WEリーグ-2  2021/01/16(土)
WEリーグ  2021/01/16(土)
ヘタフェ  2021/01/15(金)
オランダ  2021/01/15(金)
川島永嗣  2021/01/14(木)
移籍  2021/01/13(水)
久保建英  2021/01/12(火)
堂安律  2021/01/11(月)


WEリーグ-2

 鮫島          仲田       スタンボー       山下
                                上:清水梨沙 下:長谷川唯(日テレ)
********************************************************************************
サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」移籍情報

 WEリーグの誕生に伴って、1/16日段階で73名以上の選手の移動が判明している。

 INAC神戸 → 大宮

  元日本代表DF鮫島彩(33)、MF仲田歩夢(27)、GKスタンボー華(22)

  岩淵真奈(27)はイングランド・スーパーリーグのアストンビラに移籍

 日テレ  

  → INAC神戸 日本代表GK山下杏也加(25)
  → マイナビ仙台 宮澤ひなた、原衣吹

 なでしこリーグに留まったセレッソ大阪堺レディースから多くの人材が移籍 
 
  脇阪麗奈(21)を含めて、U−17日本代表だったMF井上陽菜(21)とMF野島咲良(21)が
  「ノジマステラ神奈川相模原ノジマ」に加入

  東京五輪代表候補のFW宝田沙織(21)が米女子プロサッカーリーグのワシントン・スピリットへ、
  同じく代表のMF林穂之香(22)がスウェーデン女子1部AIKに完全移籍
Date: 2021/01/16(土)


WEリーグ

            大宮 総監督 佐々木則夫 大野忍(神奈川出身)
********************************************************************************
サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」

 理念:女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する。
 ビジョン:1.世界一の女子サッカーを。
      2.世界一アクティブな女性コミュニティへ。
      3.世界一のリーグ価値を。
 期間:2021年秋開幕(シーズンは翌年5月ごろ終了)
 フォーマット:ホーム&アウェイ方式による総当たりリーグ戦
 チーム数:11チーム
 -----------------------------------------
 【チーム名】       【ホーム】    【なでしこリーグ】    
 マイナビベガルタ仙台レディース  (仙台)    7位  
 浦和レッズダイヤモンドレディース (さいたま市) 1位
 ちふれエルフェン埼玉  (埼玉県飯能市)     2位(なでしこ2部)  
 ジェフユナイテッド市原レディース (千葉市)   6位  
 日テレ・東京ヴェルディベレーザ  (東京 稲城市) 3位
 ノジマステラ神奈川相模原     (相模原市)  8位
 AC長野パルセイロレディース   (長野市)   5位(なでしこ2部)
 アルビレックス新潟   (新潟県聖籠町)
 INAC神戸レオネッサ        (神戸市)   2位
 大宮アルディージャ   (さいたま市)    新規参入
 サンフレッチェ広島   (広島市)        〃

「大宮アルディージャVENTUS」
総監督になでしこジャパン前監督で11年W杯優勝に導いた佐々木則夫氏(62)。今季、INAC神戸の下部組織であるINAC東京のテクニカルコーチを務めていた11年W杯優勝メンバーの大野忍氏(36)がコーチに就任した。 
------------------------------------------------------
 参入しなかったなでしこリーグ1部のチーム
  セレッソ大阪堺レディース 4位  伊賀FCくノ一 9位 愛媛FCレディース 10位
------------------------------------------------------
なでしこジャパン(日本女子代表)監督 高倉麻子
女子サッカー選手の長年の夢だった女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」がいよいよ誕生します。このリーグが成功するためには選手の覚悟が必要です。その覚悟が日本を必ず強くするはずです。WEリーグが、応援して下さる方々が楽しめる場所、女の子たちの夢の舞台になることを期待しています。
Date: 2021/01/16(土)


ヘタフェ

                ホセ・ボルダラス監督  ハイメ・マタ
         ヘタフェ エンブレム
********************************************************************************
新天地ヘタフェとホセ・ボルダラス監督 

