W杯アジア予選  2019/11/20(水)
JPN vs VEN  2019/11/19(火)
ベネズエラ戦  2019/11/18(月)
安部裕葵  2019/11/18(月)
U-17W杯  2019/11/18(月)
コメント  2019/11/17(日)
U-22 vs コロンビア  2019/11/17(日)
国際Aマッチ  2019/11/15(金)


W杯アジア予選

*********************************************************************************** 

2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選 グループF 

  
1/19 ミャンマー 1-0 モンゴル  キルギス 1-1 タジキスタン 
 --------------------------------------------------------

 順位 チーム 勝点 試 勝 分  敗  得 失  差 
  1   JPN  12  4  4  0  0  13  0  +13  日本
  2   KGZ   7  5   2  1  2  10  5  + 5  キルギス
  3   TJK   7  5  2  1  2   6  8  - 2  タジキスタン
  4   MYA   3  5  2  0  3   5  13  -10  ミャンマー 
  5   MGL   3  5  1  0  4   2  10  - 8  モンゴル  

 ・ 3/26 日本 vs ミャンマー   ・ 3/31 モンゴル vs 日本
 ・ 6/04 日本 vs タジキスタン  ・ 6/09 日本 vs キルギス 

*********************************************************************************** 

2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選 日本人監督 

 C カンボジア   本田圭佑 香港 2-0 カンボジア 

 D シンガポール 吉田 達磨 イエメン 1-2 シンガポール 勝点4差に3チーム

 F 日  本     森保 一 キルギス 0-2 日本 

 G タ  イ     西野 朗  ヴェトナム 0-0 タイ  ▷ アウェー2連戦 1分1敗

 -----------------------------------------------------------------

 【その他】5試合終了時 ※印は1試合少ない(4試合)

 A ・1位 シリア 15 ・2位 中国7※  ・3位 フィリッピン 7 ・4位 モルティブ 6 ・ 5位 グアム 0

 B ・1位 オーストラリア 12※ ・2位 クウェート 10 ・3位 ヨルダン 10  ・4位 ネパール 3 
   ・ 5位 チャイニーズタイペイ

 C ・1位 イラク 11 ・2位 バーレーン 9 ・3位 イラン 6※・4位 香港 5 ・5位 カンボジア 1

 D ・1位 ウズベキスタン 11 ・2位 サウジアラビア 8※・3位 シンガポール 7 ・4位 イエメン 5 
   ・5位 パレスティナ

 E ・1位カタール 13 ・2位 オマーン 12  ・3位 アフガニスタン 4  ・4位 インド 0 
   ・ 5位 バングラデシュ 0※

 G ・1位 ベトナム 11 ・2位 マレーシア 9 ・3位 タイ 8 ・4位 UAE 6※ ・5位 インドネシア 0

 H ・1位 トルクメニスタン 9  ・2位 韓国 8 ※  ・3位 レバノン 8  ・4位 北朝鮮 8
   ・ 5位 スリランカ 0 

  各組1位の8チームと各組2位チームのうち成績上位4チームの計12チームが最終予選に進出


 【2位グループ】上位4チームが最終予選進出  

   ・1位 オマーン 12  ・2位 クウェート 10  ・3位 バーレーン 9  ・4位 マレーシア 9

   ・5位 韓国 8※ ・6位 サウジアラビア 7※  ・7位 中国※  ・8位 キルギス 7
Date: 2019/11/20(水)


JPN vs VEN

********************************************************************************** 

  国際親善試合 〜 ベネズエラ(VEN)戦 @大阪

       川島

 室屋 植田 畠中 佐々木

     柴崎 橋本 

  浅野 中島 原口

       鈴木

********************************************************************************** 

U-22代表と日本代表 2試合続けて「ガツン」と南米勢に頭を叩かれました。

90分のある時間帯では世界に通用するプレーは見れたが、全体では大きな差を感じました。

組織で戦う時代から、個で戦える時代へ一歩ずつ近づいてほしいですね。

「半端ではないプレーができる選手が増えること」期待。

-----------------------------------------------------------------

ベネズエラにとって、単に親善試合ではなく、強化としての試合と位置付けられたことには日本サッカーの成長を感じました。

同じ日に行われた、韓国とブラジルの親善試合は0-3で韓国の完敗と聞く。

あらためて、厳しい環境で戦う南米勢とアジアの差を感じた。
Date: 2019/11/19(火)


