試合結果 2018です。

 2018/11/16(金)
中学練習試合 vs釜利谷  11/11 @山手  2018/11/16(金)
高校新人戦 vs横浜栄  2018/11/10(土)
高等学校サッカー選手権県決勝  2018/11/10(土)
応援上手  2018/11/08(木)
全国高等学校サッカー選手権県予選  2018/11/05(月)
高校練習試合vs市立金沢 11/4 @山手G  2018/11/04(日)
中学 横浜市Dブロック予選会 11/4  2018/11/04(日)



   川澄奈穂美       松原渓 スポーツジャーナリスト
************************************************************************************* 

声の「質」へのこだわり

 11日に鳥取市営サッカー場 バードスタジアムで行われたノルウェーとの国際親善試合(○4-1)の翌日、なでしこジャパンは同会場でガイナーレ鳥取U-18(鳥取U-18)とのトレーニングマッチ(30分×2本)を行った。

  トレーニングマッチで気になったのは、試合中の声だ。観客の声援や拍手の中で戦ったノルウェー戦と違い、鳥取U-18との試合は一般非公開だったため、試合中の声はスタンドにも届いた。だが、なでしこの選手たちは、前日の主力組に比べるとかなり大人しく見えた。

 そんな中で、スタンド上部からでもはっきりと聞き取れる声を響かせていたのが川澄だ。

 「細かい部分でも、ひと声かければ解決できるな、と思えることが練習からすごく多いので。それは一回できたらからいいということではなくて、ずっとやり続けなければいけないことだと思うんです」

  4月のアジアカップから、そういった川澄のスタンスははっきりしていた。そして、その声が練習の空気を変えた。それは、経験のある選手たちをはじめ、多くの選手が口にしてきた。

 もちろん、選手はそれぞれが自分なりに声を出してコミュニケーションを図っている。だが、重要なことはその質と結果なのだと、川澄は示唆する。

「チームを盛り上げるための声は最低限のことで、当たり前だと思うし、『もう一歩右』とか、そういう声出しにも『いつ、どういう風に声を出すか』という質の高さが必要です。言ったように動いてもらえないと伝わっていないのと一緒、というぐらいに突き詰めたいし、このチームはそこが弱いな、と感じているので。私は『うるさいな』と言われるぐらいやり続けたいと思っています」

-------------------------------------------------------------------------

 女子サッカーの最前線で取材し、国内のなでしこリーグはもちろん、なでしこジャパンが出場するワールドカップやオリンピック、海外遠征などにも、精力的に足を運ぶ。自身も小学校からサッカー選手としてプレーした経験を活かして、執筆活動を行い、様々な媒体に寄稿している。
 
Date: 2018/11/16(金)


中学練習試合 vs釜利谷  11/11 @山手
************************************************************************************* 

山手 1-0 釜利谷 G:後半15分 寺島

 ☆彡 公式戦2勝 、そして練習試合での勝利、3連勝かな。

 ☆彡 もっと、もっと、もっと、自信をもっていいと思う。


Date: 2018/11/16(金)


高校新人戦 vs横浜栄
************************************************************************************* 

山手 1-2 横浜栄  ⚽ G:前半 08’横浜栄 29’田村 後半 31’横浜栄

 スタメン:篠原 中尾 梶尾 杉本 四十川 鈴木 根岸 大熊 鶴見 田村 佐々木

 交  代:後半 12分 鶴見→山内 29分 田村→播本 33分 四十川→的池

 マネージャー:香西 森 吉沢 

 ☆彡 残念な結果に。早い時間帯に先制されたのが痛かったですね。

 ☆彡 残り2試合、勝ちましょう。応援します。

Date: 2018/11/10(土)


高等学校サッカー選手権県決勝

************************************************************************************  

  93回全国高校サッカー選手権 神奈川県2次予選決勝  桐光学院が優勝 

 桐光学園 3(2-0 1-0)0 三浦学苑  G:26’西川潤(2年)34’敷野智大(3年)後半 阿部龍聖(3年)

--------------------------------------------------------------------------

 ▷ 2217年・96回大会:桐蔭学院 2回戦で奈良一条に2-2 PK負け。 優勝 前橋育英。

 ▷ 2216年・95回大会:桐光学院 1回戦で長崎総科大附に0-2で敗退。 優勝  青森山田 

 ▷ 2015年・94回大会:桐光学院(ベスト16)3回戦で青森山田にPK負け。優勝 東福岡。

 ▷ 2016年・93回大会:日大藤沢(ベスト8) 神奈川県勢として、15年ぶりの8強選出に進出した
                       準決勝で優勝校の星稜に敗れる。

 詳細 ☞ http://www.kanagawa-fa.gr.jp/h_school/ 
Date: 2018/11/10(土)


応援上手

横浜市金沢区出身 商大付属からプロ入り。ベルマーレ時代に日本代表。
************************************************************************************  

岩本輝雄氏Soccer Digest WEBに掲載した記事から抜粋しました。

 「連覇の確率100パーセント! フロンターレはもはや“日本のバルサ”だ」という記事で、

 出足は「連覇を目前にして、“川崎スタイル”は完成の域に達しているんじゃないかな。そんなフロンターレを倒すには、徹底したマンツーマンで前からフルプレスをかけるのが最も効果的かもしれない。
 ただ、それさえもいなす熟練のパスワークがあるから、ね。

