U-19メキシコ遠征  2018/09/13(木)
J2 横浜FC × 福岡  2018/09/13(木)
オリンピック世代  2018/09/12(水)
森保NIPPON  2018/09/11(火)
U-19日本代表メキシコ遠征  2018/09/11(火)
日本-コスタリカ  2018/09/11(火)
日本代表 前日練習/本田  2018/09/10(月)
U19メキシコ遠征  2018/09/10(月)


U-19メキシコ遠征

************************************************************************************** 

U-19日本代表メキシコ遠征 地元強豪クラブU-20クラブ・アメリカに勝利

 U-20クラブ・アメリカはU-20メキシコリーグで2位と好調を維持し、トップチームだけでなく、育成年代の全国大会も何度も優勝しているメキシコを代表する強豪クラブです。

 国際親善試合 U19日本代表 3-1 U-20クラブ・アメリカ

  ⚽ 20分 原大智 35分 安藤瑞季 55分 失点(U-20クラブ・アメリカ) 77分 久保建英

  ► 20分、DF東俊希選手がクイックでスローインを投げると、上手くDFラインの背後を取ったFW原大智
   選手が、左足を一閃。強烈なシュートが右ポストに当たりながらゴールに突き刺さり、先制点。

  ► 35分、前線にボールが入ると、ペナルティエリア外中央からFW安藤瑞季選手が強烈なロング
   シュートを左サイドネットに決めて追加点。

  ► 77分に中央でFW宮代大聖選手がキープしドリブルで貯めながら走り込んだ久保選手に繋ぐと、冷
   静に相手GKとの1対1を制し、3点目

-------------------------------------------------------------------------

 スターティングメンバー
  GK:若原智哉
  DF:川井歩、阿部海大、石尾崚雅、東俊希
  MF:堀研太、山田康太、久保建英、斉藤光毅
  FW:安藤瑞季、原大智

 交代 HT 若原智哉 → 大迫敬介 原大智 → 宮代大聖 62分 斉藤光毅 → 滝裕太
    73分 堀研太 → 郷家友太 81分 安藤瑞季 → 橋岡大樹 88分 川井歩 → 菅原由勢

------------------------------------------------------------------------
 MF #9 久保建英 選手(横浜F・マリノス)

  国内キャンプ含め4試合全ての試合で、難しい時間帯もありましたが、結果的に無敗で遠征を終える
  ことができて良かったと思います。

  南米、北中米特有のフィジカルの強さや同世代のトップレベルなども体感でき、学ぶことが非常に多
  く、今後へ活かせればいいなと思いました。

  14時間の時差調整や、高度の違いによる酸素濃度の違いなど、様々な体験をすることができました
  が、普段過ごしている日本での試合間隔と異なり、中1日の試合への対応力は今後への課題だと思
  います。

  残り1ヶ月弱でAFC U-19選手権インドネシア2018に向けた遠征が始まりますが、世界への切符を掴
  めるよう、チーム、個人共に最高のプレーができるよう準備したいと思います。

------------------------------------------------------------------------

 メキシコ遠征 1勝2分

  △ 1-1 vsvs.U-19メキシコ代表  △ 1-1 vs.U-19ブラジル代表  ○ 3-1 vs.U-20クラブ・アメリカ

  ⚽ 田川亮介 2 原大智 安藤瑞季 久保建英
Date: 2018/09/13(木)


J2 横浜FC × 福岡

*************************************************************************************** 

🌹 J2第26節〜 横浜FC 福岡とドロー

 レベルファイブスタジアムで1試合が行われ、横浜FCはアウェーで福岡と0―0で引き分けた。FW三浦知良(51)は出番がなかった。横浜FCは勝ち点56で首位・町田に勝ち点4差の3位、福岡は勝ち点53の6位につけている。

--------------------------------------------------------------------------------------- 

順位 チーム 勝点 試合    勝  分  敗  得点 失点 差   直近5試合    2017

  1 町田   60 31  17   9  5  51  34  +17  △○○○△  16位  自動昇格
  2 松本   60 32  17   9  6  45  30  +15  ○●●△○  08位  自動昇格 
  3 横浜   56 32  15  11  6  49  36  +13  ○○○●△  10位  PO 
  4 東京   55 32  15  10  7  45  32  +13  ●△○○○  05位   〃 
  5 大分   54 32  16   6 10  53  38  +15  ○△●●○  09位   〃 
  6 福岡   53 31  15   8  8  41  28  +13  ●○○●△  42位   〃 
   

