川口能活引退  2018/11/08(木)
日本代表  2018/11/08(木)
U-21 代表メンバー  2018/11/07(水)
JFL→J3→J2   2018/11/07(水)
J1   2018/11/06(火)
U-16  2018/11/06(火)
👀 👂 ニュース拾い読み  2018/11/05(月)
J1 31節/34節  2018/11/05(月)


川口能活引退

**************************************************************************************** 

川口能活(43歳) 世界への扉を開いたレジェントが現役生活に幕を下ろす

 元日本代表で現在明治安田生命J3リーグのSC相模原に所属している川口能活が今シーズン限りでの現役引退を発表した。

 現在43歳の同選手は、当時の横浜マリノスで19歳プロデビューし、25年間のGK生活にピリオド。

 Jリーグ通算506試合に出場し、1995年度にJリーグ新人王、2006年度にはJリーグベストイレブン、2008年度にはJリーグフェアプレー賞に輝いている。

 ■所属・経歴 東海大一中−清水商高−横浜F・マリノス
          −ポーツマスFC/イングランド−FCノアシェラン/デンマーク−ジュビロ磐田
          −FC岐阜−SC相模原

 ■ Jリーグ通算出場 506試合--- J1 421試合  J2 43試合  J3 42試合(2018年10月28日現在) 

 ■ 日本代表歴  国際Aマッチ 116試合出場 歴代1位

  【FIFAW杯】4大会連続メンバー入り 

   2010年 南アフリカ大会 ベスト16 岡田監督   GK川島永嗣 
   2006年 ドイツ大会    GS敗退 ジーコ監督  GK川口  
            vs 1-3 オーストラリア vs 0-0 クロアチア vs 1-4 ブラジル    
   2002年 日韓大会    ベスト16  トルシェ監督 GK楢崎正剛
   1998年 フランス大会  GS敗退  岡田監督   GK・川口 
            vs 0-1 アルゼンチン vs 0-1 クロアチア vs 1-2 ジャマイカ  

  【その他】

   2007年 AFCアジアカップ  4位  GK川口能活(イラク優勝)
   2004年 AFCアジアカップ  優勝 GK川口 準々決勝ヨルダン戦のPKで1-3から4連続stop
   2000年 AFCアジアカップ2 優勝 GK川口 

   2005年 FIFAコンフェデレーションズカップ GK川口
   2001年 FIFAコンフェデレーションズカップ GK川口

   1996年 アトランタオリンピック (U-23代表)GS敗退 GK川口

   2001年 イングランド2部移籍。日本人GKとして初の欧州移籍   

     ---------------------------------------------- 

   マイアミの奇跡(ブラジルではマイアミの屈辱)日本 1-0 ブラジル

       川口-中田-前園-伊東-城---- 。

       川口GK ブラジル・シュート28本を神がかり的セーブで完封(日本は4本のシュート)

       但し、日本 2勝1分でGS敗退 vs 1-0 ブラジル  vs 0-2 ナイジェリア vs 3-2 ハンガリー
    
       当時の日本の監督は露W杯監督の西野朗氏。(ブラジルに勝っても守備的采配非難。以後、G大阪で攻撃サッカー展開)
Date: 2018/11/08(木)


日本代表

               鈴木優馬(22歳)      山中亮輔(25歳)   富安健洋(20歳)        
**************************************************************************************** 

11.16 vs ベネズエラ  11.20 キルギス 日本代表メンバー

■GK 東口順昭  26試合0得点
    権田修一  31試合0得点
    シュミット・ダニエル 15試合0得点

■DF 槙野智章  31試合4得点
    吉田麻也  01試合0得点
    佐々木翔  31試合3得点
    酒井宏樹  08試合0得点
    山中亮輔  31試合4得点  ※初招集 右SB 
    室屋成    27試合1得点
    三浦弦太  31試合1得点
    冨安健洋  14試合0得点