ヘタフェ現在の名称「ヘタフェ・クルブ・デ・フットボール」としてクラブが創設されたのは1983年。1940年に創設されたエイバルや1960年に創設されたウエスカと比べても歴史が浅く、今季のラ・リーガ1部で最も若いクラブ。
 ► マドリード州にはレアル・マドリードやアトレティコ・マドリードとヘタフェの3クラブ
 ► 2004年1部昇格後は、2016-17シーズンを除き、トップリーグに在籍
 ► 2018-19シーズンはクラブ最高のリーグ5位フィニッシュを達成。ラウンド16でインテルに敗れたものの、昨シーズンはヨーロッパリーグで決勝トーナメント進出を果たした。

ホセ・ボルダラス監督2016-17シーズンからヘタフェ指揮。2部のからチームをう昇格。そして昇格した1年目にプレーオフで苦しめられた柴崎を獲得。昇格1年目に8位となると、2年目は5位と躍進。2019-20シーズンも8位でフィニッシュ。 
柴崎岳2018-19シーズン在籍。
 ヘタフェの特徴は、アグレッシブに戦い、インテンシティの高いサッカーをするスタイル。猛然とプレスをかけて、カウンターで一気にゴールを目指すスタイル。そのスタイルもあってか、中盤のゲームメーカーとして期待されていた柴崎は徐々に出場機会を減らすことに。また、ケガも相まって2018-19シーズンは構想外となってしまった過去がある。読みの鋭さと、しっかりと守備ができる印象のある柴崎ですら構想外となるほど、それだけ激しいサッカーを展開。

2020-21シーズン
► リーグ開幕16試合を終えて、4勝5分7敗の勝ち点17。未消化試合が1つあるとはいえ、降格圏とはわずか1ポイント差となっている。直近11試合でも1勝(4分6敗)と復調のキッカケを掴めない状況。
► 残留への明確な課題は得点力アップ。16試合を終えてリーグワーストタイの12得点
  …エイバル 18試合15得点 ウェスカ18試合14得点
► 2019-20シーズンの8位に示されるように、マタ、ロドリゲス、など駒は揃っている。
► 問題は彼らに“ボールを届ける選手”の存在。

エルチェ戦の勝利
► 全国紙『AS』のホルヘ・カストロ記者は、「クボがヘタフェで笑顔を取り戻した。そして、ラ・リーガで最も重要なもののひとつである彼の才能をすべて解き放った。この日本人はアウェーゲームで革命を起こし、クオリティとスピードをもたらした」とし、「価値を示すのに4分で十分だった」と称賛している。
 さらに記者は、久保の驚くべきスタッツに注目。「クボは21回ボールに触れ、パス成功率は100パーセントだった。ヘタフェと(保有元の)レアル・マドリーのファンを両方興奮させる25分だった」と伝えている。
► 降格争いのライバル?に勝ったこと、久保のシュートの跳ね返りを決めたマタ、3点目を決めたロドリゲスの両ストライカーの復調、17位から20位への浮上。…勢いが出てきたのでは・・・。

----------------------------------------------------------------
ボルダラス監督は、かつてバルセロナを率いてエル・ドリームチームを作り上げたヨハン・クライフ氏の信者。つまり、現在取っているスタイルとは真逆のスタイルを掲げてきた指揮官だ。そういった点では、フィジカル重視の現在の戦い方に限界を感じ。久保やアレーニャを獲得して少しでも理想に近づきたいという可能性はある。久保にかかる期待もかなり大きくなるだろう。

超ワールドサッカー編集部の記事とサッカーキングの記事をまとめました。
Date: 2021/01/15(金)


オランダ

********************************************************************************
板倉滉が3シーズン目で初得点 オランダ1部リーグ(エールディビッジ)

ヴィレム 2-3 フローニンゲン 後半39分に同点ゴール 板倉滉:23歳 全16試合フル 1533分出場 1得点

1点を追う後半39分に右CKからゴール前の混戦で浮き球に反応し、186センチの長身を生かして頭で同点ゴールを押し込んだ。チームはロスタイムに決勝点を奪って接戦を制し、6位に浮上した。
 ちょうど2年前に加入した23歳の板倉にとって待望の初ゴール。今季はここまで全試合にフル出場し、センターバックとして好調のチームを支える。冬季中断前に「3季目だが、今までのフローニンゲンと違う」と手応えを口にしていたDFが、攻守において大きな存在感を示した。(共同)

PSV 1-3 AZ  菅原由勢(26歳 AZ)は4試合連続フル出場 10試合出場 先発7 743分 得点

フェイエノールト 1-0 RECズウォレ 中山雄太(23歳 ズウォレ) 14試合11先発 1077分出場 1得点
                  ファン・ウェルケルク際(31歳 ズウォレ)全16試合フル 1533分出場