   7 大宮   51(+14)  13 千葉   41(-02)  19 岐阜   32(-14) 
   8 徳島   50(+14)  14 栃木   41(-07)  20 京都   27(-18)
   9 岡山   47(+02)  15 金沢   40(+00)  21 熊本   26(-22)  降格
  10 山形   47(+01)  16 甲府   38(+06)  22 讃岐   25(-32)  降格
  11 水戸   44(+03)  17 愛媛   36(-14)
  12 山口   44(-04)  18 新潟   33(-13)
 
 ※試合数 31試合:町田 福岡 大宮 山形 山口 甲府 京都 讃岐  

  ※横浜=横浜FC 東京=東京V

Date: 2018/09/13(木)


オリンピック世代

**************************************************************************************** 

2010 London Olympic

ロンドン五輪世代 2012 1位 メキシコ 2位 ブラジル 3位 韓国 4位 日本 いわゆるプラチナ世代

 権田修一 酒井宏樹 山口蛍 宇佐見貴史 杉本健勇(怪我辞退)

  (同世代に永井謙佑 原口元気 柴崎岳 大迫勇也 武藤嘉記 昌子源 香川伸介 斎藤学ら)

リオ五輪世代 2016 Rio Olimpic 日本は予選敗退 1位 ブラジル 2位 ドイツ 3位 ナイジェリア

 中島翔哉 浅野琢磨  植田直道 遠藤航  大島僚太 中島翔哉 

 三浦弦太 室谷成   南野拓実 三竿健斗 南野拓実 室谷成

 (同世代に井手口陽介 岩波拓也 亀川諒史 櫛引政敏、鈴木武蔵、中村航輔、原川力 矢島 慎也 ら)
    
 
東京五輪世代 :2020 Tokyou Olinpic

 堂安律 伊藤達哉 富安健洋 

 + U21日本代表(2018アジア大会2位)+U19日本代表(U19、メキシコ、ブラジルとアウェーでドロー)
Date: 2018/09/12(水)


森保NIPPON

**************************************************************************************** 

日本 3−0 コスタリカ   代表 初ゴール 南野 伊東

 【スターティングメンバー】

  GK[ 東口順昭  DF 室谷成  三浦弦太 槙野智章 佐々木翔   

  MF 堂安律  青山敏弘 遠藤航  中島翔哉    FW 小林悠  南野拓実

   ⚽ 前半 16’オーンゴール 後半 21’南野 48’伊東  

 【交代】 後半 23’小林→浅野 30’中島→天野 37’室谷→守田 40’堂安→伊東 43’青山→三竿

 【シュート】  (日本)16本-4本(コスタリカ)

 ---------------------------------------------
 【SUB】 GK 権田修一  シュミット・ダニエル
       DF 車谷紳太郎 植田直道 富安健洋 
       MF 天野純   森田英正 伊藤純也 三竿健斗
       FW 伊藤達哉  浅野琢磨
**************************************************************************************** 

監督コメント

 ロナルド・ゴンサレス監督

   「日本はダイナミックでスピードのある試合を見せた。勝利にふさわしいプレーをして、新しいステージ
   のスタートを良い形で切れたと思う」と森保ジャパンの戦いぶりに賛辞を送った。

   会見の最後には、日本のファンに向けて称賛と感謝の言葉を述べた。「日本代表を応援するだけでな
   く、私たちにも拍手を送ってくれました。日本のファンは見本になる存在です。
     コスタリカ代表の選手や協会を代表して感謝を伝えたいと思います」

 森保監督

   「選手たちがいい準備をしてくれた。地震で中止となった北海道の皆様と多くの災害でつらい思いをし
    ている皆様にささげた勝利。」

   快勝も「まだまだスタートしたばかり。成長することを目指してやっていきたい」と  

**************************************************************************************** 

韓国 0-0 チリ

   70日 :韓国 2-0 コスタリカ。
   11日 :韓国 0-0 チリ 

   札幌から韓国へ向かったチリ代表は、負傷の影響で日本戦出場が危ぶまれていたMFビダルらが先
   発。一方の監督は、アジア大会にも参加して「働きすぎ」が不安視されていたエースFWソン・フンミン
   がこの試合にもスタメンで出場した。

   両チームともに何度かチャンスはあったが最後の場面で決めきれず。ゴールのないまま時間は経過
   し、後半アディショナルタイムを迎える。

   終了間際にはチリに最大のチャンス。韓国の不用意なバックパスを拾ったMFバルデスがフリーで抜
   け出し、GKキム・ジンヒョンをかわしたが、シュートは浮かせて枠外へ外してしまった。これがラストプ
   レーとなり、無得点でのドローに終わっている。
Date: 2018/09/11(火)