■MF 青山敏弘  31試合出場得点
    原口元気  07試合0得点
    柴崎岳    02試合0得点
    遠藤航    13試合2得点
    伊東純也  32試合6得点 
    中島翔哉  08試合4得点 
    南野拓実  11試合2得点
    三竿健斗  26試合0得点
    堂安律    11試合2得点

■FW 大迫勇也  09試合2得点
    鈴木優磨  30試合11得点  ※初招集 1875圈
    北川航也  30試合12得点

   森保一監督の下、ここまで3戦全勝と勢いに乗る日本代表。その強さを支える大迫勇也、堂安律

   南野拓実、中島翔哉といったメンバーは、今回も順当に名を連ねている。


Date: 2018/11/08(木)


U-21 代表メンバー

  久保建英(17歳)     杉岡大暉(20歳)
**************************************************************************************** 

U-21 UEA遠征 メンバー   

  遠征中には「ドバイカップ」に参加し、14日にウズベキスタン、17日にクウェート、20日にUAEと対戦

▼GK 小島亨介(早稲田大) 滝本晴彦(柏) 山口瑠伊(エストレマドゥーラ)

▼DF 板倉滉 (仙台) 大南拓磨(磐田)  立田悠悟(清水) 橋岡大樹(浦和) 小林友希(神戸U-18)

▼MF 中山雄太 (柏) 三好康児(札幌)  長沼洋一(岐阜) 藤谷壮(神戸)  伊藤達哉(ハンブルガーSV) 
 
     岩崎悠人(京都) 松本泰志(広島)  杉岡大暉(湘南) 菅大輝(札幌)  齊藤未月(湘南) 

     伊藤洋輝(磐田) 久保建英(横浜FM)

▼FW 小川航基(磐田) 上田綺世(法政大) 田川亨介(鳥栖)

   U-21代表は2年後の東京五輪出場を目指す世代。今年8月にアジア大会2018を戦い、準優勝を果た
   したメンバーが中心となっている。

   アジア大会に出場していなかった選手としては、チーム最年少となる17歳の久保建英がメンバーに。
   ドイツでプレーするMF伊藤達哉や、DF橋岡大樹、MF中山雄太、FW小川航基らもメンバーに入った。


Date: 2018/11/07(水)


JFL→J3→J2 

                                FC今治 岡田オーナー       
**************************************************************************************** 


 J3からJ2への昇格

【J2への昇格】J2以上のライセンス保持クラブ。かつJ3成績上位2チーム。

 FC琉球がJ3のカテゴリーで初優勝し、 沖縄初のJ2昇格を決め、残り1枠の昇格をめぐって、鹿児島ユナイテッドFCとザスパクサツ群馬が鎬(しのぎ)を削っています。

 JFLからJ3への昇格。

【J3への昇格】

 1.百年構想クラブとして認定されているクラブでJ3ライセンス取得。

   百年構想クラブ。ヴァンラーレ八戸、FC今治、奈良クラブ 
 
 2.JFLで年間4位以内で、かつ百年構想クラブの中で2位以内。

   2018/11/06 年間通算順位(残り2節)

     1位:Honda FC  (74+48)
     2位:FC大阪   (51+17)
     3位:ヴァンラーレ八戸(50+18) J3昇格可能性有 2勝で自力優勝
     4位:FC今治   (48+32)    J3昇格可能性有  〃
     5位:ソニー仙台 (46+19)
     6位:東京武蔵野シティ(43+10)
     7位:MIOびわこ滋賀(43+05)
     8位:奈良クラブ(39+00) 
Date: 2018/11/07(水)


J1 

相馬勇紀(21歳 早稲田大在学)
             町田浩樹(21歳)   山口一真(22歳)             
**************************************************************************************** 

 第28節 C大阪 0-1 名古屋   ⚽ 53'相馬 勇紀 

 第32節 柏 2-3 鹿島 

  ⚽ (柏)09’瀬川祐輔 24’瀬川祐輔 (鹿島)06’金森健志 27’町田浩樹(21歳) 61’山口一真(22歳)