ベネズエラ戦

                   
********************************************************************************** 

  国際親善試合 〜 ベネズエラ戦 @大阪

----------------------------------------------------

【ベネズエラ】

  南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。

  南アメリカ大陸でも指折りの自然の宝庫として知られているが、国内の政情が不安定で多くの人が難民として周辺国に逃れている。

  ベネズエラサッカーは、FIFAランクで26位、ロシアW杯には出場していない。

   ※ 日本はFIFAランクで28位。

   ※ ベネズエラ-日本 対戦成績(すべて国際親善試合 日本がホーム)

      2018.11.16 日本 1-1 ベネズエラ 

      2014.09.09 日本 3-0 ベネズエラ

      2012.08.15 日本 1-1 ベネズエラ

      2012.02.02 日本 0-0 ベネズエラ
Date: 2019/11/18(月)


安部裕葵

********************************************************************************** 

  五輪世代・安部裕葵

  バルセロナBでリーグ戦初ゴール!…チームは劇的PK弾でドロー


バルセロナBに所属するFW安部裕葵が、17日に行われたセグンダB(3部相当)・グループ3第13節のコルネジャ戦で、公式戦初ゴールを決めた。

  1点リードの22分、カルレス・ペレスがロングパスを受けてペナルティエリア内へ抜け出したが、相手GKに阻まれると、詰めていた安部がこぼれ球を押し込んで追加点を挙げた。安部はバルセロナB出場10試合目で、リーグ戦初ゴールを決めた。

  チームはその後、前半のうちに2点差を追いつかれ、86分に逆転ゴールを許したが、後半アディショナルタイム2分にモンチュがPKを決めて3−3の劇的ドローに持ち込んだ。安部は76分までプレー。

 -------------------------------------------

 阿部裕葵(アベ ヒロキ)20歳 FW/MF 171僉65Kg  バルセロナ初の日本人選手

  2119.7.15 FCバルセロナBへの完全移籍 4年間の契約。移籍金は110万ユーロ(約 1.322万円)
       
  2017-2019 鹿島アントラーズ 49試合4得点

  代表歴 日本代表 コパアメリカ2019 U-18〜U-22まで各世代代表選出
 
       国際Aマッチ 3試合0得点
Date: 2019/11/18(月)


U-17W杯

*********************************************************************************** 

 FIFA U-17ワールドカップブラジル2019  ブラジルが優勝

 ブラジルは2003年大会以来4度目のU-17ワールドカップ制覇

 決  勝   メキシコ 1-2 ブラジル 66分 1-0 メキシコ 84分 1-1 ブラジル 90+3分 ATタイム 優勝弾ブラジル  

 3位決定戦 オランダ 1-3 フランス オランダ先制もフランス・ムインガのHT弾で3位に  

 準決勝    メキシコ 1-1 4 PK 3 オランダ フランス 2-3 ブラジル

 準々決勝  韓国 0-1 メキシコ   オランダ 4-1 パラグアイ

         スペイン 1-6 フランス イタリア 0-2 ブラジル

 ラウンド16

  アンゴラ 0-1 韓国  ナイジェリア 1-3 オランダ  スペイン 0-2 セネガル 

  日本 0-2 メキシコ  ブラジル 3-2 チリ      フランス 4-0 オーストラリア 

  エクアドル 0-1 イタリア パラグアイ 3-2 アルゼンチン

 
グループDでの闘いをメキシコ戦に生かせず 

  日本 3-0 オランダ  アメリカ 0-0 日本  セネガル 0-1 日本 G:若月大和 2 西川潤 2点


   
Date: 2019/11/18(月)


コメント
********************************************************************************** 

前半こそスコアレスで折り返した日本だったが、後半は、母国で開催される東京オリンピックの南米予選をおよそ2か月後に控え、最終調整に入っているコロンビアに力量の差を見せつけられる。

47分に先制を許すと、59分には守備網を完璧に破られて追加点を献上し、最後まで点差を縮められなかった。

被爆地の広島で15年ぶりの代表戦。久保建、堂安、板倉のA代表経験組みを加えて「ベストメンバー」とあおり「本気で金メダルを目指して戦う」姿勢を、気概を、志の高さを披露する戦いのはずだった。

-------------------------------------------------------------------

完敗…森保監督が試合後のロッカーで声荒げる「金メダルという目標は私だけのものか」 田嶋会長は「本大会なら本当に台無し」

試合後のロッカールームで、指揮官は選手たちに改めて覚悟を問うた。温厚な男が珍しく声を荒げた“猛げき”にほかならなかった。

 日本サッカー協会の田嶋会長 U―22日本代表の完敗を良薬とすることを願って。

「後半は同じミスが続くと相手にペースを取られてしまった。若いな、っていうのが最初の感想。ただこれが本大会の初戦なら台無しになってしまう。こういう試合もしておかないと」と話した。日本晴れがコンセプトの新ユニホームでは初黒星。「日本晴れは次に取っておきましょう」と話した。 