U-19日本代表メキシコ遠征

************************************************************************************** 

U-19日本代表メキシコ遠征 強豪ブラジル代表と激闘もドロー

 国際親善試合 vs U-19ブラジル代表

 2018年9月9日(日) キックオフ時間 10:30(現地時間) 試合時間 90分(45分×2本)
 National Training Centre of Mexican Football Federation(メキシコ/メキシコシティ)

   U-19日本代表 1-1(前半0-0、後半1-1)U-19ブラジル代表

     ⚽ 52分 失点(U-19ブラジル代表) 60分 田川亨介(U-19日本代表)

  スターティングメンバー 
   GK:谷晃生
   DF:菅原由勢、橋岡大樹、瀬古歩夢、荻原拓也
   MF:郷家友太、伊藤洋輝、平川怜、滝裕太
   FW:田川亨介、久保建英

  交代
   HT 平川怜 → 齊藤未月 荻原拓也 → 東俊希 久保建英 → 斉藤光毅
   67分 田川亨介 → 原大智 滝裕太 → 宮代大聖
   83分 郷家友太 → 山田康太

  ☀ サッカー王国ブラジル。スタッフ、選手共に一番対戦を心待ちにしていた試合です。2年前にも
    、U-19日本代表がU-19ブラジル代表と2016 Suwon JS Cupで対戦していますが、その際は2-2
    で引き分けています。ブラジルはFIFAマッチデーウィークの為、欧州中心に海外組8名を招集し、 
    1月末にチリで開催されるFIFAU-20ワールドカップの出場権を掛けたU-20CONMEBOL予選大会
    に向けて、ほぼベストメンバーを招集。先日は、到着後すぐのゲームでコンディションが厳しい中
    でも地元U-19メキシコ代表を1-0で破っています。

  ☀ ブラジルは52分、右サイドに流れたボールをDF東俊希選手が一度はクリアしましたが、再び拾わ
    れドリブルを仕掛けられ、ペナルティエリア内で東選手が上手くファウルを取られてPKを与えてし
    まいます。冷静に決められ先制点を許します。

  ☀ 日本は60分、瀬古選手のロングパスを受けた菅原選手がドリブルから見事なスルーパスを相手      
    DFの間に通すと、抜け出した田川選手が冷静に相手GKとの1対1を制し、同点ゴールを奪いま
    す。

  ☀ 短い時間ながら豪家と交代した山田康太(横浜F・マリノス)は随所に素晴らしいボールへの寄せ・
    デュエルを仕掛けボール奪取。又、彼を経由しての攻撃が多くゲームをコントロールしていた。
    「康太良いぞ」とベンチから声も掛かっていた。このチームのボランチのレギュラー争いは激戦に
    なりそう。

  ☀ 次戦(最終戦)は、メキシコを代表する強豪チーム、U-20クラブ・アメリカと対戦します。

----------------------------------------------------------------------------



 MF #8 郷家友太 選手(ヴィッセル神戸)

 AFCU-19選手権インドネシア2018前最後の遠征に招集して頂いたことに感謝しています。まず、U-19
 メキシコ代表戦では、セットプレーでの失点が凄く悔やまれた結果になってしまったと、チームとして反
 省しました。

 そして、本日のU-19ブラジル代表戦は相手にボールを持たれる時間が長かったですが、我慢強く皆で
 守備ができたと思っています。AFCU-19選手権インドネシア2018前に強豪国と対等に戦えたということ
 は、チームにとっても自信に繋がったと思います。

 もちろん世界を目指す上では、個々のレベルアップは必須であり、ブラジル代表の選手からも多くを学
 びました。この遠征は、AFCU-19選手権インドネシア2018前に向けて最後のアピールの場だと思いま
 す。自分らしいプレー、日本らしいサッカーを目指すこのメンバーに入れるように残り一戦頑張頑張ります。

 詳しくはJFAのHPで http://www.jfa.jp/national_team/u19_2018/news/00018751/
Date: 2018/09/11(火)


日本-コスタリカ

   中南米     14W杯でウルグアイを破ったコスタリカ          ロナルド・ゴンザレス暫定監督
                                 2014年 コスタリカ戦先発 **************************************************************************************** 