**************************************************************************************** 

 J1 31節/34節 更新日:2018年11月4日(日)  

  1:川崎F (63+28)   6:浦 和 (45+11)   11:神 戸  (40-08)  16:鳥 栖 (36-06)
  2:広 島 (56+14)   7:清 水 (44+06)   12:磐 田  (40-10)  17:    (33-11)
  3:鹿 島 (52+10)   8:C大阪 (44+04)   13:横浜FM (38+01)  18:長 崎 (29-17)
  4:札 幌 (51-01)   9:G大阪 (42-05)   14:湘 南  (37-05) 
  5:FC東京(49+08)  10:仙 台 (42-07)   15:名古屋 (37-06)

                    試合数:鹿島、柏は32試合 他は31試合

  ☞ 鹿島、暫定順位3位。ACL PO出場権確保。C大阪、ACL PO出場 ×
  ☞ 名古屋、暫定 降格圏脱出
  ☞ 柏、長崎 降格崖プッチ。


**************************************************************************************** 

 ☆☆ ACL決勝 ☆☆  ペルセポリス - 鹿島アントラーズ

  📺 11/11(日) 00:00  日テレジータス 日テレNEWS24  BS日テレ ( Live ) 
  📺 11/11(日) 01:00  日本テレビ(ディレード中継)
Date: 2018/11/06(火)


U-16

スタメン:オーストラリア戦       フランス戦     イングランド戦 :      JAP-ENG戦 
**************************************************************************************** 

 レアル下部所属の15歳中井、日の丸デビュー戦でゴール演出! 

 バル・ド・マルヌ U-16 国際親善トーナメント2018

  第1戦 U-15日本代表 2(1-0 1-0)0 U-15オーストリア代表

  第2戦 11/2 U-15日本代表 1(0-1 1-1)2 U-15フランス代表

  第3戦 11/3 U-15日本代表 1(1-2 0-2)4 U-15イングランド代表

  大会優勝はイングランド、2位にフランス、3位に日本、4位はオーストリア

森山監督談

 オーストリア(FIFAランク24位)、フランス(同2位)、イングランド(同5位)といった素晴らしいサッカー強豪国との対戦を通して、いろんなことを感じることができたフランス滞在でした。

 初戦、オーストリアには2-0で勝利したものの、初戦に負けてアグレッシブに仕掛けてきたフランス、日本へのリベンジと優勝がかかっていたイングランドと、本気で向かってきた相手に対しても、攻撃面では十分に自分たちの時間を作り、小刻みなパスワークから何度もチャンスを作り出すことが出来たものの、相手の前線の爆発力ある選手に簡単に突破を許し、安々と得点を許してしまう守備とのアンバランスで勝負の部分では非常に物足りない結果となりました。

 一方で、攻撃面ではラストの迫力や質に欠け、得点にはなかなか繋がらなかったことも大きな課題です。

 日本ではサイズや身体能力の高い選手がぐいぐい仕掛けてくるシーンはなかなか見られませんが、海外強豪国には必ずサイドやFWにソロで爆発的な突破を仕掛けてくる選手がいます。そういう選手に対してグループでは対処できても、個にさらされた時にはあっさりとビートされるシーンも少なくありませんでした。日頃の対人強化やゴールがあるトレーニングの割合が少ないように感じます。

 3連勝したイングランドは力が抜けていて(11得点、4失点)、ライン間へ差し込むサイドパスのスピードと質、それをいとも簡単にコントロールし、仕掛けやスルーパスを繰り出す力と的確な判断力を有していました。
Date: 2018/11/06(火)


👀 👂 ニュース拾い読み

**************************************************************************************** 

ACL U‐19 サウジアラビアが優勝  サウジアラビア 2-1 韓国 ⚽ 02’22’KSA 64’KOR

堂安律 スーパーゴール! 今季2点目  

  エクセルシオール 2-4 フローニンゲン 堂安、全10試合先発、後半45分Out。

  29分、フローニンゲンは左サイドからクロスを入れると、これがDFの頭に当たってゴール前に浮き上が
  る。落下点に入った堂安はDFに体をぶつけられながらも左足でコントロール。
  そのままボレーシュートを放ち、ゴール右隅に決めた。