 自分が現役だと想像して、今のフロンターレにどうやって立ち向かうのがベストかと考えると……
 無理。勝てるイメージがまったく浮かんでこない(笑)。それぐらい、隙がないと思う。」


 =========== 中略 ============

 レイソル戦は、負傷明けでコンディションが万全ではないボランチの大島、左SBの車屋が不在、守護 神のチョン・ソンリョンは天皇杯の山形戦での退場による出場停止と、何人かの主力を欠いていた。それでも、ボランチには若い下田、左SBには実力者の登里、GKには新井が入って、しっかりと勝利に貢献するパフォーマンスを披露。誰が出ても戦力をキープできる総合力の高さを示した。

 =========== 中略 ============

 サポーターの存在も本当に大きいと思う。等々力にはたくさんの人が集まって、しかも盛り上げ方も
 上手い。どのタイミングで拍手するかも分かっている。ああいう応援を受けると、選手としては

 “ノッて” くるからね。


 =========== 以下、略 ============

 応援のチカラ=山手のストロングポイント ! 地味なプレーに、大きな👏 👏

    『守 り』上手く ”ボールキープ” 上手く ”マイボールに” 上手い ”スルーパス”・・・

    『攻める』 サポート、追い越し=勇気 ・・・ 挑戦、リスク管理 
Date: 2018/11/08(木)


全国高等学校サッカー選手権県予選

*************************************************************************************  

全国高等学校サッカー選手権大会 神奈川県2次予選準決勝

    11/4(日)等々力陸上競技場。記事は神奈川新聞抜粋
  
   三 浦 学 苑 3(1-0 2-0)横浜創英 ⚽ (三浦)末次 2、能勢(創英)荒俣

     試合開始から球際にプレッシャーをかけた三浦学苑がじわじわと流れを握った。先制点は前半
     38分にPKで、追加点も後半10分にフリーキックから。圧力をかけて反則を誘い、セットプレーで
     着実にものにした。

     横浜創英は、後半17分中盤のパス回しからスペースに走り込んだ荒俣がゴールを決めた。
 
   東海大相模 0(0ー1 0-3)桐光学園 ⚽ 岡、西牧 2、西川

     桐光学園が地力を発揮し圧勝した。前半24分にDF岡がMF西川からのコーナーキックをファー
     サイドの足元で合わせる技ありのゴール。2,3点目はいずれも、2年生西川が相手を引きつけ
     て出したパスを3年生M西牧が決めた。西川は1ゴール3アシストと全得点に絡む。

     東海大相模は、サイドの突破からパスをつなぎゴールに追ったが一歩及ばなかった。
     主将のMF有馬が前半に右足首を痛め、後半17分に退場、リズムを失い完敗。

  http://www.kanagawa-fa.gr.jp/h_school/senshu2018.htm

  📺 11/6(火)TVK 録画放送 19:00〜21:30

---------------------------------------------------------------------

  11/11(日)13:05 2次予選 決勝 【三浦学苑 vs 桐光学園】ニッパツ三ツ沢球技場

  📺 11/11 TVKにて『Live』

Date: 2018/11/05(月)


高校練習試合vs市立金沢 11/4 @山手G

************************************************************************************* 

1.2セット目 山手 8-0 市立金沢 

 ⚽ 前半 ・7分 佐々木 ・19分 鶴見(佐々木) ・29分 佐々木 31分 ・鶴見(大熊)

   後半 ・1分 田村(佐々木) ・5分 鶴見 ・13分 田村 33分 ・田村(的池)

 スタメン:篠原 中尾 梶尾 杉本 四十川 鈴木 根岸 大熊 鶴見 山内 佐々木

 交  代:後半 0分 篠原→竹中 四十川→的池 山内→田村  16分 杉本→四十川

 マネージャー:香西 森 吉沢

----------------------------------------------------------------------

3.4セット目 山手 10-0 市立金沢 

 ⚽ 前半 ・3分 藤井(播本) ・5分 服部 ・7分 原田 11分 齋藤  ・17分 青田(篠原) ・22分 青田 
      ・24分 齋藤

   後半 ・6分 藤井 ・11分 播本 ・24分 犬飼

 スタメン:篠原 原田 的池 小澤 服部 長内 播本 齋藤 青田 藤井 森本

 交  代:後半0分 篠原→竹中 的池→小山 長内→遠藤 青田→犬飼

----------------------------------------------------------------------
5セット目 山手 0-2 市立金沢 

 ⚽ 7分 市立金沢  20分 市立金沢

****************************************

  💛 恐らく一日での最多得点と思います。\(◎o◎)/!

  💛 ゴール、アシスト者 13名、これにもビックリ。

  💛 監督、コーチ 日々の練習、見ていますよ。アピールしてください。

  💛 しっかり頭の中にも汗かいて。
Date: 2018/11/04(日)


中学 横浜市Dブロック予選会 11/4

************************************************************************************* 

中学 横浜市Dブロック予選会

山手 3-1 飯島中   ⚽ G:前半 07’笹川(小林) 10’新田 21’寺島 25’飯島中

山手 1-0 芹が谷中 ⚽ G:後半 11’新井(新田)


  ☆彡 前の試合より、みんな生き生きとプレー。いい調子になってきたね。

  ☆彡 保護者の皆様、誘い合って応援しましょう。
Date: 2018/11/04(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
 version 2.72