 順位表 1位 アヤックス 38  2位フェイエノールト 35  3位 フィテッセ 35  4位 PSV 34 
     5位AZ 31 6位フローニンゲン 30 … 12位 ズウォレ 17
Date: 2021/01/15(金)


川島永嗣

********************************************************************************
「リスペクトすべき男だ」川島永嗣が今季3度目のMOMに! ストラスブール指揮官も信頼を強調 サッカーダイジェストWeb 2021年01月14日

 リーグ・アンのストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣は、現地時間1月9日に行なわれた第19節のRCランス戦に先発。1-0の完封勝利に貢献し、サポーター投票で決まるマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 川島は公式ホームページで実施された投票で、この試合のスコアラーであるFWアビブ・ディアロの31.8%を上回る、43.8%を獲得。寸評では「2021年の2試合目で2度目のクリーンシートを達成。ストラスブールは失点に悩まされていたが、彼の存在も助けとなり、守備の堅さを取り戻した」と称えられている。

 37歳のベテラン守護神は、第1節のロリアン戦、第12節のレンヌ戦に続き、今シーズン3度目のMOM。第3節以降はベンチが続いていたが、第11節のモンペリエ戦で復帰してからは先発出場を続け、RCランス戦の勝利で今シーズン初の連勝に貢献している。

この活躍ぶりは、現地でも高く評価されている。フランス・メディア『alsasports』は、19試合を終え、前半戦の採点平均値を算出。川島は10点満点中「5.6」で、全体の2位タイにランクインし、「好調な折り返しを可能にしたシーズン前半で、素晴らしい活躍をした選手のひとり」と称賛されている。

 そして、現地メディア『lensois』によれば、指揮官ディエリ・ローライも川島への信頼を口にしているようだ。

 「彼は日本代表で80キャップ(91キャップ)以上を獲得している。どんな局面で起用されても、誰もいないスタジアムで震えるような若い鳥ではない。たとえ満員のスタジアムでも動揺はしないだろう。チームに加わった当初は3番手で、表舞台に出られない日々も続いていた。でも、彼は決して落ちこぼれなかった。とても偉大な男で、チームメイトからも尊敬されている。私も彼をリスペクトしている」

 11試合フル出場(9試合連続フル出場) 1049分

酒井宏樹、長友佑都フル出場 ディジョンFCD 0-0 オリンピック・マルセイユ
 
Date: 2021/01/14(木)


移籍

********************************************************************************
柏が深夜に大型移籍発表!オルンガがカタール、中村航輔がポルトガルに完全移籍 ゲキサカ 2021.01.13

深夜の大型移籍発表となった。柏レイソルは12日深夜にケニア代表FWオルンガ(26)がカタールのアルドゥハイルに、日本代表GK中村航輔(25)がポルトガル1部のポルティモネンセにそれぞれ完全移籍すると発表した。ポルティモンセには安西幸輝が在籍。

 オルンガは18年8月にスペインのジローナから加入。1年目はJ1で10試合3得点にとどまったが、2年目はJ2で27得点を記録。そして3年目の昨季はJ1で32試合に出場して28得点。JリーグのMVPと得点王に輝いた。アルドハイルはクラブW杯に出場。

 中村は柏の下部組織出身で、13年にトップ昇格。15年に期限付き移籍した福岡でJリーグデビューを飾ると、翌年に復帰後は守護神の座を確保。日本代表にまで駆け上がった。

 クラブを通じ、両選手はコメントを発表。オルンガは「レイソルという素晴らしいクラブで在籍した期間は本当に楽しく過ごすことができました。将来いつかまた、この美しいクラブでプレーできることを願っています」。

 中村も「チームメイト、監督やコーチ、スタッフの皆さん、サポーターの皆さんをはじめ、関わっていただいたすべての方々に感謝の思いでいっぱいです。皆さんに良い報告ができるように新しいクラブで頑張ります」とコメントした。

----------------------------------------------------------
25歳、やや遅咲きの移籍…今冬、川崎フロンターレの守田英正が、そして柏レイソルの中村航輔が、海外移籍。日本サッカーの底上げとみていい。