チーム内得点王・鎌田大地が今季6点目!シントは逆転勝利で4試合ぶり白星 

  シント・トラウデン 2-1 ズルテ・ワレゲム トラウデンは4試合ぶりの勝利、勝点21で6位 

  61分、鎌田が試合を降り出しに戻す。ゴール前でのワンツーで途中投入のデ・サールがフリー
  となると、エリア内の鎌田にラストパス。受けた背番号15は、冷静にGKとの一対一を制した。
  鎌田は7試合出場(直近5試合連続フル出場4得点)
 
  富安健洋(全14試合フル出場)、遠藤航(後半1分Out 10試合出場8先発) 
  小池裕太、関根貴大はベンチ外   

その他の海外選手 

  フル出場:フランクフルト・長谷部誠、3-0勝利。 ハノーファー・原口元気、1-3敗北。
         ポルティモネンセ中島翔哉、1-1ドロー。セクエル ブルージュ・植田直道、2-1の勝利。
         オイペン・豊川雄太、0-2敗北。

  先  発:ニューカッスル・武藤嘉記前半47分Out、チームは1-0勝利。
        デュセルドルフ・宇佐見貴史後半33分Out、0-3敗北。ブレーメ・大迫勇也、チームは敗退。
       ヘーレンフェーン・小林裕希、後半40合Out、1-1のドロー。
       ザルツブルグ・南野拓実、後半23分Out、2-1勝利。

川崎F・FW小林悠 連覇目前に眼底骨折で無念の離脱 

  3日の柏戦で負傷交代した川崎FのFW小林悠(31)が4日、左眼底骨折。後半26分、柏DF中山の右
  肘が顔面を直撃。同31分に退場し。クラブ関係者によれば、一両日中にも再検査を行い、手術が必要
  かどうか見極める方針というが、早期復帰は厳しい状況。

   中山が試合後に謝罪のため川崎Fのロッカールームを訪れたことを伝え聞き「同じアスリートとして故
  意にやったことじゃないので、また来年も彼とのマッチアップを楽しみにしています」と気遣った。

  全治3週間と診断、リーグ戦最終節に間に合うか否か。残念ながら11月の代表戦には間に合わない。
Date: 2018/11/05(月)


J1 31節/34節
**************************************************************************************** 

 J1 31節/34節 更新日:2018年11月4日(日)  

  1:川崎F (63+28)   6:浦 和 (45+11)   11:神 戸  (40-08)  16:名古屋(34-07)
  2:広 島 (56+14)   7:清 水 (44+06)   12:磐 田  (40-10)  17:柏    (33-11)
  3:札 幌 (51-01)   8:C大阪 (44+03)   13:横浜FM (38+01)  18:長 崎 (29-17)
  4:FC東京(49+08)  9:G大阪 (42-05)   14:湘 南  (37-05) 
  5:鹿 島 (49+07)  10:仙 台 (42-07)    15:鳥 栖 (36-06)

   試合数 C大阪と名古屋は30試合 他は31試合

---------------------------------------------------------------

  🔶 優勝は、川崎Fと広島(7ポイント差)。次節 川崎F 勝利✌でJ1連覇。

                11/10  11/16 11/20  11/24       12/1
                       (日本代表戦)         
     川崎F(63+28):C大阪(A)        → FC東京(A) → 磐田(H) 
     広 島(56+14):仙 台(H)        → 名古屋(H) → 札幌(A)


   ※2017年度

    鹿島残り2試合 勝てば優勝⇒勝てずに、最終節で川崎Fが同勝点(72)勝点差(39と22)で逆転優勝。    

  ◆ ACLは2位広島〜10位仙台まで。

  ◆ 残留確定は、8位までの6チーム。
Date: 2018/11/05(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
077109
[TOP]
 version 2.72