コスタリカ ロシアW杯はGS敗退、ブラジルW杯はベスト8

  2018 ロシアW杯      GS : 0-1 セルビア、 0-2 ブラジル 2-2 スイス GS敗退

  2014 ブラジルW杯     GS : 3-1 ウルグアイ、 1-0 イタリア、 0-0 イングランド
              ラウンド16 : 1-1 5PK3 ギリシャ
              準々決勝  : 0-0 3PK4 オランダ  ベスト8

 【来日メンバー】 北中米のコスタリカは露W杯から、レアル・マドリードのGKケイラー・ナバスが抜けた
            が、DFオスカル・ドゥアルテ(エスパニョール)など2018ロシアワールドカップ(W杯)
            のメンバー9人を含めたメンバー。

 【日本との対戦結果】 2014.06.2  ○ 3-1  国際親善試合(@ アメリカ)
               2002.04.17  △ 1-1  キリンカップ (@ 日本)
               1995.02.06  ○ 3-0  国際親善試合(@ 日本) 

 【チームスタイル】 中南米のチームらしく技術があり、強固な守備を武器に、カウンターを仕掛ける。

------------------------------------------------------------------------

韓国 vs コスタリカ 2018.9.10

   韓国新代表べント監督は4−2−3−1フォーメーションを採用した。池東源(チ・ドンウォン、アウクス
   ブルク)をトップに孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)、南泰煕、李在成をトップ下に並べた。池東源と
   南泰煕を除いてロシアW杯のメンバー9人を起用した。

   前半34分に先制した。奇誠庸(キ・ソンヨン、ニューカッスル)が後方からロングパスを入れると、ゴー
   ル前に走り込んできた南泰煕が相手の反則を受けてPKを獲得した。孫興民のPKは右側ゴールポス
   トに弾かれたが、これを李在成が左足で合わせてゴールに押し込んだ。

   後半33分に追加点を挙げた。孫興民のパスを受けた南泰煕が左サイドを突破し、華麗なドリブルで
   相手DFをかわして右足でゴールを決めた。身長175センチの南泰煕はフランスのヴァランシエンヌを
   経て2011年からカタールリーグでプレーしている。

   ベント監督は後半、黄儀助(ファン・ウイジョ、ガンバ大阪)、ファン・インボム(大田)、キム・ムンファン
   (釜山)、李承佑(イ・スンウ、エラス・ヴェローナ)などアジア競技大会の優勝メンバーを投入して選手
   をチェックした。

ベント監督 49才 ポルトガル人

     2005年から2009年まで、ポルトガル1部リーグのスポルティングを率いてリーグ準優勝を4回、FA
     カップ優勝2回、スーパーカップ優勝2回などを記録。
     2010年から2014年まではポルトガル代表指揮官として、ユーロ2012で4強に導いた。その後は、
     ブラジルのクルゼイロや、ギリシャのオリンピアコス、中国の重慶といったクラブの指揮を歴任。

 FIFAランキングコスタリカ 32位 日本 55位 韓国57位

📺 Live 7:00(7:00 KO)日本テレビ 解説:北沢豪、城彰二

      

Date: 2018/09/11(火)


日本代表 前日練習/本田

************************************************************************************** 

コスタリカ代表のロナルド・ゴンザレス監督

 会見でゴンザレス監督は「ベストな布陣で戦いに臨む」と明言。主将のドゥアルテは「日本と対戦できて嬉しい。明日は観客に素晴らしいスペクタクルを提供したい」と意気込んだ。

 直近の韓国代表戦ではW杯ロシア大会で披露した5バックでの堅守ではなく、4バックで戦った。指揮官は「相手のプレースタイル考えて選択した。ただ招集した選手たちは4バックでも5バックでも柔軟に対応できる。日本戦では相手の長所を封じ込めたい」と自信をのぞかせた。

森保監督 コスタリカ戦前日会見

 11日に迫った初陣については「できれば2試合やって多くの選手を見たかったが、北海道の震災でサッカーをやっていいのかという状況だったので仕方ない。

 コスタリカ戦では招集からこれまで過ごした時間を無駄にしないようにしたいし、サッカーを通して被災された方々に対して励ましのメッセージを送れるよう、何よりもタフに、粘り強く戦い抜く。熱い試合をしたい」とコメント。

 さらに「勝負にこだわりたい。ベースとなるボールの奪い合いで戦う姿勢を見ている方々に伝えたいし、日本人の持っている技術と規律を見せられるようにしたい」と言葉に力を込めた。