香川真司、中島翔哉は、・・・ 
中島翔哉の去就を巡っては、年明けにジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1ぶ)の強豪アンデルレヒトから半年間のレンタルによる獲得オファーが届いたものの、ポルトはこれを拒否。また、かねてから獲得に興味を示していたUAEアラブ首長国連邦のアル・アインがポルト幹部と交渉を行い、4000万ユーロ(約50億9700万円)による買い取りオプションが付帯された半年レンタルでクラブ間合意に達した模様。中島はシーズン終了までFCポルトからのローンでアル・アインを代表する、26歳は水曜日にアラブ首長国連邦に出航したとも報道も。

Date: 2021/01/13(水)


久保建英

********************************************************************************
久保が「エキサイティングなデビュー」 ヘタフェ初陣の2ゴール演出を海外称賛「試合を変えた」 ZONE 2021.01.12

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は現地時間11日、加入後最初のゲームとなったリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦に後半19分から途中出場し、2ゴールを演出して3-1の逆転勝利に貢献した。

 チームに合流した久保だったが、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができず、試合も1日順延となったが遠征に帯同。背番号5をつけてベンチ入りした。

 下位に低迷する両者の試合は前半を1-1で折り返すと、後半7分に相手エルチェの選手が2枚目のイエローカードで退場。ヘタフェが数的優位に立ったなか、ホセ・ボルダラス監督が同19分に合流したばかりの久保をピッチに投入した。
 
“ぶっつけ本番”デビュー、強烈シュートで決勝弾演出&クロスでPK誘発

 右サイドに入った久保はいきなり魅せる。同24分、右サイドのペナルティーエリア手前でボールを受けると、ドリブルで仕掛けながらペナルティーエリア内に侵入。わずかなシュートコースを見つけて左足を振り抜くと、強烈なシュートが相手GKエドガル・バディアを襲い、弾いたところをFWハイメ・マタがプッシュして2-1と勝ち越した。

 久保は同32分には、ペナルティーエリア内でアレニャからのパスを受けるもシュートを打ち切れず。同39分には久保のクロスからエリア内でFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とした。

 久保投入から2ゴールが生まれて勝利したことを受けて、スペイン紙「AS」はヘタフェ選手の評価記事で「日本人は最初の介入で決勝点を演出した」と綴ると、久保については「右ウイングでエキサイティングなデビュー」と称えた。

 ヘタフェは4試合ぶりの白星で、17位から13位に浮上。
Date: 2021/01/12(火)


堂安律

******************************************************************************** 

堂安律、“圧倒的な数字”でヘルタ戦MOMに選出 ブンデス公式が絶賛「素晴らしい個人技から…」

ヘルタ戦で好プレーを見せた堂安律をブンデス公式が称賛
 ビーレフェルトに所属する日本代表MF堂安律が現地時間10日、ブンデスリーガ第15節ヘルタ・ベルリン戦で後半アディショナルタイムまでプレーし、1-0の勝利に貢献した。ポスト直撃のシュートを放つなど、好プレーを見せていた堂安はブンデスリーガ公式でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)にあたるプレーヤー・オブ・ザ・ゲームに選出された。

 今季からビーレフェルトに所属する堂安は開幕から15試合連続で先発出場。チームは16位と低迷するなかで迎えたホームでのヘルタ戦で輝きを放った。

 今季10敗を喫しているビーレフェルトは後半から攻撃が活性化する。後半11分にはロングシュートを放つなど好機を演出。同19分にはMFラインホルト・ヤボのゴールで先制点を奪った。そのなかでも堂安の存在感は光っていた。

 ブンデスリーガ公式は「目立っていた堂安はビーレフェルトの追加点を奪おうとした。後半25分、素晴らしい個人技から左のポストを直撃するシュートを放った」と、惜しくも得点にはつながらなかったものの、好プレーを称賛。この日のMOMに選出した。

「ビーレフェルトの12本の枠内シュートのうち6回(5本の枠内シュート、1回のパス)に関与して、チームで最もタッチ(74回)し、両チームでタックル数2番目(40回)だった」

 ブンデスリーガ初挑戦ながら、個人としては安定したパフォーマンスを発揮している堂安。この日も積極的なプレーで攻撃を牽引し、チームを勝利に導いた。
Date: 2021/01/11(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
032072
[TOP]
 version 2.72