サッカー情報兇竜事を掲載します。

欧州 CL  2023/09/25(月)
CL 試合結果  2023/09/21(木)
アジア大会 男子サッカー  2023/09/21(木)
CLのL組み合わせ 開幕節は9月20、21日  2023/09/05(火)


欧州 CL
久保建英が今季4ゴール目を決めたソシエダ、ヘタフェに一時スコアをひっくり返されるも再逆転!4-3で今季2勝目を飾る
9/24(A

4日のラ・リーガ第6節、レアル・ソシエダは本拠地レアレ・アレナでのヘタフェ戦に4-3で勝利した。先発出場のMF久保建英は今季4ゴール目を記録している。
久保にとっては2020-21シーズン後半戦に在籍した古巣との一戦だが、試合開始早々に恩返し弾を記録した。

キックオフから2分後、中盤でボールを奪取したブライス・メンデスがドリブルを仕掛けると、ペナルティーエリア内右に走り込む久保にパス。背番号14は送られたパスを左足ダイレクトで叩き、対角線上の枠内左上にボールを収めた。

久保の今季ラ・リーガの成績は6試合で4ゴール1アシストに。ソシエダのエースとして、チームを先導し続けている。

幸先よく先制したソシエダだが、リードを得ているときに苦戦する悪癖は相変わらず……。それからヘタフェの攻勢を許すと、39分にアレニャーにヘディングシュートを決められた。また前半アディショナルタイム2分には、ル・ノルマンがマジョラルを倒したとの判定でPKを献上してしまい、マジョラル自身にGKレミーロを破られてスコアはひっくり返っている。

逆転されて試合を折り返したソシエダだが、この試合では粘りを見せた。久保は前試合インテル戦に続いてまたも2〜3人に囲まれる徹底マークに遭い、自由にプレーさせてもらえなかったが、その代わりにチームメートたちが奮起している。

ソシエダは60分、ペナルティーエリア内でブライス・メンデスがミトロビッチに倒されてPKを獲得。キッカーのオヤルサバルが枠の右隅にシュートを突き刺して同点に追いつく。また66分には、ペナルティーエリア内に送られたロングスローがヘタフェGKソリアの不用意な飛び出しを誘発し、ブライス・メンデスが跳ねてきたボールを頭で押し込んでゴール。レアレ・アレナを狂喜乱舞させる再逆転を果たしている。

ソシエダはさらに88分、ミケル・メリーノのお膳立てからオヤルサバルがこの日2点目を記録。後半アディショナルタイムにはラタサに1点を返されたものの1点リードを維持したまま試合終了のホイッスルを迎え、合計7点が決まった激しい打ち合いを物にした。ソシエダはラ・リーガの成績を2勝3分け1敗として、勝ち点9で暫定6位につけている。
Date: 2023/09/25(月)


CL 試合結果
グループA
 レアル・ソシエダ 1−1 インテル(2022準優勝):04 ソシエダ 83 インテル 久保は83分OUT 






Date: 2023/09/21(木)


アジア大会 男子サッカー
アジア大会で快勝スタートのU-22日本代表

U-22日本代表が難敵を相手に快勝スタートを切った。
現地9月20日、中国・杭州で開催されているアジア大会のサッカー競技が始まった。Jリーガーと大学生で構成されるU-22日本代表はカタールとの初戦を戦い、3−1で勝利。3大会ぶりの優勝に向けて好発進を飾った。

そんな大岩ジャパンの戦いぶりを注視するのが韓国メディアだ。アジア大会で金メダルを獲得すれば、男子選手たちは兵役を免除されるとあって、今回もU-24世代+オーバーエイジ3人によるフルメンバーで臨んでいる。MFイ・ガンイン(パリSG)、MFチョン・ウヨン(シュツットガルト)、MFペク・スンホ(全北現代)などA代表でも馴染みの選手を揃えてきた。19日の初戦(クウェート戦)では9−0といきなりゴールラッシュを決め込み、ファン・ソンホン監督もチーム力に自信を深めたようだ

今大会にはコロナ以降北朝鮮が久しぶりの出場、2−0で台湾に勝利。韓国代表はクウェートに9-0
Date: 2023/09/21(木)


CLのL組み合わせ 開幕節は9月20、21日
CLのGL組み合わせが決定!PSGはドルトムント、ミランと同組の”死の組”に。日本人選手 12名出場 グループEでは日本人対決実現へ

CLグループステージの組み合わせは以下のとおり。

グループA
バイエルン(ドイツ)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
コペンハーゲン(デンマーク)
ガラタサライ(トルコ)
グループB
セビージャ(スペイン)
アーセナル(イングランド)🎌冨安謙洋
PSV(オランダ)
RCランス(フランス)🎌伊東純也、🎌中村敬斗
グループC
ナポリ(イタリア)
レアル・マドリー(スペイン)
ブラガ(ポルトガル)
ウニオン・ベルリン(ドイツ)
グループD
ベンフィカ(ポルトガル)
インテル(イタリア)
ザルツブルク(オーストリア)
レアル・ソシエダ(スペイン)🎌久保建英
グループE
フェイエノールト(オランダ)🎌上田綺世
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ラツィオ(イタリア):🎌鎌田大地
セルティック(スコットランド)🎌古橋享吾 🎌前田大然 🎌旗手怜央 🎌岩田智輝 🎌小林友希 
グループF
パリ・サンジェルマン(フランス)
ドルトムント(ドイツ):🎌長谷部誠
ミラン(イタリア)
ニューカッスル(イングランド)
グループG
マンチェスター・シティ(イングランド)
RBライプツィヒ(ドイツ)
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)
ヤング・ボーイズ(スイス)
グループH
バルセロナ(スペイン)
ポルト(ポルトガル)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
アントワープ(ベルギー)

Date: 2023/09/05(火)


現行ログ/ [1]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
055580
[TOP]
 version 2.72