************************************************************************************** 

本田圭佑「監督」黒星スタート カンボジア代表の初采配

 プノンペンのオリンピックスタジアムで、マレーシア代表(同171位)と国際親善試合を行った。「実質的な監督」を任された本田の初采配は、1―3で逆転負けした。

 雨が降る中、本田はピッチ脇に立ち、身ぶり手ぶりを交えながら選手を指示した。試合後に会見した本田は「残念ながら負けてしまったが最初の30分は素晴らしかった。選手は1週間指導した私の理念を支持してくれた」と話し、「とても満足しているし、彼らを誇りに思う」と述べた。

 後半のスタミナ不足は課題だと認めつつ、「どんな一流選手でも90分完璧にできる選手はいない。私もできない。時間をかけてこの課題に対処したい」と話した。初監督の難しさについては、「結果が出なかったので僕に責任があるし、何かできることがあった。多分今晩はそれを考えることに時間を割くかなと思う。今日の敗戦を忘れることはないだろう」と話した。(プノンペン=鈴木暁子)

Date: 2018/09/10(月)


U19メキシコ遠征

************************************************************************************** 

U-19日本代表メキシコ遠征 地元メキシコ代表とドロー

国際親善試合 vs U-19メキシコ代表
2018年9月7日(金) キックオフ時間 10:30(現地時間) 試合時間 90分(45分×2本)
National Training Centre of Mexican Football Federation(メキシコ/メキシコシティ)

U-19日本代表 1-1(前半1-1、後半0-0)U-19メキシコ代表

得点 14分 失点(U-19メキシコ代表) 31分 田川亨介(U-19日本代表)

 スターティングメンバー
  GK:谷晃生
  DF:川井歩、  橋岡大樹、瀬古歩夢、東俊希
  MF:久保建英、伊藤洋輝、郷家友太、斉藤光毅
  FW:田川亨介、宮代大聖

 サブメンバー
  GK:大迫敬介、若原智哉
  DF:阿部海大、荻原拓也、石尾崚雅、菅原由勢
  MF:齊藤未月、堀研太、 山田康太、滝裕太、平川怜
  FW:原大智、  安藤瑞季

 交代 HT 谷晃生 → 若原智哉   川井歩 → 菅原由勢  橋岡大樹 → 阿部海大  
        瀬古歩夢 → 石尾崚雅  東俊希 → 荻原拓也 久保建英 → 堀研太  
        伊藤洋輝 → 齊藤未月  郷家友太 → 平川怜  斉藤光毅 → 滝 裕太  
        田川亨介 → 原大智   宮代大聖 → 安藤瑞季

--------------------------------------------------------------------------------------
 試合は地元のメキシコが序盤の流れを掴みます。さすがのメキシコでだけあってアグレッシブな姿勢を
 保ちつつ、パスも正確で速く、フィジカルの強さを全面に出してきます。日本はメキシコの攻撃を受けな
 がらも、上手く対応していましたが、気をつけていたセットプレーから失点を許します。14分、左サイドで
 ファウルを犯してフリーキックを与えると、混戦からヘディングで上手く流し込まれ先制点を与えてしま
 います。

 この失点で目が覚めた日本は反撃に出ます。MF伊藤洋輝選手からサイドへ効果的なパスが繋がる
 と、サイドを起点に攻撃のリズムが生まれてきます。守備でもDF橋岡大樹選手とDF瀬古歩夢選手が
 守備陣を統率し、ロングボールを放り込むパワフルな相手に対しても屈せず跳ね返し、攻撃陣へ繋ぎ
 ます。そして31分、日本はチャンスを活かします。右サイドでFW久保建英選手とDF川井歩選手が連動
 した守備からボールを奪うと、中央でパスを受けた伊藤選手の絶妙なスルーパスを受けに抜けだ出し
 たFW田川亨介選手がファウルを受けてペナルティキックを得ます。これを田川選手が冷静に決めて同
 点に追いつきます。

 その後は流れを掴んだ日本が次々とチャンスを作ります。34分には、左サイドを上手く抜け出した久保
 選手のマイナス気味のクロスに川井選手が合わせますが、惜しくも相手ディフェンダーのブロックに合
 います。さらに39分には、右サイドを久保選手、川井選手で崩すと、クロスにFW斉藤光毅選手が合わ
 せますが、シュートはゴールバーを超えて、絶好のチャンスを逃します。43分に、相手に危ないシュート
 を放たれますが、先制点を許した後は、日本が優位な試合展開で前半は1-1で終了します。

 後半、両チームともほとんどのメンバーが交代し試合がスタート。試合はメキシコが押し込みながら
 日本も数少ないチャンスも無得点で後半終了。
Date: 2018/09/10(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
073582
[TOP]
 version 2.72