-------------------------------------------------------------------

「不足しているのは…」コロンビア指揮官は若きサムライ戦士たちをどう見たか?」

球際での脆さ、パスの精度やスピードなど、様々な不安要素を露呈してしまった若きサムライブルーを敵将はどう見たのか? 試合後の会見でコロンビアのアルトゥーロ・レジェス監督は日本に対して、「素晴らしい戦いをすると見ていた」と印象を語り、さらに続けた。

     ---------------- 中略 -------------------------

試合中はピッチ内の選手たちに檄を飛ばし、チームのインテンシティーを保たせ続けた50歳のコロンビア人指揮官は、約8か月後に迫ったオリンピックで、ライバルになりうる日本の課題をはっきりと指摘した。

「今の日本に足りないのは選手間のコンビネーションだ。そこは明らかに不足している。だが、オリンピックでは確実に金メダルが取れるポテンシャルを持ったチームだということは言っておきたい」
Date: 2019/11/17(日)


U-22 vs コロンビア

********************************************************************************** 

久保、堂安ら主軸が先発も…現在の“ベストメンバー”で挑んだ日本

  コロンビアに完敗


  
■日本代表(3−4−2−1)

 大迫敬介
 岩田智輝(62分 三好康児)、立田悠悟、板倉滉
 菅原由勢(62分 原輝綺)、田中駿汰(87分 前田大然)、中山雄太、菅大輝
 堂安律(84分 食野亮太郎)、久保建英
 上田綺世(46分 小川航基)

■ 弱かった時代の日本、そして現在の日本。戦う相手の日本への意識が変わった。

 U-17=オランダを破りながらのメキシコに2-0の完敗

 U-22=アウェーでブラジに勝利したが、最後まで必死に戦ったコロンビアに完敗。

■ 王匡五輪・金メダル、夢の夢か?

  2万6000人もの大観衆が後押ししてくれたのにもかかわらず、その追い風を生かせずに惨敗。

  過去のW杯アジア予選でも見られたホームでの苦戦

  …… 国内戦での重圧に打ち勝てるか ……

 ----------------------------------------------------------------

 ■ 今日の結果で、東京五輪メンバーへの闘いは新しいスタートに立った。

  コロンビア戦 22名 + 負傷等欠場4名 + オーバーエイジ 3名 

    DF 町田浩樹(鹿島) 渡辺剛(FC東京)

    MF 田中碧(川崎F) 遠藤渓太(横浜FM)

久保建英

試合後、「負けてしまったので、しっかりもう一回現実を見つめ直さないといけないと思います」と語る。

 課題としてスコアレス時の試合の進め方と試合の入り方を挙げた。

「2点を取られてから何回か惜しいシーンもあった。でも、0−0 のときに出さないと、相手は決めてくるので。

 決められなかったじゃ済まないので。個々で決定力を上げつつ、最初から良い入りができるようにしたいと思います」

U−22日本代表の次戦は12月28日、トランスコスモススタジアム長崎で開催されるキリンチャレンジカップ2019で、U−22ジャマイカ代表と対戦。

 ただし、海外組の招集は恐らく不可能。20年6月の招集まではクラブでの個の成長が鍵。

 ---------------------------------------------
Date: 2019/11/17(日)


国際Aマッチ

**********************************************************************************  

11/19(火) 国際Aマッチ ベネズエラ戦 @パナソニックスタジアム吹田 

▽GK 1.川島永嗣(ストラスブール)   12.権田修一(ポルティモネンセ)  ★23.中村航輔(柏)

▽DF 17. 佐々木翔(広島)  ★5.車屋紳太郎(川崎F)   16.室屋成(FC東京)  

    2.植田直通(セルクル・ブルージュ)  ★3.三浦弦太(G大阪) 4.畠中槙之輔(横浜FM)  

    ★19.進藤亮佑(札幌)  ★22.荒木隼人(広島)  

▽MF 20.山口蛍(神戸)  8.原口元気(ハノーファー)  7.柴崎岳(デポルティボ)  

    ★6.大島僚太(川崎F) 13.橋本拳人(FC東京)  10.中島翔哉(ポルト)  

    15.浅野拓磨(パルチザン)  ★9.古橋亨梧(神戸)  ★14.井手口陽介(G大阪)

▽FW 11.永井謙佑(FC東京)  21.鈴木武蔵(札幌)  ★18.オナイウ阿道(大分)

► 未印はキルギス戦から参加 ★がベネズエラ戦のみ参加
Date: 2019/11/15(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
016689
[TOP]
 version 2.72