーゴ(Lugo)              33試合 勝点 37(-13)  
  20位 レアル・オビエド(Real Oviedo)       33試合 勝点 37(-06)降格
  21位 エストレマドゥーラ(Extremadura UD)    34試合 勝点33(-14) 降格
  22位 サンタンデール(Racing Santander)   33試合 勝点19(-10) 降格 

 
Date: 2020/06/20(土)


プレミア再開

*********************************************************************************  
プレミアリーグ再開初戦はフルスカッドで!リバプール離脱者なし…南野の出場はあるか(/34節)

 スカッド(squad):(同じ仕事に従事する)隊、団、チーム

新型コロナウイルス感染拡大による3カ月の中断をはさみ、リバプールは21日に第30節エバートン戦に挑む。18日にマンチェスターCが勝利したため、今節の優勝はなくなった。それでも宿敵とのダービーマッチに勝利すれば、プレミアリーグ初優勝へ王手をかけることになる。

敵地での大一番を前に、クロップ監督はクラブ公式メディアのインタビューに登場。チーム状況について以下のように語った。

「今のところ、日曜日の試合に出られないという選手はいない。様子を見る必要はあるけどね」

「数人の選手は多くトレーニングを行い、数人の選手は少ないトレーニングを行った。そして、ほぼ全員がすべてのセッションをこなした。良いニュースだね。最終的には良い状態のチームがピッチに立つよ。100%ね」

先週のトレーニングマッチを欠場していたモハメド・サラーや、負傷の可能性が伝えられたアンドリュー・ロバートソンらも再開初戦は問題なく出場できるようだ。

なお一部イギリスメディアでは、サラーは万全の状態ではないとし、南野拓実やディボック・オリギが代わりに先発入りするかもしれないと予想している。トレーニングマッチで1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表FWにも出場機会が訪れるかもしれない。(Goal.com)
Date: 2020/06/19(金)


ブンデス2部

*********************************************************************************  
ブンデスリーガ2部第32節(/34節)

【ハノーバー・原口元気】 ハノーバー 4-0 ザンクト・パウリ 6/17

後半開始から出場した原口は2点リードの61分、ペナルティエリア前中央から左足で豪快なミドルシュートを叩き込んで追加点。さらに80分にはカウンターで左サイドを抜け出すと、エリア内で逆サイドにパスを送り、セドリック・トイヒャートのゴールをアシスト。1ゴール1アシストの活躍で4−0の勝利に貢献した。

 原口はこれで今シーズンのリーグ戦6点目。再開初戦となった5月23日の第27節オスナブリュック戦以来、6試合ぶりのゴールとなった。また、再開後は7試合で2ゴール3アシストと好調を維持している。

✴ 今季は開幕からリーグ戦全試合出場を続けていた宮市亮だが、5月27日に行われた第28節のハイデンハイム戦で負傷。同30日のカールスルーエ戦は今季のリーグ戦で初の欠場。続いて6月5日のボーフム戦では復帰を果たしたが、14日に行われたエルツゲビルゲ・アウエ戦では再び欠場。ハノーバー戦も欠場し日本人対決はならなかった。

【シュットガルト・遠藤航】 シュットガルト 5-1 サンドハウゼン 6/17

✴ シュットガルト・遠藤は累積警告で欠場。

✴ チームは3試合ぶりの白星を挙げ、自動昇格圏内の2位に浮上している。

ドイツ国内サッカー2部 32節(/34節)順位表 

 1位:Arminia Bielefeld 32試合 64(+32)   1部昇格
  2位:Stuttgar      32試合 55(+17) ・遠藤
  3位:Hamburger SV  32試合 54(+21)

  7位:Hannover 96   32試合 46(+ 9)  ・原口  2部残留
  13位:St. Pauli     32試合 38(- 7)  ・宮市

  2位:Stuttgar    vs Nürnberg  vs Darmstadt 98
  3位:Hamburger SV  vs Heidenheim vs Sandhausen 
Date: 2020/06/19(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
024690
[TOP]
 version 2.72